アモキシシリン

Bristol Laboratories Ltd.
1420円~
(1)

新型コロナウイルスの影響による配送遅延について

在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

アモキシシリン 250mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
21錠 5%
OFF
1,500円 1,420円
63錠 15%
OFF
4,500円 3,830円
105錠 24%
OFF
7,500円 5,680円
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

アモキシシリンについて

淋菌や梅毒など様々な菌を除菌して辛い炎症症状を鎮めるペニシリン系抗生物質です
  • 梅毒、淋菌、肺炎球菌、ピロリ菌等様々な疾患に有効です
  • アモキシシリンは菌の細胞壁の合成を阻害し除菌作用を示します
  • ペニシリン系抗生物質の中でもアレルギー出にくく安心です

アモキシシリンは、様々な菌に対して適応しているペニシリン系抗生物質です。日本で発売されている先発医薬品サワシリンと同じ有効成分「アモキシシリン」を配合しています。菌の細胞壁の合成を阻害して除菌を進めるお薬です。病原菌が死滅すれば、熱や痛みなどの辛い症状が治まります。梅毒の原因菌である梅毒トレポネーマに対しても非常に有効性が高いことで知られ、安全性も兼ね備えています。症状に気づいた段階で早めに服薬を開始しましょう。1日3~4回服用しますが、除菌されるまで指定の期間、服用を継続することが大切です。

アモキシシリンの特徴

アモキシシリンの除菌効果

アモキシシリンは、様々な菌に対して除菌効果を持っており、性病から胃腸炎、細菌性の風邪に至るまで様々な疾患に使用されることが特徴です。消化器科、泌尿器科、歯科、皮膚科、一般内科など幅広い領域で処方されています。また、ペニシリン系抗生物質の中でもアレルギーが起こりにくく、使用経験が豊富で安心の抗生物質です。

胃腸炎や扁桃炎、梅毒や淋病など様々な疾患に有効な抗生物質

アモキシシリンは汎用NG

感染症は、原因となる細菌やウイルスが体内に入り込んで悪さをし、発熱や化膿、痛み、腫れなどの炎症症状を引き起こします。辛い症状を鎮めるには、病原菌を死滅あるいは減少させなければなりません。アモキシシリンは、ウイルス性の風邪には無効ですが、様々な細菌に対して有効なペニシリン系抗生物質です。淋病や梅毒といった性病、ピロリ菌による感染性胃腸炎や胃潰瘍・十二指腸潰瘍、前立腺炎などの泌尿器疾患、扁桃炎や乳腺炎など幅広い分野で使用されてきました。疾患・症状・年齢によって用法用量は異なりますが、いずれの場合も指示された期間しっかりと継続服用することが大切です。飲み切ることでしっかりと菌を死滅させることができます。

ただし汎用すると耐性菌が生まれ、抗生物質が効きにくくなる可能性もありますので、むやみに飲み続けることはお控え下さい。

比較的アレルギーが出にくいとされ、梅毒には特に有効です

アモキシシリンが分類されるペニシリン系抗生物質は、薬物アレルギーが多く見られる薬効群として知られています。体内に吸収された抗生物質が体内でなんらかの反応を起こし、発疹や下痢、ショック症状などのアレルギー反応を呈する場合があります。その中でもアモキシシリンは、こういったアレルギーが起こりにくいお薬です。安心してご使用いただけます。

副作用で一番多いものは下痢、発疹等です。重篤な副作用は稀ですが、服用後にいつもと違う症状が現れた場合には使用を中止し、異変が治まらない場合には医師の診察を受けて下さい。

梅毒に関しては特に高確率で梅毒トレポネーマを除菌できるとされており、梅毒治療の第一選択薬にもなっています。

アモキシシリンの効果

効果・効能
梅毒、淋病、ヘリコバクター・ピロリ感染症、扁桃炎、乳腺炎、前立腺炎、歯周組織炎、リンパ管・リンパ節炎、皮膚感染症、咽頭炎・喉頭炎など

アモキシシリンはペニシリン系抗生物質で、様々な疾患に適応を持っています。淋菌を原因とする淋病、梅毒トレポネーマを原因とする梅毒、ブドウ球菌やレンサ球菌による肺炎などの感染症によく使用されます。梅毒の場合は発症から期間をあけず早めに服用すると、服用期間が短く済みます。

アモキシシリンの服用方法

1回の用量
梅毒等の場合:1カプセル(「アモキシシリン」として500mg)
ヘリコバクター・ピロリ感染症の場合1.5カプセル(「アモキシシリン」として750mg)
1日の服用回数
梅毒等の場合:3~4回
ヘリコバクター・ピロリ感染症の場合:2回
服用する期間
第1期の梅毒:2~4週間
第2期の梅毒:4~8週間/
ヘリコバクター・ピロリ感染症:7日間

アモキシシリンは1日3~4回、数週間服用を継続します

アモキシシリンは、梅毒やヘリコバクター・ピロリ以外の感染書府の場合1回500mgを1日3~4回服用します。服用間隔を4時間以上あけるようにしてください。第一期梅毒の場合は2~4週間、第二期梅毒の場合は4~8週間、ヘリコバクター・ピロリの場合は750mgを1日2回、7日間服用します。ピロリ菌に用いる場合はクラリスロマイシンとプロトンポンプ阻害薬との併用が推奨されます。

アモキシシリンの有効成分について

有効成分アモキシシリンが細菌細胞の増殖を防ぎます

本剤は有効成分アモキシシリンが菌の増殖を防ぎ、感染症の症状を改善していくお薬です。細菌が生きていくためには、その細胞ひとつひとつが細胞壁で覆われていなければなりません。細胞壁がないと細菌は形状を保てず死滅します。アモキシシリンはこの細胞壁の合成を妨げて抗菌作用を示します。ペニシリン結合たんぱく質とD-アラニル-D-アラニンが結合することで細胞壁が合成されますが、アモキシシリンはD-アラニル-D-アラニンの代わりにペニシリン結合たんぱく質と結合してしまうため、細胞壁が作り出されず菌は死滅していきます。

アモキシシリンの口コミ

(1)

  •  男性 34
    個人的な感想ですが、効きました。他の抗生物質より身体に負担が無いようです。