アムリップ

シプラ
4500円~
(1)

新型コロナウイルスの影響による配送遅延について

在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

アムリップ 10mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
200錠 10%
OFF
5,000円 4,500円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

アムリップについて

降圧効果約85%! 人気があるノルバスクのジェネリック医薬品!
  • 多くの人に効果がある高い降圧作用!
  • 持続作用が高い! 服用は1日1回だけ!
  • 副作用が少ないので安全!

アムリップは高血圧を改善する医薬品です。アプリップは、降圧薬として長く活躍しているノルバスクのジェネリック医薬品でインドのシプラ社が製造・販売しています。
高血圧をそのまま放置しておくと動脈硬化が進行し脳梗塞・心筋梗塞・腎不全などの病気にかかりやすくなってしまいます。しかし高血圧は自覚症状がないうちに徐々に病気を発症・進行させてしまうのです。高血圧が続いてしまう場合は、降圧剤や降圧薬を使用・服用することで血圧を下げ、脳梗塞などの発症危険度を低減させることが必要になります。

アムリップの特徴

持続時間が長く1日1回の服用でOKです

アムリップは、高血圧症の治療に第一選択薬として用いられるノルバスクと同等の効果を発揮するジェネリック医薬品です。アムリップの有効成分であるアムロジピンの含有量が2.5mg錠・5mg錠・10mg錠の3種類から選べるため用量の調整がしやすいのも人気のある理由です。一般的には、1日1回2.5mg~5mgのアムロジピンを服用すれば24時間血圧を安定させることができると言われています。10mg錠は、一般的な用量で高血圧症や狭心症に一定の効果がみられない場合に使用させることがあります。

多くの人に効果がある高い降圧作用!

2つの作用効果で血圧を下げます

アムリップの有効成分であるアムロジピンは実に約85%の人に降圧効果があると臨床試験の結果でも示されております。

その効果が高い理由を紹介する前に、”高血圧”のメカニズムについてみていきましょう。まず血圧とは、血管の中を流れる血液が血管壁を押し広げる圧力のことをいいます。また高血圧とは、安静時に最高血圧(上)140mmHg以上 /最低血圧(下)90mmHg以上 の状態であることをいいます。次は高血圧の種類です。高血圧には次の2種類があります。”塩分の取り過ぎにより血液中の水分が増える高血圧”と”血管が収縮してしまい血液を通すために血管壁に圧力がかかる高血圧”です。

アムロジピンは2つの作用で血圧を下げることができます。1つ目は血管を拡張し血流を良くすること、2つ目は若干の効力ではありますが腎臓への血流を増やし血液中の水分を尿として体外排出させること、この2つを同時に作用させることで高い降圧作用を実現させることができるのです。

持続作用が高い! 服用は1日1回だけ!

アムリップは1日1回服用するだけで長時間効果が持続し、高血圧症の症状を改善してくれます。アムリップを服用してから徐々に効果があらわれ始め、服用後6~8時間ほどで効果が強くなり、服用後約9時間でピークを迎えます。服用後24時間後もアプリプの有効成分であるアムロジピンは血液中でも一定の濃度を保ち、長時間にわたり十分な降圧効果を発揮します。

アムリップの有効成分アムロジピンの薬効が半分程度になる半減期は、約36時間と非常に長いため、1回服用すれば約24時間もの間、血圧を安定してコントロールすることができます。これなら忙しい方でも忘れずに家にいるときに服用することができますね。

アムリップの効果

効果・効能
高血圧症
過度な血圧の上昇を抑えて合併症の出現を防ぎます

アムリップの有効成分アムロジピンは、病気の程度に応じて服用した結果、どの病態に対しても約85%の有効性が認められました。アムリップは上昇してしまった血圧を正常な状態に戻し、動脈硬化や心筋梗塞などの合併症を低減させる効果も併せ持っております。服用すれば血管を拡張させる効果があるので、高血圧症や狭心症など高血圧や血管が細くなって血流の悪くなっている場合に効果を発揮します。

それだけではありません。臨床試験では狭心症の発作を減少させる有効性も認められています。狭心症の発作回数がアムロジピンよって半分程度に減少と臨床試験の結果より得られています。このようにアムリップは、高血圧症や狭心症に対して先発医薬品ノルバスクと同等の降圧効果を発揮することがわかります。

アムリップの服用方法

高血圧

1回の用量
0.25~0.5錠(「アムロジピン」として2.5mg(0.25錠)/5mg(0.5錠))
1日の服用回数
1回まで

※1錠10mgで販売されていることが多いので、1錠10mgを基準として記載しています
※症状に応じ10mg(1錠)まで増量することができます

狭心症

1回の用量
0.5錠(「アムロジピン」として5mg(0.5錠))
1日の服用回数
1回まで

※1錠10mgで販売されていることが多いので、1錠10mgを基準として記載しています
※症状に応じ増減します

副作用が少ないので安全!

アムリップの有効成分アムロジピンは、従来のカルシウム拮抗薬と異なり、ほてり、頭痛などの副作用が少ないと言われています。アムロジピンに関する臨床試験は多く実施されており、エビデンスも多く残っているため信憑性は高いといえるでしょう。また副作用が低いだけではありません。高血圧を改善することで血圧を正常な状態で保つことで脳梗塞や心筋梗塞の予防にもなるのです。更にジェネリック医薬品なので先発医薬品に比べて1錠あたり1/3程度の価格で購入することができるのでお財布にも優しいですね。

アムリップの有効成分について

アムロジピン

アムリップの有効成分はアムロジピンです。細胞内にカルシウムが流入することで血管が収縮して血圧が上昇するため、アムロジピンは細胞膜のカルシウムに特異的に結合し、細胞内へのカルシウム流入を減少させることで血管の平滑筋を弛緩させ、血管を拡張させます。これにより血圧が低下して血圧を正常値に近づけ、高血圧症を改善します。

副作用は、ほてり・むくみ・頭痛・めまい・動悸などが挙げられますが副作用の発現は低いとされています。注意事項としてグレープフルーツがアムロジピンの降圧作用を増強させる可能性があるため、同時に服用しないように留意しましょう。

アムリップの口コミ

(1)

  •  男性 58
    日々のことなので、コストを考えてジェネリック薬を購入してみることにしました。