プラノバール・ジェネリック(オブラルG)

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

プラノバール・ジェネリック(オブラルG) 20錠
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
1箱 10%
OFF
2,180円 1,960円 カートに入れる
3箱 17%
OFF
4,360円 3,600円 カートに入れる
6箱 11%
OFF
6,540円 5,800円 カートに入れる
プラノバール・ジェネリック(オブラルG)
プラノバール・ジェネリック(オブラルG)
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

プラノバール・ジェネリック(オブラルG)について

ホルモンバランスの調整や緊急避妊薬にも使えるジェネリックタイプの中用量ピル
  • 低価格で購入できるためお薬代を大幅に節約することが可能
  • 性交渉後の服用でも確かな効果を発揮する優れた緊急避妊薬
  • 優れたホルモンバランス調整作用で女性特有の幅広い症状緩和が可能

プラノバール・ジェネリック(オブラルG)の有効成分

プラノバール・ジェネリック(オブラルG)の適応症

プラノバール・ジェネリック(オブラルG)はプラノバールのジェネリック医薬品に該当する経口避妊薬です。高い治療効果を持ちながら安価で購入できるため、多くの女性に愛用されています。排卵を抑制しながらホルモンバランスを整える作用を持っており、ホルモンバランスの乱れが原因で発症する女性特有の幅広い症状に対して高い治療効果を発揮します。また性交渉後に服用することで避妊効果も期待できますので、緊急避妊薬としてお使いいただくこともできます。

プラノバール・ジェネリック(オブラルG)の特徴

プラノバール・ジェネリック(オブラルG)は米国本社に置く世界的製薬企業であるファイザー社が製造販売している経口避妊薬です。先発医薬品であるプラノバール配合錠のジェネリック医薬品に該当するため、安価で購入できる嬉しい特徴を持っています。配合されている有効成分は全く同じなので、これまでプラノバール配合錠を使ったことがあれば、違和感なく切り替えることができます。

プラノバール・ジェネリック(オブラルG)はホルモン含有量が多い中用量ピルに相当するお薬で、避妊薬としてだけでなく女性特有の疾患に対して優れた治療効果を発揮します。低用量ピルで効果を実感できなかった方へ、次の選択肢としておすすめすることの多いお薬もあります。

女性は男性と比較してホルモンバランスが乱れやすく、ホルモンバランスが乱れてしまうと様々な体調不良を招く原因となってしまいます。代表的な症状として生理不順や生理痛、イライラなどの精神不安定化にニキビなどの肌荒れがあります。

プラノバール・ジェネリック(オブラルG)にはホルモンバランスを整えてくれるノルゲストレルやエチニルエストラジオールが配合されており、優れたホルモンバランス調整作用を発揮します。また子宮内膜を薄くする作用も併せ持っていますので、経血量の減少や生理周期の乱れを安定化する効果にも期待できます。

このように女性なら誰もが一度は経験する多くの症状に対して高い治療効果を持つため、プラノバール・ジェネリック(オブラルG)は女性であれば1つは持っておきたいお薬です。

避妊対策なしでセックスしても72時間以内の服用で避妊効果を発揮

妊活中の夫婦で無ければ避妊対策をしっかりした上でセックスを楽しむのが一般的ですが、その場の勢いや避妊アイテムを使わずにそのままセックスをしてしまうケースもあるかと思います。しかし絶対妊娠はしたくないという方であれば、セックス後にプラノバール・ジェネリック(オブラルG)を服用することをおすすめします。

セックス後72時間以内にプラノバール・ジェネリック(オブラルG)を服用することによって、排卵が抑制されて緊急避妊の効果が期待できます。この効果は服用が早ければ早いほど高い効果が期待できるため、なるべく早い服用が推奨されています。

緊急避妊を目的としてプラノバール・ジェネリック(オブラルG)を服用する際は最初に2錠、その後12時間が経過した時点でさらに2錠を服用する必要があります。2回目の服用を忘れてしまうと避妊効果が一気に減退する恐れがありますので、必ず飲み忘れることなく服用するようにしてください。

また緊急避妊薬としてだけでなく毎日服用することでも避妊効果が期待できますが、ホルモン含有量の多い中用量ピルに該当するため身体への負担が大きくなりがちです。そのため身体への負担が気になる方は低用量ピルを、低用量ピルだと避妊効果が不安だという方はプラノバール・ジェネリック(オブラルG)を選ぶのがおすすめです。

ジェネリック医薬品なので経済的負担を抑えながら治療可能

月経困難症や機能性子宮出血、生理不順に月経周期異常など、ホルモンバランスの乱れが原因で発症するこれらの病気は人によって何度も再発する恐れがあります。またいずれの症状に関しても治療する際は、多くの場合数週間単位で投薬治療を継続しなければ完治することはありません。途中で投薬を止めてしまうとせっかく現れ始めた治療効果が低下するため、必ず指定された服用期間を守る必要があります。

プラノバール配合錠はこれらの症状に対して高い治療効果を持つものの、先発医薬品であるため服用期間の長期化は治療費の高額化に直結してしまうのが難点でした。

そんな高額になりがちな治療費を抑えたい方にピッタリなのが今回紹介するプラノバール・ジェネリック(オブラルG)です。プラノバール配合錠と同等の治療効果を持ちながら、ジェネリック医薬品であるため遥かに安い価格で購入できます。

