最大6,000円OFF BLACK FRIDAY SALE

パナドール(アセトアミノフェン)

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

パナドール(アセトアミノフェン) 500mg 24錠
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
1箱 11%
OFF
1,900円 1,700円 カートに入れる
2箱 26%
OFF
3,800円 2,800円 カートに入れる
3箱 30%
OFF
5,700円 4,000円 カートに入れる
5箱 33%
OFF
9,500円 6,400円 カートに入れる
パナドール(アセトアミノフェン)
パナドール(アセトアミノフェン)
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

商品情報

商品名
パナドール
内容量
1箱あたり24錠
成分量
500mg
有効成分
アセトアミノフェン
効果・効能
腰痛、頭痛、歯痛、生理痛、打撲痛、捻挫痛などの痛み症状の緩和
かぜなどの上気道炎からくる発熱症状の緩和
形状・剤形
経口服用タイプの錠剤
対象性別
男女
製薬会社
GSK

パナドールは解熱鎮痛薬として有名なカロナールのジェネリック医薬品です。

性別を問わず、日常生活では突然何らかの痛みに遭遇することがあります。
気圧変動によるつらい頭痛、身体を酷使したことによる腰痛や膝の痛み、虫歯の痛みなど、痛みの種類はさまざまですが、どれも不快なものです。

パナドールはカロナールと同一の有効成分であるアセトアミノフェンを含んでおり、あらゆる痛み症状に対して効果を発揮するでしょう。

パナドールの特徴

日常で起こるあらゆる痛みに効きつつ、熱を下げてくれます。
  • カロナールのジェネリック医薬品
  • 熱を鎮め、痛みを和らげてくれます
  • 穏やかな効き目で副作用が少ない

効果・効能

効果・効能
頭痛、腰痛、生理痛、歯痛など日常生活で起こりうるさまざまな痛みを和らげます。
風邪などによる高熱を鎮めてくれます。

パナドール(アセトアミノフェン)は中枢神経に働きかけ、痛みを脳へと伝える電気信号を抑制する部位を活性化すると考えられています。 炎症を抑える作用は少ないものの、鎮痛や解熱効果をもたらします。

効き目としては他の医薬品と比べても穏やかな特徴を持っているので、同じ痛み止めであるNSAIDsのような腎障害や胃腸障害などの心配が少なく扱いやすいです。

安全性も高く調整しやすいので、初期段階のつらい痛みや発熱の第1段階として使用するのも良いでしょう。

有効成分

パナドールの有効成分であるアセトアミノフェンは、中枢神経系に作用して解熱作用、鎮痛作用を示します。 正確な作用機序は解明されていませんが、中枢性COX阻害をはじめ、カンナビノイド受容体、セロトニン等を介した “下行性抑制系を賦活化する”と考えられています。

痛みは信号として、手もしくは足などの抹消部位→脊髄→脳の順番で伝達していきます。 この伝達経路には、痛みを伝えるものと、痛みを抑制する経路があり、アセトアミノフェンは、痛みを抑制する経路を活性化させて鎮痛効果をあらわすといわれています。

パナドールについて

パナドールはグラクソスミスクライン社が製造販売するジェネリック医薬品です。

グラクソスミスクライン社はイギリスのロンドンに本拠地を置く医薬品メーカーで、日本にも拠点を構えている世界有数のグローバル企業です。 かぜ薬や抗生物質をはじめ、喘息治療薬、生活習慣病治療薬など、幅広い分野で事業を展開しています。 新型肺炎ウイルスのワクチン開発にも着手しており、その技術力はかなり高水準であるといってよいでしょう。 世界的にも有名な医薬品メーカーですので、安全性や信頼性が保たれています。

パナドールは有名なカロナールのジェネリック医薬品ですので、有効成分であるアセトアミノフェンを同用量配合しています。 効果の強さは同程度でありながら、カロナールよりも安価で購入できるのでコストパフォーマンスに優れています。

副作用も少なくマイルドな効き目なので、歯痛や生理痛、頭痛など、さまざまな痛み症状を緩和してくれるでしょう。 パナドールは体の大きい外国人向けの商品ですので、半分に割っても十分な効果を発揮してくれます。 コストパフォーマンスをさらに向上できますし、何より痛みの症状に合わせて調整もできるためおすすめです。 つらい生理痛に悩んでいる人や、頭痛持ちの方など、長期的に痛み止めが必要な人にとって、安く購入できる痛み止めはおすすめです。

他の痛み止めに比べ、副作用のリスクが少ないです。

ロキソニンやイブなど、テレビCMや広告でよく目にする痛み止めの薬、“NSAIDs”と呼ばれる医薬品の多くは、胃に負担をかけ、潰瘍を引き起こしてしまう副作用があります。

パナドールの有効成分であるアセトアミノフェンはNSAIDsとは異なり、胃潰瘍や十二指腸などのリスクが比較的少なく、副作用を起こしにくいといわれています。

穏やかな効き目を持ち、副作用が少なく安全性が高い解熱鎮痛薬といわれており、薬による体調不良が心配な人でも安心して使用することができるでしょう。

痛みや発熱などの症状の程度に応じて量を調整できます。

パナドール(アセトアミノフェン)は1錠あたり500㎎ですが、症状に応じて調整が可能です。

そのため、ご自分の痛みのレベルや発熱のつらさに応じて、通常の使用範囲内であれば、1回あたりの量を少なくしたり、増やしたりすることができます。

包丁やカッターで錠剤をカットすることもできますし、専用のピルカッターであれば、比較的簡単に錠剤を分割できます。

パナドールの用法用量

服用方法

1回の用量
0.6~1錠(アセトアミノフェンとして300~500mg)
服用のタイミング
食後
1日の服用回数
1~4回
服用する間隔
4~6時間以上

1回あたり0.6錠~1錠を目安に水かぬるま湯にて服用してください。 用法用量を正しく守って使用してください。 食前および食後どちらでも服用できますが、食後が望ましいです。

複数回服用できますが、最低でも4時間は間隔をあけ服用してください。 初めて使用する際には、副作用を避けるため、少量から開始してください。 痛みや発熱の程度に応じて調整できますが、1日あたり4000㎎を限度としてください。

服用時の注意

痛み止めや熱覚ましの効果はあくまで対処療法ですので、症状が続く際には医療機関に受診し、医師の診察を受けて下さい。

総合かぜ薬など、アセトアミノフェンが配合されている薬と一緒に服用してしまうと、副作用のリスクが上昇しますので注意してください。

過度の体温低下や手足の冷え、虚脱症状がみられるケースがありますので、風邪などの感染症に使用する際には体調の変化に十分注意してください。

使用中には薬の効果時間に影響を及ぼす可能性がありますので、アルコールの摂取は避けてください。

パナドールの副作用

主な副作用

主な副作用
吐き気
嘔吐
食欲不振
腹痛
血小板減少
チアノーゼ
出血時間延長など

使用により腹痛や吐き気、食欲不振を感じることがあります。 風邪や胃腸炎など、感染症の症状でも似たような症状があり、薬の影響か判断が難しいケースもありますので、服用後の体調変化がないか、充分に観察しながら使用してください。

服用後に腹痛や嘔気などの症状がひどい場合には、かかりつけの医師や薬剤師に相談してください。

重大な副作用

重大な副作用
アナフィラキシーショック
中毒性表皮壊死症
皮膚粘膜眼症候群
肝機能障害など

服用後、稀に全身に発疹やかゆみなどの皮膚症状があらわれることがあります。 薬が身体に合っていない可能性がありますので、症状がみられた際にはすぐに服用を中止し、近隣の医療機関に受診してください。

また、高用量の服用を続けていると、だるさや発熱、皮膚や白目が黄色がかってみえることがあります。 肝臓に重大な障害が起きている可能性がありますので、そちらも同様に病院に受診し医師の診察を受けてください。

パナドールのよくある質問

処方せんは必要ですか?
いいえ、必要ありません。当サイトで取り扱っている医薬品は、全て海外から個人輸入で、取り寄せるもののため処方せんは必要ありません。
妊娠していても服用できますか?
いいえ、できません。妊娠中に医薬品を使用する場合は母体だけでなく胎児への影響について十分注意が必要です。

パナドールの注意事項

慎重投与

次の人は、服用に注意する必要があります。
  • 他にアセトアミノフェンを含む商品を使用中の人
  • パナドールに含まれる成分で過去に体調不良を経験した人がある人
  • 日常的に多量の飲酒を好む人
  • 食欲がなく、栄養状態が悪い人
  • 胃潰瘍や十二指腸潰瘍になったことがある人
  • 血液の異常を指摘されている人
  • すぐアザができる、歯ぐきから血が出るなど、出血傾向のある人
  • 心臓に何らかの病気を抱えている人
  • 気管支喘息のある人
  • 何らかの感染症にかかっている人
  • 肝臓や腎臓に障害を持つ人
  • 妊娠中、または妊娠している可能性のある人
  • 現在授乳中の人
  • 小さいお子様
  • 高齢者の人

服用してはいけない人

次の人は、この薬を使用することはできません。
  • パナドールに含まれる成分で過敏症を起こしたことがある人
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍の人
  • 血液に重大な異常を抱えている人
  • 心臓に重い病気を抱えている人
  • 肝臓や腎臓に重い障害を持つ人
  • アスピリン喘息を起こしたことがある人

併用禁忌薬

  • 使用してはいけない薬は特にありません。

保管方法

  • 高温多湿の場所を避け、直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
  • 子供の手の届かない場所に保管してください。
  • 容器の移し替えはせず、そのまま保管してください。品質が変化してしまう可能性があります。
  • 使用期限の過ぎた商品は、使用しないでください。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。 薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。
【医薬品情報サイト】
おくすり110番
病院で処方される医薬品の効果や有効成分、服用方法、併用禁忌薬など詳しい情報が検索できるサイトです。各医薬品の添付文書が見られるほか、病気別の薬の検索や禁忌薬に特化したページ、薬価の検索、薬用植物図鑑など幅広い情報が載っています。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。 薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。 個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

パナドール(アセトアミノフェン)の口コミ

口コミ評価(1)

  • パナドール(アセトアミノフェン) ユーザー
    口コミ評価  
    アセトアミノフェンが有効成分の解熱鎮痛剤を探していて、価格も安かったため購入しました。急な発熱用として使っています。副作用も感じず重宝しています。
口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー