ロキソニン

第一三共
9000円~
(0)

新型コロナウイルスの影響による配送遅延について

在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

ロキソニン 60mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
100錠 10%
OFF
10,000円 9,000円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

ロキソニンについて

痛みに速く効く!胃への負担を軽減した鎮痛解熱剤
  • 有効成分ロキソプロフェン配合で痛みに速く効きます
  • 様々な痛み、炎症に幅広く効果を発揮します
  • 安全性が高く、一番よく使われている鎮痛薬です

ロキソニンは、第一三共株式会社から医療用医薬品として販売されている鎮痛解熱剤。腫れや痛みの緩和、解熱、炎症をしずめて発赤などを抑制する効果があります。ロキソニンは薬効が強い第一類医薬品で、薬剤師が説明する対面販売が義務化されています。1回1錠でよく効き、飲みやすい小型錠となっています。
ロキソニンの市販薬としては、同じグループ会社の第一三共ヘルスケア株式会社からロキソニンSシリーズが販売されており、こちらはドラッグストアでの購入が可能です。

ロキソニンの特徴

ロキソニンの時間による血中濃度

ロキソニンは、安全性が高く効き目もよい点が一番の特徴です。一般的によく使われているお薬で、耳にしたことのある方も多いかと思います。薬効が強く、有効成分であるロキソプロフェンは服用後速やかに吸収され、30分後には血液中で最高濃度に達します。抜歯や外傷による痛みは、服用後15分ほどで効き目が現れ始めます。また、比較的副作用の少ないお薬であるため、安心してお使いいただけることもポイントです。

様々な痛み、炎症に幅広く効果が期待できます

ロキソニンは多くの症状に有効です。

頭痛、生理痛、歯痛、咽喉痛、腰痛、関節痛、神経痛、筋肉痛、肩こり痛、耳痛、打撲痛、骨折痛、ねんざ痛、外傷の鎮痛、悪寒・発熱時の解熱など、有効成分ロキソプロフェンは幅広い痛みや発熱に素早く効果を発揮します。比較的強い痛みを伴う関節リウマチや変形性関節症にも効果を期待できます。眠くなる成分は入っていないため、使いやすい痛み止めとなっていますので、運転前に服用することも可能です。

効き目がよく、胃への負担が少ないお薬です

ロキソニンは解熱鎮痛薬の中でも代表的なNSAIDs(エヌセイズ:非ステロイド性消炎鎮痛薬)という薬剤に分類されています。NSAIDsは薬効が強いことが特徴である一方、消化器への負担が大きいことが難点です。しかし、有効成分であるロキソプロフェンはそのままの形では効果を発揮せず、体内に吸収された後に代謝を受けてから効果を発揮するため、胃腸への負担が軽減されているのです。(プロドラッグ製剤と言います)

ただし、どのお薬にも言えますが、服用しすぎには注意してください。胃腸への負担が大きくなり、副作用の恐れがあるため、用法用量をしっかり守って正しく服用しましょう。

ロキソニンの効果

効果・効能
消炎鎮痛作用
悪寒・発熱時の解熱

腫れや痛み、炎症を和らげ、解熱にも効果を発揮します。

ロキソニンの服用方法

1回の用量
1錠(「ロキソプロフェンナトリウム」として60mg)
(頓用の場合は1回1~2錠を服用する)
1日の服用回数
3回

※急性上気道炎の解熱・鎮痛の場合

通常、1回1錠(ロキソプロフェンナトリウムとして60mg)を頓用。原則として1日2回まで、1日最大3錠を限度とします。

飲み忘れた場合は、気が付いた時点で1回分を飲みます。ただし、次の服用時間が近い場合は忘れた分は飲まずに、次の飲む時間に1回分を服用してください。2回分を1度に飲むことはしてはいけません。

空腹時の投与は避け、食後コップ一杯の水で服用してください。頓服の場合もできるだけ食後にあわせて服用するようにしましょう。空腹時に飲む際には、軽食をとるか、牛乳で服用すると胃への負担を軽減することができます。

副作用について

ロキソニンは痛みや炎症、発熱を抑える効果がある一方、長期間服用すると胃腸の保護機能を弱めてしまう可能性があります。比較的副作用の少ないお薬ではありますが、腹痛、吐き気、食欲不振、消化器症状、喘息発作、むくみなどの症状があらわれることがあります。すべての薬には副作用がありますので、安全に効果を発揮させるためにも用法用量を守って服用しましょう。

3~5日程度服用を続けても症状が変わらない、または繰り返される場合には服用を中止し、必ず病院を受診するようにしましょう。

ロキソニンの有効成分について

有効成分「ロキソプロフェン」配合

ロキソプロフェンは痛みや発熱、炎症などを引き起こすプロスタグランジン(PG)という物質の生成を抑えることによって効果を発揮します。PGの合成酵素シクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害することで、消炎鎮痛作用をあらわします。