エキシラー

SAVA Healthcare
1800円~
(0)

新型コロナウイルスの影響による配送遅延について

在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

エキシラー 20mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
4錠 10%
OFF
2,000円 1,800円 カートに入れる
12錠 19%
OFF
6,000円 4,860円 カートに入れる
20錠 24%
OFF
10,000円 7,610円 カートに入れる
28錠 28%
OFF
14,000円 10,080円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

エキシラーは、SAVA Healthcare社が製造・販売しているシアリスのジェネリック医薬品で、勃起不全(ED)の治療薬です。

商品説明

エキシラーはSAVA Healthcare社が開発したシアリスジェネリックで、心因性ED、器質性ED、混合性EDのいずれの症状にも効果のあるED(勃起不全)治療薬です。 先発薬のシアリス同様、服薬時の食事の影響もほとんどなく、最大36時間効果作用することが特徴となります。 有効成分であるタダラフィルは、PDE5阻害薬に分類される成分で、シルデナフィル、バルデナフィルについで、第3のED治療薬として製造開発されました。 従来のED治療薬は、作用時間が5~10時間程度であり、ストレスやプレッシャーなどを原因とした勃起不全を患う人にとって、服薬のタイミングが難しい場合がありました。その点で画期的な効果作用時間を誇るタダラフィルは、とても人気が高く、先発薬であるシアリスが2003年に発売されて以降、購入者のシェアを伸ばし続け、ED治療薬のシェア率世界No1を記録しました。 金曜日の夜に服薬し、土日をはさんでもまだ作用持続する効果の長さから、海外では「ウィークエンドピル」と呼ばれ、日常生活の自然な流れで取り入れられる男性機能改善薬として多くの方に利用されています。 ED(勃起不全)は、生体内のcGMPの分解をおこなうPDE5が活発に働きかけることで起こる症状です。 エキシラーを服薬することで、有効成分タダラフィルが体内に浸透し、勃起不全の原因PDE5の酵素活性化を阻みます。それが陰茎周辺部のNO作動性神経に影響を及ぼし、血管拡張を促進、血液を増量もしくは血圧を低下させることで、陰茎が勃起し、正常な性行為が行えるようになります。 ただし服薬するだけで、男性機能が作用し勃起し続けるわけではありません。 効果発現する時間は最大36時間とされていますが、性的なリビドーがなければ、作用しないため、日常生活において支障はありません。 催淫剤のように性欲亢進させるための働きを担うものではありませんのでご留意ください。 エキシラーに含有されるタダラフィルは、体内にゆるやかに浸透する遅効タイプの薬剤のため、即効性を求める性行為の際には不向きです。基本的には性行為1時間前に服薬すればよいとされていますが、体質により効き目が遅い場合がありますので、余裕をもって服薬しましょう。
その他ED治療薬のご購入はコチラ ★シアリスジェネリック
メディカル知識〔ED(勃起不全)

服用方法

1日1回性行為の3~4時間前に経口服用します。 販売元ガイドラインでは、性行為の約1時間に服用とされていますが、実際にはかなりの個人差があるようです。早い方で1時間、効き目の遅い方では4時間かかったという事例があります。 そのため、当サイトでは、余裕をもって3~4時間前に服用されることを推奨しております。 先行するED治療薬と異なり効き始めが遅く、性行為直前に急いで効果を得たいケースには不向きな薬ですが、遅効性であることが必ずしも欠点になるとは限りません。薬の持続性や他の利点を活かして、小旅行などイベント事でも事前に服用するなど、日常生活にうまく取り入れていくことも可能です。 過度なアルコール摂取時や食後すぐの服用は、本来の効果が得られない可能性がありますのでご注意ください。 出来るだけ空腹時に服用するようにし、食事をする場合は食前の空腹状態で先に服用し、食事は脂肪分の多いものを避けるようにしましょう。 通常、1日1回10mgの服用でも効果があるとされています。 今回初めてED治療薬を服用される方は、副作用の確認もかねて、少量からお試しになるのがよいでしょう。 服用後、次に飲むまでの間隔は、24時間以上あけてください。 肝臓や腎臓に障害のある方は、摂取量に注意が必要となります。 初回の摂取量の目安は1回につき5mgとなります。4分の1にカットして服用してください。多めに服用するとしても、1回に10mgを超える摂取はしないでください。 腎臓に重度の障害のある方は、より慎重な対応を要します。 1回につき5mgが服用上限量となります。 次の服用までの間隔も48時間以上あけてください。

副作用

頭痛、ほてり、鼻づまり、めまい、血圧の変動、動悸、頻脈、視覚異常など 重い副作用の事例は滅多にないとされておりますが、可能性がゼロではありません。 副作用として比較的多くみられるのは、頭痛やほてりです。局所的な部位にとはいえ、血管を拡げる作用のある医薬品ですので、時間の経過とともに症状が軽くなる程度のものでしたら、特に心配はありません。 稀に重い過敏症の症状が現れるケースがあります。 発疹、じんま疹、顔面浮腫など、薬を飲むことにより、いくつかの症状が同じような時期に現れるようであれば、すぐにかかりつけの医師に相談してください。 痛みをともなう勃起が4時間以上続いた場合も、プリアピズムと呼ばれる持続勃起症の可能性がありますので、直ちに受診するようにしてください。 ご自身の体質、体調による変化もありますので、念のためご注意ください。 本来的に性交は心臓への負荷がかかる行為です。 心臓に障害があり、性行為が不適当と考えられる方に、ED薬の服用はオススメできません。健康な方に比べ、リスクが伴うことが多いため、かかりつけの医師にご相談ください。
薬効が強いと感じる場合は、ピルカッターを使用することにより、効果・副作用を抑えつつ、抵コストで利用することが可能です。
詳しい情報は外部の専門サイトをご確認ください。

注意点

【併用禁忌】 ・硝酸剤及びNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等) ・可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤(リオシグアト 【併用注意】 ・CYP3A4阻害剤(ケトコナゾール、イトラコナゾール、クラリスロマイシン、テラプレビル、グレープフルーツジュース等) ・CYP3A4誘導剤(リファンピシン、フェニトイン、フェノバルビタール等) ・HIVプロテアーゼ阻害剤(リトナビル、インジナビル、サキナビル、ダルナビル等) ・降圧剤(アムロジピン、メトプロロール、エナラプリル、カンデサルタン等) ・α遮断剤(ドキサゾシン、テラゾシン等) ・カルペリチド 【服用禁止】 ・過去にエキシラーに含まれる成分で過敏な反応があった方 ・不安定狭心症のある方、性交中に狭心症を発症したことのある方 ・心臓に障害がある方(性行為自体が不適当な状態と考えられる方) ・肝臓に重い障害がある方 ・重度の高血圧、低血圧の方 ・重度の不整脈のある方 ・心筋梗塞の既往歴が3ヶ月以内にあった方 ・脳梗塞、脳出血の既往歴が6ヶ月以内にあった方 ・網膜色素変性症の方 ・併用禁忌薬(上記)を使用している方 【服用注意】 ・陰茎構造に欠陥(屈曲、陰茎の繊維化、ペイロニー病等)がある方 ・血液の病気(鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病等)のある方 ・出血性疾患または消化性腫瘍のある方 ・高齢(65歳以上)の方 ・a遮断剤を投与中の方 ・チトクロームP450 3A4を阻害する薬剤を投与中の方