カンピシリン

ザイダスカディラ
4800円~
(3)

新型コロナウイルスの影響による配送遅延について

在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

カンピシリン 250mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
100錠 20%
OFF
6,000円 4,800円
カンピシリン 500mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
100錠 20%
OFF
8,000円 6,400円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

カンピシリンについて

実績多数のビクシリンのジェネリックで安心!初めての方も安心してご使用いただけます
  • 成分と効果効能が全く同じビクシリンのジェネリックで、安心して使用できます
  • カプセルを飲むだけで効能を発揮するため、ストレスなく服用できます
  • ペニシリン系抗生物質で実績も多数あるため、効果が期待できます

カンピシリンは、ザイダスカディラ株式会社が製造販売するビクシリンのジェネリック医薬品です。適応症として、淋病や梅毒といった性感染症から喉頭炎や外耳炎といった、比較的軽度の感染症に用いられることが多いように、様々な細菌による感染症に対して効果・効能を持つ医薬品となっております。殺菌効果を持つ抗生物質の中では、長きに渡り実績を持つ「ペニシリン系抗生物質」に分類されるため、効果に期待することができます。

カンピシリンの特徴

カンピシリンの一番の特徴は、有効成分であるアンピシリン水和物によって発揮する効果・効能の確実性です。アンピシリン水和物はペニシリン系抗生物質に分類され、各種細菌を原因とする感染症に対し効果があります。ペニシリンは誕生した1930年頃から、各種感染症に対して殺菌作用を発揮し多くの患者を助けてきました。しかし耐性菌が現れ始め、より強い効果を持った抗生物質を望む中で開発されたのが、本カンピシリンに含まれるアンピシリンでした。そのため、分類としてはペニシリン系に含まれるものの、ペニシリン本来よりも強く確実な効果・効能を使用者は期待することができます。具体的には、カンピシリンは細菌の細胞壁に対し合成の阻害をすることで、細菌の細胞維持を出来なくし、細菌そのものを滅菌する作用を発揮します。ペニシリン系抗生物質は安全性が高い医薬品とされているため、副作用が起こる可能性は低いとされています。そのため初めての方でも安心してご使用いただけます。

カプセルを飲むだけと手軽なので、ストレス無く継続できます

カンピシリンは服用後、体内でカプセルが溶け有効成分によって各種細菌が滅菌されるという効能を持っています。服用方法もカプセルを飲むだけなので、粉薬で感じる飲みづらさや苦味を必要としないメリットがあります。また、多数の医薬品を対象に異なる医薬品と併用して服用することも可能です。これは、二次感染と言って「最初の症状が引き起こされている間に免疫力の低下などを理由として、異なる細菌を原因とする感染症に感染してしまう」といった事例を防ぐためでもあります。

このように、服用するための抵抗感が少なく併用注意薬も少ないことから、多くの方から使用された実績が上がっています。副作用も重篤な状態になるものは少ないため、初めての方でもオススメの医薬品となります。

副作用が少ないため、初めての方でも安心してご使用できます。

カンピシリンの先発医薬品であるビクシリンは、重篤な副作用があまり無いことで有名です。そして、そのジェネリックであるカンピシリンも同じ効果・効能を持っているため重篤な副作用は少ないことが特徴的です。

副作用が少ない理由の1つとして、ペニシリン系抗生物質であることも挙げられます。抗生物質は元々ペニシリンを初めとして開発されてきましたが、便利な半面、副作用や耐性菌の発生を無くすことに尽力してきた歴史があります。そういった中で、ペニシリンの効果・効能をより強くし副作用を出来得る限り少なく開発されたのが有効成分である「アンピシリン水和物」です。

ただ1点だけ、服用後腸内菌のバランスに影響を及ぼし下痢を起こしやすい傾向にあります。副作用は体力が低下し免疫力が下がると起こりやすい面もありますので、そういった場合は併用注意薬を確認しつつ、整腸薬といった異なる医薬品の利用も一考して下さい。

カンピシリンの効果

効果・効能
淋病、梅毒、慢性膿皮症、咽頭・喉頭炎、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、外耳炎

細菌を原因とする感染症に効果・効能があります。

風邪やインフルエンザの場合、ウイルス性感染症ですので効果を発揮しません。

様々な細菌を原因とする感染症に効果を持ち、性感染症である淋病や梅毒の治療にも用いられることがあります。

含有しているアンピシリン水和物は、抗生物質の祖であるペニシリン系統の有効成分であるため、実績や使用年月も長く、確実な効果を期待することができるという点で、淋病や梅毒にお悩みの方などへオススメの医薬品となっております。

カンピシリンの服用方法

1回の用量
1錠もしくは2錠(「アンピシリン水和物」として250mg~500mg)
1日の服用回数
4回~6回まで
服用する期間
2~3日

時間毎にカプセルを飲むだけ!効果を発現するための飲み方

1日の内、食後や6時間毎といった風に定期的なタイミングをご自身で作り、好きなタイミングで服用して下さい。カプセルは、コップ1杯ほどの水もしくはぬるま湯で飲むことをオススメします。

もし飲み忘れた場合は、気がついた際にできるだけ早く1回分を飲んでください。ただし、次に服用するタイミングが4時間以下の場合は飲まず、次の通常の服用時間に1回分だけを飲んでください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。

この医薬品は、細菌による二次感染や予防対策のためにその他の医薬品を併用することが出来るため、副作用として起こりやすい下痢止めのために整腸薬を併用して飲むことも出来ます。その場合は、併用薬の有効成分を確認した上で、問題がなければ服用するようにして下さい。

カンピシリンの有効成分について

有効成分であるアンピシリン水和物が原因菌を滅菌します。

カンピシリンには有効成分としてアンピシリン水和物を含有しており、細菌を原因とする各種感染症に対して効果・効能を有することが確認されています。ペニシリン系抗生物質というグループに属し、ペニシリンよりも強く確実な効能を発揮します。具体的な作用としては、細菌の細胞壁に対し合成の阻害をすることで、細菌の細胞維持を出来なくし、細菌そのものを滅菌する作用を発揮します。

そのため、人間のような良い細菌・悪い細菌という区別がないため、症状以外の部分(例:腸内菌)といった体内の菌に対してもバランスを崩してしまうことがあります。万が一服用していて気になった場合は、医師の処置を受けるようにして下さい。

カンピシリンの副作用

主な副作用
発熱、発疹、蕁麻疹、下痢、悪心、食欲不振など

有効成分であるアンピシリン水和物は、分類としてペニシリン系抗生物質に当てはまり、副作用が起こる可能性は低いとのデータがあります。しかし、アレルギー体質がある方には稀に副作用が起こる可能性もあり、起きた場合は直ちに服用を止め、医師の診察を受けて下さい。

稀な副作用
アナフィラキシーショック、下痢、悪心、食欲不振、口内炎、カンジダ症、血小板減少、貧血、ビタミンK欠乏症状、ビタミンB群欠乏症状など

特にアナフィラキシーショックは命に関わり、不快感、口内異常感、喘鳴、眩暈、便意、耳鳴り等が現れた際に危険性が高まっている可能性があるため、直ちに投与を中止するなど適切な処置を行ってください。

カンピシリンの注意事項

慎重投与
  • セフェム系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 本人又は両親、兄弟に気管支喘息、発疹、蕁麻疹等のアレルギー症状を起こしやすい体質を有する患者
  • 高度の腎障害のある患者
  • 高齢者
  • 経口摂取の不良な患者又は非経口栄養の患者、全身状態の悪い患者
服用してはいけない人
  • カンピシリンに含有している成分(アンピシリン水和物 250mg~500mg)に対し、過敏症(アレルギー)を起こしたことの有る方
  • 伝染性単核症のある患者
以下に該当する方については、原則服用は認められないが、必要性が認められる場合については慎重投与とする。
  • ペニシリン系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある患者
併用注意薬
  • アロプリノール
  • 経口避妊薬を服用している方

カンピシリンの口コミ

(3)

  •  女性 26
    性病って1回なるとうつりやすくなるのかなぁ?クラミジアもやったし・・・薬常備しておくほうがよいかと思い、購入しました。
  •  女性 21
    お酒の勢いでヤってしまった人にどうも性病うつされたっぽい。ヤリチン顔だったけどやっぱりかーって感じ。もー最悪です。とりあえず薬で治そうと思います。
  •  女性 40
    リンパが腫れたときに使っています。