ED治療薬バイアグラ・シアリス・レビトラや早漏、育毛、避妊、性病、睡眠治療のジェネリック医薬品を多数取り揃えております。

土日割
簡単購入ガイド

123456

シプラ
1,800円~
口コミ評価(0)
到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

123456 10mg
内容量 獲得ポイント 1錠単価 販売価格 ご注文
30錠 54 60円 1,800円 カートに入れる
60錠 97 54円 3,240円 カートに入れる
90錠 129 48円 4,320円 カートに入れる
123456 20mg
内容量 獲得ポイント 1錠単価 販売価格 ご注文
30錠 67 75円 2,250円 カートに入れる
60錠 121 67円 4,050円 カートに入れる
123456 40mg
内容量 獲得ポイント 1錠単価 販売価格 ご注文
30錠 94 105円 3,150円 カートに入れる
123456
123456
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

アトルについて

高コレステロール血症(脂質代謝異常)の治療薬!メタボリック対策に効果的
  • 健康診断で脂質代謝異常を指摘された方におすすめ
  • 外食や脂っこい食事が多い方に最適な飲み薬
  • 「酵素阻害剤」なので副作用が少ないというメリットあり!

日本でも食の欧米化が進み、現代人はコレステロールの摂取量が過剰気味と言われています。日頃から食生活が不安定で、外食や脂っこい食事が多い方は血中のコレステロール値が気になるところです。
血液中のコレステロール値が異常に高くなる生活習慣病を高コレステロール血症や脂質代謝異常と呼びます。この状態では動脈硬化を起こしやすく、高血圧症や糖尿病の合併リスクも上昇してしまいます。
高コレステロール血症は特に食生活の影響を受けるので、日頃の食事内容を見直し、1日3食栄養バランスのとれた食事を食べ、適度な運動習慣を身につけることが重要ですが、忙しい現代人はそうも言ってられません。
そこで、健康診断で高コレステロール血症や脂質代謝異常を指摘された方には常備薬として「アトル」をおすすめします。「アトル」は高コレステロール血症治療薬リピトールの海外製ジェネリック医薬品です。

アトルの特徴

高コレステロール血症に効果的です。

「アトル」は薬の分類では「酵素阻害剤」というカテゴリーに含まれています。酵素阻害剤というのは特定の酵素にのみ作用して、その働きを阻害するという薬です。

酵素というのは身体の中で起こる化学変化の中間物質として働き、その働きは1つのみです。酵素は特定の物質にしか作用しないため、酵素阻害剤は体内のその他の物質にダメージや影響が軽微なため、副作用が少ないというメリットがあります。

また、コレステロールとは食事で摂取した脂肪分が体内で再合成されて作り出される物質です。

アトルはこのコレステロールを合成する時に働く酵素に作用して、体内でのコレステロールの合成を抑制する働きがある優れた医薬品です。

高コレステロール血症は目立った自覚症状がない厄介な病気です。放置していると動脈硬化を起こし、心臓や肝臓に大きな負担をかけてしまいますので、早めの治療がとても大切です。

メタボや肥満対策としても効果的

メタボや肥満対策にも有効です。

コレステロールが食事の脂質や糖質から作られるということはもうすでに多くの方がご存知だと思います。
現代人は生活様式が欧米化し、年々体内のコレステロール値が高くなり、メタボリックシンドロームや肥満症が生活習慣病の1つに数えられるようになりました。

「アトル」は有効成分が体内のコレステロールを合成する際に働く酵素の活性化を抑制するため、飲むだけで体内のコレステロール値を下げることができます。

また、酵素阻害剤は特定の酵素以外の物質にはほとんど影響を与えないため、副作用が少ないというメリットがあります。

「アトル」には内容成分の配合量が10mg、20mg、40mgとありますが、日常的なメタボや肥満対策ならば10mgでも十分な効果を発揮します。

体内のコレステロール値が上がる高コレステロール血症(脂質代謝異常)は年齢とともに罹患率が上昇します。また、放置していると心臓病、高血圧症、動脈硬化症、糖尿病、脳梗塞や静脈瘤などの血栓性疾患の合併リスクが上がります。

このようにメタボや肥満を放置していると、後々命に関わる大きな病気を発症する原因になりかねないので、早めに「アトル」で対策をとることをおすすめします。

先発薬「リピトール」は日本でも承認されている薬なので安心

「アトル」は高コレステロール血症治療薬「リピトール」の海外製ジェネリック医薬品です。この「リピトール」という薬は日本でも医療用医薬品として厚生労働省から承認を受けている薬です。
副作用が少なく効果も確実なため、内科では高コレステロール血症に対して広く使われています。

「アトル」は有効成分がリピトールと同じなので、現在リピトールを服用していて、副作用が出てないという方なら、個人輸入代行のネット通販で購入できる「アトル」に切り替えれば、毎月病院に行く手間がかかりません。

また、リピトールは保険適用薬なので、処方してもらうためには定期的に診察を受け、医師に処方箋を発行してもらい、調剤薬局で購入しなければなりません。しかし、「アトル」はネット通販で気軽に購入でき、しかも薬価がリピトールよりも安いのでおすすめです。

高コレステロール血症は目だった自覚症状がなく、いつの間にか進行してのちに血栓性疾患を合併するとても怖い病気です。血栓性疾患の中には脳梗塞や心筋梗塞など死亡率の高い病気や重症化させると怖い静脈瘤や糖尿病の合併リスクの高い病気が含まれています。

健康診断等でコレステロール値が高いと言われた方のセルフメディケーション薬として非常におすすめなのが「アトル」です。

アトルの効果

効果・効能
高コレステロール血症
血中コレステロールを減らして、動脈硬化に伴う合併症を予防

高コレステロール血症は生活習慣病の1つに数えられています。食事や運動習慣でコントロール可能ですが、慢性化すると投薬でのコントロールが必要になります。

ほぼ自覚症状がないというのが高コレステロール血症の特徴で、放置していると症状が進行して、高血圧症、糖尿病、動脈硬化症、メタボリックシンドロームといった他の生活習慣病が合併し、そこからさらに血栓性疾患(狭心症や脳梗塞など)といった危険な病気へと進行することが懸念されるので、健康診断でコレステロール値が高いと言われた方は早めの対策を心がけてください。

少し高い程度ならば低量の「アトル10mg」でも対策可能です。コレステロール値以外に異常がない場合は低量のアトルで対策をしながら年に一度の健康診断を受けるだけでも改善が見込めます。

アトルの服用方法

1回の用量
1錠錠(「アトルバスタチン」として10mg)
1日の服用回数
1回まで

1日1回の服用で十分な効果を発揮

通常「アトル」は10mgを1日1回服用します。特に食事の影響を受ける薬ではないので、飲むタイミングは自由ですが、夕食後や寝る前など少し時間に余裕がある時に飲む習慣をつけておくと飲み忘れを防ぎやすくなります。

副作用や併用禁忌の少ない優れた薬ですが、重度の肝障害や腎障害、C型肝炎で投薬治療を受けている方、一部の抗真菌剤との併用は要注意です。このような方は医師に相談してください。

アトルの有効成分について

アトルバスタチン カルシウム

アトルバスタチン カルシウムは1日10mgの摂取で十分な効果を発揮します。血中コレステロール値は食事療法や運動療法を組み合わせることだけでもある程度はコントロール可能ですが、忙しい方はアトル10mgも合わせて服用するとさらに血液中の悪玉コレステロールのコントロールが簡単になります。

日本でも承認されている先発薬の「リピトール」の臨床検査では継続的に服用することで善玉コレステロール値が上昇する効果も確認されています。

ただし、妊婦、高齢者、甲状腺機能疾患患者、酒量の多い方は慎重に服用する必要があるので、自己判断ではなく医師に相談の上で薬の導入を決めてください。

・直射日光を避けて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はありませんが、高温多湿の場所には保管しないでください。
・小さなお子様の手の届かない所に保管してください。
お子様が誤って服用することのないよう十分注意して保管してください。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
日本医薬情報センター
安全性および有効性を中心とした医薬品情報の提供を行う一般財団法人のサイトです。
医薬品に関する国内外の情報を迅速かつ公正に整理・分析し速やかに情報提供することによって、国民の健康や医療の向上に貢献しています。
サイト内には国内の医薬文献情報と医薬品添付文書情報がデータベースにまとめられており、添付文書や治験など各段階における医薬品情報が検索できます。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。
薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。
医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。

一般の個人が自分で使用するための購入のみ認められており、「代理で通販購入する」「購入後に第三者への譲渡する」などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

123456の口コミ

口コミ評価(0)

口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー