エブラ

Janssen-Cilag
3600円~
(3)
在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

エブラ
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
3枚 10%
OFF
4,000円 3,600円 カートに入れる
6枚 19%
OFF
8,000円 6,480円 カートに入れる
9枚 24%
OFF
12,000円 9,180円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

エブラについて

1週間に1枚貼るだけ!低用量ピルと同様の効果があるシートタイプの避妊薬
  • 1週間に1枚貼るだけで避妊効果が期待できます
  • 2種類の有効成分が妊娠を防ぎます
  • 月経困難症など、女性特有の悩みの改善にも繋がります

エブラは、ベルギーの製薬会社ヤンセン・シラグによって開発された避妊薬です。月経開始日に、清潔で乾燥した箇所に貼ることで体内に有効成分が取り込まれ、避妊効果を発揮します。
エブラに含まれている2種類の有効成分は、女性ホルモンの分泌を安定させる作用を持ちます。そのため、エブラを服用することで避妊効果だけでなく、月経時の不快感や痛みなどの女性特有の悩みを改善する効果も発現されるのです。
また、使用は1週間に1枚で良いうえ、従来のピルのように飲み忘れのリスクも少ないため、「錠剤タイプの避妊薬が苦手」と感じる方にもおすすめ。忙しい日常でも手軽に使える、使い勝手のよい避妊薬です。

エブラの特徴

高い避妊効果を持ったパッチです。

エブラは、皮膚にパッチを貼ることで効果が得られる避妊薬です。乾いた清潔な箇所に貼るだけで2種類の有効成分が浸透し、排卵や着床を抑制しながら避妊効果を発揮します。

経口タイプの避妊薬と比較して胃や腸への負担が少ないので、かつてのピルで消化器系への副作用が気になった方にも安心。また、使用方法もとても簡単なので、飲み忘れの心配もありません。

さらに、パッチ部分は水に強い素材でできており、汗やシャワーなどでもはがれにくいのが特徴。忙しいなかでも気軽に使えることから、アメリカでも人気の高い避妊薬です。

1週間に1回の使用で避妊効果が得られます

一週間に一回で効果が得られます。

エブラの最大の特徴は、その手軽さ。皮膚にパッチを貼るだけで体内に有効成分が浸透し、低用量ピルと同様の効果をもたらします。

経口タイプの避妊薬は、複雑な順番で服用する必要があったり、うっかり飲み忘れてしまったりする場合があります。しかし、エブラは使用頻度が1週間にたった1回なので忙しい日常生活のなかでも簡単に使えるうえ、飲み忘れの心配もありません。

また、皮膚に直接貼り付けるので胃腸への負担が軽減されており、「ピルを使ってみたいものの他のピルの飲み方が難しい」という方にもおすすめ。パッチは、水に強くはがれにくい素材なので、一週間貼り続けていても安心です。

2種類の有効成分で避妊や女性の悩みの改善に効果を発揮します

エブラには有効成分として、卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールと黄体ホルモンのノルエルゲストロミンが含まれています。エブラを皮膚に貼ることによって、2種類の有効成分が体内に浸透するという仕組みです。

エチニルエストラジオールとノルエルゲストロミンには、ホルモンの分泌を抑制して排卵が起きるのを防ぐ作用があります。その結果、子宮内膜などの状態が変化して受精卵の着床を防止。さらに、精子の通過を阻害するなどして避妊効果を発揮するのです。

また、この2種類の有効成分には、女性ホルモンの分泌を安定させる働きも持ちます。そのため、ニキビなどの改善、さらに生理痛や生理不順、月経前症候群(PMS)などの女性特有の悩みを緩和したい場合にも効果的です。

服用方法

効果・効能
避妊
月経困難症の緩和
ニキビや吹き出物の改善

エブラは、皮膚に貼るタイプの避妊薬です。有効成分のエチニルエストラジオールとノルエルゲストロミンが浸透することで排卵や着床を抑制するほか、精子の通過を阻害して妊娠を防ぎます。

女性ホルモンの分泌を安定させる働きもあることから、月経困難症の症状である腹痛の緩和、生理不順や月経前症候群(PMS)を改善する効果も期待できます。さらに、ニキビや吹き出物を抑えたい方にも便利です。

