ドラスマ

スマートメディサイエンス
1800円~
(0)

新型コロナウイルスの影響による配送遅延について

在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

ドラスマ 100mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
4錠 10%
OFF
2,000円 1,800円 カートに入れる
20錠 19%
OFF
10,000円 8,100円 カートに入れる
40錠 37%
OFF
20,000円 12,600円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

ドラスマについて

日本人に合う処方で使いやすい!三大治療薬のメリットを集めた第四のED治療薬です
  • 日本人向けに開発・処方された使いやすいED治療薬です
  • 即効性が高く、服用のタイミングを計るのが非常に簡単です
  • 副作用が起きる心配が少なく、安心して服用いただけます

ドラスマの適応症

ドラスマは、インドの製薬会社であるレクメズ社が製造するED治療薬で、ステンドラのジェネリック薬になります。レクメズ社には日本人が監修として参加し、日本人の体質に合った処方がなされているため安心です。
先発薬であるステンドラ自体が、2012年に販売開始されたばかりの非常に新しいものであり、三大ED治療薬であるバイアグラ・レビトラ・シアリスの長所だけを集約して開発された第四のED治療薬と言われています。

ドラスマの特徴

ドラスマの一番の特徴は、有効成分であるアバナフィルが日本人の体質に合わせて開発されたものであるという点です。そのため海外向けの処方がなされていた従来のED治療薬よりも、日本人男性の体格や体質に合いやすいというメリットがあります。

元々アバナフィルは、日本の田辺三菱製薬が開発を進めていた有効成分でした。それが、2001年に開発及び販売権をアメリカのヴィーヴァス社に譲渡したという経緯があります。その後ヴィーヴァス社が研究を重ね、先発薬ステンドラとして発売されたのです。

ステンドラのジェネリックであるドラスマを販売しているのは、インドのレクメズ社です。このレクメズ社も日本人の体格や体質に合うED治療薬開発に力を入れており、現地に日本人監修者を置いています。このことにより高い品質と安全性が保たれ、日本人が普段使いしやすい仕様になっています。

ドラスマは、従来の海外製ED治療薬だと副作用が出てしまったという方や、効き目が強すぎたという方、また逆にあまり効かなかったという方でも高い効果を得られるED治療薬です。

レビトラに引けを取らない即効性で、使いやすいのが特徴です

ドラスマは、従来のED治療薬の長所だけを集めて作られた新しいタイプのED治療薬になります。その数あるメリットの中でも特筆すべきは、非常に高い即効性です。

三大ED治療薬と言われるバイアグラ、レビトラ、シアリスの中でもっとも効果発現が早いとされているレビトラでも、空腹時で服用から効果発現まで30分かかります。一方ドラスマは空腹時に服用した場合、早ければ15分程度で効果が表れます。そのため性交のタイミングを予測して服用する時間を逆算するというような面倒がありません。例え性交の直前であってもすぐに効果が得られ、ED治療薬を初めて服用するという方や、これまでED治療薬を飲むタイミングをはずして失敗しがちだったという方でも簡単にお使いいただけます。

さらにドラスマは作用時間も約6時間あり、作用時間が4時間程度とされるバイアグラよりも長時間にわたって効果が持続します。

このように、ドラスマは服用のタイミングを選ばない非常に使用が簡単なED治療薬であると言えます。

従来のED治療薬に比べ、副作用が起こりにくい処方です

ドラスマの有効成分であるアバナフィルは、バイアグラに含まれるシルデナフィルやレビトラに含まれるバルデナフィルと比べ、副作用が起こりにくい成分です。

実は人間を含め哺乳類にはホスホジエステラーゼ(PDE)が11種存在し、それぞれ作用する器官が異なります。ED治療薬の有効成分は、その中で海綿体平滑筋をつかさどるPDE5に作用しますが、この時PDE1(心筋など)やPDE6(光覚)、PDE11(筋肉や内臓筋など)に対しても作用を及ぼしてしまうことで副作用症状が起こってしまうのです。

アバナフィルはシルデナフィルの16倍、バルデナフィルの21倍もPDE5に対する選択性が高いことがわかっています。さらにPDE6とPDE11にはほとんど作用しないため、視覚異常や筋肉痛などの副作用が起こりにくいとされています。

