ジネット35

シプラ
1500円~
(3)

新型コロナウイルスの影響による配送遅延について

在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

ジネット35 21錠
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
1箱 25%
OFF
2,000円 1,500円 カートに入れる
3箱 33%
OFF
6,000円 4,050円 カートに入れる
6箱 40%
OFF
12,000円 7,200円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

ジネット35について

副作用が少ない!飲み方が簡単な経口避妊薬
  • 先発薬と同じ効能効果を保ったまま副作用を軽減します
  • 2種類の有効成分が妊娠を防ぎます
  • 女性特有の悩みの改善にも効果が期待できます

ジネット35の適応症

ジネット35は、インドに拠点を置くシプラ社によって開発された経口避妊薬です。先発薬「ダイアン35」のジェネリック医薬品にあたります。先発薬と同じ有効成分が含まれているので、ジネット35では、効能効果を保ちつつコストを抑えての避妊が可能です。
また、ジネット35は男性ホルモンを抑える働きが優れていることから、重度のニキビや多毛症などの治療に使われることもあります。その際には、数ヶ月~1年間程度の継続的な服用が必要とされています。
さらに、ジネット35は1相性ピルなので、服用方法が単純。比較的簡単に飲み続けることができるので、薬を継続的に服用することに慣れていない方でも安心できる医薬品です。

ジネット35の特徴

小柄なアジア人向けに開発されています

ジネット35は、2つの有効成分によって疑似的に妊娠している状態を作り、避妊効果を発揮する経口避妊薬です。小柄なアジアの女性に向けて開発されたとされており、先発薬の効果はそのままに副作用が抑制されています。

また、避妊効果のほかにも、女性特有の悩みを改善したり、大人ニキビを防いだりできるといった効果も期待できます。

分が妊娠のリスクを最小限に留めます

月経痛の緩和やニキビ予防にも効果アリ

ジネット35には、酢酸シプロテロンとエチニルエストラジオールの2種類の有効成分が含まれています。黄体ホルモンの酢酸シプロテロンは、男性ホルモンのアンドロゲンの働きを弱くさせ、排卵を抑制する効果があるとされている成分です。

また、もう一方の有効成分エチニルエストラジオールは女性ホルモン(卵胞ホルモン)の一種であり、性腺刺激ホルモンの分泌を抑えて、女性ホルモンのエストロゲンを低下させる効果があるとされています。これら2つの成分の作用が、疑似的に妊娠している状態を作り出すことで精子を着床しにくくし、高い確率で妊娠を予防するという仕組みです。

生理に関する女性特有の悩みやニキビの改善に効果が期待できます

ジネット35に含まれている有効成分もエチニルエストラジオールには、性腺ホルモンの分泌を抑制し、女性ホルモンのエストロゲンを低下させる作用があります。これによって月経血量の抑制、PMS(月経前症候群)の軽減、月経痛の緩和など、女性特有の日常的な悩みの改善に繋がります。

また、ジネット35には男性ホルモンを抑える働きも持ちます。そのため、男性ホルモンの過剰分泌が原因でおきる顎やフェイスラインのニキビの予防に効果を発揮するのも魅力です。

ジネット35の効果

効果・効能
避妊
月経痛など女性特有の悩み

ジネット35は、副作用が少なく体への負担が軽い経口避妊薬です。有効成分である、黄体ホルモンの酢酸シプロテロンと卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールによって、疑似的に妊娠している状態を作り出し、精子の着床を防いで避妊効果を発揮します。

また、エチニルエストラジオールの働きによってホルモンのバランスを整えることができるため、月経の周期の安定やPMS(月経前症候群)の緩和、経血量の抑制などの女性特有の悩みを改善する効果も期待できる薬です。

ジネット35の服用方法

1回の用量
1錠もしくは 1/2錠(シルデナフィルとして50mg)
1日の服用回数
1回まで
休薬期間
7日

服用の際の注意点

ジネット35を初めて服用する方、または過去1ヵ月間に他の避妊薬ピルを使用していない方の場合は、月経出血があった初日から服用を開始しましょう。初日から服用を始めた場合、その日から避妊効果を得ることができます。ただし、生理開始後5日以内であれば服用を始めることができ、その場合には7日間以降より避妊効果が得られます。

また、ジネット35を服用する際には、1日1錠を一定の時間に服用するように心がけることが重要です。万が一飲み忘れた時には、12時間以内であれば気付いた時点ですみやかに服用してください。時間帯によっては、通常の服用時間と合わせて1日2錠飲むことになる場合がありますが問題ありません。

ただし、飲み忘れによって避妊の効果が落ちる可能性が高いので、その期間は避妊具を着用するなど他の避妊法と併用しましょう。

ジネット35の有効成分について

2種類の有効成分が避妊効果を発揮します

ジネット35に含まれている有効成分は、黄体ホルモンの酢酸シプロテロン、卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールの2種類です。酢酸シプロテロンには、アンドロゲンと呼ばれるいわゆる男性ホルモンの働きを抑える効果があります。また、エチニルエストラジオールには、性腺刺激ホルモンの分泌を抑制することでエストロゲンを低下させる効果があります。

この2つの成分の作用によって排卵が起こらなくなり、妊娠している状態を作り出して卵子を着床しにくくします。その結果、妊娠を防ぐといった効果が期待できる仕組みです。

ジネット35の副作用

主な副作用
吐き気、胃の痛みや不快感、体重の大幅な変化、気分の浮き沈み、片頭痛、乳房の痛みなど

基本的に副作用の少ないとされているジネット35ですが、個人差によっては吐き気や胃の不快さを感じる場合があります。服用によって違和感がある場合には、医師に相談するようにしましょう。

稀な副作用
胸骨や腕の痛み、息切れ、呼吸困難、足の痺れなど

上記の症状が生じた場合には血栓症の可能性があるため、軽いと感じても医師に相談するようにしてください。また、黄疸や激しい咳、原因の分からない膣出血などが見られた場合にも、服用を中止して医師や医療機関へ診察にしましょう、

ジネット35の注意事項

慎重投与
  • 40歳以上の方
  • 喫煙している方
  • 血縁に血栓症の方がいる方
  • 糖尿病の方
  • 高血圧の方
  • 心臓弁膜症の方
  • 前兆のない片頭痛のある方
  • 乳癌の方
  • 心臓病あるいは腎臓病の方
  • 肥満の方
  • ポルフィリン症の方
  • 高コレステロールまたはトリグリセリド(中性脂肪)のある方
  • 胆嚢に障害のある方
  • 遺伝性の血管浮腫がある方
服用してはいけない人
  • 乳癌や子宮内膜癌の方
  • 診断が確定していない異常性器出血のある方
  • 血栓症静脈炎や脳血管障害の方
  • 肝臓に重い障害がある方
  • 35 歳以上で1日15本以上喫煙する方
  • 糖尿病性腎症または糖尿病性網膜症などのある方
  • 抗リン脂質抗体症候群のある方
  • 肝臓に腫瘍のある方
  • 脂質代謝に異常のある方
  • 妊婦または妊娠している可能性のある方
  • 授乳中の方
  • 血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患のある方
服用してはいけない人
  • グレープフルーツジュース
  • 抗うつ薬として使用される物質(セイヨウオトギリソウ)

ジネット35の口コミ

(3)

  •  女性 25
    コレまで使っていたピルは副作用強くて困りましたが、ジネット35にしてから随分おちつきました。避妊もできるみたいだけど、ゴムなしはちょっと怖いかな。ようやく生理も定期的にくるようになったのでホッとしています。
  •  女性 35
    重かった生理が薬を飲み始めて和らぎました。快適に使用しています。
  •  女性 23
    別のサイトで購入していましたが、ちょっといやなことがあったので、このサイトにきました。同じ商品があってよかったです。