1週間に1枚貼るだけという手軽さなので、多忙な毎日を送る女性におすすめの避妊薬となっています。

エブラの服用方法

1回の用量
1枚
1日の服用回数
1週間に1枚
休薬期間
3枚目を貼り替えてから1週間経過後に、1週間の休薬

使用方法について

月経周期の初日、または月経周期の最初の日曜日のいずれかに初回のパッチを貼ります。腕の外側や腹部、背中または臀部などを清潔にし、乾燥させた状態で貼るようにしましょう。

初回のパッチは7日間貼付し続け、2枚目を貼り替えた後さらに7日間貼付し続けます。3枚目に貼り替えて1週間経過した後、1週間休薬期間を設けてください。

エブラの有効成分について

2種類の有効成分の働きによって妊娠を防ぎます

エブラの有効成分は、卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールと黄体ホルモンのノルエルゲストロミンです。この2つの成分は、ホルモンの分泌を抑制する作用を持ちます。

ホルモンの分泌が抑制されると排卵が起きにくくなり、子宮内膜などの状態が変化します。それによって受精卵の着床が防がれるうえ、精子の通過も阻害されるため、避妊効果が得られるという仕組みです。

エブラの副作用

主な副作用
吐き気、胃の痛みや不快感、片頭痛、体重の大幅な変化、乳房の痛み、うつ病などの精神的な変化など

エブラのような避妊薬パッチは、基本的に副作用が少ないとされていますが、体質によっては、吐き気や胃の不快感などが現れる場合があります。服用によって違和感がある場合には、すみやかに医師に相談するようにしてください。

稀な副作用
血栓症など

エブラの服用によって、稀に血栓症などの副作用が現れる場合があります。手の痺れや息苦しさ、押しつぶされそうな胸の痛みがある場合には、すみやかに使用を中止し、医師の診察を受けるようにしてください。

エブラの注意事項

慎重投与
  • 喫煙している方
  • 親族に血栓症になった方がいる方
  • 糖尿病の方
  • 軽い高血圧症の方
  • 心臓弁膜症の方
  • 前兆の無い片頭痛のある方
  • 乳癌と診断された方
  • 心臓病や腎臓病の方
  • 高ホモシステイン血症、血液中のアミノ酸ホモシステインの高レベルを特徴とする状態の方
  • 肥満の方
  • ポルフィリン症の方
  • 肝臓や胆嚢に障害のある方
  • クローン病または慢性炎症性腸疾患のある方
  • 遺伝性の血管浮腫のある方
服用してはいけない人
  • 35歳以上で1日15本以上喫煙する方
  • エストロゲン依存性悪性腫瘍(乳癌、子宮内膜癌など)や子宮頸癌のある方
  • 心臓弁膜症のある方のうち、肺高血圧症や心房細動のある方
  • 亜急性細菌性心内膜炎になったことがある方
  • 血栓ができやすい体質の方
  • 糖尿病のある方のうち、糖尿病性腎症や糖尿病性網膜症などのある方
  • 抗リン脂質抗体症候群のある方
  • 肝臓に重篤な障害のある方
  • 妊娠中に黄疸、持続的なかゆみまたは妊娠ヘルペスが現れた方
  • 耳硬化症のある方
  • 妊婦または妊娠している可能性のある方
  • 授乳中の方
  • ムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル配合剤(ヴィキラックス配合錠)を使用している方
併用禁忌薬
  • C型慢性肝炎またはC型代償性肝硬変におけるウイルス血症を改善するための物質(オムビタスビル水和物、パリタプレビル水和物、リトナビル配合剤)

エブラの口コミ

(3)

  •  女性 23
    効果あるのかなぁ?たしかにナマでエッチしても避妊したことないけど・・・ピルは飲み忘れるけど、パッチはとりあえずその時に貼ればいいので気休めかもしれませんが使ってます。
  •  女性 23
    避妊用ピルも飲んでいますが、このパッチも使っています。彼氏がゴムつけてくれないのでいろいろ対策はしています。
  •  女性 26
    貼る避妊薬なんてホントに効くのかな??ちょっとした興味で購入してお試し中です。