リピトール(高コレステロール)

ファイザー
2,700円~
口コミ評価(0)
在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

リピトール(高コレステロール) 10mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
30錠 10%
OFF
3,000円 2,700円 カートに入れる
60錠 19%
OFF
6,000円 4,860円 カートに入れる
リピトール(高コレステロール) 20mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
30錠 10%
OFF
3,500円 3,150円 カートに入れる
60錠 19%
OFF
7,000円 5,670円 カートに入れる
リピトール(高コレステロール) 40mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
30錠 10%
OFF
4,000円 3,600円 カートに入れる
60錠 19%
OFF
8,000円 6,480円 カートに入れる
リピトール(高コレステロール)
リピトール(高コレステロール)
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

リピトールについて

世界で最も使用されてきた高い実績を持つアトルバスタチン配合の高脂血症治療薬
  • 高脂血症の治療薬として世界で最も使われてきた高い安全性
  • 臨床試験において80%以上の患者に対して改善効果があった高い実績
  • スタチン系薬剤の中でも特に強い効果を持つアトルバスタチンを配合

リピトールは有効成分アトルバスタチンを配合した高脂血症治療薬の一つです。アトルバスタチンは血液中に含まれている余分なコレステロールを減らす作用を持っており、コレステロール値を正常な値へと近づけることができます。
コレステロール値の数値を改善する作用を持つスタチン系薬剤の中でも、アトルバスタチンはより強い薬効を持っている第2世代スタチン系薬剤に分類される有効成分となっており、その強い効果から世界で最も使われてきた実績を持っています。

リピトールの特徴

高コレステロール血症に効果的です。

リピトールはアメリカに本社を置く世界有数の製薬会社であるファイザー社が製造販売している、高くなってしまったコレステロール値を下げる作用を持つ高脂血症治療薬です。

血液中のコレステロール値を正常にする作用を持っていますので、高コレステロール血症や家族性コレステロール血症などといった脂質異常症の治療薬として広く使われてきた実績を持っています。
コレステロール値が高いと動脈硬化や狭心症、心筋梗塞といった重篤な病気に罹りやすくなってしまいますが、これらの病気に関しても予防へと繋げる効果が期待できます。

更に中性脂肪を低下させる作用も併せ持っていますので、継続して服用する事で体に脂肪が付きにくい体質へと近づける作用が期待できるでしょう。

血液中のコレステロール値を改善するスタチン系の薬剤は、効果の強さによって第1世代と第2世代に分けられます。 リピトールに配合している有効成分アトルバスタチンはより強い薬効を持っている第2世代のスタチン系薬剤に該当します。

第2世代に該当する薬剤の中でも初期に作られた経緯があり、長期的に服用した場合の安全性に関しても認められた実績を持っています。

強い薬効を持つ第2世代の有効成分アトルバスタチンを配合

メタボや肥満にも効果的です。

リピトールは第2世代のスタチン系薬剤に分類される有効成分アトルバスタチンを配合した高脂血症治療薬です。
スタチン系薬剤とは肝臓でのコレステロール合成を抑える作用によってコレステロール値を下げる働きを持つ薬の事を指します。

このスタチン系薬剤は作用の強さによって第1世代と第2世代に分けられるのですが、アトルバスタチンが分類される第2世代のスタチン系薬剤はストロングスタチンとも呼ばれ、スタンダードスタチンと呼ばれる第1世代と比較して強い薬効を持っています。

リピトールの適応症である高コレステロール血症は自覚症状が殆どありませんので、放置されることが多くあります。放置されることによって症状が進行して動脈硬化を引き起こし、狭心症、心筋梗塞といった重篤な病を発症する原因にもなります。

ですがリピトールに配合されているアトルバスタチンの働きによって血液中のコレステロール値を下げることができますので、これらの病が発症してしまうリスクを抑える高い効果が期待できます。

またリピトールは食事療法や運動療法を実施したとしても改善があまり期待できないケースの高コレステロール血症の場合において、医師が処方する第一選択薬として挙げられるものでもあります。

リピトールを使った臨床試験では全体の約81%の患者に対してコレステロール値が正常値まで低下したとの結果も出ており、高い効果も実証されている優れた高脂血症治療薬なのです。

高コレステロール血症に伴う合併症の予防効果にも期待できます

リピトールは前述の通り第2世代のスタチン系薬剤である有効成分アトルバスタチンを配合した高脂血症治療薬です。

アトルバスタチンが持つ主な効能として血液中のコレステロール値を下げる作用があり、主な適応症は高コレステロール血症や家族性高コレステロール血症となっています。

コレステロール値が高い状態が続く高コレステロール血症を放置してしまうと動脈硬化を進行させてしまい、狭心症などの病気の発症リスクを上げる事になります。
リピトールを服用する事でコレステロール値を正常に戻す作用が期待できますので、結果として高コレステロール血症が原因となる合併症の予防へと繋げることができるのです。

またリピトールは血液の中性脂肪を減少させる作用も持っています。中性脂肪は増えすぎると身体に脂肪が付きやすい体質となってしまいます。この中性脂肪を減らす作用によって、脂肪が付きにくい健康的な体質へと改善する働きに期待できるでしょう。

このようにリピトールは治療薬としての働きだけでなく、諸症状に対しての予防効果も併せ持つお勧めの高脂血症治療薬です。

リピトールの効果

効果・効能
第2世代のスタチン系薬剤である有効成分アトルバスタチンが持つコレステロール値と中性脂肪を下げる作用によって、高コレステロール血症などを治療し、健康的な身体へと繋げる効果が期待できます。また高コレステロール血症による動脈硬化や狭心症などといった合併症の予防へと繋げる効果が期待できます。

リピトールはアトルバスタチンを主成分とする高脂血症治療薬です。日々の食生活や生活習慣によって発症してしまう高コレステロール血症や、生まれつきコレステロール値が高い状態になってしまう遺伝性の家族性コレステロール血症について治療及び予防効果が期待できます。

血液中のコレステロール値が高いと動脈硬化の進行を早めてしまう危険性がある為、様々な病気を引きこす原因となってしまいます。コレステロールを下げる強い薬効を持つ有効成分を配合したリピトールを継続的に服用する事によって、動脈硬化に伴う合併症を予防効果も併せて期待できるでしょう。

リピトールの服用方法

1回の用量
1錠(「アトルバスタチン」として10mg)
服用するタイミング
特に指定はありません
服用する間隔
24時間以上
1日の服用回数
1回

食事の影響を受けないので好きなタイミングで服用可能

リピトールは1日1回1錠を水又はぬるま湯を用いて服用してください。リピトールに配合されている有効成分アトルバスタチンは食事の影響を受けにくい特徴を持っていますので、食前・食後を気にすることなく好きなタイミングで服用する事が可能です。

一定間隔で服用する事によって薬の効果が安定しますので、日々の生活サイクルの中で服用するのに丁度良いタイミングの時間帯を見つけて、毎日その時間に飲むのがお勧めです。
決まった時間に服用する事によって、飲み忘れに関しても防ぐ効果が期待できます。

リピトールは服用方法で紹介した1日1回1錠が通常用量となりますが、通常用量の服用を続けても症状の改善が見られない重度の症状をお持ちの場合、高コレステロール血症なら最大2錠の20㎎、家族性高コレステロール血症の場合は最大4錠の40㎎まで増やすことが可能です。

服用用量を増やす場合は安易に自分で判断せず、かかりつけの医師等に相談してからの方が良いでしょう。

リピトールの有効成分について

スタチン性薬剤の中でも高い薬効を持つアトルバスタチンを配合

リピトールには有効成分としてアトルバスタチンが配合されています。アトルバスタチンはコレステロール値を下げる薬効を持つスタチン系薬剤の中でも特に強い薬効を持つ第2世代に分類される成分となっています。

アトルバスタチンは肝臓におけるコレステロール合成において重要な働きをする酵素の活動を阻害する作用を持っています。
この作用によってコレステロールの生成が抑制され、結果として血液中のコレステロール値の減少へと繋げることができるのです。また肝臓の機能を高める作用も持っており、血液中にある余分なコレステロールを回収する作用も強くすることが期待できます。

更に身体に脂肪が付きやすくなってしまう中性脂肪の値を低下する効果もありますので、太りにくい体質へと導く効果にも併せて期待できます。

リピトールの副作用

主な副作用
下痢、不眠、頭痛、倦怠感、胃もたれなど

リピトールを服用した際の副作用として上記のものが報告されています。基本的に軽度の症状で治まることが殆どですが、いずれかの症状が現れた場合は一旦服用を中止して様子を見るようにしてください。

稀な副作用
横紋筋融解症、重度の肝機能障害、アナフィラキシーショック、間質性肺炎など

非常に稀ではありますが、上記のような重篤な症状が現れる副作用も報告されています。もしこれらの症状が現れた場合はすぐに医師の診察を受けるようにしてください。

リピトールの注意事項

慎重投与
  • 糖尿病をお持ちの方
  • 肝機能障害をお持ちの方
  • 腎機能障害をお持ちの方
  • 甲状腺機能低下症をお持ちの方
  • 遺伝性の筋疾患をお持ちの方
  • アルコール中毒の方など
服用してはいけない人
  • 過去にリピトールに含まれている成分で過敏症を起こしたことがある方
  • 急性肝炎をお持ちの方
  • 慢性肝炎の急性憎悪の方
  • 肝硬変をお持ちの方
  • 肝臓がんをお持ちの方
  • 黄疸をお持ちの方
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある方
  • グレカプレビル・ピブレンタスビル配合剤を使用している方など
併用禁忌薬
  • グレカプレビル・ピブレンタスビル配合剤など
  • 薬ではありませんがグレープフルーツジュースを服用前後に飲んでしまうとリピトールの作用が強く出てしまう危険性があります。その為リピトールを服用している間に関してグレープフルーツジュースは飲まないようにしてください。

リピトール(高コレステロール)の口コミ

口コミ評価(0)

評価
性別
年齢
レビュー