ED治療薬バイアグラ・シアリス・レビトラや早漏、育毛、避妊、性病、睡眠治療のジェネリック医薬品を多数取り揃えております。

土日割
簡単購入ガイド

エピナスチン点眼液

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

エピナスチン点眼液 0.05%
内容量 獲得ポイント 1本単価 販売価格 ご注文
1本 54 1,800円 1,800円 カートに入れる
3本 145 1,620円 4,860円 カートに入れる
エピナスチン点眼液
エピナスチン点眼液
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

エピナスチン点眼液の商品情報

商品名
エピナスチン点眼液
内容量
1本あたり5ml
成分量
0.05%
有効成分
エピナスチン塩酸塩
効果・効能
目のかゆみ症状の抑制
充血の改善
形状・剤形
液状の点眼薬
対象性別
男女兼用
製薬会社
Allergan pharmaceuticals (アラガンファーマシューティカル社)

エピナスチン点眼液は花粉症やハウスダストなどが原因でおこる充血や目のかゆみなどのつらい症状を改善してくれる点眼薬です。

アレルギー物質からくる炎症に対して有効ですので、さまざまなアレルギーに対して効果が期待できます。

目薬の作用は目周辺にのみはたらきかけますので、内服薬と組み合わせることも可能です。つらい花粉シーズンでは、併用することで症状をより効果的に抑えてくれます。
目のかゆみが気になる人にはぜひおすすめでしょう。

エピナスチン点眼液の特徴

有名なアレジオンのジェネリック医薬品でアレルギーを鎮め、目のかゆみなどを抑えます
  • 国内で承認を受けているアレジオン点眼液のジェネリック医薬品です
  • こまめに使用できるので、目がかゆい時など気になる際に使いやすいです
  • 飲み薬と併用可能で、組み合わせるとより効果的に症状を抑えます
効果・効能
・アレルギー性結膜炎の改善
・充血、目のかゆみ、目やになどの周辺症状を抑制

エピナスチン点眼液に含まれる有効成分「エピナスチン塩酸塩」はアレルギー性結膜炎などで起こりうる目のかゆみ、充血、涙目、目やになどの周辺症状を改善してくれます。

アレルギー性の病気では、外から侵入してきた異物に身体の免疫機能が過剰に反応して症状を引き起こします。

エピナスチン点眼液はこの反応を抑え込み、つらい周辺症状が起きないようはたらきかけてくれます。

エピナスチン点眼液について

エピナスチン点眼液はアイルランドのダブリンに本拠地を置くアラガンファーマシューティカル社が製造販売する点眼薬です。

美容医療、乳腺外科、眼科などの医療分野にて医薬品や医療機器の研究開発を行うヘルスケア企業で、世界的に有名な製薬メーカー「アッヴィ」の子会社にあたります。

国内にもアラガン・ジャパン株式会社として拠点を設けており、美容医療分野としてはボトックス注射などが有名でしょう。

エピナスチン点眼液は国内承認を受けている「アレジオン点眼液」と同じ有効成分「エピナスチン塩酸塩」を同用量配合しています。ジェネリック医薬品ながらも効果は同程度あり、つらい目のかゆみや痛みなどの症状を改善してくれるでしょう。

即効性に優れており、副作用も少なく使いやすいです。

有効成分である“エピナスチン塩酸塩”は抗アレルギー剤に分類される第2世代の抗ヒスタミン薬です。

抗ヒスタミン薬はアレルギー物質が原因によって起こされるアレルギー反応を素早く抑えて症状を改善させるため、即効性に優れています。

抗ヒスタミン作用の他、ケミカルメディエーター遊離抑制作用もあるため、症状も抑えながら、予防効果が期待できます。

花粉症などのアレルギー性結膜炎では、目薬を1つもしくは2つ以上使用して治療を行うケースがありますが、エピナスチン点眼液はステロイドなどの点眼薬と比べて副作用が少なく、長期的な使用に向いています。

もちろん、ステロイド点眼薬との併用も可能なので、花粉が多く症状が十分に抑え込めない時期には一緒に使用することも可能です。

前述した内服薬との併用も可能ですので、複数の薬を組み合わせ、強力に症状を抑え込むことで花粉のつらい季節を乗り切れるかもしれません。

エピナスチン点眼液の使用方法

1回の用量
適量
使用のタイミング
いつでも
1日の服用回数
4回
使用する間隔
4~6時間程度
使用する期間
適宜

1回あたり1滴を両目に点眼してください。点眼後、まばたきをせずに目を閉じて、目頭を押さえながら1~2分ほどキープすると目全体に薬液が浸透し効果を実感しやすいです。

1日のいつでも使用することが可能ですが、朝、昼、夜、寝る前などのタイミングを決めて、等間隔に使用すると症状を効率的に抑え込めるでしょう。

コンタクトレンズを使用している場合、1度レンズを外して点眼し、5~10分程度間を開けてから再装着してください。

ハードタイプのコンタクトレンズやワンデイタイプの場合には装着したままの使用も可能ですが、より効果を実感するためには一度レンズを外しておいた方が浸透しやすいです。

使用時の注意

より効果を実感したいからといって、1回の点眼で2滴以上点眼しないでください。薬液が過剰になると、目から口腔内に伸びている管を通って流れ落ちてしまいます。 効果が倍増することはなく、流れ落ちた薬液によって副作用を誘発するおそれがあります。

また、点眼後にまばたきを行うと薬液が目から出てきてしまい、眼瞼炎などの炎症をひきおこしてしまうかもしれません。点眼後は目をそっと閉じ、薬液が浸透するのを待ちましょう。

ソフトコンタクトレンズを付けたまま点眼すると、目薬の成分がレンズに付着して変質させてしまうおそれがあります。

エピナスチン点眼液のよくある質問

すでに目薬を使用している場合にはどうしたらよいでしょうか。
複数の目薬を使用する場合には最低でも5分以上の間隔を開けてください。続けざまに点眼すると、目から薬液があふれ出てしまい効果を十分に感じられず、さらには眼瞼炎を引き起こしてしまう可能性があります。
症状がない時には使用しなくても良いでしょうか。
花粉など、目のかゆみや充血が起こりにくい時期であれば構いませんが、エピナスチン点眼液はそもそも症状が起こらないよう予防として使用する側面も併せ持つため、花粉が多い時期やハウスダストの懸念がある場合には症状を感じなくとも毎日使用した方が良いでしょう。
処方せんは必要ですか?
いいえ、必要ありません。当サイトで取り扱っている医薬品は、全て海外から個人輸入で取り寄せるため処方せんは必要ありません。

エピナスチン点眼液の副作用

主な副作用
  • 目の刺激感
  • 目の異物感
  • 眼瞼炎など

使用により目にヒリヒリとした感覚やゴロゴロするような症状があらわれることがあります。使用を中止することで症状の改善が期待できますが、症状が長続きしたり、ひどい場合にはかかりつけの医師や薬剤師に相談してください。

稀な副作用
  • 過敏症など

稀ではありますが、使用後のひどい刺激感や充血などの症状が起こる可能性があります。薬が身体に合っていないおそれがありますので、すみやかに使用を中止し、近隣の医療機関に受診して医師の診察を受けてください。

エピナスチン点眼液の注意事項

慎重投与
次の人は、使用に注意する必要があります。
  • 他に目薬を使用している人
  • コンタクトレンズを使用している人
  • 妊娠中または妊娠している可能性のある人
  • 現在授乳中の人
  • 小さいお子様
使用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • エピナスチン点眼液に含まれる成分で過去に過敏症を起こしたことがある人
併用注意
次の薬と合わせての使用には注意が必要です。
  • 併用に注意が必要な薬はありません。
併用禁忌
次の薬と合わせての使用は避けてください。
  • 併用してはいけない薬は特にありません。

エピナスチン点眼液の保管方法

・直射日光を避けて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はありませんが、高温多湿の場所には保管しないでください。
・小さなお子様の手の届かない所に保管してください。
お子様が誤って服用することのないよう十分注意して保管してください。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
日本医薬情報センター
安全性および有効性を中心とした医薬品情報の提供を行う一般財団法人のサイトです。
医薬品に関する国内外の情報を迅速かつ公正に整理・分析し速やかに情報提供することによって、国民の健康や医療の向上に貢献しています。
サイト内には国内の医薬文献情報と医薬品添付文書情報がデータベースにまとめられており、添付文書や治験など各段階における医薬品情報が検索できます。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。
薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。
医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。

一般の個人が自分で使用するための購入のみ認められており、「代理で通販購入する」「購入後に第三者への譲渡する」などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

エピナスチン点眼液の口コミ

口コミ評価(0)

口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー