オブラルL

ワイス
1200円~
(3)
在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

オブラルL 21錠
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
1箱 33%
OFF
1,800円 1,200円 カートに入れる
3箱 43%
OFF
5,400円 3,060円 カートに入れる
6箱 50%
OFF
10,800円 5,400円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

オブラルLについて

避妊成功率99%!2種類の有効成分が働く経口避妊薬
  • 正しく服用することで避妊成功率99%の高い効果が期待できます
  • 2種類の有効成分が避妊効果を発揮します
  • ホルモンバランスを整えて女性特有の悩みを改善します

オブラルLの適応症

オブラルLは、アメリカのワイス社が開発した経口避妊薬です。2010年の合併によって、現在はニューヨーク州に本社を置く製薬会社ファイザーが製造販売を行っています。
黄体ホルモンと卵胞ホルモンを有効成分とするオブラルLは、服用することによって女性ホルモンの量を調節する働きがあります。この作用によって排卵が抑制され、避妊効果に繋がるという仕組みです。
また、その効果は避妊だけでなく、生理痛や月経前症候群(PMS)の緩和にも役立つほか、ニキビや吹き出物を改善する効果も期待できます。副作用が出現する場合がありますが、そのほとんどはホルモンの一時的な変化によって引き起こされるもののため、比較的継続しやすい低用量ピルです。

オブラルLの特徴

オブラルLは、妊娠を望まない方や女性特有の悩みの改善に有効な低用量ピルです。2種類の有効成分のさまざまな作用によって避妊に効果を発揮するほか、生理痛、生理不順、月経前症候群(PMS)、無月経などの改善にも効果が期待できます。

さらに、女性特有の疾患である卵巣がんや子宮内膜がんの発症リスクを低下させる効果も認められているのもポイント。服用方法も難しくないため、初めて低用量ピルを使う方でも続けやすい医薬品です。

種類の有効成分によって高い避妊効果が期待できます

2つの有効成分が排卵されにくい環境を作ります

オブラルLに含まれている有効成分は、黄体ホルモンのレボノルゲストレルと、卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールです。服用することによってこの2つの成分が脳下垂体に作用し、性腺刺激ホルモンの分泌を抑えます。その結果、卵胞の発育が制限され、排卵がされにくい環境を作ります。

さらに、子宮頸管粘液の性質を変化させることで精子の子宮内への進入を阻害し、受精卵の着床を防ぐといった効果も。これらの働きによって、避妊の効果が発揮されるのです。

正しい服用で99%以上の方が避妊に成功

また、オブラルLは服用を始めてから1週間程度で避妊効果を示すとされており、正しい方法で服用すれば避妊成功率は99%以上と言われています。

女性特有の悩みにも効果を発揮します

オブラルLは、有効成分によって卵巣と子宮の働きが一時的に抑制されます。そのため、月経の直前もしくは始まりとともに下腹痛や悪心、頭痛などの症状が現れる月経困難症が緩和されるといった効果が期待できるのも特徴です。

月経困難症には、子宮をはじめとする骨盤腔内臓器に痛みの原因となる器質的病変が認められない「機能性月経困難症」と、痛みの原因となる器質性病変が骨盤腔内にある「器質性月経困難症」のふたつに分類されます。オブラルLは、器質性、機能性どちらの月経困難症にも有効性が認められている低用量ピルです。

オブラルLの効果

効果・効能
避妊
生理痛などの月経困難症の改善

オブラルLは、レボノルゲストレルとエチニルエストラジオールを有効成分とする経口避妊薬です。黄体ホルモンのレボノルゲストレルと、卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールによって性腺刺激ホルモンの分泌が抑えられ、排卵されにくい状態を作って避妊効果を発揮します。

また、卵巣や子宮の働きが抑制されることから月経困難症の症状を改善する働きがあるのも特徴のひとつ。器質性の月経困難症と機能性の月経困難症の両方に有効性が認められているため、女性特有の悩みに幅広く対応する低用量ピルです。

オブラルLの服用方法

1回の用量
1錠
1日の服用回数
1回まで
休薬期間
7日間

服用方法について

オブラルLを初めて使う際には、月経の初日から服用を開始し、毎日決まった時間に1日1錠服用しましょう。21日間服用を続けて7日間の休薬期間を設け、計28日間が服用の1周期となるので、避妊をしたい期間はそのサイクルを繰り返します。

万が一飲み忘れた場合、通常の服用時間から12時間以内であれば、気付いた時点で服用してください。また、オブラルLを服用し始めて最初の14日間は、性行為時に避妊具などの他の避妊法を併用することが大切です。

オブラルLの有効成分について

2種類の有効成分が作用して妊娠を防ぎます

オブラルLの口コミ

(3)

  •  女性 29
    生理不順を整えるために飲んでいますが、避妊効果もあるのでちょうどいいです。結婚して子どもを産みたいと思う時までは使用するつもり。
  •  女性 32
    他のピルは副作用が強くて私の身体には合いませんでしたが、オプラルLは副作用もなく過ごせています。今のところはこの薬を続けるつもり。
  •  女性 23
    ずっと低用量ピルを飲んでいます。いろいろ試していますが、身体に合うみたいでリピることにしました。