【SALE】アイピル

ピラマルヘルスケア
1160円~
(0)

新型コロナウイルスの影響による配送遅延について

在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

【SALE】アイピル 1錠
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
1箱 23%
OFF
1,500円 1,160円 カートに入れる
3箱 27%
OFF
4,500円 3,280円 カートに入れる
6箱 35%
OFF
9,000円 5,840円 カートに入れる
10箱 43%
OFF
15,000円 8,510円 カートに入れる
30箱 57%
OFF
45,000円 19,350円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応


オススメ

アイピルは、ピラマルヘルスケア社が開発したノルレボのジェネリック医薬品で、性行為後に緊急避妊用に使用するピルです。

商品説明

☆黄金連休セール☆ この商品はセール対象商品です 日頃のご愛顧に感謝して【期間限定】のディスカウントセール開催中! 2020年5月17日までにご注文の方、通常販売価格より今だけ10%OFF!
アイピルはピラマルヘルスケア社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)です。先発薬であるノルレボ錠のジェネリック医薬品として人気の高いピルです。 性行為から72時間以内の服用で、高い避妊効果が得られます。 有効成分レボノルゲストレルは排卵を抑制し妊娠を防ぐ作用を持ちます。 排卵や受精がされた後で服用した場合でも、受精卵の子宮内膜への着床を阻害します。 早く飲めば飲むほど避妊成功率は上がります。 避妊をしない性行為や避妊具が壊れた、行為を強要された、などの理由から望まない妊娠をしないために、アイピルをお守りとして持ち歩く女性もいます。 アイピルを服用して避妊に成功すると、3日~21日間以内に消退出血が引き起こされます。 これはレボノルゲストレルによってはがれた子宮内膜が、不正出血として排出されるためです。 もし、服用して次の予定日より1週間過ぎても生理が訪れない場合は、避妊に失敗した可能性があります。 消退出血の有無によって避妊の成功は確かめられますが、より早く確認するため早期妊娠検査薬を使うことも有効です。 定期服用により優れた避妊効果を持つ低用量ピルと違い、アフターピルは避妊に失敗した性行為後に飲む薬です。 他の避妊薬より副作用が弱いとされているアイピルでも、強いホルモンを含むため体には負担がかかります。 緊急時の服用に限られた避妊薬ですので、日常的な使用は控えましょう。
その他避妊薬ピルのご購入はコチラ ★アフターピル(緊急避妊)
避妊に関するお悩みを解決〔避妊の悩み

服用方法

1回1錠、性交後72時間以内に、コップ1杯の水かぬるま湯で経口服用します。 早く飲むほどアフターピルの避妊成功率は上がります。 72時間以内の服用が推奨されていますが、時間が経つほど妊娠のリスクは高まりますので、避妊に失敗したらできるだけ時間を空けず飲みましょう。 服用して3時間経たない内に吐いてしまった場合は、成分が吸収されず避妊できていない可能性があるため、もう一度服用しなければいけません。 嘔吐による再服用を防ぐために、飲む前に軽食を取るのも良い方法です。 副作用の吐き気は空腹時に起こりやすいという報告があります。 逆に食べ過ぎた状態で服用しても吐き気や腹痛を起こしやすくなりますので、適度な飲食の後にピルを飲みましょう。 服用時は、グレープフルーツとの併用は避けてください。 グレープフルーツの成分フラノクマリンは体内の代謝酵素を抑制する働きを持ちます。 代謝酵素が働かないことで薬の成分が必要以上に体内に残ってしまうため、思わぬ副作用を招く危険があります。 生のグレープフルーツだけではなく、ジュースや料理などフラノクマリンが含まれているものでも同様のリスクがありますのでご注意ください。 アイピルは元々強いホルモン剤が含まれているため、吐き気や頭痛、腹痛などが強く出てしまう可能性があります。

副作用

腹痛、吐き気、下痢、頭痛、めまい、眠気、倦怠感など アイピルは副作用が比較的弱いと言われているノルレボ錠のジェネリック医薬品です。 一番出やすいと言われている症状は吐き気で、次いで頭痛が報告されています。 副作用が出る理由は、黄体ホルモンであるレボノルゲストレルが体内に入ることで、一時的にホルモンバランスが崩れるためです。 緊急避妊ピルは常用するものではありませんので、副作用もあくまで一時的なものです。 時間が経てば治まってくることがほとんどです。 空腹状態で服用するよりも、適度な食事をすることで副作用を軽減できます。 飲んでから3日を過ぎても重い症状に悩まされる場合は、ただちに医師の診察を受けてください。 喫煙していると、タバコのニコチンによる作用で全身の血管が収縮し、循環機能が低下し頭痛を引き起こしやすくなります。 同様に血栓もできやすくなるため、服用する時は喫煙しないようにしましょう。 血栓症のリスクを低減させるために、血液を浄化し血管を修復する効果を持つクリルオイルを併用する女性も少なくありません。 アフターピルを服用すると、3日から21日の間に不正出血があります。 これは消退出血と言い、副作用ではなく緊急避妊に成功すると起こるものです。 ピルの有効成分レボノルゲストレルによって子宮内膜が剥がされた結果排出されるものですが、不安な方は早期妊娠検査薬などで早めに確認するのも良いでしょう。
詳しい情報は外部の専門サイトをご確認ください。

注意点

【併用注意】 ・抗けいれん薬(フェノバルビタール、フェニトイン、プリミドン、カルバマゼピン) ・HIV感染症治療薬(リトナビル) ・リファブチン ・リファンピシン ・グリセオフルビン ・セイヨウオトギリソウ含有食品 【服用禁止】 ・妊娠または妊娠している可能性のある女性 ・肝臓に重篤な障害のある方 ・過去にアイピルに含まれる成分でアレルギー反応を経験したことがある方 【服用注意】 ・授乳中の女性は、服用後24時間は授乳を避けてください ・心臓病や腎臓病の方、または既往歴のある方 ・肝臓に障害のある方