見知らぬ製薬企業ではなく世界的製薬企業の一つであるファイザー社が製造販売していますので、安心してご使用いただけます。また服用方法や服用時の注意点もプラノバール配合錠と同じなので、プラノバール・ジェネリック(オブラルG)へスムーズに切り替えることが可能です。経済的負担を抑えながら治療できますので、お金の心配をすることなく治療に集中したい方へおすすめです。

プラノバール・ジェネリック(オブラルG)の効果

効果・効能
緊急避妊及び機能性子宮出血などの症状改善
排卵抑制作用及びホルモンバランス調整作用で優れた避妊と治療効果を発揮します

プラノバール・ジェネリック(オブラルG)には有効成分としてノルゲストレルとエチニルエストラジオールの2種類が配合されています。妊娠するために必要となる排卵や着床を抑えることができますので、セックス後速やかに服用すれば高い避妊効果が期待できます。

またホルモンバランスを整える効果も併せ持っており、ホルモンバランスの乱れによって発症する月経困難症や機能性子宮出血など多くの症状を治療することができます。また生理前後に現れるPMS(月経前症候群)に対しても症状を抑える効果が期待できます。

プラノバール・ジェネリック(オブラルG)の服用方法

1回の用量
2錠(ノルゲストレルとして1.0mg、エチニルエストラジオールとして0.1mg)
服用のタイミング
セックス後なるべく早め
1日の服用回数
2回
服用する間隔
12時間後

緊急避妊を目的とする場合は上記の量を水又はぬるま湯を用いて服用してください。機能性子宮出血の治療は1日1錠を7~10日、月経困難症や子宮内膜症等の治療は月経周期第5日目から3週間続けて服用してください。いずれの場合も毎日決まった時間に服用する必要があります。

服用時の注意

必ず指定された用法用量を守って服用してください。過剰に服用しても高い治療効果は期待できず、副作用の危険性だけ高くなってしまいます。飲み忘れをした場合は思い出したタイミングで直ぐに服用し、当日分はいつも通りの時間に服用してください。2回分をまとめて服用することは避けましょう。

長期に渡って服用を継続する場合は、半年に1回は婦人科検診を受けるようにしてください。緊急避妊目的の場合は2回目の服用を忘れてしまうと避妊効果が大きく減退する恐れがありますので絶対に忘れないようにしてください。初めて服用する際は特に体調変化に注意してください。何かしら体調不良を感じた場合はすぐに服用を中止して様子を見るか、症状が辛い場合は病院への受診を検討してください。

プラノバール・ジェネリック(オブラルG)の有効成分について

2種類のホルモンによって優れたホルモンバランス調整作用を発揮

プラノバール・ジェネリック(オブラルG)には黄体ホルモンのノルゲストレルと卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールの2種類が配合されています。どちらもホルモン分泌を制御する脳に作用し、ホルモン分泌量を調整する効果を持っています。体内のホルモンバランスが妊娠状態に近くなり排卵が抑制されます。

またエチニルエストラジオールは子宮内膜の増殖を抑える作用も持っており、生理痛や月経困難症による激しい痛みの原因であるプロスタグランジンの分泌を抑えることができます。

プラノバール・ジェネリック(オブラルG)の副作用

主な副作用
頭痛
眠気
倦怠感
吐き気
食欲不振
乳房の痛みなど

プラノバール・ジェネリック(オブラルG)を服用した際に上記のような症状を起こすことが報告されています。いずれも軽度の症状で治まることが殆どですが、辛い場合は医師の診察を受けるようにしてください。

稀な副作用
血栓症

下肢の急激な疼痛、突然の息切れと胸の痛み、麻痺、急な視力障碍などが現れた場合は血栓症が疑われます。これらの症状が確認できた場合は、すぐに服用を中止して必ず医師の診察を受けてください。

プラノバール・ジェネリック(オブラルG)の注意事項

慎重投与
次の人は、服用に注意する必要があります。
  • 喫煙している方
  • 血栓症を発症した血縁者がいる方
  • 40歳以上の女性の方
  • 肥満の方
  • 糖尿病の方
  • 子宮筋腫の方
  • 肝機能障害をお持ちの方
  • 乳がんの既往歴がある方など
服用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • 過去にプラノバール・ジェネリック(オブラルG)に含まれている成分でアレルギー症状を起こしたことのある方
  • 妊娠中又は妊娠している可能性のある方
  • 授乳中の方
  • 重度の肝機能障害をお持ちの方
  • 血栓性静脈炎をお持ちの方
  • 肺塞栓症をお持ちの方
  • 血栓が出来やすい体質の方
  • 重度の高血圧をお持ちの方
  • 脂質代謝異常をお持ちの方など
併用禁忌薬
次の薬と合わせての使用は避けてください。
  • オムビタスビル水和物
  • パリタプレビル水和物
  • リトナビル配合剤など

プラノバール・ジェネリック(オブラルG)の口コミ

口コミ評価(0)

口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー