フルニル

Intas Pharmaceuticals
2250円~
(2)
在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

フルニル 10mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
100錠 10%
OFF
2,500円 2,250円 カートに入れる
200錠 19%
OFF
5,000円 4,050円 カートに入れる
300錠 28%
OFF
7,500円 5,400円 カートに入れる
フルニル 20mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
100錠 5%
OFF
3,500円 3,320円 カートに入れる
200錠 10%
OFF
7,000円 6,300円 カートに入れる
300錠 15%
OFF
10,500円 8,960円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

フルニルについて

WHO認定のフルオキセチンが含有されたフルニル!世界中で使用されています!
  • 不安感を取り除き、心のバランスをキープ!
  • 副作用が少ない!
  • あがり症にも効果あり!健常者も緊張緩和のために服用!

フルニルはインタスファーマ社が開発したプロザックのジェネリック医薬品です。インタスファーマ社は世界約70ヶ国とアライアンスを構築しているインド製薬業界大手の企業です。フルニルは、向精神薬の承認基準が世界的に高い日本では未販売の医薬品ですが、WHO(世界保健機関)の必須医薬品(=現代的な医療水準を維持するために必須と考えられる医薬品類)の一覧に収録されているほど、重要な医薬品です。世界中の多くのうつ病患者に使用されており不安な気分、やる気が出ない、集中できない、などの症状を改善し前向きに生きる意欲を高めてくれます。

フルニルの特徴

フルニルはプロザックのジェネリック。

フルニルはSSRI(Selective Serotonin Reuptake Inhibitor);選択的セロトニン再取り込み阻害薬であり、神経伝達物質セロトニンの取り込みを阻害します。このセロトニンとい物質が脳内で減少すると心理的不安に陥り、うつ病などの精神不安定状態になってしまうからです。そのためフルニルの有効成分フルオキセチンが脳内のセロトニンが減少・不足しないように取り込みを阻害し、脳内のセロトニンの量を高めることでうつ状態を改善します。

またフルニルは先発薬であるプロザックのジェネリック医薬品なので1錠あたりの価格も1/4で購入でき、経済的にも余裕を持って服用することができます。

不安感を取り除き、心のバランスをキープ!

フルニルはSSRIです。

一般にうつ病はセロトニンと呼ばれる脳内の神経伝達物質の働きが弱り、漠然とした不安感や悲壮感、落ち着きがなくなるといった症状が出てきてしまいます。それはなぜかと言うと、脳内セロトニンが関与する生理機能は多岐にわたっているためです。脳内セロトニンは生体リズム・睡眠・気分障害・統合失調症などに関与しているだけでなく、ドーパミンやノルアドレナリンなどの感情的な情報をコントロールし、精神を安定させる働きがあり、幸せホルモンなどとも呼ばれています。人体には約10㎎のセロトニンが存在し、そのうち約2%が脳内に存在しています。

フルニルは脳内セロトニンの取り込みを阻害することで脳内のセロトニンの量を増やし、不安感や悲壮感などのマイナスの感情を取り除き、心のバランスを保つことができます。

副作用が少ない!

上述の通りフルニルは、SSRI(Selective Serotonin Reuptake Inhibitor);選択的セロトニン再取り込み阻害薬と呼ばれており、近年開発された新しいタイプの抗うつ薬であり、従来型の抗うつ薬と比べて副作用が少ないとされています。従来型の抗うつ薬である三環系抗うつ薬は、うつ症状を改善する効果は期待できるのですが、反面脳内の複数の神経伝達物資にまで作用が影響するため、その副作用として口渇・便秘・排尿障害倦怠感・眠気・ふらつきなどが比較的出現しやすい傾向があります。三環系抗うつに続いて開発された四環系抗うつ薬は、うつ病の症状改善効果を弱め、副作用の発現を抑えました。

フルニルは”選択的セロトニン再取り込み阻害薬”というその言葉通り、セロトニン系のみに選択的に作用して脳内セトロニンを増やし、うつ病の症状を改善します。従来型の抗うつ薬に比べて必要な神経伝達物質にだけ選択的に作用するため副作用が少ないとされています。

フルニルの効果

効果・効能
大うつ病性障害
不安障害(パニック障害・強迫性障害)

フルニルが世界中で使用されている理由の一つとして、うつ病と不安障害の両方に効果を発揮してくれることがあげられます。うつ病と不安障害は次のように言われています。うつ病は、気分障害の一種で心理的(意欲低下など)・身体的(食欲不振など)症状が発現します。不安障害は精神障害の一種で、パニック障害・強迫性障害・外傷後ストレス障害(PTSD)などが含まれ、社会的要因が起因していることが多く見受けられます。

フルニルはこの両方の症状に効果的に作用します。フルニルを服用することで、脳内セロトニンが増加し、うつ病症状を改善し意欲を高め、更に不安感や緊張感も和らげる効果まで発揮してくれます。

フルニルの服用方法

1回の用量
2錠~6錠(「フルオキセチン」として20~60mg)
※最初は2錠から始めて、その後は必要に応じて徐々に増量していく
1日の服用回数
朝食後、1回まで
服用する期間
6か月以上(目安)
  • 日本では未承認の医薬品のため、日本人向けの用法・用量はありません。 従って使用前に医師・歯科医師・薬剤師にご相談ください。
  • 上記は海外で承認されている用法・用量です。

あがり症にも効果あり!健常者も緊張緩和のために服用!

現代社会は経済的に豊かになり最近はIT技術の進歩も目覚ましく、便利で快適な生活を送ることができておりますが、その反面ストレス社会とも言われています。成果主義の競争、管理して管理される社会、プライベートな時間帯でも携帯電話が鳴り続き、現代人は多くのストレスを抱えて生きています。そんな現代生活において緊張の緩和や平常心の維持までを広い効果が得られるようにSSRIは開発されています。そのため健常者が服用しても効果が得られるので、大事なプレゼン・商談・コンペの”プレッシャー”を緩和させるために服用されることも多くなっています。

フルニルの有効成分について

フルオキセチン

ジェネリック(後発医薬品)であるフルニルの有効成分フルオキセチンは、先発医薬品”プロザック”としてアメリカ合衆国のイーライリリー・アンド・カンパニー社から1988年に発売されました。発売当初はその効果の高さから”新世代の抗うつ薬”、”奇跡の薬”とも言われるほどでした。

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と呼ばれセロトニン系のみに選択的に作用することができるのは画期的です。不眠、頭痛、下痢、吐き気、疲労感などの副作用があらわれる可能性はありますが、副作用が発生したとしても従来型の抗うつ医薬品よりも副作用の症状は少ない傾向にあります。まずは低用量から服用し、必要に応じて徐々に用量を増やしていくとよいでしょう。

フルニルの口コミ

(2)

  •  女性 45
    軽度のうつと診断されて病院に通っていた時に処方されていた成分と同じ薬のようです。病院にいくのも億劫なので通販してみました。
  •  女性 33
    いままでプロザックを処方されていました。ジェネリックのようなので、値段も安いしこれから試してみます。できるかぎり薬には頼りたくないのですが、手元にないとそれはそれで不安なのです。