ドラスマは、従来のED治療薬で副作用症状があった方でも、安心して服用いただけるお薬です。

ドラスマの効果

効果・効能
ED改善

ドラスマは、ペニスへの血流を改善し勃起状態へと促すED治療薬です。

勃起不全は、ペニスの海綿体平滑筋がうまく弛緩せず血液が流れ込まないことで起こります。ドラスマは、海綿体平滑筋を弛緩させるcGMPという物質の濃度を上げ、ペニスへの血流を改善するPDE阻害剤です。

また選択的に海綿体平滑筋に係る分解酵素と反応するため、副作用が起こる可能性が非常に低いのもメリットです。

ドラスマは服用後早ければ15分で効果が表れ始め、その効果は6時間程度持続するという、即効性と持続性を兼ね備えた第四のED治療薬です。

ドラスマの服用方法

1回の用量
1錠(アバナフィルとして100mg)
1日の服用回数
1回まで
服用間隔
24時間
服用のタイミング
性交の30分前

服用するタイミングについて

ドラスマは即効性が高いため、性交の15~30分前に服用すれば問題なく効果が得られます。効果時間も6時間あり、バイアグラと同程度かそれ以上の持続性も特徴です。

用量は1回1錠、有効成分アバナフィルとして100mgが推奨されていますが、効果が強いと感じる場合はピルカッターなどで半錠に分割して服用することも可能です。また逆に1錠だと効果が薄いと感じる場合は、アバナフィルとして上限200mgまで増量することもできます。ただし、服用は1日1回まで、間隔は24時間以上あけるようにしましょう。

食事の影響

ドラスマは、食事の影響をあまり受けないED治療薬です。そのため食前でも食後でも服用いただけます。

ただし油分の多い食事を摂った後などは、やはり有効成分の体内への吸収率が下がってしまいます。ドラスマの効果をより高い状態で得るためには、空腹時の服用がおすすめです。

アルコールの影響

ドラスマとアルコールの併用に関して、重篤な症状を伴うような相互作用はありません。
しかしアルコールの摂取量が多いと、性的な興奮が得にくくなったり有効成分の作用が強く出過ぎてしまったりする場合があります。ドラスマを服用する前後に飲酒する際は、適量にとどめるようにしましょう。

ドラスマの有効成分について

有効成分アバナフィルがPDEを阻害し海綿体への血流を促します

ドラスマの有効成分であるアバナフィルは、ホスホジエステラーゼ(PDE)阻害剤と言われるものです。PDEは、ペニス海綿体の筋肉弛緩に必要な環状グアノシン一リン酸(cGMP)という物質を分解してしまう分解酵素です。アバナフィルは、このPDEの働きを阻害することでcGMPを正常に作用させ、海綿体の筋肉を緩めます。筋肉が弛緩すると、それに伴ってペニス内部の血管が拡張し一気に血液が流れ込むため、硬い勃起状態が得られます。

ドラスマの副作用

主な副作用
ほてり、動悸、頭痛、鼻閉、低血圧、不整脈、めまいなど

ドラスマの血管拡張効果により、これらの軽微な副作用症状が出ることがあります。症状が軽く、すぐおさまるものであれば問題はありません。
万一症状が長期間続く場合は、医師の診察を受けるようにしてください。

稀な副作用
不安障害、勃起持続症(プリアピズム)、視覚異常(羞明)など

数時間にわたって痛みを伴う勃起状態が続いたり(勃起持続症)、物が青っぽく見えたり(視覚異常)などの症状が稀に見られる場合があります。その際は症状に応じて泌尿器科医あるいは眼科医の診察を受けるようにしましょう。

ドラスマの注意事項

慎重投与
  • 降圧剤を服用している人
  • 日常的にグレープフルーツジュースを飲む人(グレープフルーツに含まれる成分によって、効果が強く出過ぎてしまう恐れがあります)
服用してはいけない人
  • アバノフィルに過敏症の既往歴がある人
  • 狭心症・心筋梗塞・心臓弁膜症など心血管系の病気がある人
  • 肝臓に重い障害がある人
  • 低血圧の人ならびに薬などで治療していない高血圧の人
  • 半年以内に脳梗塞や脳出血を起こした人
  • 洞不全症候群の人
  • 起立性低血圧(立ちくらみ)や失神をよく起こす人
  • うつ病・躁うつ病の人
  • てんかんの人
併用禁忌薬
  • 心臓病の治療薬(硝酸剤及び一酸化窒素供与剤)
  • CYP3A4(=薬物代謝酵素)阻害薬(抗真菌薬、抗HIV薬、テリスロマイシン・クラリスロマイシン等の抗生剤、ケトコナゾール等)
  • sGC刺激剤(リオシグアト、アデムパス)