セルティマ(ゾロフト)

Intas Pharmaceuticals
2700円~
(1)

新型コロナウイルスの影響による配送遅延について

在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

セルティマ(ゾロフト) 25mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
100錠 10%
OFF
3,000円 2,700円 カートに入れる
セルティマ(ゾロフト) 50mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
100錠 10%
OFF
4,000円 3,600円 カートに入れる
セルティマ(ゾロフト) 100mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
100錠 10%
OFF
5,000円 4,500円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

セルティマについて

うつ症状やパニック障害等幅広い症状を改善する第3世代の抗うつ剤です。
  • うつ症状に関わるセロトニンの脳内濃度を選択的に維持します
  • うつ病だけでなくパニック障害等幅広い症状に効果があります
  • ジェネリック医薬品のため経済的に使用できます

セルティマは塩酸セルトラリンを有効成分とした薬で、服用することで不安感や気分の落ち込みを前向きで意欲的な気持ちにする作用があります。セルティマは抗うつ剤であるジェイゾロフトのジェネリック医薬品で、インドの大手医薬品企業であるインタス・ファーマ社で製造・販売されています。
抗うつ剤には様々な種類がありますが、セルティマはうつ病だけでなく、パニック障害や月経前不快感気分障害等の様々な症状の改善に効果がある抗うつ剤・精神安定剤となっています。

セルティマの特徴

不安感や気分の落ち込みを解消します。

セルティマは第3世代の抗うつ剤に分類される薬で、セロトニン再取り込み阻害作用があります。セロトニンの再取り込みを阻害して脳内のセロトニンの濃度を維持することで、不安感や悲観的な感情が前向きな気分になり、うつ症状が改善されます。

塩酸セルトラリンが主成分で、第3世代の抗うつ剤の中でもセロトニン再取り込み阻害作用が最も強く、塩酸セルトラリンを使用した治療は再発の可能性が低いことが厚生労働省やFDA(米国食品医薬品局)等で認められている非常に信頼性の高い抗うつ剤となっています。

また、先発薬であるジェイゾロフトのジェネリック医薬品であるため、先発薬と比較すると半額程度の価格で購入できるため、経済的に使用することができます。

セロトニンの脳内濃度を維持することでうつ症状を改善します

安心感を得られ、リラックスさせます。

うつ病には神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンが大きく関与しています。セロトニンは人に安心感を与えたり、気持ちをリラックスさせる物質で、セロトニンが不足するとネガティブな思考が増えて不安になったり、訳もなく悲しくなったりします。一方のノルアドレナリンは意欲、活動性、積極性、思考力、集中力をつかさどる物質で、ノルアドレナリンが不足すると低下すると外部からの刺激に対して反応が低下して無反応・無気力状態になり意欲低下型のうつ状態に陥ります。うつ病はこれらの物質がストレス等により、量が減って不足して今うことでに様々な症状が現れると考えられています。

セルティマの有効成分である塩酸セルトラリンはセロトニンの再取り込みを強力に阻害し、脳内のセロトニンの濃度をある程度高い濃度に維持することができます。また、うつ病や不安障害だだけでなく月経気分不安障害や不眠症にも効果的で、イライラする気分を安定させてくれる人気の高い治療薬です。

抗うつ剤の変遷について

抗うつ剤の歴史は1952年に初めて抗うつ剤としてイプロニアジドが開発されて以降、うつ症状に効果的で副作用が少ない様々な抗うつ剤が開発・改良されてきています。これらの薬は有効成分の構造や効果によって分類され、現在までに第1~4世代と呼ばれています。

まず、第1世代としてイプロニアジドを含む三環系の薬が開発されました。これらは確実な抗うつ効果がある一方で、副作用として抗コリン作用(口の渇きや便秘)や心臓に悪影響を及ぼす心毒性が見られます。次に第2世代として、改良された三環系や四環系、二環系が登場し、抗うつ効果は第1世代よりも若干弱いものの抗コリン作用や心毒性が第1世代よりも軽減されました。

その後、第3世代としてSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)が登場します。第3世代の抗うつ効果は第2世代よりやや弱いですが、抗コリン作用や心毒性が大きく軽減されています。そして、第4世代としてSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)が開発され、抗うつ効果は第1世代に匹敵し、副作用は第3世代と同程度となっています。

セルティマはこれらの内で第3世代であるSSRIの抗うつ剤に分類されます。

セルティマの効果

効果・効能
抑うつ
落ち着かない精神状態の安定

セルティマは選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)に分類される抗うつ剤・精神安定剤で、セロトニンを増加させることでうつ病や気分障害を改善します。セロトニンを増加させる効果はSSRIの中で最も強力で、うつ病だけでなく月経気分不安障害や不眠症、強迫性障害、パニック障害等様々な症状の改善を期待することができます。

セルティマの服用方法

1回の用量
1錠(「塩酸セルトラリン」として25mg)
1日の服用回数
1回まで
服用上限
100mg

用量を守り、毎日夕食後に服用します

セルティマは1日1回夕食後に25~100mgを水もしくはぬるま湯で服用してください。用量については服用初期には25mgとし、効果や副作用が見られない場合は1日最大100mgまで増量して服用することができます。飲み忘れた場合は気づいた時点で服用しますが、次の服用が迫っている場合は飛ばすようにしてください。2回分をまとめて服用することはやめましょう。

セルティマの有効成分について

副作用や併用禁忌薬に注意して服用してください

セルティマを服用することでうつ病や不安障害等を改善することができます。一方で副作用として悪心、口内乾燥、頭痛、下痢等が見られます。先発薬のジェイゾロフトに比べると副作用の報告は少なくなっていますが、服用後に体調の異常を感じた場合は医師に相談しましょう。また、併用禁止薬として統合失調症薬のピモジドや同様の抗うつ剤等がありますので、使用する際は医師に相談してから使用してください。

セルティマ(ゾロフト)の口コミ

(1)

  •  女性 44
    不眠症で悩んでいます。睡眠薬はどれもあわなくて、セルティマにかえてみました。今のところ、問題なく。あんまり薬にはたよりたくないのですが、セルティマならいいかなと思い始めています。