プレミアコンティニュアス

ワイス
5400円~
(0)

新型コロナウイルスの影響による配送遅延について

在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

プレミアコンティニュアス 2.5mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
28錠 10%
OFF
6,000円 5,400円
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

プレミアコンティニュアスについて

2種類の女性ホルモンを含有した更年期障害治療薬です
  • 卵胞ホルモンと黄体ホルモンを同時に補充することができます
  • ほてりや発汗などの更年期障害の不快な症状を緩和することができます
  • カルシウム不足による骨粗鬆症の防止にも効果があります

プレミアコンティニユアンスは有効成分として卵胞ホルモンと黄体ホルモンを配合した更年期障害治療薬です。服用することで更年期による火照り、イラつき、発汗などの症状やカルシウム不足による骨粗鬆症を改善することができます。そのため、更年期障害の症状を緩和したい方、骨粗鬆症を予防したい方などにお勧めの商品です。

プレミアコンティニュアスの特徴

プレミアコンティニュアスはインドに本社があるワイス社が製造・販売を行っていました。もともとは抗生物質や経口避妊薬、ワクチンなど様々な医薬品を開発していましたが、2009年に世界最大規模の製薬会社であるアメリカのファイザー社と統合しました。ファイザー社の製品はバイアグラなど日本でも多く流通しており、日常的に使用される医薬品から重度の病気治療に使用される医薬品まで幅広く製造・販売しています。

同商品は更年期障害治療薬で女性ホルモンが配合されています。女性ホルモンは脳の視床下部によってコントロールされており、視床下部からの指令によって卵巣から女性ホルモンが分泌されます。しかし、更年期には卵巣の機能が低下して女性ホルモンの分泌が減少します。そこで、もっと女性ホルモンを分泌させようと視床下部が指令を出しますが、女性ホルモンが分泌されないため視床下部がパニックを起こしてしまうことが更年期障害が引き起こされる原因です。プレミアコンティニュアスは服用することで2種の女性ホルモンを補充することができるため視床下部のパニックを緩和することができます。

女性ホルモンを補充することで更年期障害を改善します

ホルモンは体内で分泌される物質で様々な器官や組織をコントロールしています。その中で、女性特有の体つきや体のリズムに大きな影響を与えているのが女性ホルモンです。女性ホルモンは卵巣から分泌されるホルモンで、卵胞ホルモン(エストロゲン)と 黄体ホルモン(プロゲステロン)の2つがあり、これらのは生理周期とともに交互に分泌されて心身の健康を保っています。

まず、生理後は卵胞ホルモンが一気に増加してピークを迎えた後、減少しつつあるタイミングで排卵が起こります。一方で排卵前から少しずつ増加していた黄体ホルモンは排卵後に卵胞ホルモンとともにさらに増加しますが、生理前にはこの両方が減少します。この周期は薬28日というスパンで発生し、女性の心身の変化はこの卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量バランスが変化したときに現れます。

これらの女性ホルモンの分泌量は年齢とともに大きく変化し、そのピークは20代後半から30代前半となっています。30代後半になるとその分泌量は徐々に低下し始めて閉経前後の45~55歳には激減していきます。いわゆる更年期障害のイライラ、不安感、急な汗など女性特有の症状はホルモンバランスが崩れることによって発症します。

プレミアコンティニュアスはこの卵胞ホルモンと黄体ホルモンどちらも含有しているため、乱れたホルモンバランスを整えることで更年期障害の症状の緩和につながります。

卵胞ホルモンと黄体ホルモンを同時に補充することができます

女性ホルモンの1つである卵胞ホルモンには卵胞を成熟させたり子宮内膜を厚くする役割だけでなく、乳房の発達、自律神経を活発にして体調や気持ちを安定させる、肌に潤いやハリを出す、骨にカルシウムを蓄えるなどの働きがあります。このような作用から女性の心身に大きく影響を与える物質と言えます。 もう一つの女性ホルモンである黄体ホルモンは受精卵の着床のために子宮内膜の調整や基礎体温の上昇など妊娠維持に活躍します。また、体内に水分を保つ作用もあり、生理前に体に変化が現れるのはこの黄体ホルモンの働きと言われています。

プレミアコンティニュアスは卵胞ホルモンとしての結合型エストロゲンと黄体ホルモンとしてのメドロキシプロゲステロンが配合されています。更年期障害治療薬としては卵胞ホルモン製剤と黄体ホルモン製剤の単体の薬がありますが、子宮を摘出していない方は卵胞ホルモン製剤だけの投与では子宮がんのリスクが高まることから、それを予防するために必ず黄体ホルモン製剤を併用しなければいけません。そのため、子宮が残っている方にとっては卵胞ホルモンと黄体ホルモンが配合されているエストロゲン・黄体ホルモン配合剤の方が飲み忘れがないというメリットがあります。

プレミアコンティニュアスの効果

効果・効能
更年期障害、月経不順、骨粗しょう症
卵胞ホルモンを補給し、更年期障害の症状を緩和します。

プレミアコンティニュアスは卵胞ホルモンと黄体ホルモンが配合されたエストロゲン・黄体ホルモン配合剤で、服用することで閉経後の多くの女性が感じる更年期障害の不快症状を和らげる働きがあるほか、骨粗鬆症に効果を発揮します。

女性は加齢に伴い50歳前後で閉経をむかえ、閉経後に卵胞ホルモンの生成不足により更年期障害の諸症状が発症しやすくなります。具体的にはほぼせやほてり、月経異常やカルシウム不足による骨粗鬆症、女性の特徴低下による膣の乾燥や性交時の不快感など多岐にわたります。同商品は閉経に伴い急速に低下した女性ホルモンを補うことで更年期障害の症状を緩和することができます。

プレミアコンティニュアスの服用方法

1回の用量
1錠(結合型エストロゲンとして0.625mg、メドロキシプロゲステロンとして2.5mg)
1日の服用回数
1回まで

副作用を最小限にとどめるため用量・用法を守ってください

1日1回、食前や食間(食後から2時間前後)に1錠を水やぬるま湯で服用します。

一度に服用する量を増やしても症状を緩和する効果が大きくなったり、早く効果が現れるといったことはありません。過剰に摂取することでホルモン過多による副作用が現れる可能性も高くなるため、注意が必要です。服用をしていて効果の効力や副作用が強く感じる場合はピルカッターなどで1/2錠、1/4錠と分割して量を調整して服用してください。

プレミアコンティニュアスの有効成分について

2つの女性ホルモンの作用で更年期障害の症状を改善します

有効成分の内の1つである結合型エストロゲンは閉経前後に少量を補充することにより更年期障害にともなう不快な症状を改善することができます。特にのぼせや発汗などの血管運動神経症状に高い効果が見られます。また卵胞ホルモンが影響する婦人科疾患を改善することもできます。通常卵巣欠落症状、卵巣機能不全症、更年期障害、膣炎、機能性子宮出血の治療に用いられます。

もう一つの有効成分であるメドロキシプロゲステロンは黄体ホルモン製剤であり、子宮内膜分泌化作用や妊娠維持作用を示し、黄体ホルモン不足などにより起こる症状を改善します。通常、月経異常、機能性子宮出血、不妊症、流早産の治療に用いられます。

プレミアコンティニュアスの副作用

主な副作用
発疹、じんましん、血管浮腫、眠気、嘔吐感、むくみ、食欲不振など

これらの症状に気づいたらかかりつけの医師や薬剤師に相談してください。

稀な副作用
血栓症、うっ血性心不全など

これらの症状が現れた場合はただちに服用を中止してかかりつけの医師の診断を受けてください。

プレミアコンティニュアスの注意事項

慎重投与
  • 子宮内膜症や子宮筋腫の方
  • 糖尿病の方
  • 喘息の方
  • 妊娠中もしくは妊娠の可能性のある方
服用してはいけない人
  • 過去にプレミアコンティニュアスの成分でアレルギー反応があった方
  • 狭心症の方
  • 血栓性静脈炎の方
  • 肝臓病や心臓病の方
併用禁忌薬
  • ホルモン剤(黄体ホルモン、卵胞ホルモン、副腎皮質ホルモン)

プレミアコンティニュアスの口コミ

(0)