オイグルコン・ジェネリック

アベンティスファーマ
2,250円~
口コミ評価(0)
在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

オイグルコン・ジェネリック 2.5mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
100錠 10%
OFF
2,500円 2,250円
200錠 19%
OFF
5,000円 4,050円
300錠 28%
OFF
7,500円 5,400円
オイグルコン・ジェネリック
オイグルコン・ジェネリック
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

オイグルコン・ジェネリックについて

インスリンの分泌促進作用によって血糖値の下げる効果を持つジェネリック医薬品
  • 2型糖尿病の症状緩和に対して高い治療効果が期待できます
  • オイグルコン錠のジェネリック医薬品なので安価で購入する事が可能
  • 優れた作用の持続時間と確かな効き目によって安定した効果が期待できま

オイグルコン・ジェネリックは有効成分グリベンクラミドを配合した血糖値を下げる作用を持つ糖尿病治療薬の一つです。
生活習慣病の一つである糖尿病は食生活や運動不足が原因で血糖値が高くなってしまい、血糖値を下げる作用を持つインスリンが不足又は効き目が弱くなってしまう事が原因で発症してしまいます。
オイグルコン・ジェネリックに配合されているグリベンクラミドはインスリンの分泌を促進する作用があり、インスリンが持つ血糖値を下げる作用によって糖尿病の治療効果を期待することができます。

オイグルコン・ジェネリックの特徴

オイグルコン・ジェネリックは日本の大手医薬品メーカーである中外製薬から糖尿病治療薬して製造販売されている、血糖降下作用を持ったオイグルコン錠のジェネリック医薬品です。

糖尿病には1型と2型に分けられ、日本人の糖尿病患者の実に95%が2型に該当するとされています。

2型糖尿病は食生活の乱れや運動不足、ストレスが原因となって発症すると言われており、生活習慣病に数えられるのは2型糖尿病なのです。

日本人は欧米人と比較して血糖値を下げる作用を持つインスリンの分泌量が少なく、昨今の欧米化した食生活を送ることによって多くの方が2型糖尿病を発症しています。

オイグルコン・ジェネリックは血糖値を下げる作用を持つグリベンクラミドを配合しており、バランスの取れた食生活と適度な運動と併せて服用していくことで、高くなってしまった血糖値を下げて糖尿病の治療効果を期待することができます。 またオイグルコン・ジェネリックはオイグルコン錠のジェネリック医薬品に該当する糖尿病治療薬となっていますので、オイグルコン錠より遥かに安い価格で購入することができます。効き目に関してオイグルコン錠と比較しても劣るといった事は全くありませんので、治療費を少しでも安く抑えたいと思っている方に是非お勧めしたい糖尿病治療薬なのです。

インスリンの分泌を促進する優れた血糖値降下作用持った糖尿病治療薬

オイグルコン・ジェネリックはインスリンの分泌を促進する有効成分グリベンクラミドを配合した、2型糖尿病の症状緩和に対して大きな効果を持っているジェネリック医薬品に該当する糖尿病治療薬です。
有効成分グリベンクラミドは膵臓にあるβ細胞を刺激する作用を持っており、インスリンの分泌を促進させる効果があります。

ご飯やパン、砂糖に甘味類等といった炭水化物を摂取すると、体内で分解されてブドウ糖へと変化します。このブドウ糖はインスリンの働きによって細胞内にエネルギーとして取り入れられるのですが、過剰に炭水化物を含む食品を摂取してしまうとインスリンの働きが追い付かずに血糖値が高いままの状態になってしまい、最終的には2型糖尿病を発症してしまう恐れがあります。

2型糖尿病の方や予備軍の方がオイグルコン・ジェネリックを服用するとインスリンの分泌を促進する作用によって血糖値を下げることができますので、症状改善や治療効果を期待することができるのです。

またオイグルコン・ジェネリックを服用するのと併せて、日々の食生活の改善や適度な運動を心掛ける事によって更に高い治療効果を期待することが出来るでしょう。

ジェネリック医薬品に該当するので治療費を格安に抑える事が可能

オイグルコン・ジェネリックは前述の通り中外製薬が製造販売しているオイグルコン錠のジェネリック医薬品として、アベンティスファーマ社が製造販売している糖尿病治療薬です。

オイグルコン錠は非常に高い治療効果を持っている糖尿病治療薬であり、先発医薬品に該当する医薬品となっています。 先発医薬品は最初に開発された、従来にはない薬効成分を持った医薬品の事を指します。この先発医薬品に共通している事として開発に掛かった費用が薬価に反映されてしまう為、どうしても価格が高くなってしまうのです。

それに対して今回紹介しているオイグルコン・ジェネリックは、ジェネリックとも呼ばれる後発医薬品に該当するものとなっています。

ジェネリックは先発医薬品の中でも特許が切れた医薬品を、別の製薬会社が同じ有効成分を同じ量使って製造されたものを指します。開発費をかなり抑える事が出来ますので、先発医薬品より遥かに安い価格で購入することができます。

オイグルコン・ジェネリックは2型糖尿病の症状改善だけでなく、予防効果にも期待できる糖尿病治療薬です。長期的な服用するケースが多い治療薬となっていますので、オイグルコン錠を服用した場合と比較して治療費を遥かに安く抑える事が可能です。

オイグルコン・ジェネリックの効果

効果・効能
オイグルコン・ジェネリックに配合されている有効成分グリベンクラミドは膵臓にあるβ細胞に働きかける作用を持っており、インスリンの分泌を促進することで高くなってしまった血糖値を下げる効果を持っています。継続的に服用する事によって治療効果だけでなく、再発予防効果にも期待することができます。

オイグルコン・ジェネリックは先発医薬品であるオイグルコン錠のジェネリック医薬品に該当する、2型糖尿病に対して高い治療効果を持っている糖尿病治療薬の一つです。

2型糖尿病は偏った食生活や運動不足が原因で発症してしまう病気の一つで、血液中で増えてしまったブドウ糖が細胞内に吸収することができなくなり、血糖値の高い状態が続いてしまいます。

2型糖尿病は治療せずに放置しておくと様々な合併症を引き起こしてしまう為、早期の治療が必須とされています。

オイグルコン・ジェネリックには血糖値を下げる働きを持つインスリンの分泌を促進させる有効成分グリベンクラミドを配合しており、2型糖尿病に対して高い治療効果と持っています。食事療法と運動療法の2つと併せてオイグルコン・ジェネリックを服用する事で、より高い糖尿病の治療効果が期待できるでしょう。

オイグルコン・ジェネリックの服用方法

1回の用量
1~2錠(グリベンクラミドとして1.25~2.5mg)1日最高10㎎まで
服用するタイミング
食前又は食後
1日の服用回数
1~2回
服用する間隔
特に指定なし

個々の症状によって1日最大10㎎まで服用可能な糖尿病治療薬

オイグルコン・ジェネリックは1日1~2回に分けて1~2錠を水又はぬるま湯を用いて服用してください。服用するタイミングに関しては食事の前または後となっています。1日1回だけ服用する際は朝食の前後、2回服用する際は朝食と夕食の前後に服用するようにしましょう。

基本は上記の服用方法に従う必要がありますが、個々の症状によって1日最大10㎎まで服用する事が可能です。服用用量を増量する場合は、個人で判断せず必ず医師に相談したうえで服用用量を決めてください。

服用する際は毎日決まった時間に服用する事で、安定した効果を期待することができます。また血糖値のコントロールをオイグルコン・ジェネリックだけに頼らず、食事療法や運動療法も並行して実施することで更に高い効果が期待できますのでお勧めです。

オイグルコン・ジェネリックの有効成分について

有効成分グリベンクラミドによって血糖値を下げる高い作用が期待できます

オイグルコン・ジェネリックに配合されている有効成分グリベンクラミドは、ホルモンの一種であるインスリンが膵臓から分泌されるのを促進する作用を持っています。

食事をすると血糖値が一時的に上がってしまいますが、通常であればインスリンが働いて正常な数値まで血糖値を下げることができます。しかし糖尿病の方はインスリンが正常に働かない為、血糖値が高い状態が続いてしまいます。有効成分グリベンクラミドは膵臓の中でもインスリンを分泌するのに必要となるβ細胞に働きかける作用を持っており、インスリンの分泌を促進させ血糖値を下げやすい状態へと導く作用を持っています。

このような働きを持っていますので、高い血糖値に悩む2型糖尿病に対して高い治療効果が期待できるのです。

オイグルコン・ジェネリックの副作用

主な副作用
発疹・めまい・倦怠感・眠気・食欲不振など

オイグルコン・ジェネリックを服用した際に起こる副作用として上記のようなものが報告されています。いずれも軽度の症状で治まることが殆どとなっていますが、もしこれらの症状が現れたら一旦服用を中止して様子を見るようにしてください。

稀な副作用
低血糖・肝炎・黄疸・溶血性貧血など

稀な副作用として低血糖や肝炎などと上記のものが報告されています。発症する頻度は非常に低いですが、もしこれらの症状が現れた場合はすぐに服用を中止して医師の診察を受けるようにしてください。

オイグルコン・ジェネリックの注意事項

慎重投与
  • 過去に低血糖で意識障害を起こしたことがある方
  • 高所での作業や機械類の運転をする必要がある方など
服用してはいけない人
  • 重度の肝機能障害をお持ちの方
  • 重度の腎機能障害をお持ちの方
  • 胃腸障害をお持ちの方
  • インスリン依存型糖尿病の方(1型糖尿病)
  • 手術前後の方
  • 重篤な外傷や感染症をお持ちの方
  • 妊婦の方又は妊娠している可能性のある方
  • 過去にオイグルコン・ジェネリックに配合されている成分でアレルギー症状を起こしたことがある方など
併用禁忌薬
  • ボセンタン水和物
  • 血糖降下作用を増強する薬剤
  • 血糖降下作用を弱める薬剤など

オイグルコン・ジェネリックの口コミ

口コミ評価(0)

評価
性別
年齢
レビュー