デュララスト

サンファーマ
1200円~
(0)
在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

デュララスト 30mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
4錠 40%
OFF
2,000円 1,200円 カートに入れる
12錠 43%
OFF
6,000円 3,420円 カートに入れる
20錠 46%
OFF
10,000円 5,400円 カートに入れる
28錠 49%
OFF
14,000円 7,140円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

デュララストは、サンファーマ社が開発したプリリジーのジェネリック医薬品で、射精を遅らせる早漏防止薬です。

商品説明

デュララストとは、サンファーマ社が開発販売しているプリリジーのジェネリック医薬品で、自分の意思に反して早く射精をしてしまう早漏症を改善するための治療薬です。 デュララストを服用することで、通常の約3~4倍に射精を遅らせることが可能とされており、早漏にお悩みの方にはとても有効な薬といえます。 早漏症は、性行為の経験が浅い若年層に多いというイメージがありますが、昨今のストレス社会において、中高年層にも秘かに拡大しつつあるとされています。 その原因の多くは *ストレス(セロトニン不足) *性行為時に受けたトラウマ *経験不足による過度な興奮や緊張 など「心因性」によるものだということが、最近の研究でわかっています。 セロトニンとは、気持ちをリラックスさせる作用がある脳内物質です。 ストレスは交感神経を活発にします。それによりノルアドレナリンが過剰分泌され、それを抑えるはずのセロトニンの分泌量を超えてしまいます。 セロトニンが不足していると、精神的に落ち着かない状態となり、交感神経が活発化しまうのです。それが性行為の際「早漏」といった症状で現われます。 それらのことから心因性の早漏症は、自律神経のバランスの乱れが原因といえるでしょう。 デュララストに含有されている有効成分ダポキセチンは、活発化した交感神経を抑制する効果があるのです。過度に興奮した気持ちを落ち着かせ、セロトニン不足を補い、射精コントロールができるようサポートします。 デュララストは、世界発の服用タイプの早漏治療薬であるプリリジーのジェネリック医薬品でありながら、その効果は先発薬プリリジーとほぼ同様とされています。また先発薬に比べ、低価格で入手できるものメリットのひとつです。 有効成分ダポキセチンは、飲み始め時期は効果発現しづらいとされていますが、定期的に服用することで徐々に効果発現されやすくなります。 服用当初、十分な効果を感じない場合は、性行為の予定がなくても週1回程度を目安に服用されることを推奨いたします。 用法・使用上の注意など、あらかじめお確かめいただき、正しく服用してください。
その他早漏改善・防止薬のご購入はコチラ ★プリリジー
メディカル知識〔早漏

服用方法

1日1回性行為の1~3時間前に経口服用します。 服用の際は水で飲むようにしてください。 お茶、コーヒー、ジュース等、他の水分で服用すると、有効成分の効果が損なわれる可能性があります。 胃腸の弱い方には、常温水やぬるま湯と一緒に服用されることをお薦めします。 この薬は食事による影響はなく、食前・食間・食後・空腹時のどのタイミングで服用しても問題ありませんが、アルコールの摂取はしないようにしましょう。 通常、1日1回30mgの服用で効果があるとされています。 初めて早漏治療薬を服用される方は、副作用の確認もかねて、錠剤を2分の1にカットするなどして、少量からお試しになるのがよいでしょう。 しばらく使用しても薬の効果が弱い場合、かつ重篤な副作用がみられない場合は、1回60㎎まで服用することが可能です。 ただし、90mgを超過する服用はしないでください。適量を守り、過剰な投与は避けましょう。 服用量を問わず、1日1回を服用限度とし、次に飲むまでの間隔は24時間以上あけてください。

副作用

頭痛、めまい、はき気、下痢、不眠、疲労感など 重い副作用の事例はないとされておりますが、可能性がゼロではありません。 副作用として比較的多くみられるのは、下痢や目まいです。 ただしダポキセチンは、服用から1日も経てば95%以上の成分が体外排出され、効果も副作用も徐々になくなります。 ダポキセチンの含有量が多ければ多いほど、効果発現が持続することは臨床試験でも検証されていますが、その分、副作用が強くでる可能性も高まります。 副作用がつらいようであれば、薬を半分にするなどして服用量の調整をしましょう。多くの場合、軽い症状にとどまりますが、忍容性には個人差があります。 24時間以上経過しても副作用がなくならない場合は、直ちにかかりつけの医師にご相談ください。
薬効が強いと感じる場合は、ピルカッターを使用することにより、効果・副作用を抑えつつ、抵コストで利用することが可能です。

注意点

【併用禁忌】 ・MAO阻害薬 ・チオリダジン ・SSRI、SNRI、3環系抗うつ薬、その他セロトニンに作用する医薬品(Lトリプトファン、トリプタン、トラマドール、リネゾリド、リチウム、セイヨウオトギリソウ等) ・CYP3A4阻害薬(ケトコナゾール、イトラコナゾール、リトナビル、サキナビル、テリスロマイシン、ネファンドゾン、ネルフィナビル、アタザナビル等)