ED治療薬バイアグラ・シアリス・レビトラや早漏、育毛、避妊、性病、睡眠治療のジェネリック医薬品を多数取り揃えております。

祝日割
簡単購入ガイド

ポスティノール(アフターピル)

Gedeon Richter
2,000円~
口コミ評価(5)
到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

ポスティノール(アフターピル) 0.75mg
内容量 獲得ポイント 1錠単価 販売価格 ご注文
2錠 60 1,000円 2,000円 カートに入れる
10錠 240 800円 8,000円 カートに入れる
20錠 324 540円 10,800円 カートに入れる
60錠 777 432円 25,920円 カートに入れる
ポスティノール(アフターピル)
ポスティノール(アフターピル)
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

ポスティノール2について

避妊成功率95%!常備にも便利な緊急避妊薬
  • 性交後24時間以内の服用で高い避妊効果を得られます
  • 有効成分レボノルゲストレルが排卵を抑制します
  • 2錠に分けることで副作用を軽減させています

ポスティノールの適応症

ポスティノール2は、ハンガリーのバイオテクノロジー企業Gedeon Richter社が製造・販売する緊急避妊薬です。2011年から日本で処方されているノルレボ錠のジェネリック医薬品にあたります。
ポスティノール2には、多くの避妊用ピルに含まれているレボノルゲストレルが含有されており、排卵を抑制したり受精卵の着床を防いだりしながら避妊効果を発揮します。72時間以内に1錠服用するとよいとされていますが、性行為後なるべく早い段階で服用すれば、さらに高い効果が得られます。
また、副作用を軽減するために2錠に分けて飲む仕様になっているのもポイント。従来のピルで副作用が気になった方にもおすすめの医薬品です。

ポスティノール2の特徴

ポスティノール2は、ノルレボ錠のジェネリック医薬品にあたる緊急避妊薬です。日本では未承認ですが、欧米やオーストラリア、アジアなど広い範囲の国で販売されています。

ポスティノール2には、黄体ホルモンの有効成分が含まれていますが、この成分によって排卵が抑制され、ホルモンバランスが変化。さらに、受精を阻害するなどして妊娠を防ぐ効果が期待できます。

また、ポスティノールによる避妊の成功確率は、排卵日と排卵日の後と比較して差異がないのも特徴。性行為以降、早く服用すればするほど避妊効果の高い、副作用が軽減されたアフターピルです。

有効成分レボノルゲストレルが高い避妊効果を発現させます

ポスティノール2の有効成分は、黄体ホルモンのレボノルゲストレルです。通常、排卵の直前になると黄体化ホルモンLHが多量に分泌されますが、レボノルゲストレルが体内に入ることによって意図的にホルモンバランスが崩され、さらに排卵が抑制されます。

また、子宮頚管の粘性を増すという特性もあることから、子宮内部へ精子が入ることを阻害し、受精自体を防ぐ効果も期待できます。仮に排卵や受精が行われてから服用した場合でも、子宮内膜に作用して受精卵の着床自体を抑制し、これらの結果、妊娠を予防できるという仕組みです。

ポスティノール2は、あくまで中絶薬ではなく排卵を抑制するための薬であるため、100%避妊ができるというものではありません、ただし、性行為後に早く服用すればするほど避妊の成功率が高くなります。

24時間以内に服用した場合で95%、72時間以内に服用した場合で80%の成功率といわれているため、避妊が失敗したと思われる際には、できるだけすみやかに飲むことがおすすめです。

副作用を軽減させる工夫がされています

ポスティノール2は、性行為後72時間以内に1錠経口服用、さらに1回目の服用から12時間後にもう1錠を服用します。これは、副作用をできるだけ軽減させるためのものです。

ピルには、有効成分としてホルモン剤が含まれているため、吐き気や頭痛などの副作用がどうしても強く出てしまう可能性があります。ポスティノール2の服用方法には、その副作用をすこしでも分散させるための工夫が施されているため、従来のピルで副作用が強く出て気になった方や、初めてピルを使用するという方にもおすすめの薬です。

ポスティノール2の効果

効果・効能
避妊

ポスティノール2は、黄体ホルモンのレボノルゲストレルが有効成分の緊急避妊薬です。望まない妊娠を避けるための薬であり、避妊に失敗したと思われる性行為後72時間以内の服用で避妊効果が得られます。

ポスティノール2を服用することで、有効成分レボノルゲストレルが意図的にホルモンバランスを崩し、排卵を抑制したり、受精自体を防いだりします。どの時期に服用しても対応できるようになってことから、ポスティノールによる避妊成功率は、排卵日と排卵日の後と比較して差異がないのが特徴です。

通常、性行為から72時間以内に服用すればよいとされていますが、確実に避妊効果を発現させるために1錠目は48時間以内、さらに言えば24時間以内の服用が推奨されています。服用が早ければ早いほど成功率が高くなるため、常備薬として手元に保管しておくと便利でしょう。

ポスティノール2の服用方法

1回の用量
1錠
1日の服用回数
2回まで

服用方法について

ポスティノール2は、避妊が失敗したと思われる性行為後に1回1錠、時間をあけて2回にわたり経口服用します。1回目は、性行為後72時間以内、2回目は1回目の服用から12時間後に服用してください。このとき、1回目と2回目の服用間隔を12時間以上空けないことが重要です。

万が一、服用してから2時間以内に嘔吐してしまった場合、成分が体内に吸収されずに避妊ができていない可能性があります。その場合はもう一度服用しなくてはいけませんが、このような再服用を防ぐために、あらかじめ軽い食事をとっておくのもひとつの方法です。

ポスティノール2の有効成分について

有効成分のレボノルゲストレルが妊娠を防ぎます (h3) (300字以内) ポスティノール2の有効成分である黄体ホルモンのレボノルゲストレルは、体外から投与されることで妊娠を防ぐためのさまざまな働きをします。 意図的にホルモンバランスを崩すことで排卵を抑える、または遅らせて受精を予防。さらに子宮頸管の粘性を増して精子の侵入を防ぎ、受精卵の着床そのものをさせない効果が期待できます。

ポスティノール2の副作用

主な副作用
嘔吐、強い悪心、頭痛、めまい、乳房の痛み、疲労感や脱力感、月経周期の変化など

ポスティノール2は副作用を軽減するように工夫されている薬ですが、体質によってはさまざまな症状が現れる場合があります。特に、服用による嘔気や嘔吐が多いようです。心配な方は、服用前に軽食をとるなどの対策をするようにしましょう。

稀な副作用
血栓症、循環機能の低下による強い頭痛など

喫煙をされている方は、ポスティノール2を服用することで頭痛を引き起こしやすいといわれています。これは、タバコのニコチンによる作用で全身の血管が収縮し、循環機能が低下するためです。さらに、血栓もできやすくなるため、服用の際には喫煙をしないようにしてください。

ポスティノール2の注意事項

慎重投与
  • 授乳中の方(服用後24時間は授乳を避ける)
  • 心臓病や腎臓病の方、または既往歴のある方
  • 肝臓に障害のある方
服用してはいけない人
  • 妊娠または妊娠している可能性のある女性
  • 肝臓に重篤な障害のある方
  • 過去にポスティノールに含まれる成分でアレルギー反応を経験したことがある方
併用禁忌薬
  • 抗けいれん薬
  • 抗てんかん薬(フェノバルビタール、フェニトイン、プリミドン、カルバマゼピン)
  • HIV感染症治療薬
  • 抗ウイルス化学療法剤(リトナビル)
  • 抗酸菌症治療薬(リファブチン)
  • 結核症治療薬(リファンピシン)
・直射日光を避けて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はありませんが、高温多湿の場所には保管しないでください。
・小さなお子様の手の届かない所に保管してください。
お子様が誤って服用することのないよう十分注意して保管してください。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
日本医薬情報センター
安全性および有効性を中心とした医薬品情報の提供を行う一般財団法人のサイトです。
医薬品に関する国内外の情報を迅速かつ公正に整理・分析し速やかに情報提供することによって、国民の健康や医療の向上に貢献しています。
サイト内には国内の医薬文献情報と医薬品添付文書情報がデータベースにまとめられており、添付文書や治験など各段階における医薬品情報が検索できます。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。
薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。
医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。

一般の個人が自分で使用するための購入のみ認められており、「代理で通販購入する」「購入後に第三者への譲渡する」などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

ポスティノール(アフターピル)の口コミ

口コミ評価(5)

  • ポスティノール(アフターピル) ユーザー
    口コミ評価  女性 45
    若いときのように頻繁にするわけでもないので低用量ピルを飲むのもなんだし、あと数年で閉経することを考えると、こちらの方が良いかと。色々な種類がでて迷いましたが、私は友人に教えてもらったこれにしました。2錠タイプのものは副作用が出にくいという話でしたが、私の場合はほとんど出たことがなく、確実に月の物がきて避妊できるので重い負担がかかってる感じはありません。
  • ポスティノール(アフターピル) ユーザー
    口コミ評価  女性 36
    産婦人科にいい思い出がないのと、行ってる間に手遅れになったら困るので、避妊はピルと事後ピルの両方で対処してます。もちろんゴムは絶対付けさせてますし危険日には絶対セックスしませんが、打てる手は全部打っときたいんです。
  • ポスティノール(アフターピル) ユーザー
    口コミ評価  女性 20
    もしもの時のためにポーチに入れてます。使う機会がないことを願ってますが、何かあった時の安心を買うことも自衛の一つと考えてます。
  • ポスティノール(アフターピル) ユーザー
    口コミ評価  女性 27
    お守り替わりに事前購入していましたが、先日機会があり服用しました。消退出血もきちんときて無事避妊できたようです。ホッとしました。
  • ポスティノール(アフターピル) ユーザー
    口コミ評価  女性 34
    彼氏の気分次第でゴム未着用だったりすることがあるので(いちおう外に出してくれてはいますが)いつか失敗するんじゃないかとヒヤヒヤすることがあります。いちおう結婚していますし、おそらく妊娠しても祝福される環境にはありますが、今はまだ子作りはしたくないです。特に今は大事なプロジェクトを手がけているので、妊娠するわけにはいきません。そのためにアフターピルも購入することにしました。将来的には子どもがほしいので、万が一の時のためにです。
口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー