ザイザル

UCB Pharma
1200円~
(0)

新型コロナウイルスの影響による配送遅延について

在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

ザイザル 5mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
20錠 20%
OFF
1,500円 1,200円
40錠 24%
OFF
3,000円 2,280円
60錠 28%
OFF
4,500円 3,240円
80錠 32%
OFF
6,000円 4,080円
100錠 36%
OFF
7,500円 4,800円
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

ザイザルについて

辛い花粉症やアトピー性皮膚炎を鎮める、副作用の少ないヒスタミン薬です
  • アレルギー性疾患に効果がある、第2世代抗ヒスタミン剤
  • 飲めばすぐに効果が現れ、症状をしっかりと抑え込みます
  • 口の乾きや強い眠気と言った従来の副作用が改善されています

日本人の2人に1人が何らかのアレルギー性疾患を抱えていると言われており、「アレルギー」と言う言葉は巷に溢れています。一口にアレルギー疾患と言っても、症状も発生する部位も様々で、花粉書などの鼻炎、アトピー性皮膚炎などの皮膚炎、食物アレルギー、喘息、などは良く耳にされると思います。そして、現れる症状は強いものが多く、日常生活に支障を来すほどの影響があります。完治するのが難しいため、適切に医薬品を用いてうまく付き合っていくことが重要です。

ザイザルの特徴

ザイザルは各種アレルギー性症状を抑制する医薬品です。即効性があり効き目も強いため、病院でも多く処方されています。アトピー性皮膚炎、花粉症などのアレルギー性鼻炎、蕁麻疹や湿疹などの痒みにしっかりとした効果があります。

また、抗ヒスタミン剤の中でも第2世代と呼ばれるお薬で、副作用が改善されており、第1世代に見られた口の乾きや排尿障害、強烈な眠気と言ったものは現れにくくなっており使用しやすいお薬です。剤形も小さな錠剤で服用しやすいのが特徴です。

アレルギー性疾患は現代病とも呼ばれ、人体の免疫機能が適切に働かないことが原因の病気です。春になると多くの方が花粉症で悩まされるように、現代日本における影響は計り知れないものがあります。つらい症状を抱えながら毎日を過ごし、ストレスでさらに症状が悪化する、という悪循環に陥ることもあります。ザイザル錠を使用してアレルギー症状を緩和し、早期に症状を抑え込むことをご検討下さい。

免疫抑制作用と抗炎症作用により早くよく効くアレルギー治療薬

アレルギーという言葉の語源はギリシャ語にあり、「変化」と「作用」という単語を組み合わせたものであると言われています。すなわち、本来は人体を守るはずの免疫が有害な作用に変わってしまう、ということを意味しています。元々は疾患を表す用語なのですが、特定の対象に対する精神的な拒絶のことをアレルギーと言ったりします。

そもそも免疫の役割とは、体内に侵入した異物(主には病原体)を様々な方法で撃退して身体を守ることです。撃退の仕方には、病原体を侵食する、抗体を生成する、感染細胞を死滅させる、などがあり、その働きをする細胞やリンパ球などを作り出す一連の作用のことを「免疫を獲得する」といいます。

本来の免疫機能は、攻撃すべき対象を正確に見分け、相手に応じた撃退方法を使い分けるのですが、現代人の生活環境や食生活の変化により、免疫系に異常が現れるようになりました。人体に対して有害でないものに対しても体外に排除してしまうという現象が出るようになったのです。花粉症はわかりやすい例です。本来、花粉自体はそれほど身体に有害ではないにもかかわらず、鼻や口から侵入した花粉を外に出そうとして、くしゃみや鼻水、涙、が出ると言った症状につながります。

従って、このアレルギー反応を抑えるには、免疫の異常な活動を抑える必要があります。ザイザルは免疫抑制作用を持つ製剤で、即効性と強い効き目が特徴です。服用後、早ければ数十分で症状が治まってきます。アレルギー性皮膚炎などの場合、強烈な痒みのゆえに皮膚を掻きむしることでさらに炎症が広がり、症状が悪化するという悪循環を起こします。しっかりとした効き目のお薬を使用することで症状を抑えてあげることがとても重要なのです。

副作用が比較的少ない、眠くなりにくい抗ヒスタミン剤

現代にアレルギー性疾患が広がっている原因は、公害や運動不足、添加物の多い食品が増えたこと、肉中心の食生活など、無数にあると言われており、まさしく現代病と呼べる病気です。アレルギー症状には、体内物質であるヒスタミンが深く関わっています。このヒスタミンの作用によって皮膚炎や鼻炎と言った症状が起こります。

ヒスタミンは神経伝達物質と呼ばれ、体中に広がっている生理活性物質です。ヒスタミンはアレルギー反応の中でも即時型アレルギーを引き起すと言われており、食物や花粉、ハウスダスト等に含まれる抗原(アレルゲン)が引き金となって皮膚の炎症や痒み、くしゃみ、気道閉塞などと言ったアレルギー特有の症状につながります。

アレルギー性疾患に処方される医薬品は抗ヒスタミン剤が主流であり、1980年代ごろからは第2世代のものが主流になっています。この第2世代のヒスタミン薬は第1世代に比べて副作用が少ないのが特徴です。第1世代によく見られた、口の渇き、排尿障害、眠気と言ったものが第2世代の抗ヒスタミン剤では改善されています。

アレルギー性疾患の症状はとても辛く、早期にお薬で抑え込みたいところです。花粉症やアトピー性皮膚炎が重症化し、起き上がることも出来ずに入院するケースもあります。そのように深刻な状態になる前に服用することをお勧めします。ザイザルは副作用が少ないため、眠気などの副作用があるので服用できないといった制約が比較的少ないのです。

ザイザルの効果

効果・効能
アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患
つらい花粉症やアトピー性皮膚炎に素早く効果を発揮します(30字前後)

アレルギー症状の主なものには、気管支喘息、アレルギー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、食物・薬物・金属アレルギーなどがあります。食物等のアレルギーでは、痙攣や呼吸困難、意識障害などを伴う、アナフィラキシーと呼ばれる症状がありますが、ザイザルはアナフィラキシーに対してではなく、主に花粉症などのアレルギー性鼻炎や、アトピー性皮膚炎などのアレルギー性皮膚炎に対して用いられています。

鼻炎や皮膚炎のアレルギー性疾患は、症状が良くなったり悪くなったりと、波のように寄せては返すのが特徴です。また、抗原であるアレルゲンに接したときに症状が見る間に悪化して行くため、一日の内でも状態が一定しません。このように症状が変動することも精神的な不安やストレスの原因となります。

従って、ザイザルを利用して、症状を安定させてストレスを溜めないことが症状を改善していく早道でもあります。飲めば素早く効果が現れるため、多くの方がその効果を実感しています。

ザイザルの服用方法

1回の用量
1錠(「レポセチリジン塩酸塩」として5mg)
1日の服用回数
2回まで

1日1回就寝前の服用でOK!継続して使用することをお勧めします

成人は1回1錠(有効成分5mg)を就寝前に服用して下さい。年齢や体形によって服用量を増減させますが、1日の最高摂取量は10mgまでとして下さい。7歳〜15歳未満の小児には錠剤を半分に割り、1回2.5mgを1日に1回服用して下さい。

飲み忘れた場合には気付いた時点で1回分を服用しますが、次の服用時間が近い場合には1回飲むのを飛ばして下さい。2回分を1度に投与しないようにして下さい。体内の成分量を一定に保つために、飲み忘れを極力避けて、服用時刻も一定になるようにしてください。

誤って多く飲んだ場合には医師または薬剤師に相談して下さい。症状が安定するまで継続して使用することが望ましく、使用を中止する場合は急に止めてしまわずに、徐々に投与量を減らしていって下さい。

ザイザルの有効成分について

レポセチリジン塩酸塩がH1受容体とヒスタミンの結合を遮断

人体にアレルギー反応が起こる場合、免疫系の機能が鍵を握っています。ウイルスなどのアレルゲンが体内に侵襲すると、免疫細胞は身体を守るために抗体を作ってアレルゲンを排除しようとします。この時、ヒスタミンという体内物質が抗体より発生するのですが、ヒスタミンがH1受容体と結合した時、その刺激によりアレルギー症状が発生します。

ザイザルの有効成分レポセチリジン塩酸塩はH1受容体に対して拮抗作用を持っており、ヒスタミンが受容体と結びつくことを遮断します。アレルギー症状の原因を絶つことにより、症状の悪化を食い止め、次第に状態が改善されていきます。レポセチリジン塩酸塩は脂溶性が低く脳に行き渡りにくいために眠気などの副作用も少なくなっています。

ザイザルの副作用

主な副作用
眠気、頭痛、口唇炎、めまいなど

第2抗ヒスタミン剤に分類され、副作用は少ないです。副作用には個人差がありますので、眠気や頭痛、めまいがひどいようなら使用を中止するか医師に相談して下さい。

稀な副作用
アナフィラキシー、痙攣、肝機能障害、血小板減少など

重大な副作用は稀ですが、服用期間が長期に渡る場合は、定期的に肝機能検査を受けて下さい。ひどい吐き気や倦怠感、皮膚や白目が黄色くなる症状が現れた場合は、直ちに医師の診断を受けて下さい。

ザイザルの注意事項

慎重投与
  • 腎機能障害がある方
  • 肝機能障害がある方
  • 高齢者
服用してはいけない人
  • 本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方
  • 重度の腎機能障害のある方
併用禁忌薬
  • 喘息治療薬リトナビル
  • 抗不整脈薬ピルシカイニド