ボベラン・ジェル

ノバルティス
1080円~
(0)

新型コロナウイルスの影響による配送遅延について

在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

ボベラン・ジェル 30g
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
1本 10%
OFF
1,200円 1,080円 カートに入れる
3本 19%
OFF
3,600円 2,920円 カートに入れる
5本 28%
OFF
6,000円 4,320円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

ボベラン・ジェルについて

患部に直接塗ることが可能な副作用を起こしにくいジェルタイプの消炎鎮痛剤
  • 非ステロイド系の薬剤なので副作用を起こしにくく安全性が高い
  • 患部に直接塗る外用薬なので内服薬が苦手な方も安心して使用可能
  • 強力な鎮痛成分ジクロフェナクを配合しており高い鎮痛効果が期待できます

ボベラン・ジェルは優れた鎮痛・抗炎症作用を持った、患部に直接塗ることが可能なジェルタイプの消炎鎮痛薬です。内服タイプの鎮痛薬と比較して副作用が少なく、即効性に優れた特徴を持っています。
日本ではお馴染みの鎮痛剤であるボルタレンのジェネリック医薬品に該当するお薬です。ボルタレンと比較してかなり格安で購入することができますので、治療費をなるべく抑えたい方に人気の治療薬となっています。

ボベラン・ジェルの特徴

ベラン・ジェルは強力な鎮痛成分として有名な有効成分ジクロフェナクを配合した、ノバルティス社が製造販売している消炎鎮痛薬です。

ボベラン・ジェルには非ステロイド系に分類されるジクロフェナクが配合されていますので、ステロイド系の薬剤と比較して副作用を起こしにくい特徴を持っています。

患部に塗布しやすいジェルタイプで油分を含んでおらず優れた速乾性とべたつきも少ない為、非常に扱いやすい外用薬となっています。

内服薬は有効成分が消化器官でいったん吸収されてから効き始めますので、効果が現れるまで時間が掛かってしまいます。ボベラン・ジェルは患部に直接塗布するタイプであり、塗布後すぐに皮膚から有効成分が吸収されていきます。個人差があるものの、基本的に塗布してから1時間以内に効果が現れてくる非常に優れた即効性を持っています。

また一度塗るだけで6~8時間は効果が持続しますので、短時間で何度も塗り直す必要がありません。使用頻度と塗る範囲にもよりますが、1本で約1か月は持ちますのでコストパフォーマンスにも優れた特徴を持っています。

塗りやすいジェルタイプと優れた鎮痛効果を併せ持ったお勧めの消炎鎮痛薬

ボベラン・ジェルは患部に直接塗ることが可能なジェルタイプの消炎鎮痛薬です。配合されている有効成分ジクロフェナクは非常に優れた鎮痛効果を持つ有効成分として知られています。鎮痛効果の持続時間は6~8時間であり、鎮痛薬として有名なロキソニンより長い時間効果が期待できるとされています。

このように優れた持続時間を持つことから、ジクロフェナクを配合した医薬品は世界130ヶ国以上で発売されており、非常に多くの人々が使用してきた実績を持っています。

ボベラン・ジェルはその名の通り錠剤などの内服薬ではなくジェル状の外用薬となっており、患部に塗るだけで効果を発揮するものとなっています。べたつきが少なく伸びが良いジェルタイプとなっていますので、膝や肘など湿布薬が貼りにくい場所でも簡単に塗布することができます。1日数回に分けて塗ることによって継続的に痛みを抑える効果が期待できますので、塗りやすい特徴を持つボベラン・ジェルは外用タイプの鎮痛薬を探している方に是非お勧めのものとなっています。

副作用が少ない外用タイプの非ステロイド系薬剤だから安心して使用可能

ステロイド系薬剤は高い治療効果が期待できるものの、その分副作用も起こしやすい特徴を持っています。その為、ステロイド系薬剤はなるべく使用を避けたいと思っている方も多いです。

ボベラン・ジェルは副作用が少ないとされている非ステロイド系薬剤である有効成分ジクロフェナクを配合しています。外用タイプの消炎治療薬となっていますので、内服タイプと比較して局所作用が高い特徴を持っています。万が一副作用を起こしても全身性の症状を起こす可能性はかなり低い為、内服タイプより安心して使用することができます。

またジクロフェナク自体が元々副作用を起こしにくい特徴を持っており、これまで報告されている副作用に関しても皮膚炎や発赤、刺激感など他の医薬品で報告されている副作用と比較していずれも軽度な症状のものばかりとなっています。

ボベラン・ジェルは高い治療効果を持ちながら、高い安全性も併せ持っていますので副作用が怖いという方でも安心して使用することができる優れた消炎治療薬なのです。

ボベラン・ジェルの効果

効果・効能
優れた鎮痛・消炎作用を持った有効成分ジクロフェナクを配合しており、患部に直接塗ることで皮膚から有効成分が吸収されていき、炎症や痛みの症状を和らげる効果を持っています。すぐに体内に吸収される為、塗布後1時間以内に効果が現れ始める即効性にも優れています。

ボベラン・ジェルは筋肉痛や関節痛などといった痛みがある部位に、直接ジェルを塗ることで痛みの症状を緩和することができる強力な消炎鎮痛剤です。消炎作用もありますので、腫れを抑える作用も併せ持っています。

有効成分ジクロフェナクが患部からそのまま皮膚を通して吸収されていきますので、即効性に非常に優れています。局所作用を持っている治療薬である為副作用を起こしにくく、万が一副作用を起こしたとしても局所的な症状に治まることが殆どであり、安全性にも優れた特徴を持っています。

患部に塗るだけで効果を発揮しますので、錠剤を服用するのが苦手な方でも使用することが可能です。
ボベラン・ジェルはあくまで痛みや炎症を抑える対処療法に該当する治療薬です。痛みや炎症の原因を治療する根本療法ではありませんので、症状が長引く場合は医師の診察を受けるようにしましょう。

ボベラン・ジェルの使用方法

1回の用量
特に指定なし
使用するタイミング
特に指定なし
1日の使用回数
4回
使用する間隔
6時間以上

1日数回患部に直接塗るだけで強い消炎鎮痛効果を発揮します

ボベラン・ジェルは痛みがある患部に対して直接塗り込むことで、有効成分ジクロフェナクによって強い鎮痛効果を発揮します。外用薬である為、内服することはできません。

基本的に朝・昼・夕方・就寝前の4回に分けて使用するのが一番ですが、それほど痛みが強くない場合は朝・就寝前だけに減らして使用する事も可能です。

塗布した箇所をすぐにシャワーなどで洗ってしまうと、体内に有効成分が吸収されにくくなってしまいます。お風呂やシャワーをする場合、塗布後1時間以上は空けた方が良いでしょう。

多く塗布したからといってその分効果が高くなるといった事はありませんので、適切な量を使用するようにしてください。症状が治まった場合は速やかに使用を中止しましょう。

ボベラン・ジェルの有効成分について

優れた消炎鎮痛効果を持つ非ステロイド系薬剤のジクロフェナクを配合

ボベラン・ジェルに配合されている有効成分ジクロフェナクは、非ステロイド系薬剤に分類される消炎鎮痛薬です。
身体の中で組織が損傷してしまうと細胞からはプロスタグランジンと呼ばれる物質が、血管からブラジキニンと呼ばれる物質がそれぞれ生成されてしまいます。

プロスタグランジンは炎症を引き起こし、ブラジキニンは知覚神経を興奮させる働きによって痛みを引き起こします。プロスタグランジンはブラジキニンの痛みを増強させる働きを持っていますので、痛みを抑えるにはプロスタグランジンの生成を抑える必要があります。 プロスタグランジンの生成にはシクロオキシゲナーゼと呼ばれる酵素が大きく関係しています。有効成分ジクロフェナクはこのシクロオキシゲナーゼの働きを阻害する作用を持っており、プロスタグランジンの生成を抑える事ができます。

患部でプロスタグランジンの生成が抑えられることによって、ブラジキニンによる痛みを抑える事に繋がり、その結果として強い鎮痛効果が期待できるのです。
また非ステロイド系薬剤に分類される成分であるジクロフェナクは、ステロイド系薬剤と比較して副作用も少なく安全性に優れた特徴も持っています。

ボベラン・ジェルの副作用

主な副作用
皮膚の痒み・発赤・発疹など

ボベラン・ジェルは外用薬であり副作用を起こしにくいのですが、上記のような副作用が現れる場合があります。いずれも軽度の症状で治まることが殆どであり、多くの場合が使用を止めればすぐに症状が改善します。

稀な副作用
アナフィラキシーショック・重い皮膚炎など

非常に稀なケースではありますが、ボベラン・ジェルに含まれている成分によってアナフィラキシーショックや重い皮膚炎を発症することがあります。もしこれらの症状が現れた場合はすぐに使用を中止して、医師の診察を受けるようにしてください。

ボベラン・ジェルの注意事項

慎重投与
  • 持病をお持ちの方など
服用してはいけない人
  • 妊娠中又は妊娠している可能性のある方
  • 過去にボベラン・ジェルに配合されている成分でアレルギー症状を起こしたことがある方
  • アスピリン喘息をお持ちの方など
併用禁忌薬
  • ニューキノロン系抗菌剤など