アナドリン

Lloyd Laboratories Inc.
5850円~
(0)
在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

アナドリン 10mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
60錠 10%
OFF
6,500円 5,850円 カートに入れる
120錠 19%
OFF
13,000円 10,530円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

アナドリンの特徴

女性にオススメの筋肉増強剤です。

アナドリンの主成分「オキサンドロロン」は非ステロイドアナボリックホルモンで、性ホルモンを直接摂取するのではなく、体内でのタンパク質の合成を促す作用があります。

このため、男性ホルモン製剤に見られるような強い副作用はありません。もともと長期に寝たきりもしくは運動ができない状態にある方の筋肉量の減少を食い止めるために開発された薬なので、副作用リスクが少ないというのもメリットです。

男性がモリモリの筋肉に増強したい場合には不向きですが、自然で見栄えの良い筋肉増強効果を得ることができ、女性にも使用できるという点がメリットです。

アナドリンの薬理効果について

タンパク質の合成量を増やします。

アナドリンは肝臓内で筋肉の原料となるタンパク質の合成を促す作用がある筋肉増強剤です。直接男性ホルモン(アンドロゲン)を摂取する筋肉増強剤とは違うので、体内の男性ホルモンの産生を促し、女性化するリスクを下げながら効果的に筋肉の増強を行うことが可能です。

男性ホルモン製剤は女性が摂取すると声が枯れる(嗄声)、声が野太くなる、乳房が小さくなる、生理がこなくなるなどの強い副作用を起こすリスクがあるので、使用することができません。しかし、アナドリンは体内の男性ホルモン産生を促すので、女性が持つ男性ホルモン産生能力の範囲内で効果的に筋肉量を増加することが可能です。

ところで男性が男性ホルモン製剤を使うと女性化するリスクが上がるといわれていますが、これはどうしてなのでしょう?

実は直接男性ホルモンを投与することで、体内の男性ホルモン産生能力が減退してしまうことと、血液中の男性ホルモン量が一気に増加することになり、男性ホルモンの暴走を抑制するために副腎皮質から分泌される女性ホルモンの量が増えてしまうことが原因と考えられています。

したがって男性も筋肉増強剤の乱用は避けるべきなのですが、アナドリンのように、本来その人が持つ男性ホルモン産生能力の範囲内で薬理作用は男女ともに副作用が少ない、優れた筋肉増強剤と言えるでしょう。

男性はペニス増大効果も!女性が使う時は低量からスタートしましょう

筋肉が発達する時には男性ホルモンが重要な働きを担います。従来の筋肉増強剤は直接男性ホルモンを摂取して、血中のアンドロゲン濃度を上げ、筋繊維を太くするという作用があるのですが、今回取り上げた「アナドリン」には体内で筋肉の原料となるタンパク質の合成を促す効果なので筋肉増強効果のタイプが異なります。

これに連動して男性の場合は精巣の機能が刺激され、男性ホルモンの産生能力が高まり、筋繊維を太くします。

直接男性ホルモンを摂取するわけではないので、血中のアンドロゲン量が急上昇することで起こる副作用を抑制することができる上に、精巣機能が促進することで、男性機能のアップとペニスのサイズアップ効果も期待することができます。

またアナドリンは女性が使うこともできる筋肉増強剤ですが、通常量を定期的に摂取すると生理不順や嗄声などの副作用が起こる可能性があるので、使用する場合は低量から始めてください。

成人に対しては1日0.25錠から2錠の範囲で使用するので、女性はピルカッターなどを使って1/4量(0.25錠)から始めると良いでしょう。

「アナドリン」は筋肉増強剤ですが、本来は手術後や医学的なダイエットプログラム時に筋肉量の減少を抑制するために使われる薬なので、男性は細マッチョ系を目指す方、女性の場合は低量でも筋肉を効果的に増強したい方に最適な薬です。
一般的な筋肉増強剤は男性ホルモンを補うタイプが多いので、女性には不向きな製品が多いなか、アナドリンは男女を問わず使用可能で、副作用も少ないので、安心して導入できる筋肉増強剤です。
また、アナドリン本来の効果・効能には「広範囲の手術、慢性感染症、重度の外傷による体重減少後の補助療法」、「骨粗鬆症」などがありますので、寝たきりの状態が長く続いてしまった時の体力の回復と骨格の強化にも効果があります。

アナドリンの効果

効果・効能
筋肉増強
体内のタンパク合成を促進し、筋肉量を増やします

アナドリンは肝臓内で作用して、体内のタンパク質合成を促進し、筋肉量を増やす働きがあります。

直接男性ホルモンを摂取するよりも効果・副作用ともにマイルドになりますが、女性も服用可能で、男性が使用すると筋肉増強効果と生殖機能の促進効果が期待できます。

一般的なステロイド系の筋肉増強剤は男性が使用しても場合によっては副作用で肉体が女性化してしまうリスクがあります。

しかし、アナドリンは薬理がステロイド系筋肉増強剤とは異なるので、このようなリスクはありません。

正しく使用している分には副作用が少ない薬ですが、過剰に服用すると男性は「持続性勃起」、「精巣機能低下」、女性の場合は「生理不順」、「性欲の亢進」、「嗄声」、男女共通の副作用として「肝機能障害」が起こる危険性があるので、用法・用量を守って正しく使用してください。

アナドリンの服用方法

推奨用量
1日2.5~2mg

最初は低量からスタートし、段階的に増量します

副作用が少ない薬ですが、全く副作用がないわけではありません。通常成人には1日0.25錠〜2錠を2〜4回に分けて服用する薬なので、最初は1回あたり1/8錠を2回服用するところからスタートしてください。

胃腸に負担をかける可能性があるので、服用時は食後もしくは軽食を食べた後コップ1杯以上の水でそのまま飲み下します。

アナドリンの有効成分について

オキサンドロロン

アナドリンの主成分オキサンドロロンは肝臓内で筋肉を構成するタンパク質の合成を促進する成分です。

効果的な筋肉増強にはタンパク質の摂取が不可欠なので、食事は高タンパクな食事を摂るようにしてください。

また、骨粗しょう症の治療効果もあることから、カルシウムの排泄を抑制してくれます。これによって文字どおり骨格筋を効果的に強化することができるので、筋トレと合わせて服用することをお勧めします。

最初は低量から始めて、段階的に増量すると副作用リスクが下がります。成人男性は2錠まで服用可能ですが、これはアメリカ国内でのエビデンスなので、日本人の場合は1錠程度に抑えておくことをおすすめします。