ビタラ(レビトラ・ジェネリック)

Signature
1,900円~
口コミ評価(0)
到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

ビタラ(レビトラ・ジェネリック) 20mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
10錠 5%
OFF
2,000円 1,900円 カートに入れる
30錠 15%
OFF
6,000円 5,130円 カートに入れる
100錠 24%
OFF
20,000円 15,200円 カートに入れる
ビタラ(レビトラ・ジェネリック)
ビタラ(レビトラ・ジェネリック) ビタラ(レビトラ・ジェネリック)
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

ビタラについて

即効性と食事の影響の受けにくさに優れたジェネリックに分類されるED治療薬
  • レビトラと同じ有効成分配合でありながら安価で購入可能
  • 食事の影響を受けにくいから服用タイミングを合わせやすい
  • 最長10時間効果が続くから行為中に効き目が切れる心配なし

ビタラは勃起不全や中折れに対して改善効果を持つED治療薬の一つです。配合されている有効成分バルデナフィルは即効性と持続性共に優れた特徴を持っています。
ED治療薬として最も有名なバイアグラに配合されている有効成分シルデナフィルは優れた効果を持つものの、食後に服用すると効果が減少してしまうデメリットを持っていました。しかしバルデナフィルは1食あたり700kcal以下にすることで、食事の影響を気にすることなく服用する事が可能です。

ビタラの特徴

ビタラはシグネチャー社がレビトラのジェネリック医薬品として製造販売しているED治療薬の一つです。
レビトラと同じ有効成分バルデナフィルを配合していながら、レビトラより遥かに安く購入できますのでED治療に掛かる費用をなるべく抑えたい方にピッタリな医薬品となっています。

多くのED治療薬は食後に服用すると効果が減退してしまう特徴を持っていますが、ビタラは食事の影響を受けにくく700kcal以下の食事なら基本的に問題ありません。

また有効成分が素早く体内に吸収される即効性を持っており、急に性行為をすることになっても常に財布などに持ち歩いていれば、すぐ飲むことで薬の効果を実感する事ができます。
人によって変わってきますが8~10時間は効果が持続しますので、一回飲めば一晩は薬の効果に期待できます。
錠剤は小さな丸型で特徴的なオレンジの色が付けられていますので、他のお薬と間違えて飲んでしまう恐れはありません。

副作用に関してもバイアグラより起こしにくい特徴を持っていますので、副作用が原因でED治療薬の服用に躊躇していた方にもおススメの治療薬です。

ED治療薬の中でも使いやすさに特徴を持ったバルデナフィルを配合

ビタラに配合されている有効成分バルデナフィルは、世界初のED治療薬バイアグラに配合されている有効成分シルデナフィルの後に開発された経緯を持っています。

バイアグラは服用した際に強い勃起力が期待できますが、服用から効果が現れるまで早くても30分程度掛かってしまいます。
効果の持続時間に関しても平均4時間程度と若干短く、更に副作用も強く出てしまう事がありました。

また食事の影響も受けやすい為、バイアグラの効果を最大限活かしたい場合は食事を避ける必要があります。それに対してビタラはバイアグラの後に開発された有効成分を配合していますので、バイアグラの欠点を補うような特徴を有しています。

効果時間はバイアグラより遥かに長い最長10時間を実現しており、副作用もバイアグラより発症しにくい特徴を持っています。また食事も軽めものなら気にすることなく摂取する事が可能です。
勃起力に関してもバイアグラに匹敵するものが期待できますので、初めてED治療薬を服用する方にも是非チェックしていただきたいED治療薬がビタラなのです。

常用したい人も安心の低価格を実現したジェネリックタイプのED治療薬

レビトラは有効成分バルデナフィルを配合した最初のED治療薬であり、医薬品の中で先発医薬品と呼ばれる分類に属しています。

先発医薬品は0の状態から作り上げた医薬品の事で、膨大な開発費がお薬代に上乗せされていますのでかなり高額なのが特徴となっています。レビトラも例外ではなく1錠当たりの価格がかなり高くなっていますので、気軽に服用する事ができないのが難点でした。

しかしレビトラのジェネリックであるビタラは、レビトラを基に開発されていますので開発費が抑えられています。
お薬代に開発費が大きく上乗せされない為、販売価格を大幅に抑える事に成功しており、大体レビトラの5分の1程度の価格でビタラは購入することが可能です。ED治療薬は基本的に性行為の度に服用する常用薬として使いたい方が多い医薬品である為、価格の安さは非常に大きなメリットとなっています。

あまりにもレビトラより安すぎる為、効果に疑問を持つ方もいるかと思います。ですが前述の通り、ビタラはレビトラと全く同じ有効成分を配合して製造されたED治療薬ですので、レビトラより効果が劣るといった事は一切ありません。
このようにレビトラと同じ効果を持ちながら格安で購入できるビタラは、バルデナフィルを配合したED治療薬を常用したい方におススメのお薬です。

ビタラの効果

効果・効能
ED改善
性行為時に十分な勃起力が欲しい男性に有効です。

ビタラに配合されている有効成分バルデナフィルが陰茎周辺の血管を拡張する作用を持っています。 スムーズに陰茎へと血液が流れ込むことによって、力強い勃起力と持続力を得ることができます。

性的刺激や性的興奮がない時は勃起する事はありませんので、普段の日常生活を送っているだけで勝手に勃起してしまう心配はありません。

水に溶けやすい性質を持っており体内への吸収効率がとても良いので、服用後早い人だと15分程度で効果が現れるなど即効性に優れた効果を持っています。
また食事の影響も受けにくく、性行為前に食事をする必要がある場合でも効果が期待できます。

ビタラの服用方法

1回の用量
1錠(バルデナフィルとして20mg)
1日の服用回数
1回まで
服用間隔
24時間
服用のタイミング
性行為の1時間前

性行為前に1錠服用するだけで長時間効果が実感できます

ビタラは性行為を行う30分~1時間前に水又はぬるま湯を用いて服用してください。性行為前に食事をする必要がある場合は、高カロリーのものを避け700kcal以下を目安に食事をしましょう。
そうすることでビタラが受ける食事の影響を抑えることが可能です。

アルコールの摂取は少量なら問題ありませんが、多量の摂取は避けましょう。
またグレープフルーツに含まれる成分は薬の有効成分を分解する体内酵素の働きを阻害して、薬の血中濃度を必要以上に高めてしまう危険性があります。
その為、ビタラを服用する際はグレープフルーツを含む食品及び飲料の摂取は控えるようにしましょう。

基本は1錠の服用で大丈夫ですが、初めて服用する際はピルカッターなどで半分にして服用する事をおススメします。半分の服用で副作用等が無ければ、次回から1錠を服用していきましょう。

より高い効果を期待して1錠を超える量を服用するのは絶対に止めてください。思わぬ副作用を発症する恐れがあります。また一度服用した後は必ず24時間以上間隔を空けて服用するようにしてください。

ビタラの有効成分について

勃起不全の原因であるPDE5の働きを阻害してスムーズな勃起を促します

勃起不全を起こしてしまう原因として、勃起を阻害する酵素の一つPDE5(ホスホジエステラーゼ)が性行為中に活発に働いてしまうことが挙げられます。PDE5は射精後に活発に活動する事で勃起を鎮める効果を持っていますが、これが何らかの要因によって射精前にも活動する事で勃起不全を招いてしまうのです。

ビタラに含まれる有効成分バルデナフィルはこのPDE5の働きを阻害することで、勃起を促す酵素の濃度を高めることへと繋げることができます。陰茎周辺の血管を拡張する作用も持っており、陰茎への血流が増加する事で陰茎海綿体に多くの血液が流れ込んで力強い勃起と長い持続力を期待する事ができます。

あくまで勃起しやすい状態へと導くだけですので、性的興奮や性的刺激が無ければ勝手に勃起してしまうようなことはありません。常に勃起状態が続いてしまうようなことは無いので、仮に日中に服用しても日常生活に影響を与える心配もありません。

ビタラの副作用

主な副作用
めまい、頭痛、ほてり、鼻詰まり、動悸など

ED治療薬の中でも副作用の危険性が少ないと言われているビタラですが、上記のような副作用が報告されています。いずれも軽度の症状で治まることが殆どですが、辛い症状が現れた場合は服用を中止して医師の診察を受けるようにしてください。

稀な副作用
勃起持続症、アナフィラキシーショックなど

極稀ではありますが、上記のような副作用が報告されています。いずれも身体への影響がとても大きい症状ですので、もしこれらの症状が確認できた場合はすぐに服用を中止して必ず医師の診察を受けるようにしましょう。

ビタラの注意事項

慎重投与
  • 陰茎が屈曲している人
  • 陰茎の線維化,Peyronie病等を患っている人
  • 鎌状赤血球性貧血を患っている人
  • 多発性骨髄腫を患っている人
  • 白血病等を患っている人
  • PDE5阻害薬を服用している人
  • 他のED治療薬との併用
  • 出血性疾患を患っている人
  • 消化性潰瘍を患っている人
  • チトクロームP450 3A4を阻害する薬剤を服用している人
  • 高齢者(65歳以上)
  • 中等度の肝障害を患っている人
  • α遮断薬を服用している人
服用してはいけない人
  • 本剤の成分を投与し体調を崩した経験がある人
  • ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等を投与している人
  • 心血管系障害を患っている人
  • 先天性のQT延長患者
  • クラスIA(キニジン,プロカインアミド等)又はクラスIII(アミオダロン,ソタロール等)の抗不整脈薬を服用している人
  • 6ヵ月以内に脳梗塞・脳出血の既往歴がある人
  • 重度の肝障害を患っている人
  • 血液透析が必要な腎障害を患っている人
  • 低血圧(安静時収縮期血圧<90mmHg)の人
  • 高血圧(安静時収縮期血圧>170mmHg又は安静時拡張期血圧>100mmHg)の人
  • 不安定狭心症を患っている人
  • リオシグアト,CYP3A4を阻害する薬剤を服用している人
  • 網膜色素変性症を患っている人
服用してはいけない人
この薬には併用してはいけない薬があります。
  • 硝酸剤およびNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等)
  • 抗不整脈薬(キニジン、プロカインアミド、アミオダロン、ソタロール等)
  • リオシグアト
  • 抗ウイルス薬(リトナビル、インジナビル、アタザナビル、サキナビルメシル酸塩、ホスアンプレナビル、ロピナビル・リトナビル、オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル、ダルナビル、テラプレビル)
  • 抗真菌薬(イトラコナゾール)
  • コビシスタットを含有する製剤

ビタラ(レビトラ・ジェネリック)の口コミ

口コミ評価(0)

口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー