ED治療薬バイアグラ・シアリス・レビトラや早漏、育毛、避妊、性病、睡眠治療のジェネリック医薬品を多数取り揃えております。

簡単購入ガイド

エリデルクリーム

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

エリデルクリーム 1% / 30g
内容量 獲得ポイント 1本単価 販売価格 ご注文
1本 91 3,040円 3,040円
2本 164 2,740円 5,480円
4本 291 2,430円 9,720円
エリデルクリーム
エリデルクリーム
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

エリデルクリームの商品詳細

商品名
エリデルクリーム
内容量
1本あたり30g
成分量
1%
有効成分
ピメクロリムス
効果・効能
アトピー性皮膚炎、皮膚炎、脂漏性皮膚炎などの症状改善
形状・剤形
軟膏、クリームタイプ
対象性別
男女兼用
製薬会社
Meda Manufacturing(メダ マニュファクチャリング)

エリデルクリームは優れた免疫抑制作用を持つ、非ステロイド成分ピメクロリムスが配合された外用クリームタイプのアトピー性皮膚炎治療薬です。日本では未承認のお薬なのでエリデルクリームが医療機関で処方されることはありませんが、海外ではアトピー性皮膚炎の症状改善目的で広く処方されてきた実績を持っています。ステロイドのような強い副作用を起こすことがないので、ステロイドが使えない方やステロイドの使用に抵抗感を持っている方でも安心してお使いいただけます。

エリデルクリームの特徴

ステロイドに頼りたくない方へおすすめしたい非ステロイド成分配合の外用薬
  • ステロイドのような強い副作用を起こしにくい優れた安全性
  • 顔など皮膚が薄く敏感な場所にも安心して使うことが可能
  • 患部に直接塗布する外用薬なので辛い症状を速やかに鎮めます
効果・効能
アトピー性皮膚炎、皮膚炎、脂漏性皮膚炎などの症状改善
過剰な免疫反応を抑制する作用によって、肌の痒みや赤みなどの症状を鎮める

アトピー性皮膚炎は身体が本来持つ免疫反応が過剰に働いてしまい、肌のバリア機能が低下することによって発症してしまいます。

エリデルクリームに含まれる有効成分ピメクロリムスは、皮膚の免疫機能を抑制する効果を持っています。

この効果によって皮膚の炎症反応が抑えられ、痒みや赤みなどの皮膚症状を速やかに改善することができます。

エリデルクリームについて

エリデルクリームはMeda Manufacturing(メダ マニュファクチャリング)が製造販売している、アトピー性皮膚炎など皮膚疾患に対して優れた症状改善効果を持つ外用薬です。

有効成分として配合されているピメクロリムスは非ステロイド成分に分類され、使用方法や副作用に注意が必要なステロイド成分より使いやすい特徴を備えています。内服薬と違って患部に直接薬剤を塗布する外用薬なので、辛い症状を素早く鎮めることができます。

日本では未承認のお薬であるため医療機関で処方されることのないエリデルクリームですが、イギリスなど海外では優れた免疫抑制作用を持つことからアトピー性皮膚炎の治療薬として広く使われています。

そのため様々な理由でステロイド薬が使えない方から高い評価を得ている外用薬でもあります。

皮膚感染症のリスクを抑えながら諸症状を鎮めることが可能

アトピー性皮膚炎の治療に用いられることの多いステロイド薬は優れた症状改善効果を持つものの、皮膚の薄い場所への使用や継続使用によって皮膚感染症の発症リスクを高めてしまう欠点があります。

今回紹介するエリデルクリームは非ステロイド薬に分類される治療薬なので、皮膚感染症の発症リスクをステロイド薬より抑えることが可能です。またこれ1本で顔を含めた全身にご使用いただけますので、場所ごとに別の薬を用意する必要がなくコストパフォーマンスは非常に高いといえるでしょう。

アトピー性皮膚炎に限らず、脂漏性皮膚炎やそう痒などの症状も速やかに鎮めるため、家庭の常備薬として大活躍してくれます。

さらに1日2回の使用で症状改善効果を発揮するため、日中忙しくて薬を塗る時間がない方でも安心してお使いいただけます。

エリデルクリームの使用方法

1回の用量
適量
使用のタイミング
指定なし
1日の使用回数
2回
使用する間隔
指定なし

患部及び手を清潔にした上で、1日2回薬剤を直接塗布してください。塗布する際は優しく塗りこんでください。使用する量や使用期間が分からない場合は、医師に相談して決めてください。

ステロイド薬と同様に必要最低限の使用が推奨されていますので、症状が改善したら速やかに使用を中止しましょう。

使用時の注意

必ず用法用量を守って使用してください。より高い症状改善効果を期待して過剰量を使用しても効果に違いはなく、副作用を起こしやすくなってしまいます。塗り忘れた際は思い出したタイミングで塗ってください。

ただし次に塗布する時間が近い場合は塗り忘れ分は飛ばして、次回分から塗布を再開してください。2回分をまとめて塗布しないでください。

ニキビや潰瘍を起こしている皮膚、傷ついた皮膚や粘膜部分には使用しないでください。目の周りに塗布する時は目に入らないよう細心の注意を払いましょう。

もし薬剤が目に入った場合は、すぐに洗い流してください。医師の指示がない限り、塗布した患部を包帯などで覆わないでください。

また塗布した部位は長時間日光に当たらないよう注意してください。使用中患部に異常が現れた場合は、すぐに使用を中止してください。現れた症状が酷い場合は、必ず医師の診察を受けるようにしてください。

使用開始から6週間経過しても症状が改善されない場合も同様に、使用を中止して医師の診察を受けるようにしてください。

エリデルクリームの副作用

主な副作用
  • 皮膚刺激感
  • 皮膚感染症など

エリデルクリームを使用した際に上記のような副作用を起こすことが報告されています。いずれも軽度の症状で治まることが殆どですが、辛い場合は医師の診察を受けるようにしてください。

稀な副作用
  • 特になし

エリデルクリームを使用した際の稀な副作用はこれまで報告されていません。

エリデルクリームの注意事項

慎重投与
次の人は、使用に注意する必要があります。
  • 初めてエリデルクリームを使用する方
使用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • 過去にエリデルクリームに含まれる成分でアレルギー症状を起こしたことのある方
  • 妊娠中又は妊娠している可能性のある方
  • 授乳中の方
  • 高度の腎障害をお持ちの方
  • 高度の高カリウム血症をお持ちの方
  • 紫外線療法を実施している方
  • 魚鱗癬様紅皮症をお持ちの方など
併用注意
次の薬と合わせての使用には注意が必要です。
  • 特に報告されていません
併用禁忌
次の薬と合わせての使用は避けてください。
  • 特に報告されていません

エリデルクリームの保管方法

・直射日光を避けて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はありませんが、高温多湿の場所には保管しないでください。
・小さなお子様の手の届かない所に保管してください。
お子様が誤って服用することのないよう十分注意して保管してください。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
日本医薬情報センター
安全性および有効性を中心とした医薬品情報の提供を行う一般財団法人のサイトです。
医薬品に関する国内外の情報を迅速かつ公正に整理・分析し速やかに情報提供することによって、国民の健康や医療の向上に貢献しています。
サイト内には国内の医薬文献情報と医薬品添付文書情報がデータベースにまとめられており、添付文書や治験など各段階における医薬品情報が検索できます。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。
薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。
医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。

一般の個人が自分で使用するための購入のみ認められており、「代理で通販購入する」「購入後に第三者への譲渡する」などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

エリデルクリームの口コミ

口コミ評価(0)

口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー