アロプリノールタブレット

ブリストール
3,600円~
口コミ評価(5)
到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

アロプリノールタブレット 300mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
50錠 10%
OFF
4,000円 3,600円 カートに入れる
100錠 19%
OFF
8,000円 6,480円 カートに入れる
アロプリノールタブレット 100mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
84錠 10%
OFF
2,700円 2,430円 カートに入れる
アロプリノールタブレット
アロプリノールタブレット アロプリノールタブレット アロプリノールタブレット
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

アロプリノールタブレットの商品詳細

商品名
アロプリノールタブレット
内容量
1箱あたり50錠(300mg) / 28錠(100mg)
成分量
300mg / 100mg
有効成分
アロプリノール
効果・効能
痛風、高尿酸血症、高尿酸血症による高血圧症の改善
形状・剤形
経口服用タイプの錠剤
対象性別
男女兼用
製薬会社
ブリストール

アロプリノールタブレットは高尿酸結晶症(通称痛風)の治療改善薬です。
痛風治療薬には大きく分けて2つのタイプがあります。
尿酸結晶の原因となる尿酸の排泄を促す薬と尿酸結晶そのものをできにくくする薬です。アロプリノールタブレットは後者のタイプで、日本でも広く治療に用いられているザイロリックの海外製ジェネリック医薬品です。
痛風の語源は「風に当たっても痛い」と言われるほどで、発作を起こすと強い痛みを伴います。
発症の原因は尿酸が結晶化し、骨や関節に付着し、そこで強い炎症反応を起こすことです。尿酸結晶は重力の影響で足にたまりやすく、特に足の親指の付け根に付着して炎症を起こすことが多いのですが、骨や関節ならばどこでも付着して発作を引き起こします。
このため、健康診断などで尿酸値が高いと指摘された方は、継続的にアロプリノールタブレットを飲んで痛風発作の予防に努めることをおすすめします。

アロプリノールタブレットの特徴

辛い痛風の治療薬ザイロリックの海外製ジェネリック医薬品
  • 尿酸結晶の生成を抑制する薬
  • 尿酸値が高いと言われている方の痛風発作予防薬として最適
  • 輸入薬なら通院の必要なし!
効果・効能
痛風、高尿酸血症、高尿酸血症による高血圧症、尿酸由来の尿管結石

尿酸は代謝の結果排泄される細胞の核酸がキサンチンという物質に変化すると出来る物質です。

アロプリノールタブレットはキサンチンの前駆体であるヒポキサンチンに作用するキサンチンオキシダーゼという酵素の働きを阻害して、尿酸そのものの合成を抑制するので効果的に痛風発作を予防してくれます。

高尿酸血症は体質によるところが大きいので、薬で尿酸結晶の合成を抑制するのが最も効果的な治療法ですが、そのために薬は継続して服用しなければなりません。

副作用は比較的少ないのですが、ごく稀にアロプリノールに対するアレルギー(アナフィラキシーショック)で薬疹、かぶれ、血液障害、肝機能障害を起こすことがあります。

万が一服用中に異常を感じた時はすぐに医師に相談してください。

アロプリノールタブレットについて

安全な薬なので安心して服用できます。

アロプリノールタブレットの「アプリノール」とは先発薬ザイロリックの成分名です。ザイロリックは痛風(高尿酸血症由来の急性関節炎)治療時の標準治療薬として日本でも厚生労働省が承認しています。

ただし、医療用医薬品なので一般的なドラッグストアでは購入できません。医療機関を受診し、処方箋を発行してもらい、調剤薬局から処方してもらいます。

これは国内のザイロリックジェネリックも同じです。痛風や高尿酸血症の治療は保険証が使える保険診療ですが、長期間の投薬治療が必要なので、定期的な通院が困難な方は海外製ジェネリックのアロプリノールタブレットを利用してセルフメディケーションを行うことが可能です。

外国製ジェネリック医薬品なら処方箋が不要!

痛風に対して治療効果を持っています。

痛風や高尿酸血症を治療する薬というのは、もともと年単位で継続服用するタイプの薬です。

高尿酸血症は痛風発作が起こらない限り、他に目立った自覚症状もないので、年に1回の定期的な健康診断を受けて尿酸値がコントロールできていればアロプリノールタブレットによるセルフメディケーションが十分可能な病気です。

従来の高尿酸血症治療薬は尿酸の排泄を促すタイプでしたが、アロプリノールタブレットは尿酸の生成を抑制するため、ユリノームなどの従来薬より効果が高いというメリットがあります。

かつては贅沢病と言われていた痛風ですが、現代では体質によって尿酸が結晶化しやすい体質とそうではない体質があるということがわかっています。

尿酸の排泄を促す薬では、尿酸ができやすい体内環境が変わらないため、どうしても発作を起こすリスクは残ってしまいます。

しかし、アロプリノールタブレットは原因物質の尿酸の合成を阻害する薬なので、尿酸値のコントロールが容易になります。

ただし、薬の飲み始めから1週間程度は尿酸の結晶が骨や関節から溶け出してしまうため、かえって痛風発作が起こりやすくなります。

このため健康診断等で尿酸値が高めと指摘された方は、まず医療機関を受診してザイロリックの処方を受け、その後副作用などの問題がなければアロプリノールタブレットにスイッチすれば、問題なくセルフメディケーションを継続することが可能です。

尿酸結晶ができるプロセスを遮断するので効果が高い

高尿酸血症最大にして最強の自覚症状が痛風発作ですが、この発作が起こるまでには幾つかのプロセスが必要です。

直接的な原因は尿酸結晶が骨や関節に付着してそこが炎症を起こし、激痛を起こすことですが、尿酸結晶になるまでに体内では核酸がプリン体、ヒポキサンチン、キサンチンという物質に変化し、最終的に尿酸となり、それが結合して尿酸結晶になります。

痛風発作の予防にはプリン体の摂取を抑制したほうがいいと言われますが、プリン体という物質自体が体内で合成されてしまう物質であり、体質に由来するので、食事療法や運動療法ではなく、投薬治療がもっとも効果的とされています。

服用中に痛風発作が起こった時の対処策

アロプリノールタブレット(ザイロリック)は痛風発作を予防するために飲む薬ですが、薬を飲み始めて1週間は今まで骨や関節に蓄積していた尿酸結晶が溶け出し、一時的に血中の尿酸濃度が高くなるため、再結晶化してしまい、痛風発作が起こりやすくなってしまうというデメリットがあります。

痛風発作は結晶が排泄されないと再発を繰り返すので、アロプリノールタブレットの服用は継続して、強めの痛み止めを飲んでできるだけ早く痛み(炎症反応)を鎮めることが大事です。

痛み止めを飲まないと痛みが長く継続してしまいますので、ロキソニンやボルタレンなどの強い痛み止めを屯用するようにしてください。

ロキソニンは市販薬として購入可能ですが、ボルタレンやその他の強い痛み止めは医療用医薬品なので、医師に相談するのが良いでしょう。アロプリノールタブレットを飲んでいることは必ず医師に伝えてください。 痛み止めを飲んで、できるだけ水分を多く取り、尿と一緒に尿酸を排泄すると数日で発作は治ります。

また、発作が治まってもアロプリノールタブレットの服用を中止すると再発する可能性があるので、アロプリノールタブレットは継続して服用してください。

アロプリノールが尿酸の合成を防ぐ

体内での尿酸の合成を防ぐ作用がある成分です。尿酸は結晶化するまでは水溶性の物質なので、水分を多くとって尿量を増やし、尿と一緒に排泄させるようにします。

比較的副作用の少ない優れた成分ですが、尿量が増えることで腎臓に負担がかかる可能性があります。したがって、腎障害や慢性腎不全など重症な腎臓疾患がある人は自己判断で服用せず、主治医の指示に従ってください。

また、喘息薬のテオフィリンや血栓を防ぐ薬のワーファリン系の薬との飲みあわせは慎重を要します。現在、何かしらの持病があり、治療を受けている方はあらかじめ主治医と相談し、その指示に従ってください。

アロプリノールタブレットの服用方法

1回の用量
1錠(「アロプリノール」として100mg)
1日の服用回数
3回まで
服用間隔
6時間以上

通常はアロプリノール100mgを1日に2〜3回食後に服用します。ただし、最初の1週間は痛風発作のリスクを避けるために1日100mgまでとします。

年齢や症状によって適宜増減しますが、効果が弱いまたは副作用を感じる時は医師と相談した上で服用量を決めてください。

アロプリノールタブレットの副作用

主な副作用
  • 発疹
  • 食欲不振
  • 胃部不快感
  • 軟便
  • 下痢
  • 全身倦怠感
  • 脱毛など
稀な副作用
  • 中毒性表皮壊死融解症
  • 皮膚粘膜眼症候群
  • 剥脱性皮膚炎
  • 過敏性血管炎
  • 薬剤性過敏症症候群
  • アナフィラキシーショック
  • 再生不良性貧血
  • 劇症肝炎
  • 黄疸など

アロプリノールタブレットの注意事項

服用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
併用注意
次の薬と合わせての使用には注意が必要です。
  • メルカプトプリン水和物、アザチオプリン
  • ビダラビン
  • クマリン系抗凝血剤
  • クロルプロパミド
  • シクロホスファミド水和物
  • シクロスポリン
  • フェニトイン
  • キサンチン系薬剤
  • ジダノシン
  • ペントスタチン
  • カプトプリル
  • ヒドロクロロチアジド
  • アンピシリン

アロプリノールタブレットの保管方法

・直射日光を避けて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はありませんが、高温多湿の場所には保管しないでください。
・小さなお子様の手の届かない所に保管してください。
お子様が誤って服用することのないよう十分注意して保管してください。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
日本医薬情報センター
安全性および有効性を中心とした医薬品情報の提供を行う一般財団法人のサイトです。医薬品に関する国内外の情報を迅速かつ公正に整理・分析し速やかに情報提供することによって、国民の健康や医療の向上に貢献しています。サイト内には国内の医薬文献情報と医薬品添付文書情報がデータベースにまとめられており、添付文書や治験など各段階における医薬品情報が検索できます。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。 薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。

一般の個人が自分で使用するための購入のみ認められており、「代理で通販購入する」「購入後に第三者への譲渡する」などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

アロプリノールタブレットの口コミ

口コミ評価(5)

  • アロプリノールタブレット ユーザー
    口コミ評価  男性 43
    まだ痛風の症状は出ていませんが、健康診断で尿酸値が高かったので予防の意味を込めて服用しています。お薬価格もそれほど高くないし、これくらいの金銭的負担で噂に聞く痛風の痛みが避けられるなら安いと思って続けています。
  • アロプリノールタブレット ユーザー
    口コミ評価  女性 38
    これまでは病院でザイロリックを処方されていましたが、同じ有効成分が配合されたこちらのお薬を知ってからは、ずっとこちらを使っています。病院へ行く手間が省けたのが何より嬉しいですね。ザイロリックとの違いはこれといってないです。
  • アロプリノールタブレット ユーザー
    口コミ評価  女性 42
    これを飲み始めてから痛風の症状が一時的に強く出てきて、とても辛かったです、鎮痛薬を併用して何とか乗り切りましたが、初めて飲む方は絶対に気を付けた方が良いです。今は痛風の症状は治まっています。
  • アロプリノールタブレット ユーザー
    口コミ評価  男性 52
    何より安さに惹かれていつも購入しています。価格は安いけど痛風の辛い痛みはしっかり抑えることができます。最初はどんな副作用が出てくるか心配でしたが、これまで何度も服用してきて一回も副作用は起きていません。
  • アロプリノールタブレット ユーザー
    口コミ評価  女性 36
    通販で痛風の薬を買えるなんて嬉しすぎます\(^o^)/病院で薬をもらってた時は車で1時間はかかりましたし、いつも人があふれていたんで待ち時間は2時間なんで当たり前でしたので本当に助かります。まとめ買い決定です!
口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー