パキシル

Zydus Pharmaceuticals
4500円~
(1)

新型コロナウイルスの影響による配送遅延について

在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

パキシル 20mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
28錠 10%
OFF
5,000円 4,500円 カートに入れる
56錠 19%
OFF
10,000円 8,100円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

パキシルについて

うつ症状やパニック障害など幅広い症状を改善する第3世代の抗うつ剤です
  • うつ症状に関わるセロトニンの脳内濃度を選択的に維持します
  • うつ病だけでなくパニック障害など幅広い症状に効果があります
  • 効果の切れが良く効果を実感しやすい薬です

パキシルはパロキセチンを主成分としたうつ病やパニック障害の治療薬です。同商品は選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)に分類される抗うつ剤で、脳内シナプス間隙のセロトニンの濃度を増やすことで不安や緊張した気分をほぐして気持ちを楽にする作用があります。そのため、うつ病だけでなくパニック障害、強迫性障害、外傷後ストレス障害などで悩んでいる方に適した商品です。

パキシルの特徴

パキシルは第3世代の抗うつ剤に分類される薬で、神経伝達物質であるセロトニンの再取り込み阻害作用があります。神経伝達物質は脳内ホルモンとも呼ばれており、神経終末から放出され、受容体と結合することで興奮させたり鎮静させたりする物質で、セロトニンの再取り込みを阻害して脳内のセロトニンの濃度を維持することで、不安感や悲観的な感情が前向きな気分になり、うつ症状が改善されます。

パキシルのようなSSRIの大きな特徴としてセロトニンにしぼって効果が期待でき、第1世代や第2世代の抗うつ剤と比較すると抗アドレナリン作用や抗ヒスタミン作用が少ないことから口の渇きや便秘、眠気などの副作用が少ないとされています。また、パキシルはSSRIの中でもわずかにノルアドレナリンの濃度上昇や抗コリン作用があることから不安に対する効果が期待でき、服用後薬の効果の実感が得やすい薬となっています。

高い効果の反面いくつかのデメリットもあるため注意が必要です。まず、胃腸障害や性機能障害などの症状がみられる場合があります。これらはセロトニンを刺激することにより起こる副作用です。また、他のSSRIと比べて太りやすい、眠気が目立つという特徴があります。また、パキシルは効果の即効性が良い反面、気分を高揚させて躁転させたり、不安や焦燥感が急激に強まることあります。さらに、離脱症状に注意が必要な薬であるため減量する場合には慎重に行う必要があります。

セロトニンの脳内濃度を維持することでうつ症状を改善します

うつ病には神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンが大きく関与しています。セロトニンは精神の安定や安心感、平常心、頭の回転をよくして直観力を上げるなど脳を活発に働かせる鍵となる物質です。特にストレスに対して効果があり、体内で生成される物質の中で精神安定剤とよく似た分子構造をしています。そのため、このセロトニンが不足すると慢性的ストレスや疲労、イライラ感、向上心の低下、仕事への意欲低下、協調性の欠如などの症状が見られるようになります。

一方のノルアドレナリンは意欲、活動性、積極性、思考力、集中力をつかさどる物質で、ノルアドレナリンが不足すると外部からの刺激に対して反応が低下して無反応・無気力状態になり意欲低下型のうつ状態に陥ります。逆に過剰に分泌が過剰になると攻撃性、イライラ、不安感が高まり動悸、血圧上昇などの交感神経症状や不眠につながります。うつ病はこれらの物質がストレスなどにより量が減り、不足することで様々な症状が現れると考えられています。

パキシルの有効成分であるパロキセチンはセロトニンの再取り込みを強力に阻害し、脳内のセロトニンの濃度をある程度高い濃度に維持することができます。また、うつ病や不安障害だけでなく脅迫やトラウマ、生理の不安定さにも効果的です。パキシルはこれらの効果が実感しやすい薬のため抗うつや抗不安薬の中では人気の高い治療薬です。

SSRIと呼ばれる第3世代の抗うつ剤に該当します

抗うつ剤の歴史は1952年に初めて抗うつ剤としてイプロニアジドが開発されて以降、うつ症状に効果的で副作用が少ない様々な抗うつ剤が開発・改良されてきています。これらの薬は有効成分の構造や効果によって分類され、現在までに第1~4世代と呼ばれています。

まず、第1世代としてイプロニアジドを含む三環系の薬が開発されました。これらは確実な抗うつ効果がある一方で、副作用として抗コリン作用(口の渇きや便秘)や心臓に悪影響を及ぼす心毒性が見られます。次に第2世代として、アモキサンやプロチアデンのように改良された三環系やテトラミドやルジオミールなどの四環系が登場した。抗うつ効果は第1世代よりも若干弱いものの抗コリン作用や心毒性が第1世代よりも軽減されました。ただそれでも抗ヒスタミン作用による眠気などの副作用が強く出る特徴があります。

その後、第3世代としてSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)が登場します。第3世代の抗うつ効果は第2世代よりやや弱いですが、選択的にセロトニンの再取り込みを阻害することから抗コリン作用や心毒性が大きく軽減されています。そして、第4世代としてSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)が開発され、セロトニンとノルアドレナリンの両方について再取り込みを阻害する作用があることで抗うつ効果は第1世代に匹敵し、副作用は第3世代と同程度となっています。 パキシルはこれらの内で第3世代であるSSRIの抗うつ剤に分類されます。

パキシルの効果

効果・効能
うつ症状や不安、緊張状した精神状態を安定させます

パキシルは毎日飲み続けると脳内に作用し、脳内の神経伝達物質をつかさどるセロトニンの働きを増強させ、脳内の神経伝達をスムーズにして抑うつ気分や不安・緊張を和らげます。また、無気力や意欲の低下、悲観的になる、憂鬱、眠れない、集中できないなどのように気分が晴れずに落ち込む症状を改善し、気持ちが前向きになることを助けます。さらに、女性特有の生理前の気分の不安定さにも使われることもあり、月経前緊張症(PMS)、月経前気分不快症(PMDD)などの軽度なものから摂食障害などへの効果も期待できます。

パキシルの服用方法

1回の用量
0.5~2.5錠(パロキセチンとして10~50mg)
服用するタイミング
夕食後
1日の服用回数
1回
服用する間隔
24時間

対象とする症状によって服用量が異なるため注意が必要です

うつ病、うつ状態を対象とする場合、10~20mgから開始し、効果、副作用がなければ1週ごとに10mgずつ増量します。ただし、1日の上限摂取量40mgです。

不安障害を対象とする場合、10mgから開始し、効果、副作用がなければ1週ごとに10mgずつ増量します。ただし、1日の上限摂取量は40mgです。

パニック障害を対象とする場合、10mgから開始し、効果、副作用がなければ1週ごとに10mgずつ増量します。ただし、1日の上限摂取量は30mgです。

強迫性障害を対象とする場合、20mgから開始し、効果、副作用がなければ1週ごとに10mgずつ増量します。ただし、1日の上限摂取量は50mgです。

外傷後ストレス障害を対象とする場合、10~20mgから開始し、効果、副作用がなければ1週ごとに10mgずつ増量します。ただし、1日の上限摂取量40mgです。

パキシルの有効成分について

選択的にセロトニンの再取り込みを阻害する作用があります

パキシルは神経伝達物質であるセロトニンについて選択的に再取り込みを阻害する作用があります。脳内の神経細胞はシナプスを介して神経回路を形成しており、シナプス前終末から神経伝達物質が遊離され、受容体と結合することで情報が伝達されます。通常、神経伝達物質は4%しか利用されず、96%は再取り込みされて元の神経シナプスに戻されます。この再取り込みを抑えることで多くの神経伝達物質が神経受容器に作用することで代謝の低下によるさまざまな症状を解決することができます。同商品は選択的にセロトニンの再取り込みを阻害するため、同じ神経伝達物質であるヒスタミンやアセチルコリンへの作用が少ないことから、比較的副作用が少ない薬となっています。

パキシルの副作用

主な副作用
発汗、頻脈、倦怠感、ほてり、傾眠、不眠など

服用を続けることで体が慣れて副作用の症状が改善する場合があります。継続して服用しても症状が良くならない場合は一旦服用を中止して医師に相談してください。

稀な副作用
セロトニン症候群、悪性症候群、幻覚・錯乱など

頻度的にはほとんどありませんが、服用後普段と違う感覚を感じたらすぐに医師の診断を受けるようにしてください。

パキシルの注意事項

慎重投与
  • 24歳以下の方
  • 高齢の方
  • 妊娠中の方
服用してはいけない人
  • 過去に同成分でアレルギー症状がみられた方
併用禁忌薬
  • 統合失調症治療薬(ピモジド等)
  • MAO阻害薬(セレギリン塩酸塩、ラキギリンメシル酸塩等)

パキシルの口コミ

(1)

  •  男性 40
    効果はあるけど太る。