エラ(5日以内)

Abdi ibrahim
4950円~
(1)
在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

エラ(5日以内)
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
1錠 10%
OFF
5,500円 4,950円 カートに入れる
2錠 19%
OFF
11,000円 8,910円 カートに入れる
3錠 28%
OFF
16,500円 11,880円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

エラについて

性行為後、120時間の有効期限が特徴の緊急避妊薬です!あきらめずにご検討下さい
  • あらかじめ飲んでおかなくても効果がある、事後に使用する医薬品
  • 一般的な緊急避妊薬と比べて有効期限が長く様々なケースに対応
  • 早く飲めば、成功率は95%に達します!高い成功率が特徴です

エラの適応症

妊娠・出産というものは人生の大きな節目になりますが、それらの負担を女性が引き受けているという現実があります。妊娠も出産も女性の身体に起こる現象であり、本来は女性がそのタイミングを自分の意思でコントロールできる状況が望ましいと言えます。
しかし現実には「望まない妊娠」という状況に立たされる多くの女性がいます。そのような妊娠をしてしまった方への対処法として緊急避妊薬が開発されてきました。

エラの特徴

緊急避妊薬はアフターピルとも呼ばれ、性行為前でなくても、事後(アフター)に服用することで妊娠を回避することを目的とした医薬品です。タイミングと用法を守って服用すれば、性行為による受精を高い確率で阻害することができる、病院でも処方されている安心安全なお薬です。

性行為時に男性が避妊に協力してくれなかった、避妊はしていたがうまくいかなかった、性犯罪等に巻き込まれてしまった等の性行為前には女性の側ではコントロールできなかった状況であったとしても、このお薬によって自分で妊娠・出産を選択することができる可能性が高まります。エラはそういった事後の避妊薬であることが特徴です。

性行為後に服用するアフターピル!うまくいかなかった避妊対策に

緊急避妊薬(アフターピル)とは、性行為後の妊娠を避けたい場合、一定の時間内にできるだけ早く服用すれば妊娠を阻止することが期待できる医薬品です。日常的に服用する低用量ピルと呼ばれる避妊薬とは用法も成分含有量も異なっており、性行為後に服用することで効果を発揮します。

この「後から服用する」ということに重要な意味があります。通常、妊娠したくない場合は性交渉があるときに何らかの避妊を行います。事前に準備を行うということです。しかしさまざまな理由で望まない妊娠の可能性が出てきた場合、手立てとしてはこの「後から服用する」お薬が頼みの綱ということになります。これがエラの「緊急避妊薬」と呼ばれている理由です。

妊娠した後の中絶手術は身体に大きなダメージを与えます。こういったリスクよりも緊急避妊薬を用いた対処のほうがはるかに安全であると言えます。1970年代より世界中で緊急避妊薬は処方されており、製剤そのものの安全性についてもしっかりと検証がされています。

エラは性行為後であったとしても女性ホルモンにはたらきかけることで受精卵の着床を阻害します。この作用により女性の身体を妊娠しにくくなる状態にするのです。もちろん子宮内で受精卵の着床が行われる前に作用しなければならないので、使用する制限時間は限られていますし、早く飲めば飲むほど避妊の成功率は上がります。

早く飲めば飲むほど効果は高く、成功率も上がります!

いくつかある代表的な避妊薬の中でもエラは性行為後からの有効期限が長いことが特徴です。ほとんどのアフターピルは、性行為があった時点から72時間以内に服用する、というのが妊娠を防ぐための制限時間です。しかしエラはその時間が120時間と長く、その期間つまり5日以内に使用すれば85以上の確率で緊急避妊に成功するという臨床結果が出ています。しかも72時間以内ですと成功率は95%にまで高まります。

女性が妊娠の可能性のある性行為後に抱える不安は想像するに余りあります。夫が避妊を拒否し協力しないが経済的な理由により出産することが難しいことを悩んでいるうちに数日が経過した場合、性犯罪によって被害を受けたが誰にも相談できずに時間だけが過ぎてしまった場合、そういった状況で困っている方にもおすすめできるに緊急避妊のお薬です。

また、エラは作用の有効期限に余裕があるので、将来の計画をパートナーとしっかり相談してから服用することもできます。いずれにしても緊急避妊薬はホルモンに影響して身体にも少なからず負担があるものですので、女性自身の身体を大切にすることをじっくりと考えて服用して下さい。

特に、72時間を過ぎてしまう可能性のある方にはエラがおすすめです。望まない妊娠の可能性で悩まれている方もいらっしゃると思いますが、このように有効期限の長い医薬品を使った対処法がありますから、本剤の使用を検討して下さい。あなたの味方になれるお薬です。

エラの効果

効果・効能
避妊
ホルモンのバランスをコントロールして妊娠を防ぎます

エラは避妊に効果のある製剤ですが、多く含まれている黄体ホルモンによって妊娠を起こりにくくしています。生理は黄体ホルモンによって引き起こされていますが、それと同じ作用があるため、妊娠にいたるホルモンバランスの状態を不安定にし、妊娠の環境を整えないようにはたらきます。

黄体ホルモンは女性ホルモンと呼ばれるものの1つで、妊娠というデリケートな状態を維持し管理する作用があります。この黄体ホルモンを増加させ妊娠に向かうホルモンのバランスを崩すことで、避妊へと導く効果があります。これが性行為後に服用しても高い避妊率を有しているしくみです。

服用した場合、半数の方に対して、3〜21日の間に消退出血の症状が出ています。これは生理と同じメカニズムであり、この出血により妊娠を回避できたことがわかります。服用から3週間ほど経っても出血がない場合であったとしても緊急避妊薬は連続して使用できませんから、エラを使用してから出血を確認するまでは性行為は控えて下さい。

エラの服用方法

1回の用量
1錠
1日の服用回数
1回まで(連続使用不可)

120時間以内の服用で成功率は8割の緊急避妊薬です

妊娠の可能性のある性行為後、120時間(5日)以内に1錠を服用して下さい。120時間以内に使用すれば8割以上の確率で避妊に成功しますがが、早く飲めば飲むほど効果が上がります。72時間以内の服用だと成功率は9割以上ですから、できるだけ早めに飲むようにして下さい。

また、120時間を過ぎた後でも確率は著しく下がりますが、一定の効果が出ることも報告されています。慎重に投与すべき方、投与してはいけない方等、使用上の注意には従って下さい。

エラの有効成分について

有効成分のウリプリスタル酢酸エステルが強力な効果を発揮

エラの主成分であるウリプリスタル酢酸エステルは排卵を遅らせたり妨げたりする作用があり、受精卵の着床を阻害することで子宮内に妊娠しにくい状態を作りだします。

通常の生理周期ではホルモンのはたらきにより子宮内膜が増殖して受精卵を着床させやすい環境をつくっています。これらの環境はとてもデリケートで繊細なバランスの上に成り立っていますから、そのバランスが崩れると妊娠が難しくなります。

ウリプリスタル酢酸エステルには多量の黄体ホルモンが含まれており、これを摂取することで妊娠に必要なホルモンバランスが大きく変化します。この結果ホルモンの調和が崩れ、妊娠のための一連のメカニズムに支障を来し、妊娠を防ぐことができるというしくみになっています。

エラの副作用

主な副作用
不正出血、消退出血、吐き気、頭痛、生理不順、下腹部痛など

服用することで女性ホルモンのバランスが崩れますから、一時的に体調が悪くなることがあります。消退出血は避妊に成功した場合に起こるものですので、不正出血との区別をつけるためにも、生理周期を把握してください。

稀な副作用
多量の出血、激しい嘔吐など

服用によって大きく体調を崩した場合や出血が止まらない場合、数日経っても症状改善されない場合は医師の診断を受けてください。

エラの注意事項

慎重投与
  • 肝障害のある方
  • 心疾患、腎疾患の既往歴のある方
服用してはいけない人
  • 本剤の服用に対して過敏症の既往歴がある方
  • 重篤な肝疾患のある方
併用禁忌薬
  • 他の緊急避妊薬(レボノルゲストレル等)
  • セイヨウオトギリソウを含む食品

エラ(5日以内)の口コミ

(1)

  •  女性 34
    高いですが、やっぱり5日間猶予があるのは強いですね。アイピルとどっちがいいか分からなくて両方買いつつも、ずっと放置していましたが、彼氏との旅行で避妊に失敗した時帰宅後急いで飲んで無事に避妊できました。旅行が4日間だったのでアイピルだと間に合いませんでした。コスパ的にはアイピルの方が高いので、エラは本当にやばい時用にして持ち歩く用にアイピルを使おうかと思います。