ED治療薬バイアグラ・シアリス・レビトラや早漏、育毛、避妊、性病、睡眠治療のジェネリック医薬品を多数取り揃えております。

祝日割
簡単購入ガイド

HIV検査キット(採血)

Boson Biotech
2,700円~
口コミ評価(1)
到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

HIV検査キット(採血)
内容量 獲得ポイント 1箱単価 販売価格 ご注文
1箱 81 2,700円 2,700円 カートに入れる
2箱 145 2,430円 4,860円 カートに入れる
6箱 340 1,890円 11,340円 カートに入れる
HIV検査キット(採血)
HIV検査キット(採血)
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

HIV検査キットの特徴

今回紹介するHIV検査キットは多くの医療機関でも使用されている実績を持つ、Boson Biotech社が製造販売している自宅でも簡単にHIV検査できるセルフテストキットです。

HIVに感染した場合は早期の発見及び治療が重要なので、感染しているかどうか早めに判断する為に陰性陽性を判断できるHIV検査は非常に重要となっています。しかしHIVは誰もが感染する恐れのある病気の一つであるものの、主な感染経路が性交渉という事であまり周りの人に知られたくない病でもあります。
その為病院の受診に抵抗感を持つ方も多く、また費用もそれなりに掛かりますので何度も受診するのが難しいという難点がありました。

しかし今回紹介するHIV検査キットを使用すれば、わざわざ病院へ足を運ぶことなく自宅でHIVの検査をすることが可能となります。本製品は血液を使用してHIV検査をするのですが、採血用の針として1.3mmの非常に小さな医療用針であるランセットが入っています。従来の採血用針と比較して痛みを抑えることができますので、採血の痛みが苦手な方も安心して使用する事ができます。

また検査キットの中には検査体を検査機関に郵送することで検査結果を判定するものもありますが、本製品は自宅で検査から検査結果まで判定できる為、郵送する手間を省くことができる嬉しい特徴を持っています。

複数ストックすることで気になった時にすぐ自宅で検査する事が可能

今回紹介しているBoson Biotech社製造のHIV検査キットは常温保管可能な製品となっており、管理がとても簡単な特徴を持っています。HIVの検査は定期的に実施する事が推奨されていますので、この特徴は嬉しいですね。HIV検査キットは個人輸入代行サイトで購入する事ができるのですが、1セットずつ個別で購入するより2セット以上まとめ買いした方が割引されてお得になるケースが非常に多くなっています。
元々病院で検査するより遥かに安くHIV検査可能な検査キットですが、まとめ買いを活用する事で更に検査費用を安く抑えることができます。

検査方法に関しても付属品として日本語の説明書が付いていますので、初めて検査を実施する場合でも戸惑う心配はありません。検査時間も30分あれば検査~検査結果まで確認出来るので非常にお手軽となっています。

血液を使用するタイプの検査キットなので、検査時に血液を採取する必要があります。人によっては採血に痛みを伴う為抵抗感を持つ方もいらっしゃいますが、本製品は他の採血器具と比較して痛みが非常に少ない特徴を持つランセットタイプの採血針が付属していますので安心ですよ。

誰にもバレることなく自宅でひっそり検査する事が可能

昔と比べてHIVに関する認識が広まってきたものの、今でもHIVに対して感染している事を周りに知られたくない方は多くいらっしゃいます。その為HIVの検査をする為に病院へ行く事や、検査体を検査機関へ送ることに抵抗感を持つ方も多いのではないでしょうか。

しかしBoson Biotech社製造のHIV検査キットは、検査から検査結果まで一連の流れを全て自宅で完結させることができます。病院へ行く必要がありませんので医師や看護師だけでなく、病院で知り合いに遭遇してしまう心配も全くありません。HIV検査を誰にもバレることなく実施したい方に、是非チェックしていただきたい検査キットとなっています。また好きな時に自宅で全て検査を実施できる為、忙しくて病院へ行く時間が取れない方にもおススメですね。

検査した結果、万が一陽性が出てしまった場合はすぐに病院を受診して医師の診察を受けるようにしてください。また前述の通りHIV検査は定期的に実施して早めにHIVを発見・治療する事で、エイズ発症を抑える効果が期待できます。1回だけ検査して陰性が出たからといって安心しないよう気を付けるようにしてください。

HIV検査キットは自宅で簡単にHIVの感染判断をすることが可能な、Boson Biotech社製造のセルフテストキットです。病院へ受診する前に自分で感染の判断をしたい方にピッタリで、検査から検査結果確認まで全て自宅で完結可能となっています。難しい手順は一切なく検査体を検査機関へ郵送する必要がありませんので、複数ストックしておけば好きなタイミングでいつでも検査する事ができます。

HIV検査キットの使用方法

検査時間
30分程度
陽性の表示
CとT両方に線が表示
陰性の表示
Cのみに線が表示
検査失敗の表示
Tのみに線が表示又はどちらにも線が表示されない

検査キットの中にはアルコール消毒パッド、ランセット(採血用針)、スポイト、テストカード、検査液、説明書(英語/日本語)がそれぞれ1つずつ入っています。検査する際は最初に手を石鹸や消毒液などで綺麗にしておきましょう。また輪ゴムを用意すると検査をスムーズに進めることができます。

まず採血用針であるランセットに付いている、オレンジ色の突起部を90度ひねって引き抜いてください。その際中央にあるボタンを押してしまわないように注意しましょう。針が飛び出して使えなくなってしまいます。

続いてアルコールパッドとテストカードを開封してください。中の物は汚れしまわないよう、綺麗な場所に置いておきましょう。採血する指の第一関節付近に輪ゴムを巻いて、指先に血液を集めてください。先ほど開封したアルコールパッドで採血する指先を綺麗に消毒しましょう。

指先のうっ血が確認出来たら、ランセットを指の腹に強く押し当てて中央のボタンを押してください。しっかり押しておかないと針が上手く刺さらず、採血に失敗してしまう恐れがありますので注意してください。採血終了後は輪ゴムを速やかに外しましょう。

血が出てきますので付属のスポイトで吸い取ってください。検査で使用するのは2~3滴程度ですが、少し多めに取っておくと安心です。吸い取った血液はすぐにテストカードのSの部分に垂らしてください。垂らす量は1~2滴で大丈夫です。続いて垂らした血液の量と同量の検査液を同じSの場所に垂らしましょう。
検査液を垂らすと約1分で結果が出ますが、20分程度待つと最も信頼性のある結果が表示されます。

検査結果はあくまで目安、また使用後の検査キットは適切に処理を

今回紹介してきた検査キットは医療機関でも使用されている信頼性の高いものですが、あくまで目安程度で考えてください。もし陽性反応が出た場合は、速やかに医療機関を受診するようにしてください。また陰性反応だった場合でも、何かしら体調に異変を感じる場合は同じく医療機関を受診するのをおススメします。

使用した検査キットは針や血液が付着していますので、安易に廃棄する事はできません。他の人が間違って触れてしまう事が無いよう、ビニール袋でしっかり包み込むようにしましょう。また住んでいる地域のごみの分別に従って廃棄するようにしてください。

・直射日光を避けて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はありませんが、高温多湿の場所には保管しないでください。
・小さなお子様の手の届かない所に保管してください。
お子様が誤って服用することのないよう十分注意して保管してください。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
日本医薬情報センター
安全性および有効性を中心とした医薬品情報の提供を行う一般財団法人のサイトです。
医薬品に関する国内外の情報を迅速かつ公正に整理・分析し速やかに情報提供することによって、国民の健康や医療の向上に貢献しています。
サイト内には国内の医薬文献情報と医薬品添付文書情報がデータベースにまとめられており、添付文書や治験など各段階における医薬品情報が検索できます。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。
薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。
医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。

一般の個人が自分で使用するための購入のみ認められており、「代理で通販購入する」「購入後に第三者への譲渡する」などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

HIV検査キット(採血)の口コミ

口コミ評価(1)

  • HIV検査キット(採血) ユーザー
    口コミ評価  女性 32
    不安がないわけではないので、妊活前に念のため調べておこうと思います。
口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー