アクトス(2型糖尿病)

タケダ 
5,400円~
口コミ評価(1)
在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

アクトス(2型糖尿病) 15mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
28錠 10%
OFF
6,000円 5,400円 カートに入れる
56錠 19%
OFF
12,000円 9,720円 カートに入れる
アクトス(2型糖尿病) 30mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
28錠 10%
OFF
8,000円 7,200円
56錠 19%
OFF
16,000円 12,960円
アクトス(2型糖尿病)
アクトス(2型糖尿病)
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

アクトスについて

脂肪細胞の分化を促し糖代謝を正常化!1日1回で効くインスリン抵抗性型糖尿病治療薬
  • 脂肪細胞に作用するため、低血糖発作の心配がありません
  • 肥満などの環境因子によるインスリン抵抗性型の糖尿病によく効きます
  • 1日1回朝食前か後だけの服用で、治療継続の負担が小さく済みます

アクトスは、武田薬品工業が開発・製造販売を行っている2型糖尿病の治療薬です。1999年の承認・発売以来、チアゾリジン系のインスリン抵抗性改善薬として広く処方されています。
1日1回の服用で済み、作用機序の異なる他の糖尿病用薬との併用も可能で、あらゆるタイプの糖尿病治療に取り入れやすいお薬です。

アクトスの特徴

アクトスの一番の特徴は、肥大化した脂肪細胞に働きかけて元々存在するインスリンの働きを改善するという作用機序にあります。

アクトスは、糖尿病治療薬の中でもチアゾリジン系薬と言われるものです。スルホニルウレア系薬剤や即効型インスリン分泌促進薬などのように、膵臓に作用してインスリンの分泌を促進する糖尿病用薬とは違い、作用対象が脂肪細胞となっています。

膵臓に作用してインスリンの分泌を促す糖尿病用薬の場合、血糖値が下がり過ぎて低血糖発作が起こる場合があるというデメリットが存在しますが、アクトスはインスリン分泌を促す治療薬ではないため、その心配がありません。

アクトスは、2型糖尿病の中でもインスリン抵抗性が認められる場合において、非常に有効な治療薬であると言えます。

特にインスリン抵抗性の2型糖尿病の方に向いている治療薬です

生活習慣を原因とする2型糖尿病には、インスリン分泌不全型とインスリン抵抗性型の2タイプが存在します。インスリンとはすい臓にあるランゲルハンス島のβ細胞から分泌され、体内における糖の代謝を調節するペプチドホルモンです。

インスリン分泌不全型の2型糖尿病は、主に遺伝的な理由によりインスリンの分泌が低下することで発症します。

一方インスリン抵抗性型の2型糖尿病は、遺伝的要素に加え過食や運動不足による肥満のような環境因子が大きく関わっています。
肥満により脂肪細胞が肥大化すると、インスリンによる糖代謝の作用が悪化してしまうのです。このように、インスリンの分泌が低下するインスリン分泌不全型に対して、インスリン抵抗性型はインスリンが作用対象となる骨格筋や脂肪組織などにうまく作用できていないことで起こります。

本来、食後に上昇しその70~80%が筋肉に取り込まれるはずの血糖が、インスリンが効きにくくなっているために血中に残り、高血糖状態となるのです。

主に肥満を原因とするインスリン抵抗性型の2型糖尿病は、日本においても着実にその割合を増加させています。アクトスは、これらインスリン抵抗性型の2型糖尿病において特に効果的です。

1日1回の服用で済み、服薬管理の負担を軽減することができます

インスリン分泌不全型の2型糖尿病に対する治療薬として、インスリン製剤やインスリン分泌促進剤を用いた治療を行う場合、食後の血糖値をコントロールするために食事のタイミングに合わせた投与及び服用が必須です。

年齢や生活スタイルによっては服薬管理が煩雑だと感じる場合も多く、そこが2型糖尿病治療における最大のネックだと言えます。
一方アクトスは、特にインスリン抵抗性型の2型糖尿病に対して効果的なお薬で、1日1回の服用で済みます。

またアクトスには15mg錠と30mg錠の2タイプが存在し、症状や年齢、性別により用量を増減することが可能です。
いずれの用量にしても基本的には1日1回1錠の服用で済むため、服薬管理が非常に簡単にできます。
服用のタイミングについても、朝食前か朝食後のいずれかと指定されており分かりやすいのが特徴です。

アクトスの効果

効果・効能
2型糖尿病の改善

アクトスは、主に生活習慣を原因とし血糖値が高い状態となってしまう2型糖尿病の治療薬です。
糖代謝を正常に近づけることにより、糖尿病に伴う口渇や頻尿、倦怠感、体重の異常な減少などの諸症状を改善します。

糖尿病による高血糖状態を放置すると、糖尿病網膜症や糖尿病神経障害などの合併症が起こる場合も多く、さらに血管にダメージが蓄積すれば脳梗塞や心筋梗塞のような重篤な病気のリスクを高めることにもつながります。血糖値が高めで2型糖尿病が疑われる場合は、医師の診察を受け早めの治療を心がけましょう。

アクトスの服用方法

1回の用量
1錠(ピオグリタゾンとして15~30mg)
服用するタイミング
朝食前または朝食後
1日の服用回数
1回
服用する間隔
24時間

服用するタイミングについて

アクトスは、2型糖尿病患者で食事療法と運動療法のみの場合、及びそれらに加えてスルホニルウレア剤またはα-グルコシダーゼ阻害剤もしくはビグアナイド系薬剤を使用する場合は、1日1回朝食前か朝食後に1錠(ピオグリタゾンとして15~30mg)を服用してください。

用量は、性別や年齢、症状によって増減できますが、ピオグリタゾンとしては45mgを上限としましょう。

また、食事療法と運動療法に加えてインスリン製剤を使用する場合は、1日1回朝食前か朝食後に1/2~1錠(ピオグリタゾンとして15mg)を服用してください。用量の増減は同様に可能ですが、上限は30mgとなっています。

アクトスの服用は、2型糖尿病患者においてインスリン抵抗性(肥満度が24以上あるいはインスリン分泌状態が空腹時血中インスリン値で5μU/mL以上)が推定される場合に限ります。具体的には、食事療法と運動療法のみ、またはそれらに加えスルホニルウレア剤などの治療薬、インスリン製剤を使用して十分な効果が得られないようなケースです。インスリン抵抗性の有無については、アクトスの服用前にかかりつけ医にご相談ください。

アクトスの有効成分について

ピオグリタゾンが脂肪細胞を縮小させ、糖の取り込みをスムーズにします

アクトスの有効成分であるピオグリタゾンは、インスリンの作用を減弱させてしまう原因である脂肪細胞を小さくし、糖代謝を正常化します。

ピオグリタゾンは、細胞の核の中に存在する核内受容体であるPPARに結合します。ピオグリタゾンは、α、β、γと3つあるサブタイプの中でも、主に脂肪組織に分布するPPARγに対して作用し、脂肪細胞の分化を促すよう働きかけるのです。

脂肪細胞が分化し小さくなることで、脂肪細胞から分泌されるインスリン受容体の感受性を低下させる原因物質が減少し、正常に糖が取り込まれるようになります。

アクトスの副作用

主な副作用
浮腫、動悸、低血糖、貧血、吐き気、めまい、頭痛など

アクトスの主な副作用は浮腫で、8%前後報告されています。特に女性に多く見られるため、女性が服用する場合はピオグリタゾンとして15mgの低用量から開始することが推奨されています。浮腫をはじめとする軽微な副作用症状が現れた場合は、医師か薬剤師にご相談の上服用の一旦中止や用量の減量を行うことが可能です。

稀な副作用
心不全、肝機能障害、横紋筋融解症、間質性肺炎など

ごく稀ですが、心不全や肝機能障害、骨格筋の細胞が融解する横紋筋融解症などの重篤な副作用症状が現れることがあります。何らかの身体の異常を感じたりそれらが長期間続いたりする場合は、すみやかに医師の診察を受けるようにしましょう。

アクトスの注意事項

慎重投与
  • 脳下垂体機能不全または副腎機能不全の人
  • 栄養不良や飢餓、不規則な食事摂取、食事摂取量の不足または衰弱状態にある人
  • 激しい筋肉運動を行う人
  • 過度のアルコール摂取をする人
  • 腎機能障害がある人
  • 肝機能障害がある人
  • 授乳中の人
  • 小児
  • 65歳以上の高齢者
  • 糖尿病用薬(スルホニルウレア系薬剤、ビグアナイド系薬剤、即効型インスリン分泌促進薬、α-グルコシダーゼ阻害剤、DPP-4阻害剤、GLP-1アナログ製剤、インスリン製剤)を服用中の人
  • 糖尿病用薬及びその血糖降下作用を増強または減弱する薬剤(β-遮断剤、サリチル酸剤、モノアミン酸化酵素阻害剤、フィブラート系の高脂血症治療剤、ワルファリン、アドレナリン、副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモンなど)を併用中の人
  • リファンピシンなどのCYP2C8を誘導する薬剤を服用中の人
服用してはいけない人
  • ピオグリタゾンに対して過敏症の既往歴がある人
  • 重度の腎機能障害がある人
  • 重度の肝機能障害がある人
  • 妊娠中または妊娠の可能性がある人
  • 心不全の人及び心不全の既往歴がある人
  • 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡または前昏睡、1型糖尿病の人
  • 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある人
併用禁忌薬
アクトスに併用禁忌薬は特に報告されていませんが、以下の併用注意薬が存在します。
  • 糖尿病用薬(スルホニルウレア系薬剤、ビグアナイド系薬剤、即効型インスリン分泌促進薬、α-グルコシダーゼ阻害剤、DPP-4阻害剤、GLP-1アナログ製剤、インスリン製剤)
  • 糖尿病用薬の血糖降下作用を増強または減弱する薬剤(β-遮断剤、サリチル酸剤、モノアミン酸化酵素阻害剤、フィブラート系の高脂血症治療剤、ワルファリン、アドレナリン、副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモンなど)

アクトス(2型糖尿病)の口コミ

口コミ評価(1)

  • アクトス(2型糖尿病) ユーザー
    口コミ評価  男性 42
    なんとなく浮腫みが出てきた気がします。でも服用を止めたくないので使い方を少し変えました。定期的な検査にも異常は見られないし、軽いウォーキングをして浮腫み問題は解決しつつあります。
評価
性別
年齢
レビュー