ノルパック(2錠1回分)

ABCA Pharma
1280円~
(3)
在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

ノルパック(2錠1回分) 2錠
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
1箱 15%
OFF
1,500円 1,280円
3箱 23%
OFF
4,500円 3,460円
5箱 23%
OFF
7,500円 5,760円
10箱 32%
OFF
15,000円 10,240円
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

ノルパックは、望まない妊娠を避けるためのモーニングアフターピル(緊急避妊薬)です。

商品説明

ノルパックはタイのABCA Pharma Labからノルレボ錠のジェネリック医薬品として開発されたアフターピル(緊急避妊薬)です。 性交後72時間以内に1錠、その12時間後に1錠、合計2回服用することで、ほぼ確実に妊娠を防ぐことができます。 想定外の避妊失敗が原因になった妊娠、中絶をしないため、自衛として持ち歩く女性は大勢います。緊急時に時間を空けず服用できればそれだけ避妊成功率も上がりますので、いざという時のために備えておくことは損にはなりません。 レボノルゲストレルは女性ホルモンの一種であるプロゲステロンと同じ働きを持ち、低用量ピルなどの経口避妊薬やIUD(子宮内避妊具)などにも使われています。 ノルパックが体内に吸収されると、成分が排卵に必要な黄体ホルモンの分泌を抑えて排卵そのものを抑制、遅延させます。また子宮頚管の粘液の粘り気を変化させ、精子の子宮内部への侵入を阻止し、卵子と精子の受精を防ぎます。さらに排卵後に起こる子宮内膜の増殖を抑えることで、受精卵が着床できないようにします。 妊娠は排卵・受精・着床の経過を経て成立しますので、アフターピルはそれら3つの工程をすべてコントロールして避妊する効果があります。 そのためノルパックは、72時間以内であれば排卵前、排卵後に関わらず、どの時期に飲んでも避妊成功率は変わりません。 ノルパックを服用して避妊が成功すると、早ければ3日後、遅くても約21日後に消退出血という不正出血が起こります。これはアフターピルにより強制的に生理を起こし、子宮内膜が排出されることにより起こる現象です。 出血が起こる時期や量は、飲んだタイミングや個人差で変わります。確実に避妊できたかどうか確認したい方は、早期妊娠検査薬の利用をしましょう。 副作用ではないため不安に思う必要はありませんが、もし3週間過ぎても消退出血がない、ピルの服用から次の生理予定日を1週間過ぎても生理がない、反対に出血が止まらない、といった状態であれば、すぐに医療機関での診察を受けてください。 ノルレボ錠ジェネリックであるノルパックは副作用が比較的弱いという報告がありますが、アフターピルという性質上、強いホルモンが配合されていますので一時的に体にストレスがかかります。 体への負担が少なく定期的な服用で避妊する低用量ピルと異なり、常用はできませんので緊急時に限ってご使用ください。
その他避妊薬ピルのご購入はコチラ ★アフターピル(緊急避妊)
避妊に関するお悩みを解決〔避妊の悩み

服用方法

1回1錠、性行為後に時間をあけ2回にわたり、コップ1杯の水かぬるま湯で経口服用します。 《1回目》 性行為後、72時間以内に1錠経口服用します。 72時間以内とされていますが、避妊を確実にするため1錠目は48時間以内の服用が推奨されています。 《2回目》 1回目の服用から12時間後に1錠経口服用します。 1回目と2回目の服用間隔を12時間以上空けないでください。 早く飲むことで避妊成功率は上がります。 服用して2時間経たない内に吐いてしまった場合は、成分が吸収されず避妊できていない可能性がありますので、もう一度服用しなければいけません。 嘔吐による再服用を防ぐために、飲む前に軽食を取るのも良い方法です。 副作用の吐き気は空腹時に起こりやすいという報告があります。 逆に食べ過ぎた状態で服用しても吐き気や腹痛を起こしやすくなりますので、適度な飲食の後にピルを飲みましょう。 服用時は、グレープフルーツとの併用は避けてください。 グレープフルーツの成分フラノクマリンは体内の代謝酵素を抑制する働きを持ちます。 代謝酵素が働かないことで薬の成分が必要以上に体内に残ってしまうため、思わぬ副作用を招く危険があります。 生のグレープフルーツだけではなく、ジュースや料理などフラノクマリンが含まれているものでも同様のリスクがありますのでご注意ください。 ホルモン剤が含まれているため、吐き気や頭痛、腹痛などが強く出てしまう可能性があります。 体に強く作用する成分のため、常用および1ヶ月に4錠以上の使用はしないでください。

副作用

腹痛、吐き気、下痢、頭痛、めまい、眠気、倦怠感など ノルパックは副作用が比較的弱いと言われているノルレボ錠のジェネリック医薬品です。 一番出やすいと言われている症状は吐き気で、次いで頭痛が報告されています。 副作用が出る理由は、黄体ホルモンであるレボノルゲストレルが体内に入ることで、一時的にホルモンバランスが崩れるためです。 緊急避妊ピルは常用するものではありませんので、副作用もあくまで一時的なものです。 時間が経てば治まってくることがほとんどです。 空腹状態で服用するよりも、適度な食事をすることで副作用を軽減できます。 飲んでから3日を過ぎても重い症状に悩まされる場合は、ただちに医師の診察を受けてください。 喫煙していると、タバコのニコチンによる作用で全身の血管が収縮し、循環機能が低下し頭痛を引き起こしやすくなります。 同様に血栓もできやすくなるため、服用する時は喫煙しないようにしましょう。 血栓症のリスクを低減させるために、血液を浄化し血管を修復する効果を持つクリルオイルを併用する女性も少なくありません。 アフターピルを服用すると、3日から21日の間に不正出血があります。 これは消退出血と言い、副作用ではなく緊急避妊に成功すると起こるものです。 ピルの有効成分レボノルゲストレルによって子宮内膜が剥がされた結果排出されるものですが、不安な方は早期妊娠検査薬などで早めに確認するのも良いでしょう。
詳しい情報は外部の専門サイトをご確認ください。

注意点

【併用注意】 ・抗けいれん薬(フェノバルビタール、フェニトイン、プリミドン、カルバマゼピン) ・HIV感染症治療薬(リトナビル) ・リファブチン ・リファンピシン ・グリセオフルビン ・セイヨウオトギリソウ含有食品 【服用禁止】 ・妊娠または妊娠している可能性のある女性 ・肝臓に重篤な障害のある方 ・過去にノルパックに含まれる成分でアレルギー反応を経験したことがある方 【服用注意】 ・授乳中の女性は、服用後24時間は授乳を避けてください ・心臓病や腎臓病の方、または既往歴のある方 ・肝臓に障害のある方

ノルパック(2錠1回分)の口コミ

(3)

  •  女性 26
    数年前ひどい失敗をして覚悟し病院に行きました。幸いなことに妊娠はしてなかったのですが、先生がこんなのもあるよ、と教えてくれたのがアフターピルです。それから色々調べてみて、ジェネリックもあることを知って、今では常備薬の一つになりました。もともと性行為のあとに避妊できること自体知らなかったし、私みたいに知らないで不安になる女性は少なくない気がします。仲の良い友人には教えてますが、もっと知られれば望まない妊娠で悲しい思いをする人は減るんじゃないかと思います。
  •  女性 34
    前回のオーダーより早く届いて驚きました。いざ!という時のために大切にしまっています。気をつけてるつもりでも、たまに失敗することもあるので手放せません。服用すると軽いめまいが起こりますが、そのあと大体5日程度で出血があるので安心して使えます。
  •  女性 21
    子供を生みたくないから絶対に、最低でも1回分はキープするようにしてる。別にそんなたくさん使ってるわけじゃないけど、今んとこ失敗したことはない。