クラビット(海外市場向け)

第一三共
5700円~
(0)

新型コロナウイルスの影響による配送遅延について

在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

クラビット(海外市場向け) 250mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
15錠 5%
OFF
6,000円 5,700円
30錠 10%
OFF
12,000円 10,800円
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

クラビット250㎎について

全身に及ぶ感染症に対して高い殺菌作用を持つニューキノロン系抗菌薬
  • 毎日1回飲むだけで全身の感染症に対して高い治療効果を持っています
  • 服用開始後すぐに効果が実感できる優れた即効性に期待できます
  • 淋病やクラミジアなど性病の元となる細菌に高い治療効果を持っています

クラビット250㎎は有効成分レボフロキサシンを含有した細菌感染症に対して高い治療効果を持つ内服タイプの治療薬の一つです。クラミジア感染症や淋病などの性感染症の治療薬として処方されることが多い治療薬ですが、その他にも幅広い感染症に対して治療効果を持つ優れた特徴を持っています。
また即効性にも優れており服用後早い段階で有効成分が病巣へ移行しますので、早ければ数日で効果を実感できることができます。

クラビット250㎎の特徴

クラビット250㎎は有効成分レボフロキサシンを含有したニューキノロン系経口抗菌薬の一つです。レボフロキサシンは細菌の核酸(DNA)が増殖する働きを抑えることができ、併せて細菌の殺菌及び抗菌作用を持っていますので、病気の発症後早い段階で服用する事で症状の悪化を防ぎながら治療に励むことができます。性病の一つであるクラミジアに対して処方されることが多いクラビット250㎎ですが、クラミジア以外にも広範囲の感染症に対して高い治療効果を持っています。

クラビット250㎎は1日1回の服用で効果が期待でき、服用タイミングに関しても食前・食後・就寝前といった指定は特にありません。自分の生活サイクルに合わせて服用する事が出来ますので、飲み忘れを防ぐ効果が期待できます。

また有効成分であるレボフロキサシンが属するニューキノロン系の抗生物質は身体への影響を最小限に抑える事が可能であり、全身の症状に対して高い効果を持ちながら副作用を起こしにくい優れた特徴も持っています。このようにクラビット250㎎は優れた特徴をいくつも持ちながら、高い安全性も兼ね備えた抗菌薬として多く処方されてきた実績を持っています。

細菌に対してのみ効果を発揮するので身体への影響を抑える事が可能

クラビット250㎎は有効成分レボフロキサシンを含有したニューキノロン系抗生物質です。レボフロキサシンは細菌が原因で発症する皮膚感染症や性感染症を筆頭に、非常に多くの感染症に対して高い治療効果を持っている抗菌薬の一つです。

細菌細胞はDNAが細胞分裂を繰り返していくことで増殖していき、症状が進行して悪化していきます。レボフロキサシンは細菌が細胞分裂する際に必要となる酵素であるDNAジャイレースを阻害する作用を持っており、細菌の死滅及び抗菌の効果が期待できますので症状の進行抑制しながら治療を進めることができます。

このようにレボフロキサシンは細菌自体に直接作用するわけではなく細菌増殖に必要となるDNAジャイレースに対して働きかける作用を持っています。DNAジャイレースは細菌だけが持っている特有の酵素ですので、人体に元々あるDNAには一切影響を与える心配はありません。その為、身体への負担や影響を極力抑える事が出来ますので、高い治療効果を発揮しながら副作用の発症リスクを下げる事に成功した優れた特徴を持つ抗菌薬なのです。

幅広い感染症の症状に対して高い治療効果を持ち即効性にも優れています

クラビット250㎎に含有している有効成分レボフロキサシンはニューキノロン系抗生物質の中でも代表的な成分の一つで、性感染症・尿路感染症・皮膚感染症・呼吸器系感染症・眼科感染症・耳鼻科感染症・緑膿菌など非常に広い範囲の感染症治療に用いられています。更に誰もが知っていて毎年多くの患者が現れており、死者も出しているインフルエンザの予防に対しても使用されているなど、多くの実績を持った有効成分の一つです。

錠剤タイプの内服薬であるクラビット250㎎は即効性に優れた特徴を持っています。薬の効き方に関して個人差と治療目的とする症状にもよりますが、有効成分であるレボフロキサシンが細菌のいる病巣まで速やかに行きつきますので、早い人だと服用後数日で効果を実感することができます。

またレボフロキサシンは上記の通り非常に多くの症状に対して長い間使用されてきた実績を持っていますので、他の医薬品と比較しても安全性が確立されている特徴を持っています。

クラビット250㎎の効果

効果・効能
ニューキノロン系抗生物質である有効成分レボフロキサシンが持つ細菌の増殖抑制と殺菌作用によって、クラミジア症だけでなく幅広い感染症に対して高い治療効果を持っています。

また早期の段階で服用を開始することで症状が重篤なものになってしまうのを防ぐ効果が期待できます。

クラビット250㎎は有効成分レボフロキサシンの働きによって非常に多くの細菌による感染症に対して治療効果を持っています。特にクラミジア症や呼吸器感染症、泌尿器感染症に対して使われることが多く、それぞれの症状で病院へ受診した際に医師が処方するお薬として第一選択として挙がってくるのがこのクラビットです。またグラム陰性桿菌(GNR)に強く、グラム陽性球菌(GPC)に対しても効果を発揮し、更に抗生物質に対して強い抵抗性を持ち厄介な菌として有名な緑膿菌に対しても有効性を持っています。

症状が現れ始めた早期の段階でクラビット250㎎を服用する事によって、細菌の増殖を早い段階で抑える事が出来ますので、症状の悪化を防ぐだけでなく治癒に関しても早くなる効果が期待できます。

クラビット250㎎の服用方法

1回の用量
2錠(レボフロキサシンとして500mg)
服用するタイミング
毎日決まった時間に服用してください
1日の服用回数
1回まで
服用する間隔
7~14日間

服用時間の指定が無いので好きな時間帯に服用する事が可能です

クラビット250㎎は錠剤タイプの治療薬となっており、1日1回2錠を水又はぬるま湯を用いて服用してください。服用するタイミングについて、食前・食後・就寝前等といった指定は特にありませんので、好きなタイミングで服用する事が可能です。ただし有効成分の血中濃度を一定に保つことによって高い治療効果が期待できますので、飲み忘れを防ぐ意味も込めて毎日決まった時間に服用する事をお勧めします。

飲み忘れをしてしまった場合に次服用するタイミングで2倍の量を服用するといった事は絶対にしないでください。副作用を起こしてしまう危険性が高くなってしまいますので、必ず上記の服用方法を守り1日に2錠以上の量を服用しないようにしましょう。

アルコールと一緒に摂取するのは避けてください。アルコールの分解に肝臓の機能が使われてしまい、有効成分が分解されにくくなってしまいます。その結果として高濃度の有効成分が身体に回ってしまい、思わぬ副作用を起こしてしまう危険性が高くなってしまいます。

また服用している間に症状の改善が一向に見られない場合は、一旦服用を中止して医師の診察を受けるようにしましょう。

クラビット250㎎の有効成分について

幅広い細菌に対して高い治療効果を持つレボフロキサシンを配合

クラビット250㎎は有効成分レボフロキサシンを含有した細菌感染症の治療薬です。有効成分レボフロキサシンはニューキノロン系抗生物質であり、細菌のDNAの複製に大きく関わっている酵素の一つDNAジャイレースの働きを抑制する作用を持っています。この作用によって継続的に服用続けていくことで最終的に細菌を死滅させる効果があります。

また抗生物質に対して強い抵抗性を持ち非常に厄介とされている緑膿菌に対しても有効性を持つという貴重な特徴も併せ持っています。

ただし服用する際の注意点として、安易に服用を継続してしまうと有効成分に対して抗体を持つ耐性菌が生まれてしまい、薬があまり効かなくなってしまう事があります。その為、服用する際は服用方法を守った上で使用してください。

クラビット250㎎の副作用

主な副作用
下痢、吐き気、胃痛、めまい、不眠、頭痛、発疹など
稀な副作用
アナフィラキシーショック、皮膚及び粘膜障害、肝機能障害、間質性肺炎、不整脈など

クラビット250㎎を服用した際、上記のような副作用を起こしてしまう事が報告されています。いずれも軽度で治まることが多いですが、アナフィラキシーショック等の稀に起きてしまう副作用については重篤な状態に陥ってしまう事があります。その為、それらの症状が現れた場合はすぐに服用を中止して医師の診察を受けるようにしましょう。

クラビット250㎎の注意事項

慎重投与
  • 重度の腎機能障害の方
  • てんかんなどのけいれん発作を起こしたことがある方
  • 重度の心臓機能障害の方
  • 高齢者の方など
服用してはいけない人
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある方
  • 授乳中の方
  • 小児の方
  • 過去にレボフロキサシンを含有した医薬品でアレルギー症状を起こしたことがある方など
併用禁忌薬
クラビット250㎎には併用禁忌とされている医薬品は報告されていませんが、併用に関して注意すべき医薬品があります。
アルミニウムやマグネシウムなど金属イオンを含有する薬剤、フェニル酢酸系またはプロピオン酸系非ステロイド性消炎鎮痛薬、クマリン系抗凝固薬などは併用してしまうとそれぞれの効果を強める又は弱めてしまう危険性があります。また場合によっては痙攣を起こしてしまう可能性がありますので、併用する際は必ず医師や薬剤師へ相談するようにしてください。

クラビット(海外市場向け)の口コミ

(0)