トラマタス

インタスファーマ
4500円~
(0)

新型コロナウイルスの影響による配送遅延について

在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

トラマタス 50mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
200錠 10%
OFF
5,000円 4,500円
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

トラマタスについて

強い鎮痛作用を持ちながら副作用が少ない!痛みの伝わりをダブルでブロックする鎮痛剤
  • 抗炎症薬より強力な効き目で、しっかりと痛みをおさえます
  • 医療用麻薬より副作用・依存性の心配が少なく使いやすいのが特徴です
  • 侵害刺激の伝達を上行・下行ともに抑制する中枢性の鎮痛剤です

トラマタスはインドの製薬会社であるインタスファーマ社が製造する鎮痛薬で、オピオイド鎮痛剤であるトラマドールのジェネリック薬です。
トラマタスはがん性の疼痛治療において非オピオイド鎮痛剤に次ぐ第二段階の治療薬であり、強力な鎮痛作用を持っています。
また強い鎮痛作用の一方でモルヒネなどの医療用麻薬よりは依存性が少なく、副作用も抑えられる点がメリットです。

トラマタスの特徴

トラマタスの一番の特徴は、ロキソニンをはじめとした解熱鎮痛剤を含む抗炎症薬よりも強い効果を持つ一方で、モルヒネなどの医療用麻薬よりも副作用や依存性が少ない点です。トラマタスの有効成分であるトラマドールは、WHO方式がん疼痛治療法において第二段階に投与される鎮痛剤ですが、抗炎症薬と医療用麻薬のメリットをバランスよく持っている鎮痛剤だと言えます。

人の身体が痛みを抑えるためには、二つのプロセスが必要です。
一つ目は、痛みの刺激を感知した脊髄から脳への痛みの伝わりを抑制することです。トラマドールは、脊髄のオピオイドμ受容体を刺激し痛覚が脳に伝わるのを抑えることができます。これにより、実際は痛みが存在していてもそれを脳が知覚しない状態になるのです。

二つ目が、脳(延髄)から抹消に対しての鎮痛作用を活性化することです。トラマドールは神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンが再取り込みされるのを阻害し、その濃度を高めます。セロトニンとノルアドレナリンの濃度が上昇すると、痛みを抑える下行抑制系といわれる神経が活性化し、結果として痛みが和らぐというメカニズムです。

マイルドな効き目で比較的副作用の少ない鎮痛薬です

トラマタスは弱オピオイド鎮痛剤と言われるものです。その効き目は用量換算で医療用麻薬であるモルヒネの1/5~1/10となり、より緩やかな効果が特徴となっています。

一般にがん性の疼痛治療を行う場合、治療段階は投与される鎮痛剤によって三段階に分けられています。最初が非オピオイド鎮痛剤、次が弱オピオイド鎮痛剤、最終段階が強オピオイド鎮痛剤です。トラマタスは、第二段階目に相当します。

またトラマタスは副作用のリスクについても、医療用麻薬より小さく抑えられています。
オピオイド鎮痛剤の有効成分は、脊髄に存在するオピオイドμ受容体を刺激して鎮痛作用をもたらします。オピオイドμ受容体は、鎮痛以外にも吐き気や便秘、呼吸抑制などの作用もつかさどっており、これらが副作用症状として発現することがあります。特にモルヒネなど医療用麻薬の場合は強い眠気やめまいが起こったり、便秘が長期間続いたりすることもあり、服用に際してのデメリットとなっていました。しかし、トラマタスはオピオイドμ受容体に対する作用自体が医療用麻薬と比べとても弱く、副作用症状が表れても軽微で済むのがメリットです。また、依存性に関しても医療用麻薬より少ないとされています。

痛みの脳への伝達と脳から抹消への伝達をダブルで抑制します

トラマタスは、身体の組織が損傷を受ける痛みの刺激(侵害刺激)が脳に伝わる上行性伝導と、伝わった痛みの情報が身体の抹消に伝わる下行性伝導の両方を抑制する作用を持っています。そのため、解熱鎮痛薬を含む一般的な抗炎症薬よりも強力に痛みを抑えることが可能です。

効果の強さの違いは、トラマタスと抗炎症薬とで作用機序が異なることで生じます。
ロキソニンなどに代表される抗炎症薬は、プロスタグランジンやブラジキニンと呼ばれる発痛物質が生成されるのを防止することで痛みを抑えます。一方でトラマタスをはじめとしたオピオイド鎮痛剤は、脳への痛みの刺激伝達を阻害する中枢性のお薬です。そのため抗炎症薬よりも効き目が強力で、がん性の疼痛や関節リウマチのような強い痛みに対してもしっかりと効果を発揮します。

