ピオグリット

Mylan 
2,700円~
口コミ評価(1)
在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

ピオグリット 15mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
90錠 10%
OFF
3,000円 2,700円 カートに入れる
ピオグリット 30mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
90錠 10%
OFF
4,500円 4,050円 カートに入れる
ピオグリット 45mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
90錠 10%
OFF
6,000円 5,400円
ピオグリット
ピオグリット
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

ピオグリットについて

有効成分が脂肪細胞に作用!血糖値を抑える2型糖尿病の治療薬です
  • 膵臓から分泌されるインスリンの作用を高めます
  • 有効成分ピオグリタゾンが脂肪細胞に働きかけます
  • 作用の異なる他の糖尿病治療薬とも併用が可能です

ピオグリットは、サン・ファーマから展開されている糖尿病治療薬です。武田薬品によって製造・販売されているアクトスのジェネリック医薬品にあたります。
現在、国内と国外のさまざまな製薬会社からアクトスのジェネリック医薬品が出ていますが、ピオグリットを製造しているサン・ファーマは、インドのムンバイに本拠地を構える医薬品メーカー。世界40カ国以上でグローバル展開をしている、大手のメーカーです。
高品質なジェネリック品を展開し続ける会社なので、安心して購入・服用できます。

ピオグリットの特徴

40歳以上の4人に1人と、現代は切っても切り離せない病気のひとつである糖尿病。糖尿病には、「1型」と「2型」の2種類があります。1型糖尿病は、膵臓のランゲルハンス島という部分にあるβ細胞が阻害されてインスリンの生成ができなくなり、その結果として高血糖が続く状態です。場合によっては生命に関わることもあることから、インスリン注射をして血糖値を下げる治療を行います。

一方、2型糖尿病は、遺伝的要素に加えて運動不足や食べすぎなどの生活習慣が大きく関係しているといわれています。はっきりとした原因はまだ分かっていませんが、1型糖尿病は子どもや青年が多く発症するのに対し、2型糖尿病は「糖尿病患者の95%を占める」といわれており、身近な病気だといっても過言ではありません。

ピオグリットは、2種類の糖尿病のうち2型糖尿病に対しての治療薬です。膵臓から分泌されるインスリンの働きを高めることで、血管の中に流れる血糖を効率よく細胞内に取り込みます。糖尿病の改善には、生活習慣を正すことが必須です。しかし、それだけでは適切な血糖を維持するのは難しいもの。糖尿病とうまく付き合って血糖コントロールをつけるためにも、ピオグリットを活用するとよいでしょう。

白い丸形の錠剤が特徴で、粉薬が苦手な方でも摂取しやすくなっています。アクトスと同等の効果をもつ薬でありながら、アクトスと比較してはるかに安価で購入できるのも大きな特徴です。

有効成分ピオグリタゾンが膵臓からのインスリン作用を高めます

血液中の糖分である「血糖」は、膵臓より分泌されるインスリンで調節されます。そのインスリンが不足したり、働きが悪化したりすることで血糖値が上がってしまうのが糖尿病です。糖尿病は、そのまま放置すると、手足のしびれなどの神経障害をはじめ、網膜症などの目の病気や腎臓病など、さまざまな合併症を引き起こす可能性があります。

ピオグリットの主成分であるピオグリタゾンは、働きが低下したインスリンを改善するインスリン抵抗性改善薬といわれているため、インスリンの働きが悪くなってしまったインスリン抵抗性の糖尿病の方におすすめの薬です。

ピオグリットの有効成分であるピオグリタゾンは、脂肪細胞に作用し、肥大化した脂肪細胞を縮小させてインスリンの働きを良好にします。インスリンの働きが改善されれば糖が取り込まれやすくなるため、血糖値の上昇を抑制できるという仕組みです。

このようにピオグリットは、インスリンに対する体の感受性を高める働きをします。おもに、インスリン非依存型糖尿病である2型糖尿病に用いられる薬です。毎日の血糖値を適正値で保つことで、糖尿病で引き起こされる合併症の予防にも繋がることになります。

安価で購入できるうえ他の糖尿病薬との併用も可能です

通常、医薬品は他の薬剤と合わせて服用することができないものがほとんどですが、ピオグリットは作用が異なる他の糖尿病治療薬と併用しての服用が認められている薬です。このため、他の医薬品と比較しても使いやすい医薬品といえます。先発薬よりも安く購入できるうえ、他の糖尿病治療薬とも併用ができるということで、人気の高い商品です。

併用できるとして用いられている薬には、膵臓でインスリンを作っているβ細胞に働きかけてインスリン分泌を促す、スルホニルウレア系とグリニド系薬(オイグルコン、ダオニール、グリミクロン、アマリール、スターシス、ファスティック、グルファスト)があります。また、消化管からの糖の吸収を遅らせることで血糖を下げるα-グルコシダーゼ阻害薬(グルコバイ、ベイスン、セイブル)、ビグアナイド系のメトホルミン(メルビン、グリコラン)なども併用が可能です。

しかし、これらの薬を併用した際に必ずしも異変が起こらないとは限らないので、持病やアレルギーのある方は事前に医師に相談するようにしてください。また、インスリンを含めて他の血糖降下薬と併用する場合には、低血糖の発現には注意しましょう。

ピオグリットの効果

効果・効能
血糖やHbA1cの値が高い方の正常な血糖値を維持し、高血糖による合併症予防にも繋げます

ピオグリットは、有効成分のピオグリタゾンによってインスリンの働きを改善する糖尿病治療薬です。肝臓や筋肉、脂肪組織などのインスリン感受性を高める効果が期待でき、その結果、肝臓での糖の産生を抑制できます。糖の産生が抑制されることでインスリンの働きがよくなり、血糖値が下がるという仕組みです。

この薬は、肥満タイプでインスリンに対する感受性が鈍っているという人に特に向いています。また、医師から2型糖尿病との診断を受けている方をはじめ、血糖値やHbA1cが高いと指摘されている方、生活習慣を改善しているのに血糖値が下がらない方にも適応する薬です。単独で用いるほかにも、作用の異なる別の糖尿病薬との併用も可能なので、比較的扱いやすい医薬品でしょう。

ピオグリットの服用方法

1回の用量
1~2錠(ピオグリタゾンとして15~30mg)
服用するタイミング
朝食後
1日の服用回数
1回

ピオグリットの服用について

ピオグリットは、通常成人で1日1回を朝食前または朝食後に服用してください。有効成分のピオグリタゾンとして15~30mg、本剤1~2錠ということになります。症状や検査値などによって増減させることができますが、1日で服用できる上限はピオグリタゾンとして30mgまでです。調整する場合には、必ず食事療法や運動療法と併用するようにしましょう。

また、女性は浮腫みが生じやすくなる可能性が高いため15mgからの服用が推奨されているほか、生理機能が低下している高齢者も15mgからの服用が推奨されています。服用する期間については、症状に合わせて医師に相談するようにしてください。 ピオグリットは、インスリンの効きが悪くなってしまうタイプの糖尿病に対して、インスリン抵抗性を改善する薬です。運動療法や食事療法をしてみたものの効果が満足に得られない人や、他の糖尿病治療薬を服用してみたものの効果が出ない人、また、多忙により思うように通院できない人の予備の薬などとして活用できます。 なお、ピオグリットを服用することによって低血糖を起こす恐れがあります。そのため、高い場所で危険な作業を行う場合には十分な注意が必要です。加えて、これまでに他の薬剤でアレルギー反応が出た方は、服用の際に医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

ピオグリットの有効成分について

有効成分のピオグリタゾンがインスリン感受性を高めます

糖尿病は、食事で高くなった血糖値を感知して膵臓からインスリンが分泌される際、血液中のブドウ糖を筋肉や肝臓が取り込まず、血糖値が下がらないことで発症につながります。

ピオグリットの有効成分であるピオグリタゾンは、肝臓や筋肉、脂肪細胞などでインスリンが正常に働かなくなった状態であるインスリン抵抗性を軽減することで、肝臓での糖産生を抑えます。末梢組織での糖の取り込みなどを高めて、血糖を低下させる成分です。ピオグリタゾンは、インスリン抵抗性の主な原因である細胞内インスリンの情報伝達機構を正常にするものと考えられています。

つまり、肝臓や筋肉、脂肪組織などのインスリン感受性を高める働きを持つピオグリタゾンは、脂肪細胞に作用し、肥大化した脂肪細胞を小さくしてインスリン本来の働きをよくする効果が期待できる成分なのです。なお、肝臓での糖の生成を抑えて血液の中の糖分は筋肉などに取り込まれていく仕組みですが、インスリンそのものの分泌を増やす働きはありません。

ピオグリットの副作用

主な副作用
貧血・血圧変動・動悸、胸部圧迫感・顔面潮紅・発疹・かゆみ・吐き気・嘔吐・血糖低下によるめまい・ふらつき・頭痛・眠気・倦怠感・脱力感・しびれなど

ピオグリットの主な副作用として、貧血・血圧変動・動悸などの症状があります。めまいなどの症状は、日常生活において非常に危険な場面があるので、これらの症状が出現した際にはただちに服用を中止し、血糖を測定してください。その後、無理に服用を継続せず、医師の診察を受けるようにしましょう。

稀な副作用
むくみ・急激な体重増加・息切れ・動悸・食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる・脱力感・筋肉痛・褐色の尿・吐き気・黒色便・発熱・せき・呼吸困難などを起こすなど

ピオグリットには稀な副作用として、むくみや急激な体重増加、皮膚の黄疸、排泄物の異変、呼吸困難などがあります。これらは、薬剤によるアナフィラキシーショックの前兆の可能性もあるので、ただちに服用を中止してすみやかに医師の診察を受けてください。

ピオグリットの注意事項

慎重投与
  • ボグリボースやアカルボースなどの糖分の吸収を遅らせる薬であるα-グルコシダーゼ阻害剤を服用中の人
服用してはいけない人
  • 妊娠中もしくは妊娠の可能性がある人
  • 授乳中の人

ピオグリットの口コミ

口コミ評価(1)

  • ピオグリット ユーザー
    口コミ評価  男性 38
    糖尿病の家系なんで予防のためにも飲んでいます。健康診断では正常な血糖値が保ててるんで、効果は出てるんだと思います。
評価
性別
年齢
レビュー