プロザック

イーライリリー・アンド・カンパニー
4560円~
(0)

新型コロナウイルスの影響による配送遅延について

在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

プロザック 20mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
28錠 5%
OFF
4,800円 4,560円 カートに入れる
56錠 10%
OFF
9,600円 8,660円 カートに入れる
112錠 19%
OFF
19,200円 15,550円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

プロザックについて

選択性が高くセロトニンだけに作用!副作用を抑えた安全性の高い精神安定剤
  • フルオキセチンがピンポイントで作用し、副作用を抑えます
  • 比較的効き目が穏やかで、依存性が低い精神安定剤です
  • 世界的に愛用者が多く、効能効果について高く評価されています

プロザックは、アメリカの大手製薬会社・イーライリリー社が製造する精神安定剤です。日本においては未承認のお薬ですが、WHOが策定する必須医薬品リストに収載されており、その優れた効果と安全性については信頼がおけるものだと言えます。
プロザックが登場するまで、抗うつ剤は重度のうつ病患者以外には処方することができないものでした。しかしプロザックは気分が落ち込む、気分が重いなど比較的症状が軽い患者に対しても処方が可能で、1988年の発売以降世界的に愛用者の多い治療薬です。
プロザックは、セロトニン選択性が高く効き目も穏やかなため、副作用や依存性のリスクも低く抑えることができます。

プロザックの特徴

プロザックの一番の特徴は、副作用のリスクが低く抑えられる点です。

プロザックは比較的新しい抗うつ剤であり、元々最初に開発されたのは三環系と言われるものです。三環系抗うつ剤の中でも第一世代と呼ばれる初期のものは、抗コリン作用によって口渇や便秘などの副作用症状が起こりやすいというのがデメリットでした。これを克服するために作られたのがプロザックをはじめとする選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)になります。

プロザックはセロトニン選択性が高く、抗コリン作用に関わるアセチルコリンの再取り込みまで遮断することがありません。そのため三環系抗うつ剤と比べて副作用が起こりにくく、安心して服用を続けやすいお薬です。

セロトニン選択性が高く、副作用の少ない精神安定剤です

プロザックの有効成分であるフルオキセチンは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)と言われるものです。

そもそも気分の落ち込みなどのうつ症状は、セロトニンという神経伝達物質の働きが弱まることによって起こります。セロトニンは、ドーパミン、ノルアドレナリンと並んで三大神経伝達物質と呼ばれる物質です。

通常セロトニンはセロトニン受容体に作用することで、平常心を保ち安定した状態を維持してくれます。放出側のニューロンと受容体の間に貯まったセロトニンは、セロトニントランスポーターと呼ばれるたんぱく質に吸収(再取り込み)、再利用されるのですが、これによって脳内のセロトニン濃度が下がり過ぎてしまうと、セロトニン不足の状態となりうつ症状が起きてしまうのです。

フルオキセチンは、セロトニントランスポーターによるセロトニンの再取り込みを阻害し、セロトニン濃度を一定に保つ働きを持っています。

従来主流であった三環系と言われる抗うつ剤は、セロトニン受容体以外にヒスタミンH1受容体・ムスカリン受容体・アドレナリンα1受容体などの再取り込みも遮断してしまうため、副作用が起こりやすいことがネックとなっていました。一方フルオキセチンは三環系に比べてセロトニン受容体の選択性が高く、副作用が起こりにくいところが最大のメリットです。

ゆっくり穏やかに効き、依存性や離脱症状を抑えられます

プロザックは効果の発現までが比較的ゆっくりで、早い人で服用から1週間前後、通常は2~4週間かかります。即効性という点ではあまりないと言えますが、その代わり穏やかに長く効果が続きます。

プロザックの有効成分であるフルオキセチンは、体内での代謝速度である半減期(成分が半分の濃度になるまでにかかる時間)が緩やかであるというのが特徴です。フルオキセチンの半減期は通常3~4日で、フルオキセチンの体内代謝産物であるノルフルオキセチンにおいても4~16日と非常に長くなっています。ノルフルオキセチンもフルオキセチンと同様の作用を持っているため、一度服用すればその効果は1か月程度もつということになります。

効き始めが穏やかで効果が長く続くという特性から、プロザックは依存性が低く服用を中止した際の離脱症状も起きにくい治療薬です。

ただし効き初めまでに時間がかかるため、効果の発現より前に吐き気などの副作用症状を先に感じる人もいます。しかしこれらの症状の多くは、数週間程度で消えることがほとんどです。元々の適応症が軽度のものであれば、慎重に経過観察しつつ服用を継続することが可能です。

プロザックの効果

効果・効能
うつ病、強迫性障害、過食症、パニック障害の症状改善

プロザックは、うつ病における気分の落ち込みや不安感を和らげ、精神状態を安定させてくれるお薬です。抗うつ剤としての処方以外にも、強迫性障害やパニック障害の治療薬としても用いられています。

またプロザックは、セロトニン不足によって脳が身体に食べる指令を出すことを防ぎ、過食症を改善する効果もあります。

このようにプロザックが効果発現する適応症は複数存在します。プロザックの用量や上限は適応症によって異なるため、服用開始用量と上限については医師・薬剤師に確認するようにしましょう。

プロザックの服用方法

1回の用量
1錠(「フルオキセチン」として20mg)
1日の服用回数
1回~2回

服用するタイミングについて

プロザックは、1日1~2回朝または朝と夜に水かぬるま湯で服用してください。アルコールとの併用は副作用のリスクを高めてしまうため、服用前の飲酒も控えるようにしましょう。

数週間服用しても効果が感じられない場合は、徐々に増量して服用することも可能です。用量を増やす際は上限を80mgまでとし、医師・薬剤師への相談をおすすめします。

プロザックの有効成分について

フルオキセチンがセロトニン濃度を保ち心身の不調を改善します

フルオキセチンは、脳内においてセロトニンが受容体に再取り込みされることを阻害し、一定の濃度が保たれるようにします。これにより意欲の減退や落ち込みといったうつ症状を改善し、心身のバランスを整えてくれます。

またセロトニンは、ノルアドレナリンが過剰に作用するのをコントロールする働きも持っています。そのためフルオキセチンは、ノルアドレナリンによって神経が異常興奮することにより起こるパニック障害にも効果的です。

プロザックの副作用

主な副作用
食欲減退、不安、緊張、睡眠障害、性欲の減退、動悸、頭痛、めまいなど

上記に挙げた副作用以外に、プロザックの服用を急にやめることによって離脱症状が起こる場合があります。用量の減量や服用の中止については、医師や薬剤師と相談して進めるようにしましょう。

稀な副作用
セロトニン症候群、悪性症候群(NMS)、幻覚、せん妄、けいれんなど

セロトニン症候群とは、脳内でセロトニン過剰になり心拍数の増加や錯乱などが起こる副作用症状です。セロトニン症候群は、筋硬直や発熱を伴う悪性症候群(NMS)より症状の発現が早いため、万一セロトニン症候群の症状が起きた場合はすぐに医師の診察を受けるようにしましょう。

プロザックの注意事項

慎重投与
  • セロトニン作用を有する医薬品を服用中の人
  • アスピリンやワルファリンなどの抗凝固剤を服用中の人
  • 三環系抗うつ剤を服用中の人
服用してはいけない人
  • フルオキセチンに対してアレルギーや過敏症などの既往歴のある人
  • MAO阻害剤を服用中または服用を中止してから2週間以内の人
  • ピモジドを服用中の人
  • 重度の腎不全の人
  • 12歳未満の小児
併用禁忌薬
  • パーキンソン病治療薬(セレギリン、MAO阻害剤)
  • 統合失調症治療薬(ピモジド、塩酸チオリダジン)