サビトラマックス

SAVA Healthcare
2250円~
(0)

新型コロナウイルスの影響による配送遅延について

在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

サビトラマックス 80mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
4錠 10%
OFF
2,500円 2,250円 カートに入れる
20錠 21%
OFF
12,500円 9,900円 カートに入れる
28錠 28%
OFF
17,500円 12,600円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

サビトラマックスは、SAVA Healthcare社が開発したプリリジー(早漏防止)+レビトラ(勃起促進)のジェネリック医薬品です。

商品説明

サビトラマックスは、早漏防止効果のあるポゼットとED(勃起不全)効果のあるレビトラ、2つの有効成分を複合した配合薬です。 早漏症治療薬とED治療薬のジェネリック医薬品として、SAVA Healthcare社が開発製造しました。 早漏症は、性体験の浅い若年層に多いイメージがありますが、実際にはそうではありません。早漏には、陰茎が敏感すぎて性的刺激に耐えられず、自分の意思に反して射精が早くなってしまう場合と、そうではない場合があります。 すべての原因は未だに解明されていませんが、昨今の研究で、精神的なものや遺伝的なものも要因があきらかになってきました。 パートナーとのコミュニケーションが十分にとれておらず、性行為の際に精神的なダメージをうけたり、性行為の欲求が一致せず無理に応じていたり、それらのストレスが射精コントロールに影響する場合も否めません。 特に中高年層に多いとされるのは「セロトニン不足」による早漏症です。 セロトニンとは精神をリラックスさせる脳内物質ですが、ストレスを感じると交感神経が活性しノルアドレナリンが過剰に分泌するため、それを抑制するセロトニンの分泌量を超えてしまいます。 セロトニンが不利な状況に陥ると精神が落ち着かず、交感神経が活発に働いたまま性行為におよぶと射精コントロールも思うようにならないといった状態になるのです。 サビトラマックスに含まれるダポキセチンには、その交感神経を抑制する効果があります。世界初の服用型早漏薬プリリジーと同じ作用機序で、早漏気味な射精を3~4倍の長さに延長することが可能です。 過敏性の早漏は、性的刺激や性行為になれることで自然に治ることもありますが、精神的な早漏の場合、トレーニングではなかなか治せません。 中高年の方で、積極的に射精の早さを会話に持ち出す方はいないでしょう。 そのためその年代の早漏症は少なく感じるかもしれませんが、実は秘かに悩んでいる方は大勢いらっしゃるのです。 また中高年層から多くなるED(勃起不全)患者の3割程度は早漏症を併発しているといわれています。 サビトラマックスには、レビトラと同じ有効成分バルデナフィルも配合されており、成分はいち早く体内浸透し、陰茎の血流を促し勃起力を高める効果を発揮します。ダポキセチンの効果も同時に取り込むことで、射精コントロールも可能となり、男性機能回復を実感できることでしょう。 とても効果のある薬剤のため、使用上の注意がございます。必ず内容を確かめた上で安全に服用してください。
メディカル知識〔早漏〕〔ED(勃起不全)

服用方法

1日1回性行為の1時間前に経口服用します。 サビトラマックスは、2種類の主成分が配合されているため、その効果発現時間は多少の差違があります。 まずは勃起不全の効果があるバルデナフィル、こちらの成分は服用することで。体内吸収が早い方なら15分程度、遅くとも60分程度で効果発現します。 また早漏症の改善薬成分となるダポキセチンは、1時間程度で血中濃度を高め、効果発現します。 それらのことから、当サイトでは、性行為の1時前に服用することをオススメいたしております。 服用時、食事の影響は受けにくい(脂分が少なく700kcal程度ならOK)とされていますが、体内への吸収力をよくするためには空腹時の方が有効ではあります。なるべく体内に成分を取り込みやすい状態で服用してください。 アルコールやグレープフルーツ(ジュースを含む)は、身体に悪影響を与えるため避けてください。 ※リラックス効果がある程度の少量のアルコールであれば問題ありません。 ※グレープフルーツは併用注意です。同時に摂取した場合、副作用が大きくなったり、薬の効果が強く出過ぎてしまう懸念があります。

副作用

頭痛、ほてり、鼻づまり、めまい、血圧の変動、動悸、頻脈、はき気、下痢、不眠、疲労感、視覚異常など 勃起力を高めるためにの有効成分バルデナフィルが、陰茎部位周辺の血管を拡げるよう働きかけます。 それらの血管拡張作用により、頭痛、火照り、鼻づまりなどの症状が出る可能性があります。 またダポキセチン成分に関する副作用で比較的多く見られるのは、下痢や目まいです。 ただしダポキセチンは、服用から1日も経てば95%以上の成分が体外排出され、効果も副作用も徐々になくなりますので、過剰な心配をする必要はありません。 多くの場合、軽い症状にとどまりますが、忍容性には個人差がありますので、それらの症状を強く感じる場合は、服用を中断し、医師に相談するようにしてください。 24時間以上経過しても副作用がなくならない場合は、直ちにかかりつけの医師にご相談ください。
薬効が強いと感じる場合は、ピルカッターを使用することにより、効果・副作用を抑えつつ、抵コストで利用することが可能です。
詳しい情報は外部の専門サイトをご確認ください。

注意点

【併用禁忌】 ・硝酸剤及びNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等) ・リトナビル(ノービア) ・インジナビル(クリキシバン) ・アタザナビル(レイアタッツ ・サキナビル(フォートベイス、インビラーゼ、サキナビルメシル酸塩) ・ホスアンプレナビル(レクシヴァ) ・ロピナビル、リトナビル(カレトラ) ・ダルナビル(プリジスタ) ・テラプレビル(テラビック) ・ケトコナゾール(ニゾラール) ・イトラコナゾール(イトリゾール) ・クラスIA抗不整脈薬(キニジン、プロカインアミド等) ・クラスIII抗不整脈薬(アミオダロン、ソタロール等) ・MAO阻害薬 ・チオリダジン ・SSRI、SNRI、3環系抗うつ薬、その他セロトニンに作用する医薬品(Lトリプトファン、トリプタン、トラマドール、リネゾリド、リチウム、セイヨウオトギリソウ等) ・CYP3A4阻害薬(ケトコナゾール、イトラコナゾール、リトナビル、サキナビル、テリスロマイシン、ネファンドゾン、ネルフィナビル、アタザナビル等) 【併用注意】 ・マクロライド系抗生物質(エリスロマイシン等) ・ビカルタミド ・CYP3A4誘導薬(リファンピシン等) ・カルペリチド ・α遮断薬(テラゾシン、タムスロシン等)