タダリスタ

到着目安
14~21
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

タダリスタ 20mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
10錠 10%
OFF
4,000円 3,600円 カートに入れる
20錠 28%
OFF
8,000円 5,760円 カートに入れる
30錠 38%
OFF
12,000円 7,480円 カートに入れる
50錠 47%
OFF
20,000円 10,590円 カートに入れる
タダリスタ
タダリスタ
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

タダリスタについて

世界No.1 シェアのシアリスのジェネリック コスパの良さも魅力的
  • シアリスと同じ効果 それでいて懐にやさしいお値段です。
  • 1錠で約36時間効果が継続するので、週末もこれ1つで安心です。
  • 食事の影響を受けにくいので食前や食後の服用が可能です。

タダリスタの有効成分

タダリスタの適応症

タダリスタはインドのフォーチュンヘルスケア社で製造されている、シアリスのジェネリックです。シアリスはバイアグラやレビトラと並んで三大ED治療薬の1つとされていますが、シアリスはこれら3つの中で効果継続時間が最も長く、食事の影響も受けにくい、そして副作用も軽いものとなっています。タダリスタはこのシアリスと同じ効果、効能があり、さらにシアリスよりもお手頃価格です。初めての方でも手にとっていただきやすいED治療薬です。

タダリスタの特徴

タダリスタはシアリスと同じ有効成分「タダラフィル」を含有しています。タダラフィルには血管拡張作用があり、陰茎への血流を促進し、力強い勃起を促す効果があります。

>タダリスタの一番の特長は効果継続時間が長いことです。これはタダラフィルが水に溶けにくいという性質によるもので、体内でゆっくりと吸収、分解されるため、効果が長く続きます。個人差はありますが、1錠(20mg)服用すれば約36時間効果が継続します。他の有効成分を含有したED治療薬の効果が約4時間から10時間継続することと比べると、その違いは歴然。海外ではタダラフィルを主成分とするED治療薬は「ウィークエンドピル」として親しまれています。

また、タダリスタは食事やアルコールの影響を受けにくいというのも大きな特長です。軽い食事や飲酒をした後に服用しても効き目に変わりないので、薬を飲むタイミングを色々考える必要がなく、パートナーとゆっくり食事を楽しめます。その上、タダリスタはシアリスと同じ効果がありながら、シアリスに比べてその価格はかなりお安くなっています。これはタダリスタがシアリスのジェネリック医薬品で、開発費用などを抑えることができるからです。

ライフスタイルが多様化しストレスの多い現代社会で、タダリスタは幅広いニーズに応え、多くの男性の悩みを解消してくれるED治療薬です。

群を抜く持続力 1錠で約36時間効果が継続します。

世界No.1シェアのシアリスの特長は、効果継続時間が他のED治療薬に比べて突出して長いことです。タダリスタにも同じ効き目があり、1錠(20㎎)飲めばおよそ36時間その効果は続きます。

個人差はありますが、服用後1時間程度で効果が出始め、3時間から4時間で血中濃度が最も高くなります。効果継続時間が長いのは、タダリスタの有効成分「タダラフィル」が体内でゆっくりと吸収、分解されるためですが、これは血中濃度にも影響を与えており、分解スピードがゆっくりであるため、血中濃度が高く維持されている時間も他の有効成分に比べると長くなっています。

もちろん、血中濃度のピークが過ぎた後も効き目は続き、薬の効果が切れるまでは何度も勃起が可能です。勃起するといっても勝手に勃起するのではなく、性的刺激を与えなければ勃起はしません。タダリスタは強壮剤や性欲増強剤ではありませんので、何らかの性的刺激を与えなければ、勃起することはありません。

効果が長く続かないED治療薬だと、色々逆算しながら薬を服用しなければならず、それだけで気持ち的に落ち着かないということもあるでしょう。EDは精神状態も大きく関わっていますので、1つでも不安材料をなくすことが大切です。タダリスタを事前に飲んでおくと、効き始めてからも1日以上その効果が持続するので、効き目が切れるのを心配する必要がなく、メンタル面で大きな支えとなってくれます。

コストパフォーマンスが良く、服用を続けやすいです。

タダリスタはシアリスと同じ効果、効能でありながら、価格はシアリスよりもかなり抑えられており、初めての方でも試しやすい価格です。ED治療薬というのは継続することが大切ですので、少しでも懐に優しい方が助かるという方も多いのではないでしょうか。

また、タダリスタは錠剤ですので、摂取量を調節したい場合、1錠(20㎎)を半分に切って少量からお試しいただくこともできます。有効成分タダラフィルの1日の摂取量は最大20㎎までとされていますので、初めは少量から試してみたいという方は半分に割って使用してみるのも良いでしょう。錠剤はカッターで簡単に分割できます。

ED治療薬は続けて服用する場合がほとんどですので、値段が少しでも安いと継続しやすく、また、体調に合わせて摂取量の調節も出来れば無駄もなく、経済的です。タダリスタはその点、使い勝手の良い薬です。また、食事やアルコールの影響を受けにくいのもタダリスタの優れたメリットで、タダリスタは軽い食事の後でも服用できます。飲酒もリラックスする程度の量であれば大丈夫です。服用のタイミングにそれほど悩まされないので、この点においてもとても使いやすい薬です。タダリスタはあらゆる面から見て、利便性が高く、継続しやすいED治療薬であると言えます。

タダリスタの効果

効果・効能
ED改善
性行為時に勃起不全や中折れに悩む男性、逞しい勃起力を取り戻したい男性に有効です。

力強く勃起するためには、陰茎へ十分な量の血液が流れることが大切です。タダリスタの有効成分「タダラフィル」は平滑筋を緩めて血管を拡張し、陰茎への血流を促す働きがあります。

個人差はありますが、タダリスタは服用後およそ1時間から2時間で効果を感じ始め、そして3時間から4時間で血中の濃度がピークに達します。ピークを過ぎてからもその効果はトータルで約36時間継続するので、その間、性的刺激を与えることで繰り返し勃起できます。タダリスタの効果を何度も実感できるでしょう。

体にゆっくりと作用するので、勃起感も違和感が少なく、自然に近い状態で楽しめます。それでいて勃起力は確かで、行為の途中で萎える「中折れ」にも対応します。途中までは大丈夫だけれど、最後まで継続できるか不安であるという方もお試しいただく価値は十分あります。

体内への作用が穏やかですので、副作用が心配な方でも比較的服用しやすいです。多くの方にとって利用しやすいタダリスタは、最近勃起力が弱まっていると感じる方、かつての逞しい勃起力を取り戻したい方を力強くサポートします。

タダリスタの服用方法

1回の用量
1錠(タダラフィルとして1日20mgまで)
服用するタイミング
性行為の1時間から2時間前
1日の服用回数
1回
服用する間隔
24時間

タダリスタはたっぷりめの水またはぬるま湯で服用し、次の服用まで必ず24時間あけてください。タダラフィルは1度の服用で20㎎を超えて摂取してはいけません。用量、用法は必ず守ってください。まずは少量を試してみたいという方は、錠剤をカッターなどで分割して服用されることをおすすめします。

服用時の注意

タダリスタは食事の影響を受けにくく、800kcal程度の軽い食事なら、その後に服用しても特に効果に影響はないとされています。しかし油分の多い食事を取ってしまうと、薬の有効成分が十分に体内に吸収されず効果が感じられない場合があります。薬の効果を最大限感じるためには、空腹時の服用をおすすめします。

飲酒も少量であれば問題ありませんが、タダリスタは血管拡張作用がありますので、服用前後にアルコールをたくさん飲むと急激に血圧が下がる恐れがあり大変危険です。くれぐれも過度な飲酒は控えてください。

グレープフルーツも要注意です。グレープフルーツに含まれる「フラノクマリン」という物質は、タダラフィルの分解に必要な酵素の働きを抑えることが分かっています。同時に摂取するとタダラフィルが十分に分解されず体内に過剰に吸収される可能性があり、ひどい副作用の症状が出る恐れがあります。ですので、ジュースやジャムも含めてグレープフルーツは控えるようにしてください。

タダリスタの有効成分について

有効成分「タダラフィル」は「PDE5阻害薬」 勃起に必要な酵素の減少を防ぎます

勃起は、何らかの性的刺激を受けたときに脳から勃起命令が発せられ、平滑筋が緩んで陰茎海綿体への血流量が増加することで起こります。平滑筋の弛緩は血流量に大きく関わるのですが、ここで欠かせないのが「環状グアノシン一リン酸(cGMP)」という酵素です。この酵素がうまく働くことで平滑筋が緩み、血液がスムーズに流れます。しかしこの酵素は「PDE5(ホスホジエステラーゼ5)」という酵素によって分解されてしまうのです。タダリスタの有効成分タダラフィルは、このPDE5の働きを抑える作用があります。

この作用から、タダラフィルは「PDE5阻害薬」に分類されています。タダラフィルがPDE5を阻害し、その結果cGMPが高い濃度で維持され血流が促進され、勃起力改善に繋がります。

タダリスタの副作用

主な副作用
顔のほてり、鼻づまり、目の充血、めまい、頭痛、動悸、背中の痛み、胃腸の不快感など

有効成分タダラフィルには血管拡張作用があるので、顔のほてりや鼻づまり、その他上記の症状がみられる場合がありますが、時間の経過と共におさまりますのでそれほど心配することはありません。但し、時間がたっても症状がおさまらない場合や体に異常を感じる場合は、速やかに医師に相談してください。

稀な副作用
発疹、蕁麻疹、持続勃起症、聴力低下、顔面浮腫など

薬物への過敏反応として発疹や蕁麻疹が報告されていますが、重症例の報告はほとんどありません。しかしながら、ごく稀に海外で持続勃起症の症例が報告されています。4時間以上勃起が続く場合は持続勃起症の可能性が高いので、すぐに医師に相談するようにしてください。

タダリスタの注意事項

慎重投与
  • 陰茎に構造上の欠陥(屈曲、陰茎の線維化など)がある人
  • 白血病、鎌状赤血球貧血、多発性骨髄腫など持続勃起症の原因となり得る疾患がある人
服用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • 過去にタダラフィルを服用し、アレルギーが出たり、体調不良を感じた方
  • 重度の肝臓障害がある人
  • 直近3ヶ月以内に心筋梗塞を起こしたことがある人
  • 直近6ヶ月以内に脳梗塞や脳出血を起こしたことがある人
  • 網膜色素変性症を患っている人
併用禁忌薬
  • ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど硝酸薬全般
  • 一酸化窒素供与剤
  • 可溶性グアニル酸シクラーゼ刺激剤

タダリスタの口コミ

口コミ評価(0)

評価
性別
年齢
レビュー