ED治療薬バイアグラ・シアリス・レビトラや早漏、育毛、避妊、性病、睡眠治療のジェネリック医薬品を多数取り揃えております。

簡単購入ガイド

トフィカーム

サンファーマ
5,020円~
口コミ評価(2)
到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

トフィカーム 50mg
内容量 獲得ポイント 1錠単価 販売価格 ご注文
100錠 150 50円 5,020円
200錠 266 44円 8,880円
トフィカーム 100mg
内容量 獲得ポイント 1錠単価 販売価格 ご注文
50錠 128 85円 4,280円 カートに入れる
100錠 231 77円 7,700円 カートに入れる
トフィカーム 50mg
内容量 獲得ポイント 1錠単価 販売価格 ご注文
200錠 241 40円 8,040円 カートに入れる
トフィカーム
トフィカーム トフィカーム
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

トフィソパムについて

穏やかな効き目で依存性や副作用のリスクが低い!身体に優しい自律神経調整薬
  • 効き目が穏やかなので、初めて抗不安薬を服用する方でも安心です
  • 即効性が高く短時間作用型で、依存性になりにくいのも特徴です
  • 安全性の高いベンゾジアゼピン系の自律神経調整剤です

トフィカームは、インドの製薬会社であるサンファーマ社が製造する自律神経調整剤で、グランダキシンのジェネリック薬です。用量には50mg錠と100mg錠があります。1日3回定時服用することで自律神経の乱れを整え、不安や緊張からくる頭痛や心悸亢進などの諸症状を緩和します。
ベンゾジアゼピン系抗不安薬の中では効き目がマイルドな部類に入り、主な症状が軽度の自律神経系症状であるという方におすすめです。

トフィカームの特徴

即効性が高く効果をすぐ実感できます

トフィカームの一番の特徴は、中枢神経に対する抑制作用が弱く、効果が穏やかであるという点です。

>トフィカームを含むベンゾジアゼピン系薬において、中枢神経抑制作用は大きく4種類に分けられます。すなわち抗不安作用、催眠作用、筋弛緩作用、そして抗けいれん作用です。抑制作用が強いベンゾジアゼピン系薬は当然効果を分かりやすく実感できますが、強い抑制作用は裏を返せばそれが副作用症状となって現れてしまうリスクもあります。鎮静、催眠作用が強すぎるとそれが眠気やふらつきという症状として出る場合がありますし、筋弛緩作用が強すぎれば倦怠感や脱力感を感じる場合があるのです。

一方でトフィカームの抑制作用は全て、ベンゾジアゼピン系薬の中でもきわめて弱いとされています。そのため症状が軽い方の服用が推奨されており、自律神経失調症状の種類や程度によっては劇的な効果が感じられないという方もいます。トフィカームの服用によって十分な効果が得られないと感じる場合は、一度医師か薬剤師に相談されることをおすすめします。

バルビツール酸系より安全性が高いベンゾジアゼピン系薬です

現在、抗不安薬及び睡眠薬として主流となっているのがトフィカームを含めたベンゾジアゼピン系薬と言われるものです。
20世紀初頭に開発されて以来、50年以上にわたって広く処方されていたバルビツール酸系薬ですが、依存性や耐性による用量増加の必要性など服用のリスクが高いことがデメリットとなっていました。そのデメリットを取り除き、より安全性の高い薬として開発されたのがベンゾジアゼピン系薬となります。

バルビツール酸系薬とベンゾジアゼピン系薬の最大の違いは、有効成分の結合部位です。ベンゾジアゼピン系薬の有効成分は、イオンチャネルの開口をつかさどるGABAA受容体と結合します。これによりGABAA受容体がイオンの透過性を上げるため、有効成分の作用としては間接的なものになり、ベンゾジアゼピン結合部位が飽和状態となればそれ以上結合できません。一方バルビツール酸系薬は、直接イオンチャネルに結合します。こちらはGABAA受容体のベンゾジアゼピン部位とは異なり飽和状態にならないため、用量の増加に比例して抑制作用も強くなっていきます。これがバルビツール酸系薬の大量服用による呼吸抑制につながってしまうのです。

トフィカームは、安全性の高いベンゾジアゼピン系薬の中でも特に効果が微弱であり、初めて抗不安薬を服用する方でも安心してお使いいただけます。

短時間作用型で即効性が高く、効果のキレもいいお薬です

依存性が低いので減薬しやすい

トフィカームは、ベンゾジアゼピン系薬に分類されます。ベンゾジアゼピン系薬は主に睡眠薬として処方されるものが多く、その効果時間によってさらに短時間型、中時間型、長時間型に分かれます。トフィカームは短時間作用型の自律神経調整剤で、服用して1時間で最高血中濃度に達し、半減期(有効成分の血中濃度が半分になるまでにかかる時間)は4~5時間です。つまり早い人であれば服用して15~30分程度で効果が現れ、12時間ほどで薬効成分は全て身体から抜けきるというキレの良さを持っています。

一般に、短時間作用型のベンゾジアゼピン系薬は依存しやすい傾向にあるとされています。しかしトフィカームの場合、そもそもの中枢神経抑制作用が非常に控えめであるため、依存性になりにくいのもメリットだと言えるでしょう。

さらに有効成分が素早く代謝されるため、万一副作用症状が現れた場合でも比較的早くおさまります。

このように、トフィカームは症状が比較的軽度で、自律神経系のものが中心であるという方にとって使いやすい自律神経調整剤だと言えます。

トフィカームの効果

効果・効能
自律神経失調症、頭部損傷・頸部損傷、更年期障害・卵巣欠落症状における頭痛、頭重、倦怠感、心悸亢進、発汗などの緩和

トフィカームは、心理的なストレスに起因する頭痛などの諸症状の緩和や、不安感や緊張、イライラを和らげる効果を持っています。

さらに、ホルモンバランスの異常によって起こる更年期障害や卵巣欠落症状(子宮がんや卵巣がんの手術により卵巣を二つとも切除した場合に起こり得る更年期障害様の症状)に対しても適応しています。

これらはいずれも、交感神経と副交感神経の亢進のバランスが乱れることによる自律神経失調症状です。トフィカームは、ストレス由来のものとホルモン由来のもの両方の自律神経失調症状に対して、改善効果を発揮します。

トフィカームの服用方法

1回の用量
1/2~1錠(トフィソパムとして50mg)
服用するタイミング
毎日決まった時間
1日の服用回数
3回
服用する間隔
8時間

服用するタイミングについて

トフィカームは、通常成人で1日3回1/2錠または1錠(トフィソパムとして50mg)を毎日決まった時間に定時服用してください。用量は年齢や症状に応じて増減することができます。万一飲み忘れた場合は、飲み忘れに気付いた時点ですぐに服用するようにしましょう。またこの時、2回分を一度に服用することは絶対にやめてください。

トフィカームは、食事の影響を受けないお薬です。定時服用のタイミングは、毎日同じ時間であれば食前、食後を問いません。ただし注意しなければいけない点として、トフィカームはアルコールと併用することによって中枢神経抑制作用が相加的に増強される恐れがあります。そのためトフィカームの服用中は飲酒を控え、必ず水かぬるま湯で服用するようにしてください。

またトフィカームの催眠作用により、強い眠気を感じる場合があります。トフィカームを服用中は、車の運転や危険作業は避けるようにしましょう。

トフィカームの有効成分について

トフィソパムが細胞内のCl-チャネル開口を促し、神経機能を抑制します

トフィカームの有効成分であるトフィソパムは、ベンゾジアゼピン系薬に分類されるもので、中枢神経抑制作用を持っています。

脳が神経抑制状態となるためにはCl-(クロライドイオン)が細胞内に流入し、マイナスに傾いた状態(過分極)になることが必要です。Cl-の透過性を高める抑制系の神経伝達物質・GABAの受容体(GABAA受容体)は、Cl-などのイオンチャネル内蔵型受容体であり、主に脳に広く分布しています。GABAA受容体のベンゾジアゼピン部位にトフィソパムが結合すると、GABAのCl-透過作用が増強されるのです。

結果として細胞がCl-で満たされ過分極となり、脳が外部からの刺激を受けにくくなるため興奮が抑制され、神経の緊張状態を和らげることができます。

トフィカームの副作用

主な副作用
頭痛、めまい、眠気、ふらつき、吐き気、腹痛、下痢など

トフィカームは他のベンゾジアゼピン系薬と比較して副作用が起こりにくいお薬ですが、万一頭痛やめまい、吐き気などの症状を感じた場合は、一旦トフィカームの服用をやめて医師か薬剤師にご相談ください。

稀な副作用
依存性、倦怠感、脱力感など

トフィカームは非常に効果が緩やかであるという特徴を持っており、依存性のような副作用が起こる頻度は稀だと言えます。しかし倦怠感や脱力感など、身体の異常を感じた際はトフィカームの服用を中止し、医師の診察を受けるようにしましょう。

トフィカームの注意事項

慎重投与
  • 急性閉塞隅角緑内障の人
  • 重度の筋無力症の人
  • 脳器質的障害のある人
  • 中等度または重篤な呼吸不全のある人
  • 65歳以上の高齢者
  • 妊娠中の人
  • 中枢神経抑制剤(フェノチアジン誘導体、バルビツール酸誘導体など)を服用中の人
  • タクロリムス水和物を服用中の人
服用してはいけない人
  • トフィソパムに過敏症の既往歴がある人
  • ロミタピドメシル酸塩を服用中の人
  • 授乳中の人
併用禁忌薬
  • ロミタピドメシル酸塩
・直射日光を避けて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はありませんが、高温多湿の場所には保管しないでください。
・小さなお子様の手の届かない所に保管してください。
お子様が誤って服用することのないよう十分注意して保管してください。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
日本医薬情報センター
安全性および有効性を中心とした医薬品情報の提供を行う一般財団法人のサイトです。
医薬品に関する国内外の情報を迅速かつ公正に整理・分析し速やかに情報提供することによって、国民の健康や医療の向上に貢献しています。
サイト内には国内の医薬文献情報と医薬品添付文書情報がデータベースにまとめられており、添付文書や治験など各段階における医薬品情報が検索できます。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。
薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。
医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。

一般の個人が自分で使用するための購入のみ認められており、「代理で通販購入する」「購入後に第三者への譲渡する」などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

トフィカームの口コミ

口コミ評価(2)

  • トフィカーム ユーザー
    口コミ評価  女性 35
    効き目が強すぎないので使いやすいです。 クリニックに行くより手軽で良いと思いました。
  • トフィカーム ユーザー
    口コミ評価  女性 30
    こういう薬を飲むことに抵抗はありましたが、弱い薬のようなので飲むことにしました。副作用もきにならず、気持ちも落ち着くのでいいと思います。
口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー