ヒドロクロロチアジド・ジェネリック(高血圧症) 

シプラ
7,200円~
口コミ評価(1)
在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

ヒドロクロロチアジド・ジェネリック(高血圧症)  12.5mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
100錠 10%
OFF
8,000円 7,200円
ヒドロクロロチアジド・ジェネリック(高血圧症) 
ヒドロクロロチアジド・ジェネリック(高血圧症) 
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

ヒドラジドについて

服用することで高血圧やむくみを改善するサイアザイド系の利尿剤です
  • ナトリウムの再吸収を抑制して体内の水分とナトリウムを排出します
  • ジェネリック医薬品のため経済的に利用できます
  • 世界的なジェネリック医薬品の製薬会社が製造しているため安全安心です

ヒドラジドはヒドロクロロチアジドを有効成分とした利尿剤で、服用することで高血圧症やむくみを改善することができます。また、排尿を促進させることで老廃物や余分な水分を排出できることからダイエット効果も期待できます。ヒドラジドはジェネリック医薬品のため、先発薬に比べて経済的に利用することができます。そのため、高血圧やむくみに悩んでおり、なるべく低価格で治療したいという方に適した薬です。

ヒドラジドの特徴

ヒドラジドはサイアザイド系利尿剤と呼ばれる医薬品で、腎臓の遠位尿細管においてナトリウムの再吸収を抑制することで、ナトリウム量を減少させます。

ナトリウムは水と一緒に移動するため、ナトリウムの再吸収を抑えると水の再吸収も抑えることができ、結果的に尿としてナトリウムや水分が排泄されます。
そのため、服用することで体内の水分が過剰になることで起こるむくみや高血圧症状を軽減させることができます。

ヒドラジドの注意点としてはこれらの排尿作用が急激にあらわれることがあるので、1度に大量に服用しないようにする必要があります。ナトリウムやカリウムなどの電解質失調や脱水に十分注意して、少量から服用を開始して徐々に増量することが推奨されています。

同商品はインドのシプラ社で製造・販売されています。同社はインドに本社を構え、インド最大規模の製薬会社です。特にジェネリック医薬品の製造に力を入れており、AGA治療薬のジェネリック医薬品であるフィンペシアやジェネリック医薬品の抗生物質であるアジーなどが有名です。

国内外に30箇所以上の拠点を有しており、各拠点で正規な認可を取るため、GMPやアメリカFDAの認証を受けていることから、製造される製品の安全性も高いといえます。

さまざまな病気の原因となる高血圧症を改善します

ヒドラジドは高血圧を改善することができる利尿剤です。

まず、血圧とは血液が流れる際に血管にかかる圧力のことで、最高血圧と最低血圧があります。心臓はポンプのように収縮と拡張を繰り返して血液を体内へ送っています。心臓が収縮すると大量の血液が送り出されて血管に大きな圧力がかかります。これが収縮期血圧で、最高血圧といわれます。

一方で心臓が拡張すると、心臓からの血液が止まり、血液が末梢に流れ出ていくため血管にかかる圧力も低下します。これが拡張期血圧で最低血圧といわれます。高血圧とはこの最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上の場合をいい、この症状を放置していると心疾患や脳卒中など生命を脅かす病気につながるため「サイレント・キラー」とも呼ばれます。

このような高血圧症には本態性高血圧と二次性高血圧の2種類に大別することができます。これらの違いは原因が特定できるかどうかといる点です。
本態性高血圧は元から有している遺伝因子や食生活、ストレス、加齢などの様々な環境因子によって引き起こされると言われており、高血圧の9割が本態性高血圧とされています。
また、二次性高血圧症は低カリウム血症、副腎皮質の腫瘍などの特定できる疾患が原因で発症します。

ヒドラジドは原因が特定できない本能性高血圧症だけでなく副腎性高血圧症、腎血管性高血圧症などの二次性高血圧症のどちらにも有効です。

一般的に利用されているサイアザイド系利尿剤です

利尿剤とは古くから用いられている薬剤で、腎臓の一部であるネフロンの尿細管や集合管に作用して体内のナトリウムと水分の排泄を促進し、血液量を減らすことによって血圧を下げます。

塩分の摂取量が多すぎると体は塩分濃度を一定に保とうとして水分をより多く取り込み、血液量が増えてしまいます。血管を流れる血液量が増えれば、血管はその分圧迫されて血圧が上昇します。そのため、利尿剤の作用により、水分と塩分を尿として排出することで血液量の増加を防止します。

利尿剤にはサイアザイド系利尿剤、ループ利尿剤、カリウム保持性利尿剤の3種類があり、それぞれ作用機構や降圧効果が異なります。
サイアザイド系利尿剤は利尿剤の中でも最も降圧効果が強く使用頻度が高い薬で、骨粗鬆症にも有益とされています。

一方、長期投与では代謝に悪影響の恐れがあるため少量で使用しなければならず、低カリウム血症のリスクがあります。ループ利尿剤は持続時間が短いものの、利尿作用が強く心不全や腎不全を伴う高血圧に有効です。しかし、低カリウム血症や脱水症状の恐れがあります。
カリウム保持性利尿剤は臓器保護効果があるため、治療抵抗性高血圧に有用で高尿酸血症に使用可能です。ただ、利尿剤の中でも高圧効果が最も弱いとされています。

ヒドラジドはサイアザイド系の利尿剤で、一般的な利尿剤ですが、どのタイプを利用するかは症状などにより変わってくるため、使用前にはかかりつけの医師に相談するようにしてください。

ヒドラジドの効果

効果・効能
高血圧やむくみの改善効果はもちろん体内の老廃物や毒素を排出するデトックス効果も期待できます

ヒドラジドはサイアザイド系の利尿剤で、消化管から速やかに吸収され遠位尿細管における塩分と水分の再吸収を抑え、尿量を増やします。

通常、水分や塩分などは摂取量に応じて再吸収と分泌で調整して体内のバランスを維持しながら不要なものを尿で排出していますが、この再吸収を抑制することで塩分や水分の体内への吸収を抑制して尿として排出させます。この作用から循環する血流の余分な水分を減らして血圧を下げる効果があるため。高血圧症の治療にも用いられています。

また、血液中に溜まった毒素や老廃物を尿として排出するため、全身のむくみをとるデトックス効果もあります。
どんなに気を付けていても体内には大型魚に凝集されている有機水銀や、缶詰・鍋のアルミニウムなどの毒素が蓄積してしまいます。これらが蓄積したままだと肌荒れや頭痛などのトラブルを引き起こす場合がありますが、ヒドラジドの作用で尿として排出することができます。

ヒドラジドの服用方法

1回の用量
1~4錠(「ヒドロクロロチアジド」として25~100mg)
服用するタイミング
特になし
1日の服用回数
1~2回
服用する間隔
12~24時間

効果の様子をみながら用量用法を守って服用してください

1回につきヒドロクロロチアジドとして25~100mgを1日1~2回服用します、連日または隔日服用しますが、年齢や症状により用量を調整しながら服用してください。

ただし、高血圧症の改善に利用する場合は少量から服用を開始して徐々に増やすようにしてください。また、悪性高血圧に用いる場合はほかの降圧剤と併用するようにしてください。

ヒドラジドは食事による影響はないため、服用するタイミングは食前、食後、食間いずれでも問題ありません。
ただし、アルコールについては血管拡張作用により降圧作用が増強され、起立性低血圧が生じる可能性があります。そのため、同商品を服用中はアルコールの摂取は避けるようにしてください。

ヒドラジドの有効成分について

ナトリウムの再吸収を抑制することで血液量を減らして血圧を下げます

ヒドラジドの有効成分であるヒドロクロロチアジドは服用することで腎臓の遠位曲尿細管に強力に作用し、遠位尿細管でNa+-Cl-共輸送体を阻害してナトリウムの再吸収を抑え、腎臓からのナトリウム排泄量を増やします。

さらに体内のナトリウム量を排出することにより体内の水分量減らして循環血液量を減少させることにより降圧作用を示します。また、交感神経刺激に対する末梢血管の感受性が低下する作用によっても降圧作用を示すと考えられています。

ヒドラジドの副作用

主な副作用
呼吸困難、発疹、黄疸、便秘、食欲不振、不整脈、めまい、倦怠感など

このような症状に気づいたらかかりつけの医師もしくは薬剤師に相談してください。

稀な副作用
アナフィラキシー、間質性肺炎、肺水腫、壊死性血管炎、急性近視、閉塞隅角緑内障など

これらのような症状が見られた場合は使用を中止し、直ちに医師の診断を受けてください。

ヒドラジドの注意事項

慎重投与
  • 進行した肝硬変のある方
  • 冠硬化症または脳動脈硬化症のある方
  • 腎障害、肝疾患、肝機能障害のある方
  • 本人または両親、兄弟に痛風、糖尿病のある方
  • 下痢、嘔吐のある方
  • 高カルシウム血症の方
服用してはいけない人
  • 無尿の方
  • 急性腎不全の方
  • 体内のナトリウム・カリウムが明らかに減少している方
  • サイアザイド系薬剤またはその類似化合物に過敏症の既往歴がある方
併用禁忌薬
  • 夜尿症治療薬(デスモプレシン酢酸塩水和物など)

ヒドロクロロチアジド・ジェネリック(高血圧症) の口コミ

口コミ評価(1)

  • ヒドロクロロチアジド・ジェネリック(高血圧症)  ユーザー
    口コミ評価  男性 47
    むくみがひどく、ヒドロクロロチアジド・ジェネリックを使っています。しっかりとむくみも取れて顔がスッキリしたので満足しています。
評価
性別
年齢
レビュー