ED治療薬バイアグラ・シアリス・レビトラや早漏、育毛、避妊、性病、睡眠治療のジェネリック医薬品を多数取り揃えております。

祝日割
簡単購入ガイド

アナフラニール(三環系)

ノバルティス/テオファーマ
3,150円~
口コミ評価(1)
到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

アナフラニール(三環系) 25mg
内容量 獲得ポイント 1錠単価 販売価格 ご注文
50錠 94 63円 3,150円
100錠 170 56円 5,670円
150錠 226 50円 7,560円
アナフラニール(三環系) 10mg(テオファーマ)
内容量 獲得ポイント 1錠単価 販売価格 ご注文
30錠 67 75円 2,260円 カートに入れる
60錠 95 53円 3,180円 カートに入れる
90錠 121 45円 4,060円 カートに入れる
アナフラニール(三環系) 25mg(テオファーマ)
内容量 獲得ポイント 1錠単価 販売価格 ご注文
30錠 76 85円 2,550円 カートに入れる
60錠 110 61円 3,690円 カートに入れる
90錠 146 54円 4,870円 カートに入れる
アナフラニール(三環系)
アナフラニール(三環系)
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

アナフラニールについて

使用実績多数!うつ状態の改善に役立ち、他の抗うつ剤より効果も強いとされています。
  • 神経伝達物質を増やし、抑うつ状態の改善に役立ちます。
  • 処方されてからの歴史が古く、使用実績も多数あります!
  • 他の抗うつ剤と比較しても、効果が強い特徴があります!

アナフラニールはうつ病・うつ状態といった症状に対し、効果・効能を発揮する抗うつ剤の医薬品です。日本国内では1973年から発売が開始され、現在に至っても多くの方に対し処方され続けています。抗うつ剤の分類としては「三環系抗うつ薬」に当てはまり、特徴としては副作用も多いことが挙げられます。メリット面では、効果が強く出るため他の抗うつ剤を服用しても効果が薄かった方などに対して、処方されることが多いようです。

アナフラニールの特徴

アナフラニールの一番の特徴は、抗うつ効果が強いということです。特にアナフラニールが分類されている三環系抗うつ薬の中では、神経伝達物質のセロトニンを優位に分泌する作用があるため、処方される機会が多いようです。うつ病に関連する神経伝達物質は次の3つが挙げられます。不安や落ち込みに関係する「セロトニン」、意欲や気力の低下に関係する「ノルアドレナリン」、興味や楽しみの減退に関係する「ドーパミン」です。

アナフラニールの具体的な作用としては、人間の脳はセロトニンやノルアドレナリンといった各種神経伝達物質を分泌し、ある程度の役割を果たすと再取り込みを行います。この時の再取り込みを阻害することで、神経伝達物質の濃度を高め、不安や落ち込みに対し抗うつ効果を発揮するのです。

このアナフラニールを服用することでセロトニンの分泌を増やし、不安や落ち込みを減少させる効果・効能が期待できます。また鎮静作用もあるため、不眠に対する改善効果も期待することができます。

半減期が他の抗うつ剤と比較しても長く、安定には6~8日掛かります。

アナフラニールの半減期は他の抗うつ剤と比較しても長めで、35時間程度掛かると言われています。最高血中濃度到達時間は4時間なので、服用から39時間程度で血中濃度が半減する計算になります。薬の血中濃度は飲み続けていくことで安定していきますが、半減期から4~5倍の時間で安定する計算式を用いられるため、アナフラニールは6~8日程度かかることになります。

半減期とは、代謝や排泄などで薬の作用が半減するまでの期間を指しますので、アナフラニールは作用する期間も長いことを意味します。また本作用と副作用を適切に抑制するために、薬物血中濃度などが計算に用いられますが、本剤含め抗うつ剤は、飲んですぐに効果を発揮するものではありません。副作用が出ない限り、処方された用法・用量を守って服用を継続してください。

副作用に関する注意点について

上記でも記載している通り、アナフラニールは抗うつ剤の中でも効果が強く出ることが特徴の医薬品と成っています。しかし、その代わり出やすい副作用も多くなっています。多いものは「口の渇き」「眠気」「便秘」といったものです。また、近年作られた新しい抗うつ剤ほどではないですが、性機能障害も確認されています。こういった副作用が多い医薬品ではありますが、服用を続けることで段々と副作用が軽くなることが多いようです。どうしてもアナフラニールは効果が強いので、多少の副作用は我慢し継続するようにして下さい。

抗うつ剤はその作用順序から、どの種類でも副作用が少なからず起きてしまいます。主治医がいる場合は、相談もするようにして下さい。

アナフラニールの効果

効果・効能
抑うつ
落ち着かない精神状態の安定※違和感があれば変更しても可

アナフラニールはうつ病・抑うつ状態にある方や遺尿症、ナルコレプシーに伴う情動脱力発作といった各種病状に対し、効果・効能を発揮する医薬品です。

三環系抗うつ薬に分類され、減少すると不安や落ち込みの症状が出てくるセロトニンの増加をサポートします。

神経伝達物質という脳内物質をコントロールするため、それに伴い本作用の他に副作用も起きてしまう可能性があります。

アナフラニールの服用方法

1回の用量
右記の用量を、1~3回に分割経口投与(「クロミプラミン塩酸塩」として50mg~100mg)
1日の服用回数
3回まで
服用上限
225mg
製薬会社
ノバルティス/テオファーマ

服用する際の用法・用量の注意点について

精神科領域におけるうつ病・うつ状態と診断された方は、1日量の50mg~100mgを1日1~3回に分けて服用して下さい。1日の最大服用上限は225mgです。飲み際はコップ1杯分の水またはぬるま湯で、飲み忘れた場合はできるだけ早く1回分を服用するようにして下さい。ただし、次の1回分が近い時間の場合は服用を1回飛ばし、次の時間に1回分だけを服用して下さい。決して、2回分を一度に飲まないで下さい。

アナフラニールの有効成分について

有効成分であるクロミプラミン塩酸塩によって、抗うつ効果を発揮します。

抗うつ剤の分類では三環系抗うつ作用物質に当てはまり、脳に対して分泌されたセロトニンやノルアドレナリンの再取り込みを阻害します。この作用により、セロトニンといった神経伝達物質の濃度を高め、抑うつとした気分の改善に役立ちます。三環系抗うつ薬の中でもイミプラミンといったノルアドレナリンの再取り込みを阻害する物質と比較し、セロトニンの再取り込みを阻害する作用を持つ医薬品の中では特に強い効果を発揮します。

アナフラニールの副作用

主な副作用
口の渇き、眠気、目眩、食欲不振、便秘など

臨床試験結果に基づき、上記の副作用を起こす可能性が認められています。副作用が認められた場合は様子を見ながら、我慢できないぐらい日常生活に影響を与える場合は投与を中止し、医師の診察といった適切な処置を行って下さい。

稀な副作用
悪性症候群、セロトニン症候群、てんかん発作、不整脈、性機能障害など

臨床試験結果では発現の頻度は不明ながらも、上記の副作用が認められた場合には直ちに投与を中止し、医師の診察といった適切な処置を行って下さい。

アナフラニールの注意事項

慎重投与
  • 開放隅角緑内障の方
  • 排尿困難又は眼内圧亢進等のある方
  • 心不全・心筋梗塞・狭心症・不整脈 (発作性頻拍・刺激伝導障害等) 等の心疾患のある方又は甲状腺機能亢進症の方
  • てんかん等の痙攣性疾患又はこれらの既往歴のある方
  • 躁うつ病を患っている方
  • 脳の器質障害又は統合失調症の素因のある方
  • 衝動性が高い併存障害を有する方
  • 自殺念慮又は自殺企図の既往のある方、自殺念慮のある方
  • 副腎髄質腫瘍(褐色細胞腫、神経芽細胞腫等)のある方
  • 重篤な肝・腎障害のある方
  • 低血圧のある方
  • 低カリウム血症のある方
  • 高度な慢性の便秘のある方
  • 小児又は高齢者
服用してはいけない人
  • 閉塞隅角緑内障の方
  • 本剤の成分(クロミプラミン塩酸塩)又は三環系抗うつ剤に対し過敏症(アレルギー)の既往歴のある方
  • 心筋梗塞の回復初期の方
  • 尿閉 (前立腺疾患等) のある方
  • MAO阻害剤 (セレギリン塩酸塩、ラサギリンメシル酸塩) を投与中あるいは投与中止後2週間以内の方
  • QT延長症候群のある方
併用禁忌薬
  • MAO阻害剤
  • セレギリン塩酸塩(エフピー)
  • ラサギリンメシル酸塩 (アジレクト)
・直射日光を避けて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はありませんが、高温多湿の場所には保管しないでください。
・小さなお子様の手の届かない所に保管してください。
お子様が誤って服用することのないよう十分注意して保管してください。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
日本医薬情報センター
安全性および有効性を中心とした医薬品情報の提供を行う一般財団法人のサイトです。
医薬品に関する国内外の情報を迅速かつ公正に整理・分析し速やかに情報提供することによって、国民の健康や医療の向上に貢献しています。
サイト内には国内の医薬文献情報と医薬品添付文書情報がデータベースにまとめられており、添付文書や治験など各段階における医薬品情報が検索できます。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。
薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。
医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。

一般の個人が自分で使用するための購入のみ認められており、「代理で通販購入する」「購入後に第三者への譲渡する」などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

アナフラニール(三環系)の口コミ

口コミ評価(1)

  • アナフラニール(三環系) ユーザー
    口コミ評価  男性 55
    デパスが購入できなくなってからいろいろ試していますが、アナフラニールが丁度良い気がします。今のところ順調なので続けて購入したい。
口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー