ED治療薬バイアグラ・シアリス・レビトラや早漏、育毛、避妊、性病、睡眠治療のジェネリック医薬品を多数取り揃えております。

簡単購入ガイド

ゾクラー

シプラ
2,700円~
口コミ評価(1)
到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

ゾクラー 250mg
内容量 獲得ポイント 1錠単価 販売価格 ご注文
12錠 81 225円 2,700円 カートに入れる
20錠 121 202円 4,050円 カートに入れる
40錠 216 180円 7,200円 カートに入れる
ゾクラー 500mg
内容量 獲得ポイント 1錠単価 販売価格 ご注文
8錠 120 500円 4,000円 カートに入れる
16錠 225 468円 7,500円 カートに入れる
24錠 330 458円 11,000円 カートに入れる
ゾクラー
ゾクラー
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

ゾクラーについて

ご自身の免疫力とともに治していく!確かな抗菌作用で気になる症状を治していきます
  • 実績多数!クラリスロマイシンのジェネリックで効果が期待できます
  • 錠剤で飲めるため辛くなく、完治まで継続して飲むことが可能です
  • 様々な感染症に対して効果・効能を発揮するため、使用実績多数!

ゾクラーは、クラリスロマイシンのジェネリック医薬品です。先発医薬品のクラリスロマイシンは様々な細菌を原因とする感染症に対して効果・効能を持ち、クラミジア感染症といった性感染症にも作用が働くため、幅広い多くの方からの使用実績を誇ります。ゾクラーはジェネリック医薬品ですので同一の有効成分を含有し、効果・効能も同じです。さらにジェネリックということで、比較して価格が低めに設定されています。

ゾクラーの特徴

ゾクラーの一番の特徴は、幅広い感染症に対して持つ効果・効能の作用にあります。

有効成分としてマクロライド系抗生物質であるクラリスロマイシンを含有しており、対象となる感染症は主に細菌が原因菌のものです。具体的な作用としては、体内の病原菌が増殖する原因となるタンパク質合成を阻害します。そして、増殖が出来なくなった病原菌を体内の免疫細胞が消滅させるという流れです。このようなゾクラーによる殺菌作用とご自身が持つ免疫力によって、各種感染症の病原菌を消滅させ、炎症も抑えながら症状を治していくということが可能です。抗生物質は主として殺菌作用や抗菌作用を持ちますが、クラリスロマイシンには発熱やダルさと言った諸症状の原因となる炎症を抑える作用もあります。これにより、純粋に殺菌するだけではなく服用してから体を楽にしてくれるため、医薬品としても優れているとの評価も少なくありません。

様々な細菌に有効なので、呼吸器科や耳鼻咽喉科等を中心に各科で広く処方されています。本来は細菌を原因とする感染症の処置にのみ用いられますが、細菌による二次感染時やその予防のために用いることがあります。

錠剤で飲みやすく、食事の影響も受けないため継続しやすいです。

ゾクラーは錠剤タイプのため、服用するにあたって飲みやすいことがメリットの1つとして挙げられます。服用する回数も1日2回のためタイミングを細かく考える必要がなく、使用者にとってストレスの少ない体験を提供してくれます。しかし、特に飲み合わせの薬については注意が必要です!飲み合わせが悪い併用禁忌薬や併用注意薬が多く、特徴的な点は「併用薬によっては薬の分解を遅らせ、血中濃度を上昇させる」という点です。血中濃度が上昇することで不整脈といった心血管系副作用が起こりやすくなってしまうからです。効果・効能がしっかりしている反面、飲み合わせについては注意が必要となる併用薬が多いですので、使用される方によっては必ず併用薬の有効成分などを確かめ、確実に問題がない場合にのみ利用して下さい。

副作用が少ない部類に入るので、安心してご使用いただけます。

ゾクラーの先発医薬品で同一成分を持つ「クラリスロマイシン錠」は、臨床試験結果によってその安全性が保証されています。一般感染症の副作用検査によって、承認時には総症例3,894例(成人2,885例,小児1,009例)中、副作用は成人96例(3.33%)、小児21例(2.08%)、合計117例(3.00%)で副作用の影響が認められました。製造販売後の使用成績調査においては、総症例22,964例(成人16,897例,小児6,067例)中、副作用は成人129例(0.76%)、小児54例(0.89%)、合計183例(0.80%)に副作用が見られる結果となり、医薬品の販売承認時と比べ、実際に処方された際の使用成績調査で好ましい結果が見られました。副作用は服用する方の健康状態にも依存する部分が多々あるため、必ずしも起こらないと保証するものではありませんが一般的に使用する上では、高い確率で副作用が起こるといった性質ではないようです。

併用禁忌薬や併用注意薬によって引き起こされる可能性が非常に上がりますので、既に何らかの医薬品を服用している方は、使用前に改めて有効成分を確認してから服用するようにして下さい。

ゾクラーの効果

効果・効能
一般感染症:表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、肛門周囲膿瘍、咽頭・喉頭炎、クラミジア
非結核性抗酸菌症: マイコバクテリウム、アビウムコンプレックス(MAC)症を含む非結核性抗酸菌症
ヘリコバクター・ピロリ感染症: 胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫等(150字以内)

ゾクラーは様々な病原菌が原因の感染症に対し、効果・効能を持つジェネリック医薬品です。

1日2回の服用をしっかりと続けることで、病原菌を消滅させて炎症も治っていきます。

確かな効果がある反面、個人で完治したと判断して処方を中止したり、予防のために何も起こっていない状態などでは服用しないで下さい。余計に悪化する場合や耐性菌が増える恐れがあり、危険です。

クラミジア感染症等の場合、通常の期間より長く服用しなければ治りにくい場合もありますが、中断せずに服用を続けることでご自身の免疫力も作用し、治っていきます。

ゾクラーの服用方法

1回の用量
一般感染症の場合: 1錠(「クラリスロマイシン」として200mg)
非結核性抗酸菌症の場合:1回2錠(「クラリスロマイシン」として400mg)
1日の服用回数
一般感染症の場合: 1日2回
非結核性抗酸菌症の場合: 1日2回
服用する期間
通常3~4日間
クラミジア感染症の場合は原則2週間

正しく使えば効果が出ます。薬の飲み合わせに注意をお願いします!

一般的にゾクラーは食事の影響を受けないと言われていますが、推奨されているタイミングは1日2回朝夕食後に飲むことです。コップ1杯ほどの水もしくはぬるま湯で服用して下さい。

通常、一般感染症の場合は3~4日間服用を続けることで治ってくるようですが、もし治らない、もしくは悪化した場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けて下さい。

クラミジア感染症の場合は原則2週間服用を続けて下さい。菌が無くならない場合、服用期間が2週間以上になる場合もあります。

ゾクラーの有効成分について

有効成分のクラリスロマイシンが病原菌を減らし、炎症を治します

ゾクラーには有効成分としてクラリスロマイシンが配合されています。

様々な病原菌に対し効能を持ちますが、主に細菌に対して処方されることが多いです。

具体的な作用としては、体内の病原菌が増殖するためのタンパク質合成を阻害することで、体内の免疫により病原菌を消滅させるという流れです。このような殺菌作用とご自身が持つ免疫力によって、各種感染症の病原菌を消滅させ、炎症も抑えながら症状を治していくということが可能です。

通常の風邪やインフルエンザといったウイルス性感染症には効果・効能を持ちません。

ゾクラーの副作用

主な副作用
発疹、腹痛、下痢、幻覚、意識障害、せん妄、など

副作用の可能性は低いですが、ご使用になられる方によっては上記の副作用が起こる可能性があります。副作用が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行ってください。

稀な副作用
アナフィラキシーショック、めまい、動悸、胸痛、全身倦怠感、食欲不振など

特にアナフィラキシーショックは命に関わり、呼吸困難、けいれん、発赤(皮膚の赤み)等が現れた際に危険性が高まっている可能性があるため、直ちに投与を中止するなど適切な処置を行ってください。

ゾクラーの注意事項

慎重投与
  • 他のマクロライド系薬剤に対して過敏症の既往歴のある方
  • 肝機能障害のある方
  • 腎機能障害のある方
  • 心疾患のある方
  • 低カリウム血症のある方
  • 高齢者
服用してはいけない人
  • ゾクラーに含有している成分(クラリスロマイシン)に対し、過敏症(アレルギー)を起こしたことの有る方
  • 併用禁忌薬を服用中の方
  • 肝臓又は腎臓に障害のある方で、コルヒチンを服用中の方
併用禁忌薬
  • ピモジド
  • エルゴタミン(エルゴタミン酒石酸塩、ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩)含有製剤
  • スボレキサント
  • ロミタピドメシル酸塩
  • タダラフィル(アドシルカ)
・直射日光を避けて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はありませんが、高温多湿の場所には保管しないでください。
・小さなお子様の手の届かない所に保管してください。
お子様が誤って服用することのないよう十分注意して保管してください。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
日本医薬情報センター
安全性および有効性を中心とした医薬品情報の提供を行う一般財団法人のサイトです。
医薬品に関する国内外の情報を迅速かつ公正に整理・分析し速やかに情報提供することによって、国民の健康や医療の向上に貢献しています。
サイト内には国内の医薬文献情報と医薬品添付文書情報がデータベースにまとめられており、添付文書や治験など各段階における医薬品情報が検索できます。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。
薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。
医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。

一般の個人が自分で使用するための購入のみ認められており、「代理で通販購入する」「購入後に第三者への譲渡する」などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

ゾクラーの口コミ

口コミ評価(1)

  • ゾクラー ユーザー
    口コミ評価  女性 33
    気をつけていたのに、知らないうちにクラミジア再発(><)以前クラミジアになった時、お医者さんからもらっていた薬の成分と同じだったので購入しました。この薬はすぐ効くので助かります。
口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー