ダイトール

シプラ
2,180円~
口コミ評価(3)
到着目安
14~21
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

ダイトール 10mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
75錠 5%
OFF
2,300円 2,180円 カートに入れる
150錠 10%
OFF
4,600円 4,140円 カートに入れる
225錠 15%
OFF
6,900円 5,860円 カートに入れる
ダイトール 20mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
75錠 6%
OFF
4,000円 3,780円 カートに入れる
150錠 -13%
OFF
6,000円 6,800円 カートに入れる
300錠 -45%
OFF
8,000円 11,560円 カートに入れる
ダイトール
ダイトール
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

ダイトールについて

強力な利尿作用で全身のむくみ改善効果と心臓の負担軽減効果を持つジェネリック医薬品
  • お薬が苦手な方も飲みやすい小さな丸型の錠剤タイプ
  • 強力な利尿作用で体内の老廃物を排出するデトックス効果も併せ持ちます
  • ルプラックのジェネリック医薬品なので安価で購入する事が可能です

ダイトールは体内に溜まってしまった余分な水分を体外に排出する働きを持つ有効成分を配合した、強力な利尿作用を持ったルプラックのジェネリック医薬品です。
体内を循環する血液量を減少させる作用を併せ持っていますので、血圧を下げる作用にも期待する事ができます。また水分だけでなく体内に溜まってしまった老廃物や毒素を尿として体外に排出する作用がありますので、身体の中から綺麗にするデトックス効果も持っている非常に優れた治療薬です。

ダイトールの特徴

ダイトールは利尿降圧剤である先発医薬品のルプラックのジェネリック医薬品として、インドのムンバイに本社を置くシプラ社が製造販売している治療薬です。配合されている有効成分トラセミドは体内への水分吸収を阻害する作用を持っており、尿量を増やす働きがあります。

同じような利尿作用を持つ有効成分としてフロセミドと呼ばれるものがありますが、こちらは水分だけでなく体内にあるカリウムも尿と一緒に排出してしまう為、低カリウム血症を起こしてしまう危険性がありました。

それに対してダイトールに配合されているトラセミドはカリウム保持性という特徴を持つ為、低カリウム血症を起こしにくく安全性に優れた特徴を持っています。更に強力な利尿作用によって、余分な水分の排出と併せて体内の老廃物や毒素を同時に排出する働きがあります。

体内に老廃物などが溜まってしまうと細胞の劣化を招く原因となってしまい、肌荒れなどといった美容面へ悪影響を与えてしまいます。また体内に余分な水分が溜まると血液量が増えてしまう為、様々な病気の要因となる高血圧を引き起こしてしまいます。
ダイトールは強力な利尿作用により、これらの症状を改善予防する効果にも期待する事ができるのです。

強力な利尿作用を持ちながら高い安全性も併せ持つ優れた利尿剤

ダイトールに配合されている有効成分トラセミドは利尿作用を持つ有効成分の中でも特に強力な作用を持つものとして有名です。
トラセミド以外に利尿作用を持つ代表的な有効成分としてフロセミドと呼ばれる成分がありますが、フロセミドは水分だけでなく身体にとって必要なカリウムも排出してしまう為、副作用として低カリウム血症を発症してしまう恐れがあります。

トラセミドはフロセミドの10倍以上の利尿作用という非常に強い効果を持ちながら、フロセミドと違ってカリウムを排出しにくいカリウム保持性という特徴を持っています。その為低カリウム血症を発症する可能性がフロセミドなどと比べて低いのでとても安全性に優れているのです。

強力な利尿作用を持っているといっても、身体に不必要な水分の量だけを尿として排出させる働きですので、適切な量を服用している限り脱水症状などを起こしてしまうような危険性はありません。

また余分な水分を体外に排出する作用によってむくみの解消だけでなく、血液量の減少による高血圧の改善効果にも期待できます。血管への負担軽減作用による心血管疾患の発症リスクを下げる効果にも併せて期待する事ができるでしょう。

むくみの改善だけでなく美容効果やダイエット効果も期待できます

ダイトールは利尿作用によるむくみ改善や浮腫の治療、高血圧症の改善を目的として製造された治療薬です。しかしこれらの治療効果に加えてダイトールが持つ強力な利尿作用は、体内に溜まってしまった毒素や老廃物も同時に尿として排出するデトックス効果が期待できます。

体内に老廃物などが残っていると腸内環境が乱れてしまい、便秘や肌荒れを招いてしまう事に繋がってしまいます。更に細胞の劣化によって脂肪細胞の肥大化を招き、脂肪増加やセルライトとなる原因にもなるのです。

ダイトールは前述の通り尿と一緒に体内に溜まった毒素と老廃物を排出する働きを持っていますので、腸内環境を整えて便秘や肌荒れの症状改善に期待する事ができます。また細胞の劣化と脂肪細胞の肥大化を防ぐことでダイエット効果にも併せて期待できるでしょう。

このようにむくみの症状を改善しながら美容効果とダイエット効果を同時に期待する事ができる優れた特徴を持っているのです。

ダイトールの効果

効果・効能
配合されている有効成分トラセミドが持つ利尿作用によって、全身のむくみ改善や高血圧症、浮腫の治療効果を持っています。また老廃物の排出によるデトックス効果にも併せて期待する事ができます。薬の効果時間中は尿意を催す頻度が上がりますので、トイレにいつでも行けるタイミングで服用する事をお勧めします。

長時間の立ち仕事・座り仕事による足のむくみや、飲酒による顔のむくみは体内に余分に溜まった水分が上手く体外に排出されないことが原因で引き起こされるとされています。

ダイトールは体内に溜まってしまった余分な水分を体外へ排出する利尿作用によって、全身のむくみ解消に対して症状改善効果を持っています。尿と一緒に身体に残留している毒素や老廃物も排出するデトックス効果もありますので、美容効果にも期待する事ができます。また体内の血流量を下げる効果もありますので、高血圧症の治療効果も併せ持っています。

ダイトールは代表的な利尿剤と比較して10倍以上という強力な利尿作用を誇りながら、カリウム保持性を持っていますので低カリウム血症などの副作用を起こしにくい安全性に優れた特徴を持っています。

ダイトールの服用方法

1回の用量
1錠(トラセミドとして5mg)
服用するタイミング
朝または昼間
1日の服用回数
1回
服用する間隔
24時間以上

服用後約1時間で効果が現れる即効性が魅力の利尿剤

ダイトールは1日1回1錠を朝や昼間に水又はぬるま湯を用いて服用してください。丸型で小さな錠剤タイプなので、お薬の服用が苦手な方でも服用しやすい形となっています。服用後1時間程度で効果が現れ始め、4~6時間効果が持続します。効果時間中は尿意を催す頻度が上がりますので、すぐにトイレが行けるようにしておいた方が良いでしょう。また尿意によって睡眠が妨げられてしまいますので、就寝前に服用するのは避けるようにしてください。

初めてダイトールを服用する際はトラセミド5㎎分から服用する事が推奨されています。5㎎を服用しても効果が実感できなかった場合は増量して服用する事が可能です。身体への負担を避ける為にも増量する際は一気に増やすのではなく、5㎎→10㎎といった感じで徐々に増やすようにして下さい。増量しても一向に効果が実感できない場合は、一旦服用を中止して医師の診察を受けることを検討しましょう。

また病院で処方されているお薬がある方は服用を開始する前に医師又は薬剤師に相談してから服用を開始することをお勧めします。

ダイトールの有効成分について

利尿剤としてトップクラスの利尿作用を持つトラセミドを配合

ダイトールに配合されているトラセミドは利尿作用を持つ有効成分の中でも特に強力な効果を持っています。
トラセミドは体内の水分量調節の働きを持つ腎臓と膀胱に繋がるヘレンループと呼ばれる器官における体内への水分吸収を阻害する作用によって、尿量を増やす働きを持っています。

他の利尿作用を持つ有効成分はカリウムも一緒に排出してしまう特徴により低カリウム血症と呼ばれる副作用を起こしてしまう危険性がありますが、トラセミドはカリウム保持性というカリウムを体外へ排出しにくい特徴を持っていますので安全性に優れています。

体内の水分量を減少させる作用によって、体内を循環する血液量が減少し血圧を下げる効果にも併せて期待できます。また尿と一緒に体内に溜まってしまった毒素や老廃物も排出するデトックス効果も持っています。

毒素や老廃物が体内に溜まっていると細胞が過剰に水分を含みやすくなり、細胞の活動が鈍化して細胞の劣化を招きます。劣化した細胞は脂肪細胞へと変化し、どんどん体内に蓄積されていき脂肪やセルライトの原因となってしまいます。トラセミドが持つデトックス効果によって老廃物などを排出する事で脂肪やセルライトの生成を抑える効果が期待できるのです。

ダイトールの副作用

主な副作用
頭痛・めまい・倦怠感・血液障害など

ダイトールを服用した際に上記のような副作用を起こすことが報告されています。いずれも軽度の症状であり、薬の効果が切れるのと併せて症状が治まることが殆どです。また副作用ではありませんが、利尿作用によって尿意を催す頻度が上昇します。服用する際はトイレにすぐ行ける環境にしておくことをお勧めします。

稀な副作用
肝機能障害・血小板の減少など

非常に稀ではありますが、肝機能障害や血小板の減少が副作用として起こることが報告されています。服用後に黄疸等の症状が現れた場合はすぐに服用を中止して医師の診察を受けるようにしましょう。

ダイトールの注意事項

慎重投与
  • 高齢者
  • 乳幼児
  • 肝硬変症の方
  • 肝機能障害の方
  • 糖尿病の方
  • 痛風の方
  • 重篤な冠硬化症の方
  • 脳動脈硬化症の方など
服用してはいけない人
  • 無尿の方
  • 肝性昏睡の方
  • デスモプレシン酢酸塩水和物を投与中の方
  • トラセミドなどで過敏症を起こしたことがある方

ダイトールの口コミ

口コミ評価(3)

  • ダイトール ユーザー
    口コミ評価  女性 34
    立ち仕事でむくみやすいのでこれは欠かせません。
  • ダイトール ユーザー
    口コミ評価  女性 33
    これを飲んで水分を多めに摂るようにしてたら調子がいいです。 むくみ易いタイプでしたがかなり改善された気がします。
  • ダイトール ユーザー
    口コミ評価  女性 29
    元々むくみやすい体質なので、この薬は非常に助かります。後、二日酔いの時に飲むと回復が早いです。
評価
性別
年齢
レビュー