テノーミン

アストラゼネカ
2,520円~
口コミ評価(0)
在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

テノーミン 50mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
28錠 10%
OFF
2,800円 2,520円
56錠 19%
OFF
5,600円 4,530円
テノーミン 100mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
28錠 10%
OFF
4,980円 4,490円
テノーミン
テノーミン
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

テノーミンについて

世界80ヶ国以上で使用された実績を持つ、持続性に優れた高血圧症治療薬
  • 1日1錠服用するだけで24時間効果が続く優れた持続性を持っています。
  • 高血圧症だけでなく、頻脈や狭心症の症状改善効果にも期待できます。
  • 小さな錠剤タイプなので誰でも簡単に服用する事が可能です。

テノーミンは有効成分アテノロールを含有した高血圧治療薬の一つです。アテノロールが持っている心拍数を下げる作用によって、高血圧症の他にも頻脈や狭心症など血圧が関係して発症する病気に対して症状改善の効果が期待できます。また局所作用効果によって気管支へ影響を与えにくい性質を持っており、更に1錠飲むだけで24時間効果が続く持続性にも優れています。

テノーミンの特徴

テノーミンはアストラゼネカ株式会社が製造販売している錠剤タイプの高血圧症治療薬です。含有している有効成分アテノロールは心臓に存在する交感神経の一種であるβ1受容体の働きを阻害する作用を持っており、交感神経β受容体遮断薬に分類される医薬品であります。β1受容体の働きが抑制されることによって、血液の流れが緩やかになり心臓を休ませる作用を持っています。

これらの作用を持つテノーミンを服用することによって心臓への負担を抑える事ができますので、高血圧症の治療だけでなく狭心症や虚血性心疾患、慢性心不全や頻脈等の症状改善効果にも期待できます。更に継続的に服用する事で血圧を正常な値に保つ効果が期待できますので、脳卒中・心臓病・腎臓病などの発症リスク低下に繋げる事が出来ます。

テノーミンは他のβ遮断薬と比較して血中の有効成分が半分以下になる半減期が非常に長い特徴を持っています。その為、1日たった1錠を好きなタイミングに服用するだけで効果を発揮します。

このように優れた特徴をいくつも持っているテノーミンは世界80ヶ国以上で販売されてきた実績があり、WHO(世界保健機関)が指定するエッセンシャルドラッグの一つでもあります。

ピンポイントに効果を発揮する優れた特徴を持つ高血圧症治療薬

テノーミンはβブロッカーとも呼ばれる高血圧症治療薬であり、その呼び名の通り含有している有効成分アテノロールにはβ受容体の働きを阻害する作用を持っています。アテノロールはβ受容体の中でも特にβ1受容体に対して効果を発揮する有効成分となっています。β1受容体は主に心臓の機能に関与しており、心拍数や心筋収縮などを増加させる働きを持っています。通常通りに働いている間は身体への悪影響はないのですが、過剰に働いてしまうと高血圧症や狭心症、不整脈などを発症してしまう恐れがあります。アテノロールが持つβ1受容体の阻害作用によって心拍数の異常増加を防ぎ、心筋の収縮を緩やかにする作用が期待出来る為、これらの発症リスクを下げる効果が期待できます。

アテノロールは基本的にβ1受容体を選択して作用する有効成分でありますので、喘息発作を誘発する原因となる気管支への影響を抑える効果にも期待できます。

心臓の負担を抑える作用で、様々な症状改善効果が期待できます

テノーミンは前述の通り、心臓の機能に関与する物質の一つβ1受容体に対して阻害作用を持った有効成分アテノロールを含有している高血圧症治療薬です。

アテノロールが持つβ受容体の阻害作用には血圧を安定させる作用だけでなく脈拍の安定や、心臓の収縮を抑える作用などによって心臓の負担を軽減する効果が期待できます。

心臓の負担を軽減することによって、狭心症や不整脈の発作予防効果に加えて虚血性心疾患や慢性心不全等の治療効果にも期待できる優れた特徴を持っています。また継続的に服用する事で日々の血圧を安定させる効果にも期待できますので、脳卒中や心臓病などの高血圧が原因で発症リスクが上がってしまう疾患に対しての予防効果も併せて期待できます。

日本国内においてテノーミンは1983年に高血圧・狭心症・不整脈の治療薬として承認されており、約40年近く処方されてきた実績もありますので初めての方でも安心して服用する事が可能です。

テノーミンの効果

効果・効能
有効成分アテノロールが持つ血圧・心拍数を安定させる作用によって、高血圧症や狭心症などの症状に対して改善・治療効果が期待できます。また継続服用する事で心臓病などの予防に繋げることが可能です。

テノーミンは有効成分アテノロールが配合された高血圧症治療薬の一つです。有効成分アテノロールは心臓に存在する交感神経のβ1受容体の働きを遮断する作用を持っており、交感神経β受容体遮断薬と呼ばれることもあります。β受容体の働きを遮断することで過剰な心拍数上昇を抑えられ、結果として血圧を下げる効果があります。

また他のβ遮断薬であるインデラル等と比較すると、服用後において血中の有効成分の量が半分以下になる半減期が非常に長いという特徴があります。その為、1回服用するだけで長時間効果が持続する優れた面を併せ持っています。

テノーミンの服用方法

1回の用量
1錠(アテノロールとして50mg)
服用するタイミング
特に指定はありません
1日の服用回数
1回
服用する間隔
24時間以上

好きなタイミングに1日1回服用するだけで治療効果を発揮します

テノーミンは1日1回1錠を水又はぬるま湯を用いて服用する錠剤タイプの高血圧症治療薬です。服用タイミングについて、食前・食後・就寝前といった時間の指定は特にありません。ですが飲み忘れを防ぐ為や薬の効果を安定して発揮させる為にも、毎日服用するのに都合の良い時間を決めて、その時間に服用する事をお勧めします。

万が一飲み忘れをしてしまった場合、次の服用タイミングで2回分まとめて服用するのは絶対に止めてください。思わぬ副作用を起こす又は副作用が強く出てしまう恐れがあります。また、より高い効果を求めて用法用量を超える量を服用するのも絶対に止めましょう。

年齢・症状及び治療中の病気などによって適宜増減できますが、増やす場合は安易に自己判断で増やすことはせずかかりつけの医師などに相談するようにしましょう。

服用する前後にオレンジジュースの摂取は控えるようにしてください。テノーミンが持つ薬の効果がオレンジジュースに含有する成分によって減少してしまいます。またテノーミンの副作用にはめまいなどがありますので、服用後に車の運転や機械類の操作は行わないようにしてください。

テノーミンの有効成分について

β1受容体阻害作用によって心臓を休める効果が期待できます

テノーミンには有効成分アテノロールが含有しています。アテノロールはβ遮断薬に分類される成分の一つであり、主に交感神経のβ1受容体の働きを阻害する作用を持っています。β1受容体は心臓の機能に関与する物質なのですが、何らかの理由で活発に活動すると心拍数が必要以上に増加して血圧の上昇を招いてしまいます。慢性的に血圧の高い状態が続くことによって心臓や血管に負担が掛かってしまい、高血圧症だけでなく心臓疾患や脳血管疾患などの発症リスクを高める要因となります。

有効成分アテノロールはβ1受容体の働きを阻害する事で徐々に心拍数を下げ、血流を緩やかにする作用を持っています。この働きによって過剰に負担が掛かっていた心臓や血管を休ませることに繋がり、高血圧症を筆頭に狭心症や不整脈の改善効果が期待できます。

またテノーミンを継続して服用する事で血圧を正常な値に保つ効果が期待出来る為、脳卒中や心臓病等の発症リスクを下げる予防効果へ繋げることができます。

テノーミンの副作用

主な副作用
倦怠感、徐脈、めまい、発疹、かゆみなど

テノーミンを服用した際に主に現れる副作用として上記のようなものが報告されています。いずれも軽度の症状に留まることが殆どですが、気になる場合は一度服用を中止して様子を見るか、かかりつけの医師に相談するようにしてください。

稀な副作用
心不全、失神を伴う起立性低血圧、呼吸困難、喘鳴、血小板減少、完全房室ブロックなど

非常に稀ではありますが心不全や呼吸困難など、重篤な副作用を起こすことが報告されています。これらの症状が現れた場合はすぐに服用を中止して、医師の診察を受けるようにしてください。

テノーミンの注意事項

慎重投与
  • 服用中に何かしらの手術を予定している方
  • 病院から処方された薬を服用中の方
  • 気管支喘息をお持ちの方
  • 高齢者の方など
服用してはいけない人
  • 過去にテノーミンに含有している有効成分でアレルギー症状を起こしたことがある方
  • 低血圧症をお持ちの方
  • うっ血性心不全をお持ちの方
  • 重度の末梢循環障害をお持ちの方
  • 妊娠している方又は妊娠している可能性のある方
  • 授乳中の方など

テノーミンには併用禁忌とされる薬は特に報告されていません。しかし併用する際に注意すべきものとして他のβ遮断薬、血糖降下剤、クロニジン、カルシウム拮抗剤などがあります。

これらのお薬を服用している方はテノーミンの服用を開始する前に、かかりつけの医師又は薬剤師に服用の可否を相談するようにしてください。

テノーミンの口コミ

口コミ評価(0)

評価
性別
年齢
レビュー