レデプラ

Mustafa Nevzat
2700円~
(1)
在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

レデプラ 15mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
28錠 10%
OFF
3,000円 2,700円 カートに入れる
56錠 19%
OFF
6,000円 4,860円 カートに入れる
レデプラ 30mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
28錠 10%
OFF
5,000円 4,500円
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

レデプラについて

早く効果が現れ持続性のある新型抗うつ剤レメロンのジェネリック薬
  • 新型抗うつ剤の中でも効果の発現が早い
  • 効果の持続期間が長くうつ病やうつ状態の治療に最適な薬
  • 不眠傾向にも効果的

うつ病やうつ状態の主な症状は気分が晴れない、落ち込んでしまう、やる気が起こらない、集中できない、眠れないなど非常に多彩です。
これらは自分の意思の弱さからくるものではなく、脳内の神経伝達物質のバランスが乱れてしまうことで起こることが判明しています。
レデプラは効果が高く持続期間の長いことで知られるNaSSAと呼ばれる新型抗うつ剤レメロンのインド製ジェネリック医薬品です。
レデプラは脳内にある興奮物質のノルアドレナリンと鎮静物質のセロトニンの量を増やし、脳内でバランスを再調整する効果があります。
うつ病やうつ状態は完治することは難しく、投薬治療によって小康状態をできるだけ長く維持することが大切です。
レデプラを正しく飲み続けることで、脳が神経伝達物質を適切な状態に維持できれば寛解(投薬に頼らなくてもいい状態まで改善すること)を目指すことができます。

レデプラの特徴

NaSSAと呼ばれる新型の抗うつ剤の一種レメロンのインド製ジェネリック医薬品です。ただし成分の組成は古くからある4環系抗うつ剤テトラミドの改良型で、ノルアドレナリンの遊離作用効率が良く、効果発現時間が早くなるよう改善されています。

古いタイプの抗うつ剤は長期にわたって服用していると体が耐性を持ち、次第に効き目が弱くなったように感じますが、NaSSAは1年間の長期投与でもうつ状態の改善が確認されています。

処方箋がなくても購入可能なので通院の必要がない

うつ病は毎日の気分のムラが激しく、発作が長引いて倦怠感や疲労感が強いと、精神科や心療内科に通院することすら難しい状態が続くことも珍しくありません。

抗うつ剤や向精神薬は投薬量のコントロールが難しく、必ず精神科医の処方箋に基づいて調剤薬局から処方される決まりになっていますが、基本的には長期間のみつづける薬です。

通院することすら難しい状態で、医療用医薬品(処方箋が必要な薬)を飲み続けることは難しいので、海外製のジェネリック医薬品を利用することで通院の頻度を落としながら治療を継続することが可能になります。

もし、現在服用している抗うつ剤がNaSSA(レメロン、リフレックスなど)の場合は主成分の配合量が同じレデプラを購入して飲むことをおすすめします。

抗うつ剤治療は治療計画に基づいて正しく使用することがとても大切ですので、通いきれなくなった場合のプランとして前もって医師と相談しておくと良いでしょう。

新型抗うつ剤にはNaSSAの他にもSSRIやSNRIがありますが、低量から始めて、効果が出始めたら増量し、症状が小康状態を維持できるようになったらまた減量して、最終的には薬から離脱することを目指します。

SSRIやSNRIは服用後2週間から1ヶ月ほどで効果が出始め、その後増量して様子を観察しますが、レデプラの先発薬レメロンは効果発現が早く1週間ほどで効果が実感できるといわれています。

副作用が比較的少ない

新型抗うつ剤は効果が高く、計画的に投薬をすればかなりの確率でうつ病やうつ状態を寛解させることができますが、飲み始めから効果発現するまでの期間副作用が出やすいことや、離脱症状が出やすいというデメリットがあります。

また、古いタイプの抗うつ剤よりも改善されているとはいえ、依存性もあります。

新型抗うつ剤は軽度から中等度のうつ病時には第一選択肢に選ばれる治療薬です。しかし、種類が沢山あるので、どの新型抗うつ剤を使うかは医師の見立てによります。

日本では比較的SSRI(パキシルなど)が選ばれることが多いのですが、NaSSAも良く用いられます。

時間をかけて減薬していき、最後には離脱することを目的に投与される薬なので、レデプラを用いるときも精神科医に相談した方がいいと思います。

特に中等度以上の症状が重いうつ病の場合は、倦怠感や疲労感から通院することもままならず、薬が途切れがちになります。

抗うつ剤は離脱に失敗すると深刻な離脱症状を起こす可能性が高いので、投薬治療中でも通院が困難になった時の保険として常備しておくと良いでしょう。

また、SSRIやSNRIは効果が安定するまで下痢や腹痛などの消化器症状が出やすいのですが、レデプラは消化器症状副作用リスクが低いとされています。

レデプラの効果

効果・効能
うつ病
うつ状態、不眠傾向

うつ病やうつ状態(軽度のうつ病)には多彩な症状があります。代表的なものは倦怠感、易疲労感、無気力、虚脱感などですが、それ以外にも頭痛や肩こり、筋肉痛、不眠、吐き気、下痢、便秘、胃痛などもうつ状態が原因になり得ます。

日本人はおよそ4割の方がうつリスクを抱えていると言われています。現在うつ病は「気持ちの問題」ではなく、脳の器質的な病変と定義されていて、感情ややる気を制御する3つの神経伝達物質(アドレナリン、ノルアドレナリン、セロトニン)のバランスが崩れることで起こると解明されています。

レデプラはNaSSAと呼ばれる新型抗うつ剤の一種で脳内のノルアドレナリン(興奮物質)とセロトニン(鎮静物質)の量を増やし、脳内で再調整する効果を発揮する薬です。

レデプラの服用方法

1回の用量
1錠もしくは1/2錠(「ミルタザピン」として15mg)
1日の服用回数
1回まで
服用上限
30mg

1日1錠寝る前の服用が効果的

レデプラはうつ病の症状の一つ「不眠」を改善する効果もあります。つまり、飲むと眠くなる副作用を有しているため寝る前の服用が効果的です。

1日1回の服用で効果を発揮するので、日中に副作用で眠くなる心配は少ないのがメリットです。

レデプラの有効成分について

ミルタザピン

レデプラの主成分ミルタザピンは飲み始めてから効果が現れてくるまで1週間〜2週間かかるとされています。

飲み始めから効果が出始めるまでの期間は特に副作用に注意をしなければなりませんが、1日1回寝る前の服用が推奨されているので、日中の活動時間中は大きな副作用が起こるリスクは少ないと思います。

効果が出るまでの間は15mg、効果が出始めてからは30mgを服用し、その後経過をみながら小康状態がしばらく続いたら再び15mgに戻してさらに様子を見て、最終的には薬から離脱できるようにします。

服用中にもかかわらずうつ発作が起こる場合は精神科医に相談してください。

レデプラの口コミ

(1)

  •  女性 38
    毎日飲んでいますが副作用もなく問題ないです。