イミグラン

GSKファーマ 
1500円~
(2)

新型コロナウイルスの影響による配送遅延について

在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

イミグラン 50mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
2錠 25%
OFF
2,000円 1,500円 カートに入れる
6錠 33%
OFF
6,000円 4,050円 カートに入れる
20錠 48%
OFF
20,000円 10,500円 カートに入れる
イミグラン 100mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
2錠 25%
OFF
2,500円 1,880円 カートに入れる
6錠 32%
OFF
7,500円 5,080円 カートに入れる
20錠 47%
OFF
25,000円 13,160円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

イミグランについて

血管の拡張を予防!痛みの根本から断つ片頭痛の特効薬です
  • 典型的な片頭痛の改善が期待できます
  • 片頭痛にお悩みの方の77%に症状緩和の効果が得られました
  • 片頭痛の根本的な原因とされる血管の拡張を予防します

イミグランは、Glaxo Smith Kline(グラクソスミスクライン)社より製造販売されている片頭痛治療薬です。一般的にスマトリプタンと呼ばれ、医師が処方する薬剤となっています。典型的な片頭痛の症状に効果があるとされているほか、痛みから来る吐き気や感覚過敏などにも有効です。片頭痛の前兆症状が現れてからなるべく早く服用するのが好ましいとされているため、常備しておくと便利な内服薬です。

イミグランの特徴

イミグランは、「スマトリプタン」と呼ばれる日本初の片頭痛の特効薬「スマトリプタンコハク酸塩」を含有している経口内服薬です。片頭痛は、若い世代の特に女性に多いと言われており、症状の程度に個人差はあるものの、共通した症状が見られます。

脳梗塞にように脳血管の器質的な変化は見られませんが、脳の片側周辺が脈拍の速さと一致した拍動性の頭痛が起こるのが、いわゆる片頭痛です。その際、悪心嘔吐が出たり、音や光に異常に敏感になったりしますが、階段の上り下りなどが原因で症状が悪化する場合は、たとえ脳の両側の頭痛であっても片頭痛と診断されることが少なくありません。

片頭痛の発生については、仕組みが完全には解明されていません。しかし、神経伝達物質のセロトニンによって脳の血管が拡張され、頭痛が起きるということは明らかになっています。このセロトニン受容体に結合することで刺激を与えるのが、イミグランなどのトリプタン製剤なのです。

イミグランは典型的な片頭痛の症状に効果をもたらす特徴があるほか、高い改善効果が期待できる薬です。視界がチカチカする、視野が狭くなる、感覚が鈍くなる、言葉が出づらくなるなどの症状は片頭痛発作の前兆と考えられますが、イミグランは、これらの発作が起きてからすばやく服用するほど効果的。片頭痛の症状を短期間で鎮められるよう、できる限り早期服用を心がけるようにしましょう。

片頭痛にお悩みの方の77%に症状緩和の効果を発揮しました

イミグラン50mg錠と100mgについては、過去に片頭痛と診断された患者に対して試験を行い、その有効性が実証されています。有効成分スマトリプタンを含まないプラセボ薬との比較試験で、50mg錠を服用した258名のうち199名、100mg錠を服用した256名のうち196名に、片頭痛が改善されるという有効性が確認されました。

これは、割合にするとどちらも約77%であり、50mg錠と100mg錠ともに同程度の効果が発揮されたといえます。この臨床試験でみられた「約77%」という数字は、イミグランを服用してから4時間後の結果です。片頭痛の改善については、イミグランを服用してから30分程度で約10%、1時間程度で約30%、2時間程度で約60%、3時間程度で約70%、4時間程度で約77%の患者に対して有効性が認められています。

また、イミグランは片頭痛による発作が起きてから早めに服用するほど、その効果は高くなるとされています。イミグランは、服用後30分程度で効果が出現するため、服用が遅れると片頭痛の症状改善までに時間を要することに。正しく服用することで、効き始めから約2時間かけて効き目のピークを迎え、服用後約4時間効果が続く内服薬です。なお、視界がチカチカする、首や肩の痛み、身体のしびれなど、片頭痛の前兆となる発作を予め防げる薬ではないので注意しましょう。

片頭痛の根本的な原因とされる血管の拡張を予防します

イミグランには、有効成分としてスマトリプタンが含有されています。スマトリプタンは、セロトニン(5-HT)と呼ばれる伝達物質と同じような作用をする血管作動薬といえます。セロトニン(5-HT)には脳血管を収縮させる働きがありますが、イミグランの服用で血液中に取り込まれたスマトリプタンは脳血管や三叉神経のセロトニン受容体に作用し、片頭痛を緩和するのです。

まず、脳血管にはセロトニン受容体(5-HT1B)があります。これにスマトリプタンが働きかけると、血管平滑筋が引き締まって血管が収縮します。さらに、三叉神経にはセロトニン受容体(5-HT1D)があり、これにスマトリプタンが働きかけると三叉神経からの炎症物質の放出が抑制され、血管の炎症が解消されるという仕組みです。

つまり、スマトリプタンが2種類のセロトニン受容体に作用することで、拡張し過ぎた脳血管が正常な状態へと収縮。その結果、三叉神経から大脳へ伝わる刺激が抑制し、視界の異常や頭痛、悪心嘔吐となどの片頭痛の症状が改善されます。

従来の頭痛薬は、プロスタグランジンの発生を阻止することによって頭痛を緩和する効果が発揮されていました。それに対して、イミグランのようなトリプタンン製剤は、脳の血管に働きかけることによって頭痛を抑えるのです。

片頭痛は、脳の血管が過剰に広がることで生じるといわれています。この現象はセロトニンが関係しているということが明らかになっているので、イミグランは片頭痛の根本から緩和できるというわけです。

イミグランの効果

効果・効能
片頭痛を発症する原因に作用し、片頭痛によるさまざまな発作の症状を和らげます

片頭痛の典型的な発作といえば、日常生活に支障をきたすほど強く脈打つような頭痛、吐き気や嘔吐、光や音への過敏反応などがあります。これらに伴う症状は、片頭痛発作の前兆と考えられており、前兆が5~60分続いたあとに片頭痛発作が起こるということを2回以上経験した場合にも、イミグランは有効です。

イミグランは、心臓の動きに合わせて生じる頭痛や、視界がチカチカするなどの光過敏、言葉が話しづらくなるなどの音過敏、悪心嘔吐などの片頭痛の症状緩和に効果を発揮します。片頭痛の主な原因とされている、脳血管の過剰な拡がりや炎症による腫れを抑える効果が期待できる治療薬です。

つまり、服用によって脳血管では片頭痛のきっかけが抑えられ、片頭痛を発症する前の状態に改善される仕組み。頭痛や嘔吐などのもととなる、血管から大脳の中枢神経へと伝わる過度な刺激が軽減されます。

イミグランの服用方法

1回の用量
50mg…1錠
100mg…1/2錠(「スマトリプタン」として50mg)
服用するタイミング
片頭痛の発現後
1日の服用回数
4回まで
服用する間隔
最低2時間空ける

イミグランの服用法について

イミグランは、片頭痛の発作症状が現れた段階ですみやかに服用するのが効果的です。水またはぬるま湯と一緒に飲むようにしましょう。タイミングとしては、頭を振ると頭痛がするなどといった、比較的痛み始めの段階で飲むとより高い効果が期待できます。

推奨されている1回あたりの用量は、イミグラン50mg錠の場合は1錠、100mg錠の場合は1/2錠です。これは、有効成分スマトリプタンとして50mgにあたりますが、この推奨用量で効果が得られなかった場合には、次に頭痛が発生した段階から50mg錠で1回2錠まで、100mg錠で1回1錠まで増量して服用できます。

また、1回分の服用で症状の緩和が見られなかった場合には、追加での服用が可能です。ただし、その場合には最低でも2時間の間隔をあけるようにしましょう。なお、1日の上限用量は有効成分のスマトリプタンとして200mgまでなので、50mg錠を服用する際には1日4錠まで、100mg錠を服用する際には1日2錠までです。

片頭痛の発作症状が現れた時点ですみやかに服用することで、より高い効果が期待できます。片頭痛の痛みを我慢し続けると、痛みはかえって増幅する可能性も。ときには、日常生活に支障をきたす痛みにまでなる場合もあります。そのような状態を防ぐためにも、発作が出た段階でできるだけ早くイミグランを服用するようにしましょう。

個人差はありますが、平均して服用から30~40分程度で効果が現れるようです。頻繁に片頭痛の痛みが現れる方は、自宅や外出の際にも常備しておくとよいでしょう。

イミグランの有効成分について

スマトリプタンが脳血管を収縮させるセロトニンに作用します

イミグランに含まれている有効成分のスマトリプタンは、脳血管を収縮させるセロトニン(5-HT)という神経伝達物質と同様の作用をします。脳血管には、「5-HT1B」と「5-HT1D」の2種類のセロトニン受容体が存在しますが、スマトリプタンはこの2つのセロトニンに働きかけるのです。

スマトリプタンが2つのセロトニンに作用すると、血管平滑筋が引き締まって血管が収縮したり、三叉神経から放出される炎症物質が抑制されて血管の炎症がなくなったりします。つまり、三叉神経から大脳に伝達されるいらない刺激が減り、過剰に拡張した脳血管を収縮させて正常に戻すという仕組みです。

通常は発作の治療に用いられる薬剤成分ですが、発作を予防できる働きが持っていません。発作が発症してから早めに服用することで、よりすばやくセロトニンに作用する効果が期待出来ます。

イミグランの副作用

主な副作用
動悸、悪心嘔吐、めまい、眠気、手足のしびれ、身体の痛み、倦怠感など

イミグランには、動悸、悪心嘔吐、眠気などといった中枢神経系の症状の副作用が出現することがあります。イミグランは中枢神経に直に作用する薬ではないものの、脳血管における三叉神経への刺激を軽減させることで、中枢神経に間接的な影響を及ぼすこと可能性があるのです。

稀な副作用
呼吸困難、冷汗、立ちくらみ、頻脈、頭痛の悪化など

イミグランには稀な副作用として、呼吸困難や冷汗、立ちくらみなどのアナフィラキシーショック、頻脈などの不整脈症状が現れることがあります。また、頭痛が改善されないことでイミグランを使用過多してしまうと、かえって頭痛が悪化する場合も。このような症状が出現した場合、ただちに使用を中止し、医師の診療を受けるようにしましょう。

イミグランの注意事項

慎重投与
  • 不整脈などの血性心疾患の可能性がある人
  • てんかん、またはてんかん発作の危険因子になる脳疾患や痙攣閾値を低くする薬剤を使用している人
  • 肝機能、腎機能に障害のある人
  • 65歳以上の人
  • 脳血管障害の人
  • セロトニンやノルアドレナリンなどの再取り込みを抑止する薬を服用中の人
服用してはいけない人
  • スマトリプタンに過敏症がある人
  • 脳血管障害や一過性脳虚血性発作がある人
  • 末梢血管障害の人
  • 心筋梗塞や狭心症など虚血性心疾患の症状または兆候がある人
  • 重篤な肝機能障害の人
  • エルゴタミンやエルゴタミン誘導体含有製剤を服用中の人
  • 他の片頭痛治療薬を服用中の人
  • MAO阻害剤を投与中あるいは投与を中止して2週間以内の人
  • 孤発性片麻痺性片頭痛の人
  • 脳底型片頭痛の人
  • 筋麻痺性片頭痛の人
併用禁忌薬
  • エルゴタミン(脳の血管収縮作用の薬)
  • 5-HT1B/1D受容体作動薬である他の片頭痛治療薬

イミグランの口コミ

(2)

  •  男性 34
    ずっと使っていた市販薬は眠気の方が強くて睡魔と闘いながら日常生活を送るしかなかったので、この薬を注文してみました。商品説明にあったように片頭痛が出てから使ってみたのですが、本当にすぐ効いてくれて、おまけに眠気も全然出ないので驚きました。仕事の集中度が全然違います。これからはこちらを持ち歩きます。
  •  男性 36
    片頭痛を長く患っています。薬がないとたいへんです。イミグランが一番効果あると思います。病院でもらうのはめんどうなので通販で購入しています。