ディオバン(高血圧症)

ノバルティス
1800円~
(0)

新型コロナウイルスの影響による配送遅延について

在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

ディオバン(高血圧症) 80mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
28錠 10%
OFF
2,000円 1,800円
56錠 20%
OFF
4,000円 3,200円
ディオバン(高血圧症) 160mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
28錠 10%
OFF
3,000円 2,700円 カートに入れる
56錠 20%
OFF
6,000円 4,800円 カートに入れる
ディオバン(高血圧症) 320mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
28錠 10%
OFF
4,000円 3,600円
56錠 20%
OFF
8,000円 6,400円
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

ディオバンについて

1日1回の服用で効果が得られる高血圧治療薬
  • 副作用の少ない高血圧治療薬
  • 作用時間が長いので1日1回の服用で効果が持続
  • 血圧を正常に維持することで、心臓や腎臓などの負担を軽減

日本では少し不名誉な形で話題になった新型の高血圧治療薬が「ディオバン」です。この「不名誉な形で話題になった」というのは、日本国内でのエビデンスを作成するにあたり、メーカーのノルバディスファーマが不正を行い刑事事件にまで発展したからです。
しかし、「ディオバン」の高血圧治療効果は有用性は確実であり、日本では3番目に認められた新型の高血圧治療薬(ARB薬)です。
ARB薬の特徴は血圧を上げる働きをもつアンギオテンシンIIという物質の働きを阻害して、血管を拡張させる際に水分量や電解質量もコントロールされ、比較的副作用が少ないという点にあります。
ARB薬はアンギオテンシンの働きを阻害する降圧剤なので、作用としてはACE阻害剤とよく似ていますが、ACE阻害剤では咳が出るという副作用があったのに対し、「ディオバン」はこの点についても改良されています。

ディオバンの特徴

次世代型の降圧剤ARB薬として日本で3番目に承認された薬です。高血圧は本態性、二次性を含めると、あらゆる病気に合併する可能性がある病気です。

「ディオバン」は高血圧症全般の治療に広く使用されていますが、症例によっては心不全や糖尿病性腎症、腎硬化症にも有効と考えられています。

アンギオテンシンIIを阻害するのは従来のACE阻害剤と似ている作用ですが、ACE阻害剤に比べると副作用が少ないことから次世代型の降圧剤と呼ばれています。

作用時間が長いので1日1回の服用で効果あり

高血圧症というのは何らかの原因によって血管が狭窄したり、血栓が生じることで血液のめぐりが悪くなり、血管内の圧力が常に上昇している状態になる血管性の病気です。

原因が特定できない本態性の高血圧と、何らかの疾患が原因で続発する二次性の高血圧に大別されますが、体のどこかに感染や炎症が起こると血圧は上がりがちになります。

また、健康体でも食後や運動中は血圧は上がり、休息中には下がるなど1日の中でダイナミックに変動しているので、血圧のコントロールは難しいのですが、「ディオバン」なら作用時間が長いので1日1回の服用で効果を発揮します。

血圧に直接作用する薬なので体のだるさ、めまい、頭痛などの副作用が起こりやすくなりますが、他の降圧剤に比べると症状の現れ方が一時的で軽度なので、日常生活に支障がない程度ならば、薬は継続して服用します。副作用が強い場合は早めに医師に相談してください。

作用がよく似ているACE阻害剤では咳が出るという副作用がありますが、「ディオバン」はその点も良好に改良されています。

1日1回の服用でも十分な効果を発揮しますが、高血圧症は生活習慣病を代表する疾患です。薬の服用に合わせて食生活の見直し、運動習慣を持つこと、質の良い睡眠をしっかりとること、ストレスケアをすることなど生活習慣の改善も同時に心がけるようにしてください。

継続的に飲む薬なので輸入薬がおすすめ

「ディオバン」は日本でも医療用医薬品として承認されている薬です。しかし、医療用医薬品は購入するために、医師の診察を受け、処方箋を発行してもらい、調剤薬局で出してもらう必要があります。

「ディオバン」は本態性高血圧の治療薬として広く用いられているのですが、本態性高血圧は慢性的な疾患なので、長期にわたり服薬治療が必要です。

日本では自宅用のデジタル血圧計の収縮時血圧(最高血圧)が130mmHgだと本態性高血圧のリスクが高いと判断されます。医療機関で測定する場合は140mmHgが基準とされています。

家庭用のデジタル血圧計は家電量販店で手軽に入手出来るので、本態性高血圧症を指摘された方や血圧が気になる方は海外製の「ディオバン」を使用することで、診察を受ける煩わしさから解放されます。

「ディオバン」には国産のジェネリック医薬品も存在しますが、こちらも「ディオバン」同様に国内で処方を受ける場合は処方箋が必要です。

本態性高血圧症はぼぼ無症状ですが、放置していると静かに進行し、心不全や糖尿病、腎不全、肝機能障害などの重篤な病気の原因となる危険性があります。

血圧が高めな方は早めに海外製「ディオバン」と家庭用血圧計でセルフメディケーションを行うことをおすすめします。

ディオバンの効果

効果・効能
高血圧症全般

血圧が上昇する時(血管が収縮する時)にはアンギオテンシンIIという物質が血管内に放出されます。「ディオバン」はこのアンギオテンシンIIの働きを抑制する降圧剤です。

アンギオテンシンの略称はACEといい、従来型の抗アンギオテンシンII降圧剤はACE阻害剤と呼ばれてきましたが、咳が出やすいなどの副作用が問題視されていました。

「ディオバン」はARB薬に属する降圧剤で、日本では3番目に承認された薬です。ARB薬は従来の降圧剤よりも副作用が少ないという利点があり、特にACE阻害剤で問題視されていた咳についても改良されています。

ディオバンの服用方法

1回の用量
1錠もしくは1/2錠(「バルサルタン」として40〜80mg)
1日の服用回数
1回まで

血圧は周囲の状況やその時の心身の状態で左右され、1日の中でダイナミックに変動します。しかし、「ディオバン」は体に取り込まれてからの作用時間が長いので1日1回の服用で十分な効果を発揮します。

年齢や体重、症状によって最高160mgまで増量可能ですが、通常は80mg1錠を好きなタイミングで服用します。

直接血圧に作用するため、服用後に軽いめまい感や頭痛を感じることがあるので、夜寝る前の服用がおすすめです。

ディオバンの有効成分について

バルサルタン

本来は服用前に血液検査や心電図を行い、腎臓、肝臓、心臓に障害がないかどうかを確認してから飲む薬ですが、日本では1年に1回健康診断を受けることが義務付けられているので、その時の採血データや心電図に異常がなければ輸入薬の「ディオバン」やバルサルタンジェネリックを使用しても問題ないでしょう。

そもそも本態性高血圧症は慢性疾患で長期にわたる投薬治療が必要なので、セルフメディケーションが可能です。(セルフメディケーションとは医療機関に頼らず市販薬や輸入薬を利用して自分で治療を行う方法です)

ただし、基礎疾患が存在する二次性高血圧の場合は基礎疾患の治療を最優先させてください。

ディオバン(高血圧症)の口コミ

(0)