デュタボルブ

ロイドラボラトリーズ
3150円~
(1)

新型コロナウイルスの影響による配送遅延について

在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

デュタボルブ 0.5mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
30錠 10%
OFF
3,500円 3,150円 カートに入れる
60錠 19%
OFF
7,000円 5,670円 カートに入れる
90錠 28%
OFF
10,500円 7,560円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

日本にはないザガーロのジェネリック医薬品でコスパ最強!
  • 主成分はザガーロと同じデュタステリド
  • プロペシアでは治療できなかった AGAにも効果あり
  • 製造はインドの製薬会社大手ロイズラボラトリー製だから安心!

AGA(男性型脱毛症)の治療は保険証の使えない自由診療なので、治療費は100%自己負担です。しかもAGAは進行性疾患ですので、薬は飲み続けなければなりません。しかし、国産のAGA治療薬はプロペシアジェネリックでも5,000円前後、ザガーロは日本でジェネリック医薬品の製造がまだ承認されておらず、必然的にザガーロしか選択肢がないので毎月10,000円ほどかかってしまいます。
「デュタボルブ」はインド製のザガーロジェネリックで主成分のデュタステリドの配合量はザガーロと同じ0.5mg配合!
インドはジェネリック医薬品大国で、デュタボルブを製造しているロイズラボラトリーはアメリカやフィリピンにも工場を持っているインドの製薬会社大手で、製品の安全性には問題ありません。
デュタステリドはフィナステリド(プロペシア)では治療ができないI型5α-リダクターゼによるAGAにも高い治療効果を発揮します。

デュタボルブの特徴

デュタボルブはⅠ型とⅡ型の薄毛に効果的

「デュタボルブ」の主成分はザガーロと同じ「デュタステリド」です。AGAの内服治療薬には現在フィナステリドを主成分とするプロペシアとプロペシアジェネリック、そしてデュタステリドを主成分とするザガーロが承認されています。

日本ではまだデュタステリドの薬剤特許関連が切れていないので、ザガーロジェネリックを製造することはできません。しかし、インドにはすでに数種類のザガーロジェネリックが製造されていて、世界中のAGA患者が服用しています。

国内でザガーロを購入する場合は1ヶ月あたり10,000円前後かかりますが、「デュタボルブ」なら1ヶ月あたり3,000円〜5,000円前後、3ヶ月分まとめてなら7,000円〜9,000円前後で入手することができます。

AGA治療は薬を飲み続けなければならないので、コスパが良く信頼性の高いインド製ジェネリック医薬品は患者さんにとって大きなメリットになります。

フィナステリドが効かないAGAも治療可能

主成分デュタステリドの効果

現在AGAの治療で主力となるのはフィナステリド(プロペシア)とミノキシジル外用薬の薬物治療です。フィナステリドはもともと前立腺肥大症やそれに伴う高血圧症の治療用に開発された成分なのですが、治験で副作用の一つにAGAの改善効果があるということがわかり、その後本格的なAGA治療薬として開発されました。

しかしAGAの原因物質である5α-リダクターゼにはI型とII型があり、フィナステリドはII型にしか作用しません。そこで、フィナステリドの改良版として開発され、もともとAGA治療に特化した薬として誕生したザガーロ(主成分:デュタステリド)はI型、II型の5α-リダクターゼに作用するため、プロペシアでは治療不可能だったAGAにも効果を発揮します。

ただし、AGA治療薬は根治薬ではなく対症療法薬です。AGAは加齢による基礎代謝の低下でも進行していきます。つまり、完治することはなく、治療薬は飲み続けなければなりません。日本ではザガーロのジェネリック医薬品をまだ作ることができないので、コスパの良い「デュタボルブ」がおすすめなのです。

先発薬ザガーロの1/2以下の価格だから続けられる

日本は国民皆保険制度を敷いていて、疾病にかかった場合は自己負担3割の保険診療が受けられます。しかし脱毛症の治療は保険診療の適用を受けない自由診療に指定されているので、100%自己負担になります。

これは一般皮膚科やAGAクリニックでも同じです。自由診療では医療機関ごとに料金設定することが可能なので、同じ治療を受け同じ薬を投与されても値段が大きく異なるケースが珍しくありません。

AGAクリニックと一般皮膚科で受けるAGA治療を比較すると、投薬代に診療費や検査費用がパッケージ化されているAGAクリニックや美容皮膚科に比べると、一般皮膚科はそれぞれの診療行為ごとに料金が算出され、すべて自由診療になるので割高になることが多いようです。

デュタステリドは厚生労働省に医療用医薬品の指定を受けている成分なので、ザガーロを入手するには一度診察を受ける必要があります。このことを考えれば、信頼性の高い個人輸入代行業者の通販を使ってザガーロのジェネリックを手にいれることが一番コスパの良い入手方法になります。ネットの相場では医療機関が処方するザガーロに比べると「デュタボルブ」は1/2以下の値段で入手することが可能です。

デュタボルブの効果

効果・効能
壮年性脱毛症の発毛、育毛および抜け毛の進行予防

日本皮膚科学会が策定している最新版(2017年度版)の男性型ならびに女性型脱毛症治療ガイドラインではAGA(男性型脱毛症)に対してAGA治療薬のプロペシアやザガーロを投与するのは推奨度Aに指定しています。推奨度Aは「行うことを強く勧める」というレベルで、ガイドライン上では最初に行うべき治療に位置付けられています。

フィナステリド(プロペシア)の1年間連続投与で得られるAGAの改善効果は98%に達しますが、フィナステリドはI型の5α-リダクターゼには作用しない成分なのでI型、II型両方の5α-リダクターゼに作用するデュタステリドはさらに高い治療効果が期待できることになります。

デュタボルブの服用方法

1回の用量
1カプセル(「デュタステリド」として0.5mg)
1日の服用回数
1回まで
服用間隔
24時間

プロペシアよりも効くAGA治療薬

デュタステリドを主成分とする「デュタボルブ」はAGAの原因物質であるI型、II型双方の5αリダクターゼに作用します。AGA治療薬プロペシア(主成分:フィナステリド)はII型の5α-リダクターゼにしか作用しないので、プロペシアよりも高い治療効果が期待できます。

食事の影響

食事の影響は受けないので、1日1回1カプセルを好きなタイミングで服用できますが、飲み忘れを防ぐためにも飲むタイミングを決めておくことをおすすめします。

主成分デュタステリドのベースであるフィナステリドはもともと前立腺肥大症の諸症状(排尿障害、夜間頻尿、高血圧など)の治療用薬で、デュタステリドも血圧効果作用があるので、夕食後や夜寝る前の服用がおすすめです。

アルコールの影響

「デュタボルブ」はアルコールの影響を受けないので、一緒に服用することが可能ですが、服用する時はアルコールではなく水と一緒に飲んでください。ただし、血圧にダイレクトに作用する薬なので、降圧作用があるグレープフルーツは併用禁忌です。カクテルや酎ハイなどでグレープフルーツを使用している場合の併用は避けてください。

デュタボルブの有効成分について

有効成分デュタステリドとは?

「デュタボルブ」の有効成分デュタステリドはプロペシアの主成分フィナステリドでは作用しないI型の5α-リダクターゼにも作用して脱毛の進行を食い止めるので、プロペシアより高い効果を発揮します。

飲み方も1日1回で、食前や食後にかかわらず好きなタイミングで飲むことができます。

半減期はプロペシアが4時間なのに対し、デュタステリドは約2週間と長いので、飲み忘れを起こしても継続的な治療効果が維持できます。 ただし、飲み忘れた場合は思い出した時に1回分を飲んでください。また、次の服用までは24時間以上間隔を空けなければならないので、夕食後や就寝前など飲むタイミングを決めておくことをおすすめします。

デュタボルブの口コミ

(1)

  •  男性 30
    AGA治療はじめました。半信半疑なところはありますが、ザガーロのジェネリックはいいと知人が教えてくれたので、まずはこれを試してみたいと思います。