トラマタスの効果

効果・効能
関節リウマチ、変形性関節症、変形性脊椎症、腰痛症、腱鞘炎、頸肩腕症候群、神経痛、後陣痛、骨盤内炎症、月経困難症、膀胱炎、前眼部炎症 、手術後や抜歯後の鎮痛・消炎。
鼻から喉(咽頭、喉頭)の粘膜が炎症をおこす急性上気道炎の鎮痛・解熱。

トラマタスは関節リウマチや変形性関節症、がん性の疼痛などの慢性疼痛を改善します。ただし、有効成分のトラマドール塩酸塩は痛みの伝達を抑制しますが、痛みの原因そのものを取り除くものではなく対症療法となります。そのため慢性的な疼痛の症状に対して処方される場合も、長期的な服用はできるだけ避けるようにしましょう。

また慢性疼痛以外にも、腰痛症や腱鞘炎などの鎮痛や、手術後や抜歯後の消炎にも効果があります。
さらにウイルス感染時の解熱作用もあり、トラマタスは多様な痛みや炎症に対応できる解熱鎮痛薬であると言えます。

ただし効果発現までの時間は服用から約1時間後とされており、即効性はさほどありません。まだ痛みが感じられない状態の時に、痛みの抑制・予防措置として服用することをおすすめします。

トラマタスの服用方法

1回の用量
1/2錠~2錠(トラマドール塩酸塩として25~100mg)
1日の服用回数
4回までdd>

服用するタイミングについて

通常、成人の場合1回につき1/2~2錠を1日4回に分けて分割服用してください。ただし1回の用量は2錠(トラマドール塩酸塩として100mg)まで、1日の用量は8錠(同400mg)までを超えないようにし、初回服用の際は1回1/2錠から始めることが推奨されています。分割服用のタイミングについては服用の間隔を4~6時間空け、毎日決まった時間に服用するようにしましょう。

また、痛みが増した時や突出痛が発現した時は、1日の用量の1/8~1/4量を追加で服用することが可能です。ただし1日に6錠服用しても十分な鎮痛効果が得られなくなった場合はトラマタスの服用を中止し、モルヒネなど強オピオイド鎮痛剤への変更を医師とご相談ください。

トラマタスの有効成分について

トラマドールが痛みの伝達を抑え痛覚抑制系を活性化します

トラマタスの有効成分であるトラマドール塩酸塩の作用は、主に二つあります。
一つは、脊髄の後部(脊髄後角)に存在するオピオイドμ受容体の刺激です。これによって痛みの刺激が脳に伝わることが抑えられ、さらに大脳皮質への作用により痛みに対する閾値を上昇させます。

もう一つは、脳から身体の末端に向かって流れている下行性痛覚抑制系と言われる神経の活性化です。下行性痛覚抑制系は、脳に痛みの刺激が伝わった後、逆にその刺激を抑える働きを持っています。つまりトラマドールによって下行性痛覚抑制系を活性化させると、痛みを抑えることができるのです。

トラマタスの副作用

主な副作用
吐き気、便秘、食欲不振、眠気、頭痛など

吐き気や頭痛など軽微な症状が出た場合は、医師と相談の上用量を調整するようにしましょう。また眠気やふらつきの症状が表れることがあるため、トラマタスの服用中は車の運転や危険作業を行わないようにしてください。

稀な副作用
アナフィラキシー様症状、けいれん、呼吸抑制、依存性、意識消失など

これらの重篤な副作用が起こることは稀ですが、中枢神経系や呼吸器系の副作用症状は命にかかわる場合があります。初期症状が発現した際はただちに医師の診察を受けるようにしてください。

トラマタスの注意事項

慎重投与
  • すでにオピオイド鎮痛剤を投与中の人
  • 腎障害または肝障害の人
  • てんかんの人
  • けいれん発作を起こしやすいまたはけいれん発作の既往歴がある人
  • 薬物乱用または薬物依存傾向がある人
  • 呼吸抑制状態にある人
  • 脳に器質的障害がある人
  • 65歳以上の高齢者
服用してはいけない人
  • トラマドール塩酸塩に過敏症の既往歴がある人
  • アルコール・睡眠剤・鎮痛剤・オピオイド鎮痛剤または向精神薬による急性中毒の人
  • MAO阻害剤を投与中または投与中止後14日以内の人
  • 治療による管理がなされていないてんかんの人
  • 12歳未満の小児
  • 18歳未満の肥満の人
  • 閉塞性睡眠時無呼吸症候群の人
  • 重い肺疾患のある人
併用禁忌薬
  • MAO阻害剤(エフピーなど)
  • 中枢神経抑制剤(フェノチアジン系の薬や睡眠鎮静剤)
  • 三環系やSSRI系の抗うつ薬(アナフラニール、ジョイゾロフト、パキシルなど)
  • パーキンソン病治療薬(セレギリン塩酸塩が含まれる医薬品)