ベンラーXR(エフェクサー)

シプラ
4950円~
(1)
在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

ベンラーXR(エフェクサー) 75mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
100錠 10%
OFF
5,500円 4,950円 カートに入れる
ベンラーXR(エフェクサー) 150mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
100錠 10%
OFF
8,000円 7,200円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

ベンラーXRについて

うつ症状や不安障害を治療する比較的副作用が少ない第4世代の抗うつ剤です。
  • うつ症状に関わる神経伝達物質の脳内濃度を選択的に維持します
  • 抗うつ剤の中では比較的副作用が少ない薬です
  • ジェネリック医薬品のため経済的に使用できます

ベンラーXRはベンラファキシンを有効成分としたうつ病や抑うつ状態時に服用することによって、やる気の向上や気分の落ち込みを改善することが出来まる薬です。同商品は世界的に有名な抗うつ剤であるエフェクサーのジェネリック医薬品で、インドに本社を構える大手の製薬会社であるシプラ社かで製造・販売されています。
抗うつ剤には様々な種類がありますが、ベンラーXRは不安障害ややる気が出ない時などに適した薬となっています。

ベンラーXRの特徴

ベンラーXRは不安障害を改善します。

ベンラーXRは第4世代の抗うつ剤に分類される薬で、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害作用を持っています。セロトニン、ノルアドレナリンの再取り込み量を減らすことにより、脳内のセロトニン、ノルアドレナリンの濃度を維持することでうつ症状や不安障害を改善することができます。ベンラファキシンが主成分となっており、中・高度のうつ病に効果が高いとされており、副作用が少ないので飲みやすい薬となっています。

また、先発薬であるエフェクサーのジェネリック医薬品で、先発薬と比較すると1/5程度の価格で購入できるため、経済的に使用することができます。

神経伝達物質の濃度を維持することでうつ症状を改善します

安心感を得られ、リラックスさせます。

うつ病には神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンが大きく関与しています。セロトニンは人に安心感を与えたり、気持ちをリラックスさせる物質で、セロトニンが不足するとネガティブな思考が増えて不安になったり、訳もなく悲しくなったりします。一方のノルアドレナリンは意欲、活動性、積極性、思考力、集中力をつかさどる物質で、ノルアドレナリンが不足すると低下すると外部からの刺激に対して反応が低下して無反応・無気力状態になり意欲低下型のうつ状態に陥ります。うつ病はこれらの物質がストレス等により、量が減って不足してしまうことで様々な症状が現れると考えられています。

ベンラーXRの有効成分であるベンラファキシンは主にセロトニンとノルアドレナリンの再吸収を阻害し、脳内のセロトニンとノルアドレナリンの濃度をある程度高い濃度に維持することができます。また、僅かですが、快楽やポジティブな感情に関わるかかわるドーパミンを再吸収するのを阻害する作用もあるため、ドーパミンの濃度も維持する効果もあります。

抗うつ剤の変遷について

抗うつ剤の歴史は1952年に初めて抗うつ剤としてイプロニアジドが開発されて以降、うつ症状に効果的で副作用が少ない様々な抗うつ剤が開発・改良されてきています。これらの薬は有効成分の構造や効果によって分類され、現在までに第1~4世代と呼ばれています。

まず、第1世代としてイプロニアジドを含む三環系の薬が開発されました。これらは確実な抗うつ効果がある一方で、副作用として抗コリン作用(口の渇きや便秘)や心臓に悪影響を及ぼす心毒性が見られます。次に第2世代として、改良された三環系や四環系、二環系が登場し、抗うつ効果は第1世代よりも若干弱いものの抗コリン作用や心毒性が第1世代よりも軽減されました。

その後、第3世代としてSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)が登場します。第3世代の抗うつ効果は第2世代よりやや弱いですが、抗コリン作用や心毒性が大きく軽減されています。そして、第4世代としてSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)が開発され、抗うつ効果は第1世代に匹敵し、副作用は第3世代と同程度となっています。

ベンラーXRはこれらの内で第4世代のSNRIの抗うつ剤に分類されます。

ベンラーXRの効果

効果・効能
抑うつ
落ち着かない精神状態の安定※違和感があれば変更しても可

ベンラーXRはセロトニンとノルアドレナリンの両方の脳内濃度を増加させる薬で、その作用の割合はノルアドレナリンが1に対してセロトニンが30程度と言われています。そのため、ベンラーXRはセロトニンを中心にしてノルアドレナリン増加効果も期待できる薬となっています。

これらの作用から、うつ状態の中でも不安や落ち込みが強く、意欲低下も伴っている場合に使用すると効果的です。

ベンラーXRの服用方法

1回の用量
1錠もしくは1/2錠(「ベンラファキシン」として37.5mg)
1日の服用回数
1回まで
服用上限
225mg

毎日決まった時間に服用すること良いです

ベンラーXRの服用方法は服用初期には37.5mgとし、1週間以上服用継続後から1日75mgに増量し、最大で225mgまで服用することができます。食前や食後等の決まりはありませんが、毎日決まった時間に服用することでより高い効果を実感することができるため、できるだけ服用時間を一定にすることが望ましいです。

ベンラーXRの有効成分について

副作用は比較的少ない薬です

ベンラーXRの有成分であるベンラファキシンはうつ症状や不安障害に効果的に作用します。一方で副作用は少ないですが、眠気や頭痛や口の渇きなどの副作用を感じることがあります。また、他の抗うつ剤と併用することはできません。服用後は体調の変化を気にしながら症状が酷い場合は、医師に相談するようにしましょう。

ベンラーXR(エフェクサー)の口コミ

(1)

  •  女性 26
    数日くらい副作用と思われる吐き気がありましたが、気分的には私の体にあうようで憂鬱な気分になりにくく、ちゃんと薬が効いてるんだと安心しています。吐き気はなくなったけれど、眠気はあるので星4つにしておきます。