パロキセチン(パキシル・ジェネリック)

Zydus Pharmaceuticals USA Inc
2,700円~
口コミ評価(5)
到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

パロキセチン(パキシル・ジェネリック) 20mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
30錠 10%
OFF
3,000円 2,700円 カートに入れる
60錠 19%
OFF
6,000円 4,860円 カートに入れる
パロキセチン(パキシル・ジェネリック) 40mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
30錠 10%
OFF
5,000円 4,500円 カートに入れる
パロキセチン(パキシル・ジェネリック)
パロキセチン(パキシル・ジェネリック) パロキセチン(パキシル・ジェネリック)
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

パロキセチン(パキシル・ジェネリック)の商品詳細

商品名
パロキセチン
内容量
1箱あたり30錠
成分量
20mg/40mg
有効成分
パロキセチン
効果・効能
不安障害やうつ症状の改善
形状・剤形
経口服用タイプの錠剤
対象性別
男女兼用
製薬会社
ザイダスカディラ社

パロキセチンは、SSRI系抗うつ剤パキシルのジェネリック医薬品です。
SSRI系の中でも効果が強く、キレが強いのが特徴です。
うつ病や不安障害、強迫性障害などのさまざまな精神疾患に効果があります。
ただし、効果が強い分、副作用や離脱症状が起こりやすいのが特徴です。

パロキセチン(パキシル・ジェネリック)の特徴

SSRI系統の中でも抗うつ効果が強い抗うつ剤
  • 他のSSRI系と比べ、効果が強い抗うつ剤です。
  • パキシルのジェネリックのため、安く購入できます。
  • 効果の切れ味がよいのが特徴です。
効果・効能
抑うつ
落ち着かない精神状態の安定

パロキセチン(はセロトニンを増やし、抑うつ、抗不安などの効果があります。
うつ病や不安障害、強迫性障害、外傷後ストレス障害(PTSD)、月経前気分不快症(PMDD)、摂食障害、パニック障害などの治療効果があります。

また、生理前の気分の不安定を解消するために用いられることもあります。
月経前緊張症(PMS)、月経前気分不快症(PMDD)の辛い症状にお悩みの方にもオススメです。

パロキセチン(パキシル・ジェネリック)について

パロキセチンは、うつ病や不安障害などの精神疾患に効果のあるSSRI系の抗うつ剤です。
セロトニンに直接作用するため、三環系抗うつ剤よりも副作用を抑えられています。
うつ症状や不安、緊張などの症状を緩和し、意欲を高める効果が期待できます。
SSRI系の抗うつ剤の中でも効果が強い反面、副作用があらわれやすいお薬です。

SSRI系の中でも強い抗うつ効果を発揮します。

パロキセチンは、ジェイゾロフトやレクサプロなどの他のSSRI系の抗うつ剤と比較すると、抗うつ効果が強いお薬といえます。
そのため、他のSSRI系の抗うつ剤で効果がなかった場合でも、効果が期待できます。
服用するとうつ状態や不安を緩和し、気分を高揚させてくれます。
ただし、この効果が操転させてしまうこともあるため、気分に波がある方や若い方は、服用には慎重になる必要があります。

効果の切れが良いのが特徴です。

パロキセチンは、他のSSRI系抗うつ剤に比べると、キレが良いのが特徴です。
パロキセチンは抗コリン作用があり、わずかですが、ノルアドレナリン効果もあります。
抗コリン作用には気持ちを落ちつける作用もあるため、抗不安効果が期待できます。

また、わずかにノルアドレナリンの効果もあるため、少量の薬でも血中濃度が立ち上がりやすく、切れ味がよくなることにつながっています。
そのため、他のSSRIと比較しても、すっと効いて、効果を実感しやすいのです。

パロキセチンがセロトニンを増やし、抗うつ効果をもたらします。

パロキセチンは、有効成分そのままの薬名になっています。
SSRIとは、「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」を意味します。

パロキセチンがセロトニン受容体に対し、神経伝達物質セロトニンが再取り込みされることを抑えます。
それによって脳内のセロトニン濃度を上昇させてセロトロニンを増量します。
この働きにより、うつ症状や不安、緊張などの症状を緩和させます。

パロキセチン(パキシル・ジェネリック)の服用方法

1回の用量
1錠もしくは1/2錠(パロキセチンとして20~40mg)
1日の服用回数
1回まで
服用上限
40mg

はじめは10~20mgから服用してください。

パロキセチンは、夕食後に毎日1回服用します。
服用量は症状によって異なりますが、基本的には、はじめは10~20mgから服用してください。

増量する場合は、1週間ごとに10mgずつするようにしましょう。
副作用があらわれやすいため、様子を見ながら増量してください。

なお、服用を中止する場合は、離脱症状があらわれることがあります。
急に中止せず、少しずつ減量するようにしましょう。

パロキセチン(パキシル・ジェネリック)の副作用

主な副作用
傾眠
嘔気
めまい
頭痛
肝機能検査値異常
便秘など
稀な副作用
過敏症状
光線過敏症など

パロキセチン(パキシル・ジェネリック)の注意事項

慎重投与
次の人は、服用に注意する必要があります。
  • 躁うつ病患者の方
  • 自殺念慮又は自殺企図の既往のある患者、自殺念慮のある患者の方
  • 脳の器質的障害又は統合失調症の素因のある患者の方
  • 衝動性が高い併存障害を有する患者の方
  • てんかんの既往歴のある患者の方
  • 緑内障のある患者の方
  • 出血の危険性を高める薬剤を併用している患者、出血傾向又は出血性素因のある患者の方
  • 高齢者の方(65歳以上)
  • 妊娠中や妊娠の可能性のある方
  • 授乳中の方
服用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • パロキセチンの成分に対し過敏症の既往歴のある患者の方
  • MAO阻害薬を投与中あるいは投与中止後 2 週間以内の患者の方
  • ピモジドを投与中の患者の方
併用注意
次の薬と合わせての使用には注意が必要です。
  • セロトニン作用を有する薬剤(炭酸リチウム、選択的セロトニン再取り込み阻害薬、トリプタン系薬剤(スマトリプタン等)
  • セロトニン作用を有する薬剤(メチルチオニニウム塩化物水和物(メチレンブルー))
  • フェノチアジン系抗精神病剤(ペルフェナジン、リスペリドン)
  • 三環系抗うつ剤(アミトリプチリン塩酸塩、ノルトリプチリン塩酸塩、イミプラミン塩酸塩)
  • 抗不整脈剤(プロパフェノン塩酸塩、フレカイニド酢酸塩)
  • β-遮断剤(チモロールマレイン酸塩)
  • β-遮断剤(メトプロロール酒石酸塩)
  • アトモキセチン
  • タモキシフェン
  • キニジン(シメチジン)
  • フェニトイン(フェノバルビタール、カルバマゼピン、リファンピシン)
  • ホスアンプレナビルとリトナビルの併用時
  • ワルファリン
  • ジゴキシン
  • 止血・血液凝固を阻害する薬剤(非ステロイド性抗炎症剤、アスピリン、ワルファリン等)
併用禁忌薬
次の薬と合わせての使用は避けてください。
  • モノアミン酸化酵素(MAO)阻害薬(セレギリン塩酸塩(エフピー)
  • ピモジド(オーラップ)

パロキセチン(パキシル・ジェネリック)の保管方法

・直射日光や高温多湿をさけて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はなく、直射日光や高温多湿は避けて室温で保存します。
・子供の手の届かない所に保管してください。
誤って服用する可能性は避けましょう。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
おくすり110番
病院で処方される医薬品の効果や有効成分、服用方法、併用禁忌薬など詳しい情報が検索できるサイトです。各医薬品の添付文書が見られるほか、病気別の薬の検索や禁忌薬に特化したページ、薬価の検索、薬用植物図鑑など幅広い情報が載っています。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。 薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。

個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

パロキセチン(パキシル・ジェネリック)の口コミ

口コミ評価(5)

  • パロキセチン(パキシル・ジェネリック) ユーザー
    口コミ評価  男性 37
    パキシルを使って効果があった方は是非こちらに切り替えることをおススメします。私もパキシルを使っていましたが、これはパキシルと同じ感覚で使えます。それなのにパキシルより遥かに安いので、これを使わない理由はありません。
  • パロキセチン(パキシル・ジェネリック) ユーザー
    口コミ評価  女性 36
    効果効くかわからないけど 最近仕事がしんどすぎて気分落ちるし 鬱になりそうなくらいしんどくて不安もでるから 楽にこれからなれるなら 飲んでみようかな思います。。 ましになりたいです。
  • パロキセチン(パキシル・ジェネリック) ユーザー
    口コミ評価  女性 31
    ステイホームでずっと誰とも話すことがなかったので体にも色々影響が出ました。そんな時に病院行くのも嫌だったので、ネットで初めて鬱に効く薬を購入。薬を飲んでから約1ヶ月ほどで病んでたのが嘘のように色々と気持ちが楽になり今では外にも出れるし楽しいです(笑)最近は薬は飲まずにコロナに気をつけて毎日を送ってます!
  • パロキセチン(パキシル・ジェネリック) ユーザー
    口コミ評価  男性 43
    夜になると嫌なことばっかり思い出して苦痛ですごくツラくなります。考え出すと悪い感情でいっぱいになってしまって全然眠れない時があるので飲むようになりました。すぐに落ち着いて眠れるのでストレスがかなり減りました。
  • パロキセチン(パキシル・ジェネリック) ユーザー
    口コミ評価  女性 25
    劇的に効いてる感じはしませんが、気がつくと穏やかな気分でいるので効果が出ているのだろうなと感じています。
口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー